李歐 (講談社文庫)

  • 3418人登録
  • 3.84評価
    • (611)
    • (455)
    • (789)
    • (41)
    • (13)
  • 536レビュー
著者 : 高村薫
  • 講談社 (1999年2月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (522ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062630115

李歐 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • ストーリーはやや平坦。はっきりとした起承転結はない。風景の描写や物語の世界観が高村薫らしく美しく、現実を忘れて引き込まれる。李おうが主人公に惹きつけられている根拠がよくわからないなど、細かいことを気にし始めると引っかかるところはあるが、そういう読み方をすべきではないだろう。

  • 光景が目にハッキリと浮かぶ美しい描写。それでいて壮大、且つぶっ飛んだストーリー。
    小説はちょとクレイジーくらいが面白いと思うが、まさにそのもの。

  • 描写が幻想的な印象。ぐいぐいと世界観に引き込まれた。

  • 心臓が妊娠…心臓が…

  • のめり込みながら読んだ。
    壮大。愛が壮大。なんだろう…家族より恋人より夫婦より親子よりなんか…なんだ!私にはこの関係性を説明出来る語彙がない!
    とりあえず、凄く良い作品読んだなー!という充足感で幸せです。ありがとうございます。

  • on my ownを聞きながら読んだせいでそのイメージになっている。歌詞確認したら最高にマッチしていたので運命だったのかもしれない。特に幽霊以降との親和性は素晴らしかった。
    この曲を聴きながらこの本、という組み合わせでハマったものに出会ってしまうとこの先その曲を思い出すごとにこの本を思い出しそうである。
    on my own.

    読み終わった次の日に満ち潮のように、ただ広く広く広過ぎてさみしい気持ちになった。
    on my ownがやはり流れる。

  • 血生臭い匂いが時おり薫る、大河青春物語?

    男と男の純愛物語?

    謀略小説?

    ……いや、違う。
    ジャンル分けが難しく、物語を一言で表現するのも困難な、不思議な話だった。

    高村さんの難解な心理描写に慣れ、男色気味な世界観に免疫がつきさえすれば、あとは素直に、高村薫でしか表現でき得ない風景描写の美しさに酔いしれられる。


    ★4つ、7ポイント半。
    2015.02.02.了。

  • 先輩から借りなければ手をださなそうな本。
    映画化出来そうな大作で、読み終わった後の壮快感がいい。
    軌道に乗るまで読むのキツかったけど途中から夢中で読んだ。
    別れのシーンと、再会のシーンが好き。
    これは友情を超えてる。

    高村薫って女性なのか…

    5000本の桜。

  • たぶんクライム・ノベルなんだろうなぁ~と思っていました。
    馳星周の作品みたいな。そしたらそしたら、さすが高村氏。
    それだけじゃぁ~終わらせないんですね~。読み応えバッチリ!
    主人公の青年は一見平凡な設定にはしてありますが、読み進めていくと結局は幼い頃から裏社会に接しています。そして出会うべきして出会う一人の美少年。
    むむむ、こりゃ~やおいモノか??とも思いましたが・・・またまたそこは高村作品。
    スケールの違いにこれまたびっくりするはずです。
    公安が絡んだり、スパイややくざが絡んだり、国際的陰謀にまで繰り広がれる面白さです。
    そしてラストには私はなんだかとっても感動しちゃいました。
    最近、あまり新作にお目にかかれない高村作品ですが、こんなすごいのを描くなら、時間が掛かるだろうなぁ~とも思います。
    う~む、早く新作を読みたいですよん。

  • 主人公とりおうのつながりがいい感じで、うらやましいと思った。

  • 合田刑事シリーズ以外の高村作品は初。高村さんは文庫化の際にオリジナルにかなり手を入れるという話があるけれど、本書も「わが手に拳銃を」に加筆・修正し、タイトルを変えて、文庫書き下ろしとしたもの。
    相変わらず暗く・重苦しい作風であるものの、いつものラストに追い込みで盛り上げて来る感じはあまりなくやや拍子抜け。李歐という殺し屋の人物像も今一つ掴みにくいのがやや残念。

  • 文学系腐女子ファンタジー感がヒシヒシくるけど、内容は結構面白かった。主人公の奥さんが亡くなるくだりが、読んだ時には泣けたけど、主人公と李謳をくっつける伏線でしかないと思うとやるせない。

  • 話は抽象的な気もした
    さくさく読めて面白かった
    リメイク前のものも読んでみたい
    5000本の桜
    爆発は無理やり感はあった ような 気も

  • 読後感が気持ちよかった。李歐のキャラクターがすごく魅力的だと思う。

  • 我が手に拳銃をより分かりやすく滑らか。しかし2冊続けて読むには、何十年もまた振り返らなきゃやならないので疲れた。ラストはこちらの方が好き。2人のお父さんを持った子供がどんな生き方をするのか興味あるなー!迫力のある満開の桜が印象的で感傷深い。

  • なにかとビックリしながら読んだ思い出が。
    面白かったです。

  • 「惚れたって言えよ」!!!

