李歐 (講談社文庫)

  • 3427人登録
  • 3.84評価
    • (611)
    • (455)
    • (790)
    • (41)
    • (13)
  • 535レビュー
著者 : 高村薫
  • 講談社 (1999年2月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (522ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062630115

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
荻原 規子
有効な右矢印 無効な右矢印

李歐 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 李歐の立ち振る舞い、容貌、歌うような語り口、
    想像するとうっとりしてしまうんだけどなんて悪魔。

  • 数年ぶりに再読。以前読んだときは「ぽかーん」としただけだったのが、不思議なことに、この再読では、一気に惹き込まれて虜になった。あまりに魅力的すぎる李歐という存在もさることながら、はっとするような美しく色気のある文体や表現に心を鷲掴みにされた気分。ハードボイルドというよりも、人間同士の絆や因縁、時代に翻弄される混沌とした世界観が主軸になっている気がする。桜の描写が美しく、主人公一彰の父親のような存在である守山の、ふとした行動に人間臭い温かさみたいなものを感じて、ぐっときた。
    ほんの一瞬のような邂逅で、それ以降会わずとも互いを思い合い、15年越しの再開を果たした一彰と李歐の情愛は読んでいて胸が苦しくなったし、とてつもない熱を感じた。

    ところどころに混じる中国語の響きも柔らかく美しくて、華やか。

    いいものを読んだなぁと心から思った。
    李歐が、とにかく、魅力的。

    文庫のカバーデザインもとても綺麗でこの小説の雰囲気にぴったりだと思う。

  • 李歐、你从此准成覇王的大陆吧、我梦見随你去(君は大陸の覇者になれ、ぼくは君についていく夢を見るから)

  • すごくきれいな話でした。
    著者の作品で、男性同士の怪しい感じが描かれる作品が何作かありますが、これは結構全開な感じがしましたな。
    ただ、これも著者の美的感覚の成せる表現力でしょうか、水墨の美しい絵が浮かぶような、何とも鮮やかな印象がありました。

    私の著者のすごいと感じる部分で「タフさ」があります。
    本作には「わが手に拳銃を」という前身となる作品があり、それなりの大作であるにもかかわらず、完全に仕上げるためもう一度過去作に向き合い生まれ変わらせることができてしまうのですね。

    作品数が多くないうえ、一作一作がくっきりとした個性を持っているので、全作品が記憶に残っています。

  • 独特の描写に鳥肌が立った!特に例の口紅を塗って指で拭うシーンが好き。

  • 単行本「わが手に拳銃を」の方が好きだった読者の一人。
    しかし、こちらは此方で面白い。

  • 圧倒的なスケール。
    重いストーリーなのにすっきりするエンディング。

    読み終わって満足できたのは久しぶりの作品だった。
    本筋にあんまり関係はないんだけど、後半の奥さんが死ぬ直前のシーンでの一彰の心境の転換が一番心に残ってる。誰もいないと思って帰ってきた家の玄関に積んであるデパートの紙袋だとか、その癖主婦らしく、無茶な買い物はしないところとか、そんな当たり前のことが。微笑ましくて。
    そのあとの絶望感が半端なかったよ!(笑)

    あと桜見に行きくなった。ひとりでぽかーんと。

  • わが手に拳銃を も読みたい

  • これほど桜が印象深く登場する小説は他にないかもしれない。この小説のイメージカラーはまさしく表紙通りの霞がかったピンク色。でありながら、内容はどこまでも男くさくハードボイルド、でありながら、男が男に心底惚れてしまう、愛の物語でもある、という異色の小説。

    大抵こういうお話のカリスマの末路は決まっているので、そういう李歐をあまり見たくなく、なかなか読み進まなかったが、意外な結末で良い意味でとても驚いた。『ナイトゲート』と『李歐』の章が特にお気に入り。


    原口がフェードアウトしていったのがやや残念。ああ見えてずっと一彰の盾になってくれていたのがなんだかいじらしいというか、これもまた違った愛の形なのか?  【2010年3月7日】

  • うーん
    あの頃はまわりの評価に自分も酔ってみたくて、これは素晴らしいんだみたいな固定概念を作り上げてしまった中で読んだ本。
    若かった。
    その頃の自分の手書き書評には、「読み終えるのが惜しくてたまらなかった。素晴らしい。目に浮かぶのは壮大な大地に風が吹き、どこまでも果てしなく続く桜。素晴らしい。」と6行。

    うーん、怪しい。
    必ずや再読して過去の自分に決別し、いや、しなくていいや、過去の自分も確かな自分、認めつつ李歐の本質を見極めたい。

    高村薫さん、若かったとはいえ、あなたの作品をこんな読み方をしてしまってごめんなさい。

  • 我が手によりキスしないこっちの方が好き。

  • セカンド高村作品

    いったこともない中国の大陸を想起
    李欧かっこえ~となった
    中二なスーパーヒーロー設定なのに、主人公に感情移入しやすいからか?

  • 「わが手に拳銃を」を下敷きにして書かれたこの作品ですが、以前より洗練された分勢いや迫力が失われてしまったかな…とも思いました。
    ただ高村薫作品にしては珍しく後味がよく、これはこれであり。
    全体に漂う春の雰囲気が好きです。

  • 「わが手に〜」を読んだ後に再読。
    単行本とは全く違った登場人物の考えや性格、展開です。とにかく主役カズアキがやたらと受け身。
    李欧との執着し合いにも友情って言うか恋情を感じる・・・。

    個人的には、咲子の結末が悲しすぎる・・・。
    女の人はこう、犠牲になるしかないのかしら・・・。
    でもまあ、そこは深く追求せずに、(えっ!?)ラストの大団円っぷりを読むと、ある意味安心感を感じる。

  • 偉大なる駄作。

  • 「我が手に拳銃を」を先に読んでいたので、読み始めて「全然ちゃうやん!」と思った記憶が(笑)
    でも前作よりこっちのが好きかな。前作の札束のベッド云々というリオウの台詞がなくなってるのは悲しいけれども。
    あとこっちのがスウィートな感じがする。でもラストは一彰的には悪堕ち?(笑)

  • ガチだガチだと(あるところでは)よく聞くので、ちょっと期待していたけど、「大陸」って言葉がこれ程似合う邦書があるだろうか。だだっ広い中国の大陸と、紙面からこぼれそうな桜の描写が美しい。説明の細かさもそうだけど、一気に読まないと、二人の儚さに負けてしまう。殺伐としてても冷ややかさはあまりない。最後まで一彰のキャラが掴めなかったしね。男女構わなかったり、あっさり人殺してみたり、李歐を求めてみたり、主人公が何考えてるかわからないっていうのも凄い(いい意味で)。
    同性愛とはまったく感じなかった。これは女との性描写が再三書かれているからかな。ノーマルから変換するのと間逆だ。「友情」にしては行き過ぎているけど、プラトニックな愛だと思う。

  • 言わずとも知れる高村薫先生の作品。
    『わが手に拳銃を』より好きかも。
    李歐と一彰の恋愛スペクタクル小説。読んでください。

  • 080904(n 080913)
    090809(n 090823)
    091128(s 091208)

全535件中 201 - 225件を表示
ツイートする