李歐 (講談社文庫)

  • 3443人登録
  • 3.84評価
    • (615)
    • (456)
    • (791)
    • (41)
    • (13)
  • 538レビュー
著者 : 高村薫
  • 講談社 (1999年2月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (522ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062630115

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あさの あつこ
宮部 みゆき
荻原 規子
高村 薫
有効な右矢印 無効な右矢印

李歐 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 李謳というキャラクターに引き込まれて魅了されて、読了後に思わず「うわー!」と声を上げてしまったくらい。
    そのくらい、眩しい。
    読み始めは文章の硬さと緻密すぎる描写に何となく苦手意識があったんですが、最後には気にならなかったです。
    李謳が素敵過ぎて\(^o^)/

  • なんというか平凡な主人公にずば抜けて魅力的な相棒?がいる感じ。それぞれに違う社会生活を営んでいるのにその世界は時折交差する。不思議な感覚で読み進むのが楽しかった。
    エキセントリックかつ、地味~な生活臭さと常に相反するものなのに魂が寄り添っている。
    二人のキャラクターがそれぞれに素敵。
    退屈しない一冊。たまに妙にドキドキさせられて『まったくもお』とひとりごとが出てしまう本だった。

  • なんて重厚な。なんて淫靡な。
    そして、なんて純真な話なのだろう。

    過去の作品『わが手に拳銃を』をもとに、書き下ろされた本作。
    それだけで、作者の登場人物に対する並々ならぬ追求心がうかがえる。
    話の構成はかなり完成度が高くて、当然ながら行き当たりばったり感はゼロ。無駄なエピソードがひとつもない。

    と、そんなもっともらしいことはさておき、、、何に魅了されたかって、それはタイトルでもある李歐その人。

    なんというか、とても妖艶なのである。
    そして、これでもかというほどの生きぬくための執念。
    その執念の塊が、何の望みもなく、死んだように生きてきた一彰と出会い、二人は惹かれあう。一筋縄ではいかない世界情勢に巻き込まれながら、絶壁と向かい合いながらも、李歐の存在によって、一彰は胸の奥の希望を強めていく。


    タグで”ハードボイルド”と在るのを見て、そうか、こういう小説がハードボイルドなのか、と思ったが、でも、それに留まらない精神の高揚をつれてくる、魅惑的な物語である。
    (後半はとくに、胸がキュゥゥンと絞りあげられる!)

    ああ、もう一度読みたい。

  • 言わずとも知れる高村薫先生の作品。
    『わが手に拳銃を』より好きかも。
    李歐と一彰の恋愛スペクタクル小説。読んでください。

  • あぁ、もう胸がいっぱい。

    長い年月、小さな約束を胸に激動の時代を生きた2人の男。
    一彰と李歐、どちらも深く心情を掘り下げている訳ではないのに、
    一彰の歩む人生からはまだ見ぬ大陸への渇望が透けて見えてくるし、
    李歐が残した足跡からは、どこまでも広がる壮大な夢が広がります。

    お互いが磁石のように引き寄せあうような、
    それでいて常に大きな壁が立ちはだかっているような何とも言えぬもどかしさ。

    広大な土地を桜吹雪と共に爽やかな風が吹き抜けていくような、
    清々しい余韻を残してくれました。

    大好きな作品になりました!

  • 本作の主人公は、大阪の大学に籍を置きながら、幼少時に彼が過ごした町の工場で働いていた外国人を訪ねている吉田一彰という青年です。そんなある日、彼が働いている「ナイトゲート」というクラブで殺人事件がおこなわれるという計画があることを聞かされ、しかも一彰がターゲットとなっている陳功という男に電話を取り次ぐ役を引き受けることになります。この事件がきっかけとなって、彼が幼少時に過ごした西淀川の姫里にある旋盤工場の人脈が、東アジアにまたがる闇の世界の一端につながっていたことが少しずつ明らかになっていきます。

    一彰は、陳功を殺した李歐という若者に出会います。意気投合した2人は、住之江区平林の倉庫から、笹倉という男の隠し持っていた拳銃を盗み出すという計画を立てます。見事計画を成功させた彼らは再会を約束して別れ、李歐はシンガポールへと旅立っていきます。他方一彰は、盗み出した拳銃を交渉の材料として姫里の工場の再建資金を手にして、工場の再建に努めます。工場長の娘の咲子と結婚して世帯を持つ一方で、彼は李歐との約束をけっして忘れることなく、もう一度彼と会うことを願います。しかし、ひとたび一彰が片脚を突っ込むことになった闇の世界は、簡単に彼がそこから抜け出すことを許してくれません。

    月日は流れ、何の因縁か、笹倉と再会することになった一彰は、李歐の現在について教えられた彼は、李歐のもとへ行きたいと願いますが、妻の咲子と息子の耕太を置いて日本を去ることは難しく、2人が約束を実現するにはさらなる年月が必要でした。

