李歐 (講談社文庫)

  • 3427人登録
  • 3.84評価
    • (611)
    • (455)
    • (790)
    • (41)
    • (13)
  • 535レビュー
著者 : 高村薫
  • 講談社 (1999年2月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (522ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062630115

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
荻原 規子
あさの あつこ
高村 薫
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

李歐 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 読破。

    レビューは「我が手に拳銃を」を読んでから。

  • なんだか読んでいて晴れ晴れした気分でいて、どこか切ないような。
    すごく細やかな描写で、李歐と一彰の友情とも愛情とも言える想い合いが描かれています。ずっと読んでいたい。
    船のところがとても印象的です。

    「惚れたって言えよ――。」  惚れました。

  • 咲子さんとくっつかず李歐一途でいてほしかった。

  • 単行本(わが手に拳銃を)を大幅にリライトした文庫本(李欧)。
    ぜひ両方読んで、どちらが好みか語り合いたいです。
    ちなみに私は『李欧』を読むと桜が見たくてたまらないので、春しか読みません。
    【熊本学園大学:P.N.モルト好き】

  • ラストでぐっときた。しかし、最後の最後で「あれ???」となってしまったけど・・・まあよし。
    友情だか恋だか、純粋な愛情の前では、カテゴリーなど何でもいいのだなあ、と感じさせられた。

  • 壮大な物語
    と言ってしまうとあまりにも陳腐かと思いますが
    貧困なボキャブラリーでは人の一生と
    その一生に値するだけの人を想う気持ちを
    言い表すことができそうにありません。

  • 「李歐よ君は大陸の覇者になれぼくは君の夢を見るから——」

    この本は古本屋でたまたま手を出したのですが… 読んで感動しました。 読んで切なくなりました。

    是非読んでみてください。

  • 銃を触りたい!って邪に思うほど少年時代の一彰が工場で過ごす描写が細かくて好き。ストイックはエロティック。
    何度読んでも泣いてしまう。

  • 長くなるので、よかったらこちらを
    お読み下さると嬉しいです。
    http://tschuss12.jugem.jp/?eid=166

  • 今年初めて買った本。

    ひとりの学生と、美貌の殺し屋が出会ってから再会するまでの15年にわたるお話。

    なんていうか、いろんな意味で暑苦しいお話でした。

    拳銃やら施盤やら、国際政治やら金融市場やらの詳細な説明が、自分には難しくて読み辛かったし、
    妙にスケールがでかすぎて置いてけぼりを食った感じもあり、
    さらに一彰の内面描写が掘り下げられすぎてて鬱陶しい。

    とりあえず、自分が先に書評を読んでいたせいか、
    もうこの本全体を穿った見方でしか見られなかったので、どうにも評価に戸惑ってしまいます…。

    ただ、邪な目で見ようが見まいが、一彰と李歐の関係は、暑苦しすぎていっそ羨ましい気がしないでもないかと。

    何の先入観もない世の男性方が、一体どんな感想を抱くのか、聞いてみたい衝動に駆られて仕方のない一冊でした。

  • なんて重厚な。なんて淫靡な。
    そして、なんて純真な話なのだろう。

    過去の作品『わが手に拳銃を』をもとに、書き下ろされた本作。
    それだけで、作者の登場人物に対する並々ならぬ追求心がうかがえる。
    話の構成はかなり完成度が高くて、当然ながら行き当たりばったり感はゼロ。無駄なエピソードがひとつもない。

    と、そんなもっともらしいことはさておき、、、何に魅了されたかって、それはタイトルでもある李歐その人。

    なんというか、とても妖艶なのである。
    そして、これでもかというほどの生きぬくための執念。
    その執念の塊が、何の望みもなく、死んだように生きてきた一彰と出会い、二人は惹かれあう。一筋縄ではいかない世界情勢に巻き込まれながら、絶壁と向かい合いながらも、李歐の存在によって、一彰は胸の奥の希望を強めていく。


    タグで”ハードボイルド”と在るのを見て、そうか、こういう小説がハードボイルドなのか、と思ったが、でも、それに留まらない精神の高揚をつれてくる、魅惑的な物語である。
    (後半はとくに、胸がキュゥゥンと絞りあげられる!)

    ああ、もう一度読みたい。

  • 昔に読んだ本。

  • 李歐格好良いよ、李歐。
    ドラマ版はひこそがやったんだっけ。
    誰か豪華キャストで映画作ってくれないかなー。

    下町の工場、朝鮮系や中国系のおにーさん方、裏社会的きな臭さ、大陸の香り・・・そんな雰囲気がとても好き。
    大切な人の子供にプレゼントを贈ることについての漠然とした憧れは、ここに端を発するのかもしれない。
    そうそう、大学入ってからまさかあんなに繰り返し「在哪遥遠的地方~」と歌う羽目になるとは思いもよりませんでした。

  • 自分より遠すぎる世界という意味でリアリティのない話。
    香港系マフィアと日本の暴力団の争いに
    巻き込まれる主人公の30年くらいを語った物語。

  • 晴れ晴れとして清々しい。読み終わってこういう気持ちになる小説は久しぶりだ。2人の男の約束とそれにまつわる友情・愛情が果たされて本当によかったと、しばらく余韻に浸ってしまった。


    冒頭は、60年代・70年代の、不安定な国際情勢や人間関係のしがらみが重苦しく、粘っこくまとわりつくような雰囲気だったのに、どんどん時間を追うごとに、まるであく抜きや漂白をしたようにさらさらと軽やかな雰囲気になっていくのも心地よい。主人公・一彰の李歐への思いが切なく、離れていても2人の気持ちが重なり合うのは羨ましいほど。惚れるってこういうことだよね。


    作者は、男性の気持ちをよくわかっているなと思ったけど、男性はそのあたり、どう思うのか、聞いてみたい気がする。


    一彰の母親が男と駆け落ちしたことが、ストーリー的にもっと一彰の気持ちや行動に深く影響するのかと思ったが、案外あっさりと片付けられていたのは、ちょっと予想外。だが、一彰の気持ちを李歐に一本化することで、陰謀が交錯するミステリーであると同時に、極上のラブストーリーになったと思う。ラブストーリーなんて、この作品の前では妙に陳腐に響くのだけれど。

  • 結婚してから一彰変わったなぁ。
    一彰と一緒に李歐に惚れた。

  • 一体、何なんだっ、この小説は……! と思わず悶えてしまうほどのボリュームにただただ陶酔しきった。
    この読み終わって、一彰の、そして李歐の間に常に寝そべっていた距離にもう苦しくならなくてよいのだ! と思う反面、まだ読んでいたいという葛藤に苛まれ苛まれしてもう……。

    それでも李歐よりも、どちらかといえば一彰という、初めから運命の歯車の中に組み込まれでもしていたかのような人生を送った男の物語としての印象が強い。
    勿論、手紙や口頭で伝えられる李歐の武勇伝などにも奥行きがあり、滲み出るハードボイルドな格好良さの裏づけもある。
    だが、それよりも一彰の人生のほうをより思ってしまうのだ。
    きっとそれこそ李歐という男が一彰の心の中にいたからなのかもしれん。

    とにかくこんなたった一冊の本に書かれた人生なのに(読むのは大変だったけど)、胸が張り裂けそうで、軽く50歳くらい歳取らされたような、とてつもなく長い人生を私まで生かされたような感覚がずっと残っている。
    それが何とも苦しく、幸せでならない。

    唐突だった「守山工場」章が、章が進むごとに重みを増してきて、高村薫という作家の力量を見せ付けられたような気がした。
    あと最後の李歐の台詞 「おい、これをやろう」 で、なんかもー全部持ってかれっちまった、魂ごと。
    ほんと高村薫には敵わねーよ!

    あんまり李歐にぞっこんになってしまったので、香港マフィア映画をたくさん借りてきてしまった。
    恐ろしい男だよ、李歐さまは……!
    惚れたって言えよおおお!(まだしばらくは興奮のさなか……

  • はじめて読んだ高村薫作品。ことばの選び方というか、文の組み立て方というか、どことなく癖がありますが、生々しくも妖艶な文章の、想像力をかきたてる力がすごかったです。魂で惹かれる相手に出逢い、夢を約束し、15年も変わらず想いつづけた李歐と一彰は、そうなれない絶望を抱えながらもだれもが自分の知らないどこかで求めている関係であり、憧憬なのかもしれません。小説全体の細部にわたって詳細に書かれているので、そんなふたりの存在がリアリティをもって成り立ったのだとおもいました。船の場面は秀逸。

  • 2011.6.8読了。
    幼い頃大阪の町工場で遊び、中国人と駆け落ちした母を持つ一彰とその中国人を殺すために訪れた李歐との交流

  • また読みたくなって購入。どこか冷めた日本人吉田と殺し屋李毆との友情(っていうと、まー軽くなっちゃうが)。アジア版バナナフィッシュか。桜が美しくて、笹倉というおっさんとか魅力的です。高村薫は好きだわー。

  • 高村さんの小説はこれが一番好き
    これ読むの4回目かな。もう泣かなくなった。

  • 美貌の殺し屋李歐と、平凡なアルバイト青年一彰の物語。

     ……平凡、かな? 普通のアルバイト青年は、自分を脅してくるからってバイト先の先輩(ジャンキー)をスパナで殴ったりはしないと思うのだが。しれっと「僕はしりません」ってやれないだろう、普通の二十二才の青年は。一彰は銃が大好きで、鋼の感触に欲情して。人が殺されても、何が起きても動じない。
     とはいえ、無夜は一彰に共感できました。怖さとかをよく理解していないところが。無夜は最近、車が怖くないんですよ。間近を通っても冷や汗もかかない。そのうち、ひき殺されるでしょうね(苦笑)

     無夜はこういう雰囲気の話好きです。ぎりぎりな雰囲気。緊張感。白刃の上を歩いているような。
     内容は前半、後半も、銃の話です。ことこまかい部品の話。こんなに詳しい銃の話って無夜は見たことないですよ。銃の製作工程なんて、ねえ??
     一彰はしょっちゅうホモに付きまとわれ(アルバイト先のマネージャー、その後は刑務所でヤクザの組長と会って出所してからも、殺し屋絡みで後ろ盾になってもらわないといけないんで関係がずるずる続く)、最後には李歐の元で息子と一緒に暮らし始める、っていう。息子耕太は父親が二人になった、と。(アメリカとかのゲイカップルみたいだな)
     その李歐と再会するまでに、ざっと十五年が過ぎてしまって。二十二才だった青年達は、三十六・七になってる。
     521ページ。けっこうな分厚さ。
     すごく、色っぽい話なんですよね。ボーイズみたいに濃厚な濡れ場を入れているわけではないのに。
     で、李歐を本屋で購入しました。(中古で、なんて思いもせずに)無夜にそうさせたのは、一彰のこの台詞。
    「李歐、君は大陸の覇者となれ、僕は君についていく夢を見るから……」
     ……映画でこのシーンをやったら凄く綺麗そう。後半を一呼吸あけて、目を閉じてしっとりと言ったら無夜は半狂乱になるでしょうな。ここまで入れあげたのは、久しぶりです(笑)

  • 或る時は殺し屋、或る時は債権取引のトレーダー、或る時は密林のゲリラ…華麗に装いを変え、あたかも「舞う」ように世界を生きる『李歐』と、本文で「冷えた毒蛇」と称されるように、輪郭に冷徹さを纏いつつもその身の内側に、何かしらの熱を持つ『一彰』が大陸を夢見て長い長い旅をする――
    拳銃の硝煙の臭いと、ひとを惑わせるという桜と、ひとの死と、広々とした大陸。流暢な舞いと詩。それらが物語中に散りばめられている。
    その中でも特にうつくしく表現された、桜や舞いや歌声は、血の臭いに満ちた闇の中にあるからこそ、その美しさが一層際立つ。

    ひとにひとの魂に"惚れる"のに時間はかからない
    磁力のように引き合うふたりから目が離せなかった。


    正直に申しますと、序盤からかなりの間、どうにも読みのペースが進まず、これを読みきるという気持ちは徐々に小さくなっていった。しかし半分を過ぎた頃から、物語の歩むペースはテンポを上げていく。
    来るべき終わりへと、二転、三転を繰り返し、時代が変わり、ひとが変わり…それでも変わらないものがあった。物語中の変わらないものたるや、ひとを惹きつけて止まないものである…(少なくとも私においては)

    桜。大陸。一彰の夢。クライマックスのシーン。物語の締めくくりの部分はこちらがその風景を夢見ているのではないかというくらい、鮮やかだった。

    願わくば、大陸の覇者とその家族が、桜舞う彼の地で安らかな夢を見んことを

全535件中 126 - 150件を表示
ツイートする