李歐 (講談社文庫)

  • 3452人登録
  • 3.85評価
    • (617)
    • (457)
    • (792)
    • (41)
    • (13)
  • 538レビュー
著者 : 高村薫
  • 講談社 (1999年2月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (522ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062630115

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あさの あつこ
高村 薫
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

李歐 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「わが手に拳銃を」を全面改稿改題

  • 何が納得って、題名ですねぇ

  • 腐女子の方には読んでほしい。と腐女子の私は思った。何事にも無気力な主人公が美貌の殺し屋と出逢い、惹かれ、様々なことに巻き込まれながらも生きていく話。

  • もの至極スケールのでかいヒューマンドラマ。
    広大な大地、鮮やかな淡紅色の桜の束が
    ありありと目前に広がっているかのような美しい描写。
    それでいて闇の世界の冷酷と愛惜がシビアに、
    また生々しく描かれている。

    身の毛のよだつスリル。顔を背けずにはいられない残虐。
    体の内の内の内側のやわらかな部分が焼け焦げるような情愛。
    読みすすめる間、終始五感がざわついていた。


    何が生か何が死か、何が惡か何が善か。
    それを決めるのは社会でも国家でもない。
    死をも畏れぬ激しい個の情念だ。


    国家のしがらみを越え、数々の人間の思惑を越え、
    時を越え、性別を越え…二人の男が
    肉体と肉体、魂と魂を強烈に響き合わせる
    モザイクなしのリアルに、強く胸を打たれた。


    地球上にたった一人でいい。己の全霊を捧げたい。
    魂ごと重なって、混ざり合いたい。
    己がその渦に溶けてなくなってしまってもいい。
    ひとつになりたい。

    心の底からそんな風に思えるパートナーに出合うということ。
    これほどまでに生きるしあわせがあるだろうか。

    魂が欲するところのものに忠実に、純粋に、
    身命を賭して生きること。
    それはおそろしいほどに美しい人間のエゴではないかと
    拙者は思う。

    とにかく読み応えのある一冊でし。

  • なんといっても李歐が好みでした…!

  • 高村薫っぽいような、っぽくないような、ちょっと他の作品群に比べると異色に感じた。相変わらず、細部への詳細な記述は素晴らしいのだけれど、全体的なストーリーとしては少女漫画を彷彿とさせた感が否めない。どちらかというと単行本の時のストーリーの方が好みかも。

  • 読了日不明。李歐の言動、行動、全てに魅了されました。男同士の友情を超えた絆の強さに圧倒。幻想的な表現も素敵でした。中盤、読み疲れが多少出てしまったので星ひとつマイナス。でも面白かった!

  • 以前から一度読んでみたかった作者。
    女性作家でハードボイルドな話しを書くというようなことは聞いていましたが、どうなんだろう。とりあえず文章は女性的な文章だったな。あと話しの展開が結構変わっているかな。ついでに単語(文章表現)の使い方がこの人の独特な味があるので、女性ファンが多いのはなんとなく分かったかも。もう一冊なにか読んでみようかと思いました。京極さんもしかり、この人もしかりで、作家も絵画と同様に独特な個性があると思った本でした。
    あー、そういえば、これ読んでまたドグラマグラ(既に2度読んでるけど)や恐るべき子供たちをまた読みたくなったかも。

  • 一彰と李歐の間柄って、とにかく愛だなあと思った。
    恋にも友にも通じるような。絶対的な。
    じゃないとあんな果てない約束できない、と思う。

    個人的に「コウモリ」の章が切なかったです。
    受験終わったら、もっかいゆっくりよみたいです。

  • 男と男の友情。時として、深読みしてしまう自分もいるが・・・なんと美しいものだろう、と。読むたびに、「離れていても通じ合える。」そういう友がいること、そこに感謝させられることしきり。

  • 自分は恋しいだけだ。恋しい、恋しい。李歐が無事なら、この心臓が止まってもいいと一彰は思ったのだった。(本文より)