    大阪の下町とはまた違う湾岸地域独特の雰囲気と、在日コリアンや中国系マフィアの複雑な人脈関係を背景に、主人公の30年に渡る半生を描いたアンチ・ビルドゥングスロマン小説です。読んでいる間、機械の錆びたような空気が胸に這い上がってくるように感じられ、そのハードボイルドな魅力に一気に引き込まれました。

  • 『李歐に会いたくて読み進めていた』

    この本を貸した友人が言っていた通り、一彰の目を借りて李歐に魅了されてゆく
    (しかも、その目を貸してくれる一彰自体が魅了的な男なのだ)

    読後の爽快感、多幸感!満開の桜が目に浮かぶ
    一彰たちに幸あらんことを

  • すべてが美しいです
    李歐の「櫻花(インファ)」という言葉にゾクリとする
    「わが手に拳銃を」を下敷きにして登場人物まったく同じにあらたに書き下ろされているが、「わが手に…」がゴツゴツした金属の塊で「李歐」はその塊を丁寧に加工して美しく磨きあげられたようなもの。
    壮大で美しい、桜の描写はなんと言えばいいのか、読んでいて目の前に息をのむほど美しい桜があるかのよう、李歐の強さと聡明さと美しさそのもの。
    読後の余韻がたまりません。
    できれば「わが手に拳銃を」を読んでから読んでほしい。

  •  無気力な日々を過ごす大学生の吉田一彰はマフィアの犯罪計画に荷担する事に。そして当日、事件現場に現れた李歐と名のる殺し屋との出会いが一彰の運命を変えていく。

     この二人の関係性って何なんだろう? 友情でもない気がするし、いろんな方が言っているように男同士の愛の話という気もしますが、それも微妙に違う気もするし。でも確かに言えることは、この二人の関係性がとにかく美しいということでしょう!

     李歐の存在感がとにかく大きい。読んでみると、彼の登場場面はさほど多くないのですが、それでも李歐と一彰が初めて言葉を交わす場面の扇情的な雰囲気は忘れがたいです。その瞬間、読者である男の自分も李歐の魅力からめ捕られたそんな気がしました。

     一彰の人生はかなり波乱万丈。小さい頃の母の蒸発、そしてその後も裏組織が絡む事件になぜか巻き込まれ、平凡な幸せがとにかく遠く感じるような、そんな彼の人生が作中では語られます。

     彼の濃密な人生、裏に控える強大な組織の闇、そして無気力ながらも、どこかで破壊願望や破滅願望を持っているように見える一彰の心理、そうしたものが高村さんの重厚な文体で語られながらも、最後に待ち受けるのは圧倒的なまでに美しい桜景色と大陸です。今までの様々な闇をすべて切り裂くような、その描写はこの世の桃源郷が目の前に立ち現れたかのようです。

     BLっぽい、という話を聞いていて、また背表紙の内容紹介も若干それを匂わせているものだったので、すこし読むのをためらっていた作品だったのですが、読んで良かった、と読み終えて心から思いました。

  • 久しぶりのザ・エンターテイメント小説にすっかりハマりました。
    高村薫さんの作品は『リヴィエラを撃て』以来。10年前くらいに読んだのか。覚えてないくらいだけど、面白かったのは覚えていて、だけど最初の取っつきにくさが邪魔をして選ばずにいました。ネットで『李歐』の評判を見て買っておいたのを、風邪で寝ているのがもったいなくて朦朧としながら読んでいた。

    主人公は吉田一彰という母親が中国マフィアと駆け落ちしてしまったという大学生。その生い立ちのため、すべてにおいて冷めています。ところが、アルバイト先のクラブで李歐という美貌の殺し屋と出会い、生に執着し始めるという。陳腐な言葉でいうと、互いの孤独を嗅ぎ取った出会いというのでしょうか。友情とも愛情とも意識させない絶妙な描写で、ぐんぐん読ませてしまいます。
    そこに、中国マフィアの陰謀や日本のマル暴さんの企み、最後にはアメリカ世界経済が絡み、そりゃあもう残酷かつハラハラの世界。
    冷徹で華麗な李歐はもちろんかっこいいのですが、一彰が幸せになってほしくて、幼いときにかわいがってくれたおじさんの鉄工場を継いで立て直してくれるところや所帯を持つところは、李歐と結ばれない哀しさを感じつつも嬉しかった。ラストの桜のシーンは圧巻で、ロマンに溢れています。
    ちょくちょくレビューで書かれていますが、一彰と李歐の関係が『BANANA FISH』のアッシュと英二の関係みたいなので、『BANANA FISH』も読み直したくなりました。(どちらも映画化しないでほしいような、してほしいような作品ですね。)
    あと、李歐が舞踏するシーンは『さらば我が愛、覇王別姫』のイメージもあるかな。李歐は背の高い綾野剛のイメージです。一彰はとりあえず松ケンで。

    『我が手に拳銃を』という作品を改訂したそうで、拳銃の描写がめちゃくちゃ克明です。申し訳ないが苦手分野のため、そのへんはまったく想像せずに読み飛ばしてしまいました。
    いずれ『我が手に〜』も読もうと思いましたが、いつになるやら。。

