李歐 (講談社文庫)

  • 3461人登録
  • 3.85評価
    • (617)
    • (457)
    • (792)
    • (41)
    • (13)
  • 538レビュー
著者 : 高村薫
  • 講談社 (1999年2月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (522ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062630115

李歐 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 暗くて重い話だ。 
    読むのにかなりの集中力を要します。

    この人の本は何冊か読んだけれど、人の薄暗い情念や、鬱屈とした感情を描かせたらピカイチだと思います。

    抽象的な話になりますが、薄暗い部屋の様な小説です。

  • すごくきれいな話でした。
    著者の作品で、男性同士の怪しい感じが描かれる作品が何作かありますが、これは結構全開な感じがしましたな。
    ただ、これも著者の美的感覚の成せる表現力でしょうか、水墨の美しい絵が浮かぶような、何とも鮮やかな印象がありました。

    私の著者のすごいと感じる部分で「タフさ」があります。
    本作には「わが手に拳銃を」という前身となる作品があり、それなりの大作であるにもかかわらず、完全に仕上げるためもう一度過去作に向き合い生まれ変わらせることができてしまうのですね。

    作品数が多くないうえ、一作一作がくっきりとした個性を持っているので、全作品が記憶に残っています。

  • 毎度ながら、雰囲気はじっとり暗いし、難解な言葉も多いので読みやすくはない。死んだような生活を送ってた吉田が李歐と出会ってからの二人の不思議な関係(愛?)に引き込まれた。常識では考えられないけどすごい生き方。要所要所で出てくる桜の描写が印象的。

  • 前半はなかなか読み進まず辛かったが、乗ってくると面白い。が、一文が長いのか、段落がつまりすぎているのか、なかなか集中出来なくて流し読みしてしまった部分もあったし、読み返さないと意味が掴めないところもあった。
    最後はどちらかが死ぬのではないかと思っていたが、李オウらしいラストでよかった。

  • 結局雰囲気BLかーと中盤で李歐も一彰も結婚し子供も育て‥‥ってあたりで思ったけど最後きちんとホモで〆ていて高村薫先生へ畏敬の念が浮かびました。何人殺しても殺されても最後、二人であればいい、最高かよ

    難をあげるとしたら外人の日本語レベルが高村薫並(当たり前ですが)で二ヶ国語以上喋れてそれだけ語彙あるの貴女だけですよ、ってくらいかな

  • 2010.10.19

  • 苦手な高村薫にしてはすらすらと読めた。相変わらず重苦しいながらも、話がそこまでややこしくなかったからか、終わり方が高村作品にしてはすっきりしていたからか。
    まあそれにしてもいつも通りのボーイズラブ、というよりそれがメインの物語。ホントに好きなんだなあ。。。日本語はかなりレベル高いんだけどなあ。

  • 高村薫さん初読み。

    長い長い物語。人生って色々あるんだなぁ。

  • こんな風に想い合えるなんて羨ましい。

  • 疾走感は好きだったが、それ以外であまり残っていない。

高村薫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あさの あつこ
高村 薫
荻原 規子
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする