李歐 (講談社文庫)

  • 3443人登録
  • 3.84評価
    • (615)
    • (456)
    • (791)
    • (41)
    • (13)
  • 538レビュー
著者 : 高村薫
  • 講談社 (1999年2月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (522ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062630115

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高村 薫
あさの あつこ
荻原 規子
有効な右矢印 無効な右矢印

李歐 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 難しくてわりとざっくり読みしてしまいました。
    一彰が何を求めて大学生活を過ごしていたのかわからなかったし、サイコパスなんじゃないかと思ってしまったので最後こんな穏やかにしめるとは思わなかった。
    しかしなんてさりげなく耕太の父親が二人になった、って書いてるんだ……

  • おもしろかったようなそうでもなかったような。拳銃のくだりとかとばしとばし読んでましたが、途中で読むのやめようかと思いましたが、なんか最後まで読んでしまいました。暇だったから読めたんだろうな。

    でもそれなりに引き込まれたのかな?
    李歐はかっこよかったです。

  • 「李歐」という現実では絶対に出会わないようなカリスマの人生を、主人公の一彰とともに見ているような感覚に落ちる。実際に李歐が登場する場面は少ないのに。
    こんな人物に信頼を置かれる主人公が羨ましい。。。

  • 李欧の魅力に酔いしれます。

  • パパが二人・・・

  • 初めての高村薫。文体が苦手。続きが気になる・・ってことも無く。

  • 主人公の生活が生々しい。それに比べてりおうの方はちょっとファンタジーっぽい。ものすごい惹かれあっててすごく美しいのだが、そこまで惹かれる理由がよくわからない。でも惹かれる理由なんてきっとわからないほど些細で運命的なんだろうなって思った。

  • 一見普通に見えるやる気なさげな大学生が主人公。その主人公がハードボイルドな世界に自然に絡みこんでいく。しっかり書きこまれた重い文章。でもその中にも女性らしさというか文章に色っぽさもあって、表現にハッとさせられる部分も多い。

  • 人を蠱惑する桜の花びら舞い散るハードボイルド。丁度桜の季節に読めてよかった。
    高村薫の小説にいつも出てくる、破壊衝動の強い男たち。恵まれた資質を持ちながら、賢明で常識的な選択をわざわざ回避し、墜ちていくことに魅せられているような男たち。男ってこんなものなのか。それとも高村さんという女性作家が描く一種の幻影なのか。いつも読後に惑う。

  • 「わが手に拳銃を」(1992年)を下敷きに
    1999年に新たに書き直された文庫版


    アジア全域の革命熱と血生臭い社会悪を支柱にした物語の重苦しさの中にも
    桜吹雪の美しさ・杜甫の漢詩・李歐の突き抜けたキャラクターが
    どこか一睡の夢のような幸福感をもたらしている不思議な世界観に変わりはないのですが
    前作を経て全ての流れが淡々と整理整頓され
    登場人物それぞれの人格や物語上での駒としての配置も大きく変えられているので
    読み心地はもはや別物でした

    また今回は一彰と李歐二人の“恋慕に近い友情”へと完全にピントが絞られているため
    「惚れたって言えよ」だの「心臓が妊娠したようだ」だの
    前作にも増して迷台詞がボンボン出て来てもういちいち心臓にわるいです
    高村さんは相当李歐がお気に入りなんだろうなーとしみじみ


    闇深さの煮詰まり具合の差や
    能動的か受け身かの違いなど
    読み比べてみて私は前作の一彰の方が好きだったので「わが手に~」派でしたが
    けっきょく五千本植えちゃう大陸の覇者の豪放磊落っぷりにはニクい!の一鳴な一冊でした

  • 暴力の香りがする本。主人公はごく一般の青年だから暴力シーンは出てこないけれども、どことなく暴力の香りがするところがさすがに高村薫が書いた本といったかんじ。冒険譚といってしまえば簡単だが、重厚で十分な読書に耐えうる。2人が見た大陸の夢は儚く美しく、時間の流れは冷たく厳しく、わたしは本を読んでいる間中ずっと夢の中にいるような気持ちになった。この時代の中国は、内実はともあれ資本主義国からの視点で考えるとミステリアスで不思議な魅力を感じると初めて思った。時代が本の内容の面白さを更に際立たせる。

  • 男という生き物はみな、こうなんですかね? 現実と自分の間にかかった白い膜をとおして、世界を見ている、霞を食って息をするような。一彰や李歐だけに留まらず、笹倉や田丸までもがそういう人間に見えてくる。女は何処まで行っても、夢と現実の擦り合わせに長けた生き物なんだなあとも。

  • 黄金~があまりに面白かったので、実はずっと気になっていたこれを読んだ。いやー李歐がめちゃくちゃカッコ良い。目の前で生きて、呼吸しているみたい。これは男も惚れるね…。
    ただ李歐がカッコ良すぎて少女漫画のヒーロー的に見えてしまった(こんな荒っぽいヒーローもそういないけど)。それだけカッコ良かったってことで。

