李歐 (講談社文庫)

  • 3461人登録
  • 3.85評価
    • (617)
    • (457)
    • (792)
    • (41)
    • (13)
  • 538レビュー
著者 : 高村薫
  • 講談社 (1999年2月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (522ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062630115

李歐 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 魂が震えた

    読み終えてなお私の傍らで李歐と一彰が生きている。
    李歐に会いたい、一目見てみたい、という想いが一彰と、そして読み進める自分と重なり合って不思議な感覚だった。

    個人的な話したが一彰の生きた時代と場所の真横が自分の母親が確かに生きた地であり、またかつて見た中国の大地、見渡す限りの荒野と畑が浮かび様々な情景が私の中で交錯する。

    李歐の魂が現れたとき、咲子が亡くなったとき、涙があふれた。
    読後余韻のまま寝てしまえば一夜の夢かもしれない。
    だが何度も読み返したくなる一冊となるであろう。

  • 素直に大陸に夢を馳せたくなりました。どうしたって日本とは違う、果てしなく続くような大地に。  その大地に生まれ、激動の祖国を見ながら小さな島国に逃れてきた李歐。そこで彼は、「そんなに!??」ってくらい大切な大切な出会いをして、その出会いは、そのあとも片時も彼を離すことはなかった。一生懸命生きた人たちの記録です。フィクションとか、関係ない。革命児李歐の起こす風を感じよう。「惚れたって言えよ。」

  • 何でか世界一の美女はネパール人と信じて疑わない私だが、世界一の美男はきっと中国にいるという確信をこの本で得た。中国にいるっていうか、李歐だけど。

  • 永遠のmy favorite.

  • あの意味全然違う微笑ましいほど微妙な中国語を除けば、素敵なお話だけどね。

  • どうしても読みたくなって久々に読み返した。
    今読むと、前読んだ時にはわからなかったいろいろな機微がわかるようになって一層面白い、というか切ない。
    咲子の気持ちとか、守山の気持ちとか、でもそれでもみんな死んでいってしまって残される一彰とか。
    そしてそこに残る李歐という存在の異質性というか、輝きというか…
    考えてみたら李歐が直接登場してるシーン、ものすごく少ないのに、全体に存在感がどーんとあるのがさすが李歐としか言えない。

    そして、昔は主人公がものすごく掴み所がない、よくわからない人、という印象だったけれど、今読むとなんとなく気持ちがわかる気がする。
    目的もなにもなく宙ぶらりんに生きる気持ちがなんとなく重なった。
    ただ、そんな彼に李歐が現れることで変わっていく、というのがまたなんとも言えないくらい素敵でした。
    何度も読みたくなる作品。

  • 時間があれば。

  • 毎度ながら、雰囲気はじっとり暗いし、難解な言葉も多いので読みやすくはない。死んだような生活を送ってた吉田が李歐と出会ってからの二人の不思議な関係(愛?)に引き込まれた。常識では考えられないけどすごい生き方。要所要所で出てくる桜の描写が印象的。

  • 飛ばし読み。中国語の音をカタカナで綴った文章が結構長く頻繁に出てくるため目が滑る。

  • ストーリーはやや平坦。はっきりとした起承転結はない。風景の描写や物語の世界観が高村薫らしく美しく、現実を忘れて引き込まれる。李おうが主人公に惹きつけられている根拠がよくわからないなど、細かいことを気にし始めると引っかかるところはあるが、そういう読み方をすべきではないだろう。

全538件中 51 - 60件を表示

高村薫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高村 薫
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする