李歐 (講談社文庫)

  • 3427人登録
  • 3.84評価
    • (611)
    • (455)
    • (790)
    • (41)
    • (13)
  • 535レビュー
著者 : 高村薫
  • 講談社 (1999年2月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (522ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062630115

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
高村 薫
有効な右矢印 無効な右矢印

李歐 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 毎度ながら、雰囲気はじっとり暗いし、難解な言葉も多いので読みやすくはない。死んだような生活を送ってた吉田が李歐と出会ってからの二人の不思議な関係(愛?)に引き込まれた。常識では考えられないけどすごい生き方。要所要所で出てくる桜の描写が印象的。

  • 前半はなかなか読み進まず辛かったが、乗ってくると面白い。が、一文が長いのか、段落がつまりすぎているのか、なかなか集中出来なくて流し読みしてしまった部分もあったし、読み返さないと意味が掴めないところもあった。
    最後はどちらかが死ぬのではないかと思っていたが、李オウらしいラストでよかった。

  • 結局雰囲気BLかーと中盤で李歐も一彰も結婚し子供も育て‥‥ってあたりで思ったけど最後きちんとホモで〆ていて高村薫先生へ畏敬の念が浮かびました。何人殺しても殺されても最後、二人であればいい、最高かよ

    難をあげるとしたら外人の日本語レベルが高村薫並(当たり前ですが)で二ヶ国語以上喋れてそれだけ語彙あるの貴女だけですよ、ってくらいかな

  • 苦手な高村薫にしてはすらすらと読めた。相変わらず重苦しいながらも、話がそこまでややこしくなかったからか、終わり方が高村作品にしてはすっきりしていたからか。
    まあそれにしてもいつも通りのボーイズラブ、というよりそれがメインの物語。ホントに好きなんだなあ。。。日本語はかなりレベル高いんだけどなあ。

  • 高村薫さん初読み。

    長い長い物語。人生って色々あるんだなぁ。

  • こんな風に想い合えるなんて羨ましい。

  • 疾走感は好きだったが、それ以外であまり残っていない。

  • 暗くて重い話だ。 
    読むのにかなりの集中力を要します。

    この人の本は何冊か読んだけれど、人の薄暗い情念や、鬱屈とした感情を描かせたらピカイチだと思います。

    抽象的な話になりますが、薄暗い部屋の様な小説です。

  • 李歐のかっこよさにただひたすらにしびれるというか、そんな印象が残った話でした。
    BANANA FISHのアッシュだったり、No.6のネズミだったり…。
    そんな雰囲気を感じさせたというか。
    時代背景をもっと知っていればもっと違う感動があったのかもしれないなぁとも思う。
    ベトナム戦争の頃や香港返還とかの時期あまりにも自分は子供過ぎたので、その頃の空気みたいなものを肌で感じてるのとはまた違うのだと思う。
    でも「降りてこいよ!」の部分を読み返すとその後の事がわかっているだけにちょっと涙ぐんでしまった。
    わが手に拳銃をも読む。

  • 李歐がNo.6のネズミにかぶってしか見えなくて、頭の中のビジュアルは完璧にネズミでした。

  • 難しくてわりとざっくり読みしてしまいました。
    一彰が何を求めて大学生活を過ごしていたのかわからなかったし、サイコパスなんじゃないかと思ってしまったので最後こんな穏やかにしめるとは思わなかった。
    しかしなんてさりげなく耕太の父親が二人になった、って書いてるんだ……

  • おもしろかったようなそうでもなかったような。拳銃のくだりとかとばしとばし読んでましたが、途中で読むのやめようかと思いましたが、なんか最後まで読んでしまいました。暇だったから読めたんだろうな。

    でもそれなりに引き込まれたのかな?
    李歐はかっこよかったです。

  • 主人公の生活が生々しい。それに比べてりおうの方はちょっとファンタジーっぽい。ものすごい惹かれあっててすごく美しいのだが、そこまで惹かれる理由がよくわからない。でも惹かれる理由なんてきっとわからないほど些細で運命的なんだろうなって思った。

  • 暴力の香りがする本。主人公はごく一般の青年だから暴力シーンは出てこないけれども、どことなく暴力の香りがするところがさすがに高村薫が書いた本といったかんじ。冒険譚といってしまえば簡単だが、重厚で十分な読書に耐えうる。2人が見た大陸の夢は儚く美しく、時間の流れは冷たく厳しく、わたしは本を読んでいる間中ずっと夢の中にいるような気持ちになった。この時代の中国は、内実はともあれ資本主義国からの視点で考えるとミステリアスで不思議な魅力を感じると初めて思った。時代が本の内容の面白さを更に際立たせる。

  • 22歳の平凡なアルバイト学生だった吉田一彰が美貌の殺し屋李歐との出会いをきっかけに徐々に抗争の渦に巻き込まれていく15年間の物語。
    銃や機械工学の知識がないのでよくわからない部分も多かったけど、中国間の派閥抗争からゆくゆくは国家抗争にまで物語が発展していって、スケールの大きさに圧倒されました。
    所々にはさまれる桜の描写が幻想的で美しく、読み終わった後もなんだかぼんやりしてしまった。

  • (出版社/著者からの内容紹介)
    李歐よ君は大陸の覇者になれぼくは君の夢を見るから――

    惚れたって言えよ――。美貌の殺し屋は言った。その名は李歐。平凡なアルバイト学生だった吉田一彰は、その日、運命に出会った。ともに22歳。しかし、2人が見た大陸の夢は遠く厳しく、15年の月日が2つの魂をひきさいた。
    『わが手に拳銃を』を下敷にしてあらたに書き下ろす美しく壮大な青春の物語。

    とめどなく広がっていく夢想のどこかに、その夜は壮大な気分と絶望の両方が根を下ろしているのを感じながら、一彰は普段は滅多にしないのに、久々に声に出して李歐の名を呼んでみた。それは、たっぷり震えてかすれ、まるで初めて恋人の名を呼んだみたいだと、自分でも可笑しかった。――本文より

  • 平凡なアルバイト学生だった吉田一彰は美貌の殺し屋・李歐と出会う。それは運命との出会いだった。ともに二十二歳。しかし、二人が見た大陸の夢は遠く厳しく、十五年の月日が二つの魂をひきさいた。

    すばらしくかっこいい李歐と一彰の物語でした。桜が美しく、いい味出してます。

  • 読んで改めて感じたが、友情というのは男にしか成り立たない感情ではないだろうか。

  • 結婚してから一彰変わったなぁ。
    一彰と一緒に李歐に惚れた。

  • 正直なところ、文章が非常に読みづらい。
    銃の組み立てなどの専門的な箇所が読みにくいのはある程度仕方ないとしても(書き手次第で全く知識のない者でもするするわかるように書ける方もいらっしゃいますが)、通常の物語もしばしば引っ掛かる。
    それでも読み通す気になるのは、ひとえに李欧のキャラクターの魅力だろう。
    数年前に読み比べた時には改稿前の「わが手に拳銃を」の方が無駄がなく、圧倒的に好きだと思ったが、今回こちらを読み返してこれはこれでありかも知れないと思った。
    「わが手〜」もまた読み返してみたい。

  • 高村薫っぽいような、っぽくないような、ちょっと他の作品群に比べると異色に感じた。相変わらず、細部への詳細な記述は素晴らしいのだけれど、全体的なストーリーとしては少女漫画を彷彿とさせた感が否めない。どちらかというと単行本の時のストーリーの方が好みかも。

  • 李歐が出てないところは少し退屈で、読みづらさも倍増でした。でも、内容や台詞は良かったと思います。

ツイートする