    この物語、凄い。

  • う〜〜ん、面白かったぁ!!ある意味、究極の同性愛。
    李歐の出番がもうちょっと欲しいです。

  • 李歐が出てないところは少し退屈で、読みづらさも倍増でした。でも、内容や台詞は良かったと思います。

  • 中身がかなり濃密な一冊。BL系にしか感じられないのは僕だけ!?
    読書に慣れていない方にはお勧めできません、途中で挫折してしまうかも。
    三部作くらいに分けて描ききったほうがよかったかも知れませんね。

  • 今さらながら。
    射精しますね。ほんとに。

  • 「李歐よ君は大陸の覇者になれ、ぼくは君の夢を見るから-」妖しいほど美しい桜が咲く大阪の町工場を遊び場として暮らしていた一彰。アルバイト先で出会った殺し屋李歐。惹かれつつも別れて15年の歳月が過ぎる。

    ストーリー自体は何があるって話でもないんだけど、高村薫の状況や人物描写のうまさに脱帽です。読んでいるだけで、その桜の木の美しさや李歐の美貌とかの情景が目に浮かぶ。『わが手に拳銃を』を下敷きにした書下ろし。

  • 再読。
    何度読んでも重厚な深さを持っている。
    李歐と一彰の運命を何と呼べばいいのだろう。

  • スケールが壮大。

  • 家にあったのであらすじも読まず勝手に現実的で固いお話かと思っていたが、割とファンタジーだった。個人的に文体が苦手だったが、クライマックス直前までドキドキさせてくれる面白さはあると思う。女性の登場人物の扱い方が男性的だと思った。

  • 一気読み。
    何なのか全くわからないまま怒涛のように読み終わった。
    暴風雨に巻き込まれたかのような感覚。
    衝撃的だったなと今でも思う。

  • 中学生の頃,初めて読んで以来ずっと李歐に心を奪われている.

    李歐は大陸の風

    当時紛うことなき大人だと思っていた一彰が,実はたかだか大学四年生だったことに驚いた.読む度に新しい発見があって,読む度に李歐に心を奪われる.またあと何度でも読み返すんだろうという確信があって,こういう幸福を与えてくれる一冊に出会えたことに感謝するほど.

    一体,生身の人間からどうしてこんなに完璧なキャラクターが生まれたのか,作家さん自身も驚いているんじゃないかと思ってしまう.
    高村薫さんの文体も大好き.堅いのに繊細,簡素なのに,叙情的.理想の文章です.
    舞台である戦後日本とアジア圏の関わりも奥深い.

    感想を書くことも憚られる.
    我が心の一冊です.

  • 高村さんの作品の中でだんとつに好き。友情とも、恋愛ともちがう主人公二人の人生の重なり方がべたべたしているんでもなく、しかしクールすぎずに描かれていて最後までそれで引っ張られた。最後のシーンは涙しながら読んだ。よかったね、と。

  • 「惚れたって言えよ」

    ──そして、美貌の殺し屋の名前を知った。
    李歐。
    豪放磊落、大胆不敵、冷酷無比、しかし春の太陽のようにおおらかな李歐。
    大陸の匂いのする男。

    平凡な学生だった一彰はその日、歓喜の入り口に立った。
    李歐という歓喜、暴力や欲望の歓喜、友達という歓喜、常軌を逸していく歓喜。
    つかの間の出会いと長い別れ。
    互いの生死も知らぬまま過ぎる歳月は李歐を大陸への夢の化身と変え、一彰の魂を激しく揺さぶり導いて行く──。

    『わが手に拳銃を』を下敷きに、新たに書き下ろされた文庫本。

  • 著者旧作「わが手に拳銃を(1992 年)」を下敷きに、
    1999 年にあらたに書き下ろされた作品。
    前作より幅が拡がり、
    深みを増した良い作品に仕上がっている。
    高村薫女史の筆力には、ただただ圧倒される。
    末永く、良作品を提供し続けて頂きたい。

全538件中 176 - 200件を表示
ツイートする