  • 町工場の桜を見たくなった。
    桜の美しさ、それが妖しく、私を不安にさせた。

    最後は哀しかったけれど、よかったねと思える。
    特に親と子の関係が印象に残った。

  • 初・高村薫。もともと、書店で見かけたときに何となく気になってた。何となくといっても、それなりに理由は分かってて、“きっと中国史に関連した歴史小説なんだろうな”と思ってたから。水滸伝にも、字違いのリオウって出てくるし。で、最終的に読むきっかけになったのは、先だって目を通した、“悪の読書術”の新書。その中でも取り上げられてて、“これはいよいよ読まないと”となった次第。結果的に、内容は全く歴史と関係なくて、完全に現代小説・フィクションでした。ハードボイルド系の話で、これ以上暴力に振幅が振れると、きっと好きになれなかったと思うけど、そういった描写はそんなに多くなかったからよかった。それにしても、どこを開いても一面字で埋め尽くされてて、会話文さえ普通の文章中に組み込まれてることもしばしばだから、ボリューム感がすごかった。一気に読み通すには、だいぶ根気が要る作品でした。

  • 『わが手に拳銃』を下敷きにした、李歐と一彰の魂の物語、というものなんだろうなあ。わが手〜の方が刺々しいというか、なにかを削ったあとのやすりがけする前のざらざらとした感じで、こっちはやすりがけをしたあとのまろやかな感じを受けた。李歐と一彰の関係性にもう少し踏み込んだのがこっちなんだろうなあ。
    わが手〜でもそうなんだけど、李歐はやっぱりすごいな。これでもかというぐらい魅惑的に書かれているのもたぶん影響されているんだろうけど、一彰が李歐に対して激しい思いを抱く姿は脳内にありありと浮かんだ。李歐の持つ、どこまでも続く地平線の向こうみたいな底知れぬ壮大さに震えた。
    例の五千本の桜だけど、想像したら想像したでこんなことをしてしまう李歐ってほんとに…となった。さらりと挟まれる言葉に、くらくらきた。
    そして「父親が2人」は思わず笑ってしまったよね。

    (522P)

  • 『わが手に拳銃を』を大幅改稿改題した文庫版です。
    李歐も一彰も『わが手~』とは全然ちがいます。でもこちらの李歐も、「年月なんか数えるな。この李歐が時計だ。あんたの心臓に入っている」とか、やっぱり名台詞満載。お互いの心臓に接吻しあうなんて、なんだか艶っぽい…。
    あと原口組長の存在感がかなり濃くなってた!惚れてしまいそう。
    個人的には李歐と一彰が『わが手~』よりも美形&クールになっちゃったのがちょっぴり残念。でも、どちらも面白いです。こっちは艶っぽくて美しい。

  • 一見普通に見えるやる気なさげな大学生が主人公。その主人公がハードボイルドな世界に自然に絡みこんでいく。しっかり書きこまれた重い文章。でもその中にも女性らしさというか文章に色っぽさもあって、表現にハッとさせられる部分も多い。

  • 人を蠱惑する桜の花びら舞い散るハードボイルド。丁度桜の季節に読めてよかった。
    高村薫の小説にいつも出てくる、破壊衝動の強い男たち。恵まれた資質を持ちながら、賢明で常識的な選択をわざわざ回避し、墜ちていくことに魅せられているような男たち。男ってこんなものなのか。それとも高村さんという女性作家が描く一種の幻影なのか。いつも読後に惑う。

  • 黄金~があまりに面白かったので、実はずっと気になっていたこれを読んだ。いやー李歐がめちゃくちゃカッコ良い。目の前で生きて、呼吸しているみたい。これは男も惚れるね…。
    ただ李歐がカッコ良すぎて少女漫画のヒーロー的に見えてしまった(こんな荒っぽいヒーローもそういないけど)。それだけカッコ良かったってことで。

ツイートする