李歐 (講談社文庫)

  • 3443人登録
  • 3.84評価
    • (615)
    • (456)
    • (791)
    • (41)
    • (13)
  • 538レビュー
著者 : 高村薫
  • 講談社 (1999年2月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (522ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062630115

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あさの あつこ
高村 薫
荻原 規子
有効な右矢印 無効な右矢印

李歐 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 極上の男に魅せられた一人の男の半生です。
    (ボーイズラブではないと思う。トーマの心臓みたいな感じ。あ、それがボーイズラブなのかな?)

    実は高村薫の著作は初めて。圧倒的な筆力と構成力にただただ唖然とするのみです…。ラストシーンの美しいこと美しいこと。電車の中で鳥肌が立ちました。未だにありありと情景が浮かびます。 中国の広大な土地と、その中で際立つ男の姿。

    李歐が今の上海に代表される中国の発展ぶりを見たらどう思うだろう?

    満開の桜が見たくなる小説。

  • 勢い良く桜の花びらの香りのする風が吹き荒れて

    そして香りだけ残して

    通りさったような清々しい本でした♪

  •  男同士のピカレスクロマン。
     さすが高村薫!と叫びたくなるくらい、実に面白い。

     けれど読み終えてみると「主人公」があまりにも変わらないことに、違和感が残る。
     しかしながら面白いので、それ故に変わらなさが目立つのかもしれない。

  • 李歐との結び付きがよりドラマティックに。これはこれで

  • とにかく李歐がかっこいい!「俺に惚れたって言えよ」この台詞にぐっときました。どこまでも人を惹きつけてやまない李歐がたまらなく好きです。

  • 初めて読んだ高村先生の作品。
    この作品と出会わせてくれた学校の図書館、司書様。
    ありがとうございました。

  • これは…いいのか?と思うくらい、濃い感じ。
    同性だけど、ここまで思い切れば、
    それもいいのかも?

  • 美しい男を書かせたら、高村薫は素晴らしい。

  • この本がきっかけで中国語に興味をもったといっても過言ではない。李歐の美しい北京語が理解したかったというミーハーさ。
    ラストシーンが好きです。

  • 独特の描写に鳥肌が立った!特に例の口紅を塗って指で拭うシーンが好き。

  • おもしろいのはおもしろいのですが、なんだかよく分からんうちに読み終わってしまいました。
    結局なんの話…?
    一彰と李歐は会うことなく死んでいくに違いない!と思いこんでいたのですが、これっぽっちもかすりもしない結末に終わってしまいました…うーん。おめでたいんだけどなんだか納得いかん。

  • タイトルにわけもなく惹かれて、
    ふっと手に取った一冊。

    少し前の中国の政治がらみのこととか、
    拳銃とか、漢詩とか、
    詳しくないことがたくさん出てくるのだけど、
    ぐんぐん引き込まれて、一気に読んでしまった。

    よく知った大阪のローカルな地名がたくさん出てきて、
    妙に嬉しくなったりもして。

    無気力感、焦燥感、泥濘感、悲哀、
    負の感情が渦巻いてるのに、
    なんだかものすごく美しさを感じた。

    絶妙な桜の演出効果のせいか、
    根底に横たわる純愛っぷりのせいか。

    李歐。

    人の名前なのに、
    なんだか不思議な呪文みたい。

    ☆☆☆☆ ホシ4つ

  • 単行本「わが手に拳銃を」の方が好きだった読者の一人。
    しかし、こちらは此方で面白い。

  • わが手に拳銃を も読みたい

  • これほど桜が印象深く登場する小説は他にないかもしれない。この小説のイメージカラーはまさしく表紙通りの霞がかったピンク色。でありながら、内容はどこまでも男くさくハードボイルド、でありながら、男が男に心底惚れてしまう、愛の物語でもある、という異色の小説。

    大抵こういうお話のカリスマの末路は決まっているので、そういう李歐をあまり見たくなく、なかなか読み進まなかったが、意外な結末で良い意味でとても驚いた。『ナイトゲート』と『李歐』の章が特にお気に入り。


    原口がフェードアウトしていったのがやや残念。ああ見えてずっと一彰の盾になってくれていたのがなんだかいじらしいというか、これもまた違った愛の形なのか?  【2010年3月7日】

  • うーん
    あの頃はまわりの評価に自分も酔ってみたくて、これは素晴らしいんだみたいな固定概念を作り上げてしまった中で読んだ本。
    若かった。
    その頃の自分の手書き書評には、「読み終えるのが惜しくてたまらなかった。素晴らしい。目に浮かぶのは壮大な大地に風が吹き、どこまでも果てしなく続く桜。素晴らしい。」と6行。

    うーん、怪しい。
    必ずや再読して過去の自分に決別し、いや、しなくていいや、過去の自分も確かな自分、認めつつ李歐の本質を見極めたい。

    高村薫さん、若かったとはいえ、あなたの作品をこんな読み方をしてしまってごめんなさい。

  • 我が手によりキスしないこっちの方が好き。

  • 「わが手に拳銃を」も好きだけど、こちらの一彰のねちっこさが好きです。描写はねちっこいのにふわふわしていて、読んでいてこちらまで麻痺してきそうです。春の陽気にあてられ続けている感じ。そして高村作品中随一のハッピーエンド。

  • セカンド高村作品

    いったこともない中国の大陸を想起
    李欧かっこえ~となった
    中二なスーパーヒーロー設定なのに、主人公に感情移入しやすいからか?

  • 「わが手に拳銃を」を下敷きにして書かれたこの作品ですが、以前より洗練された分勢いや迫力が失われてしまったかな…とも思いました。
    ただ高村薫作品にしては珍しく後味がよく、これはこれであり。
    全体に漂う春の雰囲気が好きです。

  • 「わが手に〜」を読んだ後に再読。
    単行本とは全く違った登場人物の考えや性格、展開です。とにかく主役カズアキがやたらと受け身。
    李欧との執着し合いにも友情って言うか恋情を感じる・・・。

    個人的には、咲子の結末が悲しすぎる・・・。
    女の人はこう、犠牲になるしかないのかしら・・・。
    でもまあ、そこは深く追求せずに、(えっ!?)ラストの大団円っぷりを読むと、ある意味安心感を感じる。

  • 偉大なる駄作。

全538件中 201 - 225件を表示
ツイートする