李歐 (講談社文庫)

  • 3452人登録
  • 3.85評価
    • (617)
    • (457)
    • (792)
    • (41)
    • (13)
  • 538レビュー
著者 : 高村薫
  • 講談社 (1999年2月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (522ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062630115

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高村 薫
有効な右矢印 無効な右矢印

李歐 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 記憶にないけど面白かったらしい

  • 咲子さんとくっつかず李歐一途でいてほしかった。

  • 単行本(わが手に拳銃を)を大幅にリライトした文庫本(李欧)。
    ぜひ両方読んで、どちらが好みか語り合いたいです。
    ちなみに私は『李欧』を読むと桜が見たくてたまらないので、春しか読みません。
    【熊本学園大学:P.N.モルト好き】

  • 「李歐よ君は大陸の覇者になれぼくは君の夢を見るから——」

    この本は古本屋でたまたま手を出したのですが… 読んで感動しました。 読んで切なくなりました。

    是非読んでみてください。

  • 銃を触りたい!って邪に思うほど少年時代の一彰が工場で過ごす描写が細かくて好き。ストイックはエロティック。
    何度読んでも泣いてしまう。

  • 読んで改めて感じたが、友情というのは男にしか成り立たない感情ではないだろうか。

  • 長くなるので、よかったらこちらを
    お読み下さると嬉しいです。
    http://tschuss12.jugem.jp/?eid=166

  • 今年初めて買った本。

    ひとりの学生と、美貌の殺し屋が出会ってから再会するまでの15年にわたるお話。

    なんていうか、いろんな意味で暑苦しいお話でした。

    拳銃やら施盤やら、国際政治やら金融市場やらの詳細な説明が、自分には難しくて読み辛かったし、
    妙にスケールがでかすぎて置いてけぼりを食った感じもあり、
    さらに一彰の内面描写が掘り下げられすぎてて鬱陶しい。

    とりあえず、自分が先に書評を読んでいたせいか、
    もうこの本全体を穿った見方でしか見られなかったので、どうにも評価に戸惑ってしまいます…。

    ただ、邪な目で見ようが見まいが、一彰と李歐の関係は、暑苦しすぎていっそ羨ましい気がしないでもないかと。

    何の先入観もない世の男性方が、一体どんな感想を抱くのか、聞いてみたい衝動に駆られて仕方のない一冊でした。

  • 昔に読んだ本。

  • 李歐格好良いよ、李歐。
    ドラマ版はひこそがやったんだっけ。
    誰か豪華キャストで映画作ってくれないかなー。

    下町の工場、朝鮮系や中国系のおにーさん方、裏社会的きな臭さ、大陸の香り・・・そんな雰囲気がとても好き。
    大切な人の子供にプレゼントを贈ることについての漠然とした憧れは、ここに端を発するのかもしれない。
    そうそう、大学入ってからまさかあんなに繰り返し「在哪遥遠的地方~」と歌う羽目になるとは思いもよりませんでした。

  • 自分より遠すぎる世界という意味でリアリティのない話。
    香港系マフィアと日本の暴力団の争いに
    巻き込まれる主人公の30年くらいを語った物語。

  • 晴れ晴れとして清々しい。読み終わってこういう気持ちになる小説は久しぶりだ。2人の男の約束とそれにまつわる友情・愛情が果たされて本当によかったと、しばらく余韻に浸ってしまった。


    冒頭は、60年代・70年代の、不安定な国際情勢や人間関係のしがらみが重苦しく、粘っこくまとわりつくような雰囲気だったのに、どんどん時間を追うごとに、まるであく抜きや漂白をしたようにさらさらと軽やかな雰囲気になっていくのも心地よい。主人公・一彰の李歐への思いが切なく、離れていても2人の気持ちが重なり合うのは羨ましいほど。惚れるってこういうことだよね。


    作者は、男性の気持ちをよくわかっているなと思ったけど、男性はそのあたり、どう思うのか、聞いてみたい気がする。


    一彰の母親が男と駆け落ちしたことが、ストーリー的にもっと一彰の気持ちや行動に深く影響するのかと思ったが、案外あっさりと片付けられていたのは、ちょっと予想外。だが、一彰の気持ちを李歐に一本化することで、陰謀が交錯するミステリーであると同時に、極上のラブストーリーになったと思う。ラブストーリーなんて、この作品の前では妙に陳腐に響くのだけれど。

