李歐 (講談社文庫)

  • 3443人登録
  • 3.84評価
    • (615)
    • (456)
    • (791)
    • (41)
    • (13)
  • 538レビュー
著者 : 高村薫
  • 講談社 (1999年2月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (522ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062630115

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
荻原 規子
あさの あつこ
高村 薫
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

李歐 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • うーん、一人の人間に魅せられて、人生をここまで貫くというのはなんとも小説的で、だからこそ面白いなぁと思った。

    そんなに李歐は魅力的なのか、と思ったけれど、よくよく読んだらものすんごく魅力的だった。

    とにかく頭がよくて格好いい、しかもそんな相手が自分と同じ魂を持っていて、約束を違えず、国境も時間も超えて自分を想っていてくれるとしたら。
    性別はもはや関係ない。

    しかし髙村薫はどうしてそんなにいろんな知識を持っているんだと常に驚嘆してしまう。
    興味の対象の広さと、それを掘り下げる知識の深さはマリワナ海溝並だ。

  • 『わが手に拳銃』を下敷きにした、李歐と一彰の魂の物語、というものなんだろうなあ。わが手〜の方が刺々しいというか、なにかを削ったあとのやすりがけする前のざらざらとした感じで、こっちはやすりがけをしたあとのまろやかな感じを受けた。李歐と一彰の関係性にもう少し踏み込んだのがこっちなんだろうなあ。
    わが手〜でもそうなんだけど、李歐はやっぱりすごいな。これでもかというぐらい魅惑的に書かれているのもたぶん影響されているんだろうけど、一彰が李歐に対して激しい思いを抱く姿は脳内にありありと浮かんだ。李歐の持つ、どこまでも続く地平線の向こうみたいな底知れぬ壮大さに震えた。
    例の五千本の桜だけど、想像したら想像したでこんなことをしてしまう李歐ってほんとに…となった。さらりと挟まれる言葉に、くらくらきた。
    そして「父親が2人」は思わず笑ってしまったよね。

    (522P)

  • 『わが手に拳銃を』を大幅改稿改題した文庫版です。
    李歐も一彰も『わが手~』とは全然ちがいます。でもこちらの李歐も、「年月なんか数えるな。この李歐が時計だ。あんたの心臓に入っている」とか、やっぱり名台詞満載。お互いの心臓に接吻しあうなんて、なんだか艶っぽい…。
    あと原口組長の存在感がかなり濃くなってた!惚れてしまいそう。
    個人的には李歐と一彰が『わが手~』よりも美形&クールになっちゃったのがちょっぴり残念。でも、どちらも面白いです。こっちは艶っぽくて美しい。

  • 銃に魅せられ、裏の世界に足を踏み入れていく一彰と、彼の前に突然現れ、心を奪っていった美しき殺し屋・李歐。
    暗い世界の渦にのまれながらも、十五年にわたり繋がり続ける、二人の男の物語。


    友情でもあり愛でもあり、二人の名のない関係性がとても強く魅力的。なんともいえない切なさが、見事に描きだされています。

  • ガチだガチだと(あるところでは)よく聞くので、ちょっと期待していたけど、「大陸」って言葉がこれ程似合う邦書があるだろうか。だだっ広い中国の大陸と、紙面からこぼれそうな桜の描写が美しい。説明の細かさもそうだけど、一気に読まないと、二人の儚さに負けてしまう。殺伐としてても冷ややかさはあまりない。最後まで一彰のキャラが掴めなかったしね。男女構わなかったり、あっさり人殺してみたり、李歐を求めてみたり、主人公が何考えてるかわからないっていうのも凄い(いい意味で)。
    同性愛とはまったく感じなかった。これは女との性描写が再三書かれているからかな。ノーマルから変換するのと間逆だ。「友情」にしては行き過ぎているけど、プラトニックな愛だと思う。

  • のめり込みながら読んだ。
    壮大。愛が壮大。なんだろう…家族より恋人より夫婦より親子よりなんか…なんだ!私にはこの関係性を説明出来る語彙がない!
    とりあえず、凄く良い作品読んだなー!という充足感で幸せです。ありがとうございます。

  • たぶんクライム・ノベルなんだろうなぁ~と思っていました。
    馳星周の作品みたいな。そしたらそしたら、さすが高村氏。
    それだけじゃぁ~終わらせないんですね~。読み応えバッチリ!
    主人公の青年は一見平凡な設定にはしてありますが、読み進めていくと結局は幼い頃から裏社会に接しています。そして出会うべきして出会う一人の美少年。
    むむむ、こりゃ~やおいモノか??とも思いましたが・・・またまたそこは高村作品。
    スケールの違いにこれまたびっくりするはずです。
    公安が絡んだり、スパイややくざが絡んだり、国際的陰謀にまで繰り広がれる面白さです。
    そしてラストには私はなんだかとっても感動しちゃいました。
    最近、あまり新作にお目にかかれない高村作品ですが、こんなすごいのを描くなら、時間が掛かるだろうなぁ~とも思います。
    う~む、早く新作を読みたいですよん。

  • 文学系腐女子ファンタジー感がヒシヒシくるけど、内容は結構面白かった。主人公の奥さんが亡くなるくだりが、読んだ時には泣けたけど、主人公と李謳をくっつける伏線でしかないと思うとやるせない。