  • 読破。

    レビューは「我が手に拳銃を」を読んでから。

  • 22歳の平凡なアルバイト学生だった吉田一彰が美貌の殺し屋李歐との出会いをきっかけに徐々に抗争の渦に巻き込まれていく15年間の物語。
    銃や機械工学の知識がないのでよくわからない部分も多かったけど、中国間の派閥抗争からゆくゆくは国家抗争にまで物語が発展していって、スケールの大きさに圧倒されました。
    所々にはさまれる桜の描写が幻想的で美しく、読み終わった後もなんだかぼんやりしてしまった。

  • 吉田秋生の「BANANA FISH」の読後感に近い感覚を受けた。
    この漫画が大好きなだけに、この本も高得点。

    主人公とカリスマの組み合わせ。
    大阪の下町とNY。
    そこにある桜と朝日。

    どうしても「BANANA FISH」のイメージが染み付いているので
    こじつけ的に対比させてしまうけど、
    世界観はかなり似通っていると思った。

  • 李歐よ君は大陸の覇者になれぼくは君の夢を見るから――

    華々しい活躍を行う李歐を想う、彼と比べればずいぶんと平凡な吉田一彰が、李歐によって大陸へつれていけという約束を果たされるまでの人生。
    硬い友情を胸に秘めた男の人生。

    結局、李歐は狂人であったのだと思う。国際情勢や国家に引きずられ追い立てられて全力で駆け抜ける必要があったにしても。
    それでも、やはり李歐は冷酷な狂人であると思う。深く深く狂っていて、しかし聡明であるが故に大人物にも見えかねない。それとも、大人物であるためには狂人でなくてはならないのか。
    しかし鮮やかに、大勝負を仕掛け、起死回生の一手を幾つも打った李歐は、吉田一彰の視界を介して仰ぎ見ればなんと美しく輝くことだろう。
    美貌の殺し屋、舞手、大企業家。様々の肩書きを持つ男は華々しく、艶やかで美しい。

    李歐が決して私たちと相容れられない狂人と言うならばまた、吉田一彰も狂人である。李歐のように目立つことはなく日常に埋没するかのように見えて、平々凡々ではいられず足を踏み外してしまう。
    刑事や、裏の人間、偶然に出会った司祭などから遠く李歐の活躍を漏れ聞きながら出所した後の彼は、ただ町工場の長として工場を守り立て、結婚し、子どもを育てていく。
    平凡な人生を歩み始めたかに見えたその一方で、裏の住人と手を切ることも出来ず、妻を失ってしまう。そして、それをうらむように哀しむこともできない。
    田丸刑事が吉田一彰へとむける感情がひしひしと理解できるような気がした。
    そして、吉田一彰のような狂人は例えば李歐という鮮やかな男のようなそのきっかけに出会わないだけで、意外と多くいるのかもしれないとも想った。

    ボリュームたっぷり、どっしりと満足が腹に落ちる小説。いまいちなにが良いのか全く分からないけれど、良かった。大河小説のような重みがある。
    のめり込んで読め、吉田が感情の起伏に乏しい分李歐の行動に寒気がしたり、眼を見開いたりすることが出来た。

  • (出版社/著者からの内容紹介)
    李歐よ君は大陸の覇者になれぼくは君の夢を見るから――

    惚れたって言えよ――。美貌の殺し屋は言った。その名は李歐。平凡なアルバイト学生だった吉田一彰は、その日、運命に出会った。ともに22歳。しかし、2人が見た大陸の夢は遠く厳しく、15年の月日が2つの魂をひきさいた。
    『わが手に拳銃を』を下敷にしてあらたに書き下ろす美しく壮大な青春の物語。

    とめどなく広がっていく夢想のどこかに、その夜は壮大な気分と絶望の両方が根を下ろしているのを感じながら、一彰は普段は滅多にしないのに、久々に声に出して李歐の名を呼んでみた。それは、たっぷり震えてかすれ、まるで初めて恋人の名を呼んだみたいだと、自分でも可笑しかった。――本文より

  • 図書館で借りたのですが、半分くらい読んでギブアップ。
    BLっぽくて、好きなタイプの小説だと思ったのですが、どうにも内容に興味が持てなかった。文体も説明調で、とっつきにくく、グッと惹きつけられるような見せ場もなかったような気がします。

  • 高村薫らしい綿密な作品!

  • 平凡なアルバイト学生だった吉田一彰は美貌の殺し屋・李歐と出会う。それは運命との出会いだった。ともに二十二歳。しかし、二人が見た大陸の夢は遠く厳しく、十五年の月日が二つの魂をひきさいた。

    すばらしくかっこいい李歐と一彰の物語でした。桜が美しく、いい味出してます。

  • 前半では桐野夏生の「OUT」を彷彿させる内容で、
    裏社会に暮らす人々、普段は決して日の目を見ることのない底辺層の様子が描かれています。
    ハードボイルド好きな私としては、キタキタキターって感じで読み進めていったのですが・・・
    あれれ?後半(というか李歐が登場するや否や)から雲行きがおかしいような・・・
    一彰と李歐が分かれてから、裏社会のことはでてくるものの、
    どちらかというと一彰の李歐に対する想いが深く描かれていきます。



    もうね、純愛ですよ純愛!!
    出会ったときから強く惹かれあって、その上15年間も一途に(お互い結婚したけど)思い続けられますかって話ですよ!!

    予想していた話とは全然違ったけれど、恋の苦しさ・せつなさ・もどかしさが詰まった一冊でした。

  • 半世紀も前の時代という名の過去の空間が大陸の土の匂いと桜の妖艶さに混ざりながら、一気に紙の世界に蘇る。
    一つの時代に翻弄され、いくつもの命が失われる。暗澹たる状況のなかで、二人の青年を暴力的とも言える押されきれないほどの衝動と未開拓の土地への憧憬が支える。

    色んなことを学ばせてくれる。例えば、歌というものは、未知なる土地の匂いを伝えることのできるものだとか。
    色んなことを気づかせてくれる。例えば、私の中にも実ははるか前から大陸への憧憬があったとか。

    主人公と李欧の二人の心理描写はひたすら悲しく、美しいものだった。
    そして、二人の関係はまるで満開の夜桜のように色っぽいものだった。

  • 『李歐』は、'92に発刊された『わが手に拳銃を』を下敷きにあらたに書き下ろされたもので、'99年2月に発刊されている。
     主人公の吉田一彰は阪大工学部の四年生。大学の授業には興味なく、彼を熱中させているのは、駆け落ちした母を捜すこと。そして、中国語の授業の講師であった敦子との性愛。昼間は運送会社のアルバイトをし、夜は会員制のナイトクラブのアルバイトをしている。
     母と少年は、東京から夜逃げのようにして大阪にたどり着き、姫里の木造モルタル二階建ての粗末な木賃アパートに住み着いた。十三の商店街を歩くと道行く人がみな振り返るほど小粋であか抜けしていた彼女は、十三病院の賄い婦として働いていた。友達も身よりもいない6歳の少年の遊び場は、アポートの隣の小さな機械工場だった。工場には数人の外国人労働者たちが働いていて、彼らから「ぼん」と呼ばれて可愛がられていた。少年にとって、工場から聞こえてくる、中国語や朝鮮語の話し声の賑やかな音調が、少年の心に沁み込んでいった。そうした幸福が1年ほど続いたある日、母は6歳の一彰を置いて中国人の工員と駆け落ちしたのだった。母が消えた日、その工場に警察の捜査が入った。
    東京の祖父母に育てられた少年は、母を探り当てる目的で大阪の大学に進む。幼い記憶を頼りにその工場で働いていた外国人労働者を訪ね歩き、3年かけて昔工場で働いていた工員の一人を見つけやっと駆け落ち相手の男がそのナイトクラブに来ているという情報を得たのだった。見つけた相手は、台湾シンジケートの幹部となっていて、一彰は彼の情報を得た工員、今では金融ブローカーとなっていた中国人から、殺しの片棒を引き受けさせられていた。 その実行の日の夕方、一彰は敦子と十三で会った。さすがに女を抱く気は失せ川河川敷に出た。真っ黒な草原と川面を渡る風に包まれながら、敦子を抱いた。『目と鼻にかかる鉄橋を、阪急電車が光の帯になって通っていった。その電車が吸い込まれていく対岸には漆黒の町並みが横たわり、その向こうには梅田ターミナルの明かりがぼんやりと後光のようにかかっていた。その後光の辺りに「ナイトゲート」があり、今夜そこで人が死ぬ』
    突然22歳の一彰は35歳の敦子に恋しているのだと感じた。しかし、所詮はこれから人殺しに加担するというときにやってきた気分だった。
     計画は漏れていたが、殺し屋の機転で殺しは実行された。一彰が、事情聴取のため警察から解放された後で訪ねた時、その殺し屋は「惚れたって言えよ」と流暢な北京語で一彰にいってからかった。「ああ、惚れた、惚れたから、名前ぐらい教えろ」と一彰は答えた。その美貌の殺し屋は、食卓に口紅で『李歐』と書いた。平凡なアルバイト学生だった一彰は、その一言で殺し屋李歐と友達になった。共に22歳。二人が夢みたのは大陸。夢を叶えるために密輸の拳銃を盗みだした李歐と一彰は、そのために、米国、中国の諜報関係、日本の公安警察、国際シンジケート、広域暴力団から狙われるようになるのだった……。
     高村薫の作品には男の友情がよく描かれている。それも、どう考えてもべたべたした関係で描かれている。二人が夢みた大陸で二人は出会うのだが、どちらも独身。互いに妻を殺さた結果だが。男の友情の間に女は不要という感じに受け取れてしかたない。

  • 切なくて、やるせなくて、胸がしめつけられるような。

全538件中 126 - 150件を表示
ツイートする