  • 結婚してから一彰変わったなぁ。
    一彰と一緒に李歐に惚れた。

  • 李歐、你从此准成覇王的大陆吧、我梦見随你去(君は大陸の覇者になれ、ぼくは君についていく夢を見るから)

  • 2011.6.8読了。
    幼い頃大阪の町工場で遊び、中国人と駆け落ちした母を持つ一彰とその中国人を殺すために訪れた李歐との交流

  • 高村さんの小説はこれが一番好き
    これ読むの4回目かな。もう泣かなくなった。

  • 惚れたって言えよ――。美貌の殺し屋は言った。その名は李歐。平凡なアルバイト学生だった吉田一彰は、その日、運命に出会った。ともに二十二歳。しかし、二人が見た大陸の夢は遠く厳しく、十五の月日が二つの魂をひきさいた。
    『わが手に拳銃を』を下敷にしてあらたに書き下ろす美しく壮大な青春の物語。

    文体は好みじゃなかった。
    一彰と李歐の、互いを想いあう気持ちが長く続いたのが凄い。友情とも愛情とも言えない感じ。

  • “李歐よ 君は大陸の覇者になれ ぼくは君の夢を見るから”

    という帯付きで売られた居たこの本。
    なんたって帯が良い!
    そしてその帯に惹かれて読み始めたら、中身も良い!!
    作品の世界観にグイグイ引き込まれてしまいました。
    内容的には重いですが、高村薫はこの本で好きになりました。

  • これは凄い!!

    本当におすすめです♪

    これを読んでからというもの

    桜が大好きになりました❤

  • 正直なところ、文章が非常に読みづらい。
    銃の組み立てなどの専門的な箇所が読みにくいのはある程度仕方ないとしても(書き手次第で全く知識のない者でもするするわかるように書ける方もいらっしゃいますが)、通常の物語もしばしば引っ掛かる。
    それでも読み通す気になるのは、ひとえに李欧のキャラクターの魅力だろう。
    数年前に読み比べた時には改稿前の「わが手に拳銃を」の方が無駄がなく、圧倒的に好きだと思ったが、今回こちらを読み返してこれはこれでありかも知れないと思った。
    「わが手〜」もまた読み返してみたい。

  • 話のスケールが大きくて、読後の余韻に浸れる作品でした。
    話の内容というより、15年を隔てても途切れない李歐と一彰の想いに感動しました。それが友情であれ慕情であれ、それほどの会えない時をものともしない感情はすごいと思います。

  • 李歐がイケメンすぎてつらい。

  • 長かった…!!短めの話ばかり読んでる私にはとくに…でも、挫折することなく読み終えられたのは、李歐に私も惚れたからだと思います笑

    好きとか嫌いとか、男とか女とか関係無しに、魂がひかれあう関係…というか、なんかすごい、羨ましかった…!!
    私も李歐みたいな人に出会いたい、と思うけど、一彰のように冷静に、時に大胆に、行動する自信がないので、多分再会を果たせず死ぬわ…笑

    とにかくなんかみんな頭良いね!!読んでて結構おいてかれた!笑
    なにより、高村薫さん、すごいね…ハードボイルドな話をこんなに詳細に生き生きとかけるってすごい…

    最後、二人の夢が叶った…!けどまだまだ先があるんだ、とわくわくする終わり方は、私はすごくスッキリできて好きです。

  • 李歐にメロメロ。
    一彰も笹倉も、そしてわたしも(笑 

    美しく冷たく、死の影を纏って、見るものの心をどこかおかしくしながらも命に溢れ、力強く春を謳歌する…
    そんな李歐こそが桜なのだと思う。

  • 「耕太は父親が二人出来たのだ。」この一文で泣いた。いつか会おうと約束して15年が経ったというだけのお話の最後に、二人は家族になる。一彰は一度は夢だと諦めた大陸の地で、今までとは比べ物にならないような平穏の中で、家族3人仲良く暮らすんだ。こんな終わり方をしてくれてよかった。

全538件中 151 - 175件を表示
ツイートする