  • 久しぶりに高村薫の長編小説が読みたくなり、古書店に並んでいたこの作品を、選んでみました。
    舞台の始まりは80年代。
    大学に通いながら、ある目的を持って、昼と夜のアルバイトをする学生が、この物語の主人公です。
    ある夜、アルバイト先で、同年代の不思議な男と出会います。
    そして事件に巻き込まれて・・・という展開。
    話はその後、主人公の幼少時代へとさかのぼり、そして不思議な男との因縁の物語が続きます。
    種を明かしてしまうと、その不思議な男というのが、この小説の題名。
    戦後から東西冷戦終結までの、日本・中国・東南アジア、そしてアメリカの政治的な動きが、この物語の背景にあるようです。
    でも、その時代のことをあまり知らない僕でも、物語の展開を楽しむことが出来ました。
    この作家さんの作品に登場する男性たちについては正直、「こんなハードな人生は僕には送れないな」と思うことが多いです・・。
    また、男性の同性愛の描写が多いのも、この作家さんの特徴だなと感じます。
    なので、登場人物に感情移入して読むという訳ではないのですが、周到に練られた重厚な物語の展開の面白さと、描かれている時代のうねり、空気のようなものが感じられるのが、高村作品の魅力なのかなと思います。
    まだ読んでいない長編小説があるので、機会を作って読んでみたいと思います。

  • ラストでぐっときた。しかし、最後の最後で「あれ???」となってしまったけど・・・まあよし。
    友情だか恋だか、純粋な愛情の前では、カテゴリーなど何でもいいのだなあ、と感じさせられた。

  • 壮大な物語
    と言ってしまうとあまりにも陳腐かと思いますが
    貧困なボキャブラリーでは人の一生と
    その一生に値するだけの人を想う気持ちを
    言い表すことができそうにありません。

  • はじめて読んだ高村薫作品。ことばの選び方というか、文の組み立て方というか、どことなく癖がありますが、生々しくも妖艶な文章の、想像力をかきたてる力がすごかったです。魂で惹かれる相手に出逢い、夢を約束し、15年も変わらず想いつづけた李歐と一彰は、そうなれない絶望を抱えながらもだれもが自分の知らないどこかで求めている関係であり、憧憬なのかもしれません。小説全体の細部にわたって詳細に書かれているので、そんなふたりの存在がリアリティをもって成り立ったのだとおもいました。船の場面は秀逸。

  • 素直に大陸に夢を馳せたくなりました。どうしたって日本とは違う、果てしなく続くような大地に。  その大地に生まれ、激動の祖国を見ながら小さな島国に逃れてきた李歐。そこで彼は、「そんなに!??」ってくらい大切な大切な出会いをして、その出会いは、そのあとも片時も彼を離すことはなかった。一生懸命生きた人たちの記録です。フィクションとか、関係ない。革命児李歐の起こす風を感じよう。「惚れたって言えよ。」

  • 何でか世界一の美女はネパール人と信じて疑わない私だが、世界一の美男はきっと中国にいるという確信をこの本で得た。中国にいるっていうか、李歐だけど。

  • あの意味全然違う微笑ましいほど微妙な中国語を除けば、素敵なお話だけどね。

  • ストーリーはやや平坦。はっきりとした起承転結はない。風景の描写や物語の世界観が高村薫らしく美しく、現実を忘れて引き込まれる。李おうが主人公に惹きつけられている根拠がよくわからないなど、細かいことを気にし始めると引っかかるところはあるが、そういう読み方をすべきではないだろう。

  • 光景が目にハッキリと浮かぶ美しい描写。それでいて壮大、且つぶっ飛んだストーリー。
    小説はちょとクレイジーくらいが面白いと思うが、まさにそのもの。

  • 描写が幻想的な印象。ぐいぐいと世界観に引き込まれた。

  • 心臓が妊娠…心臓が…

  • on my ownを聞きながら読んだせいでそのイメージになっている。歌詞確認したら最高にマッチしていたので運命だったのかもしれない。特に幽霊以降との親和性は素晴らしかった。
    この曲を聴きながらこの本、という組み合わせでハマったものに出会ってしまうとこの先その曲を思い出すごとにこの本を思い出しそうである。
    on my own.

    読み終わった次の日に満ち潮のように、ただ広く広く広過ぎてさみしい気持ちになった。
    on my ownがやはり流れる。

  • 血生臭い匂いが時おり薫る、大河青春物語?

    男と男の純愛物語?

    謀略小説?

    ……いや、違う。
    ジャンル分けが難しく、物語を一言で表現するのも困難な、不思議な話だった。

    高村さんの難解な心理描写に慣れ、男色気味な世界観に免疫がつきさえすれば、あとは素直に、高村薫でしか表現でき得ない風景描写の美しさに酔いしれられる。


    ★4つ、7ポイント半。
    2015.02.02.了。

  • 先輩から借りなければ手をださなそうな本。
    映画化出来そうな大作で、読み終わった後の壮快感がいい。
    軌道に乗るまで読むのキツかったけど途中から夢中で読んだ。
    別れのシーンと、再会のシーンが好き。
    これは友情を超えてる。

    高村薫って女性なのか…

    5000本の桜。

  • 主人公とりおうのつながりがいい感じで、うらやましいと思った。

  • 合田刑事シリーズ以外の高村作品は初。高村さんは文庫化の際にオリジナルにかなり手を入れるという話があるけれど、本書も「わが手に拳銃を」に加筆・修正し、タイトルを変えて、文庫書き下ろしとしたもの。
    相変わらず暗く・重苦しい作風であるものの、いつものラストに追い込みで盛り上げて来る感じはあまりなくやや拍子抜け。李歐という殺し屋の人物像も今一つ掴みにくいのがやや残念。

  • 話は抽象的な気もした
    さくさく読めて面白かった
    リメイク前のものも読んでみたい
    5000本の桜
    爆発は無理やり感はあった ような 気も

ツイートする