  • 文庫版しか存在しない、高村さんにしては珍しい小説(『我が手に拳銃を』を別作品とすればですが)。

    真っ暗な主人公の世界の中に一筋の光、その先に李欧が。
    本当に魅力的な作品ですが、残念なことが1つ。
    作者が「関西淡路大地震以降、考えや書くものが変わった」としていること。地震以前に執筆された『李欧』が否定されているようで。

  • ハードでロマンティック

  • 人の一生がこんなにも面白いと感じたのはいつぶりか。

  • 壮大な恋の物語。
    これ、ラブストーリーですよね??
    殺し屋に一目惚れした主人公が万難を排して恋を成就する話し。
    晴子の後に読んだので、ピカレスクな内容にも関わらず、表紙の桜色のように「キラキラ」かつ「フワフワ」した印象を受けた。

    広大な大陸の情景と、大阪の繁華街&裏通りの饐えた臭いがリアルに思い出される、著者の描写は秀逸だと思います。
    拳銃の構造に魅かれる主人公の心理も、ものすごく理解できたり。殺傷する道具としてではなく、拳銃の造形と構造に魅かれる。

    原口組長がお気に入りかな。

  • 『殺し屋と学生がいつか大陸に行く約束をし、約束が果たされるまでの15年間いろいろな事がある。』って話。この15年の間の出来事っていうのが、学生が拳銃フェチになってやくざと付き合いがあるようになるとか、殺し屋は大陸で事業を始めて成功するけど殺されかけるとか、本当にいろいろあります。けど、2人はお互いの夢の中で逢って再会を誓いあったりして、ちょっぴりファンタジー。この二人の微妙な関係が・・。乙女ゴゴロをくすぐるのでしょう。(私が乙女と呼べる年齢かどうかは置いといて)

  • 「わが手に拳銃を」を先に読んでましたが、更に面白くなっていました。
    カタカナいっぱいなのは正直飛ばして読んじゃったけど。

  • 数年ぶりに再読。以前読んだときは「ぽかーん」としただけだったのが、不思議なことに、この再読では、一気に惹き込まれて虜になった。あまりに魅力的すぎる李歐という存在もさることながら、はっとするような美しく色気のある文体や表現に心を鷲掴みにされた気分。ハードボイルドというよりも、人間同士の絆や因縁、時代に翻弄される混沌とした世界観が主軸になっている気がする。桜の描写が美しく、主人公一彰の父親のような存在である守山の、ふとした行動に人間臭い温かさみたいなものを感じて、ぐっときた。
    ほんの一瞬のような邂逅で、それ以降会わずとも互いを思い合い、15年越しの再開を果たした一彰と李歐の情愛は読んでいて胸が苦しくなったし、とてつもない熱を感じた。

    ところどころに混じる中国語の響きも柔らかく美しくて、華やか。

    いいものを読んだなぁと心から思った。
    李歐が、とにかく、魅力的。

    文庫のカバーデザインもとても綺麗でこの小説の雰囲気にぴったりだと思う。

  • 初めて読んだジャンルだったが、どんどん話に引き込まれていった。大陸のどこまでも続く地平線が目に浮かんだ。

  • 作者が女性とは思えないくらい硬質で重たい作品。とにかく李歐がかっこいい

  • 最近再読。個人的にナンバーワン。
    李歐が朝ごはんを全て鍋に入れてごった煮するシーンが好き。
    一彰のいう「大陸」を感じる。

  • 本屋で買い占めて、誰にも読ませたくない!と思った、唯一無二の本です。
    望むと望まざると、水銀灯・一彰の人生には李歐がらみでありとあらゆることが起きますが、田丸の一刀両断。「この写真を見たら、案外何ということはない話やったのかなという気もしてきた」。田丸、GJ!

  • なんだか読んでいて晴れ晴れした気分でいて、どこか切ないような。
    すごく細やかな描写で、李歐と一彰の友情とも愛情とも言える想い合いが描かれています。ずっと読んでいたい。
    船のところがとても印象的です。

    「惚れたって言えよ――。」  惚れました。

  • 一体、何なんだっ、この小説は……! と思わず悶えてしまうほどのボリュームにただただ陶酔しきった。
    この読み終わって、一彰の、そして李歐の間に常に寝そべっていた距離にもう苦しくならなくてよいのだ! と思う反面、まだ読んでいたいという葛藤に苛まれ苛まれしてもう……。

    それでも李歐よりも、どちらかといえば一彰という、初めから運命の歯車の中に組み込まれでもしていたかのような人生を送った男の物語としての印象が強い。
    勿論、手紙や口頭で伝えられる李歐の武勇伝などにも奥行きがあり、滲み出るハードボイルドな格好良さの裏づけもある。
    だが、それよりも一彰の人生のほうをより思ってしまうのだ。
    きっとそれこそ李歐という男が一彰の心の中にいたからなのかもしれん。

    とにかくこんなたった一冊の本に書かれた人生なのに(読むのは大変だったけど)、胸が張り裂けそうで、軽く50歳くらい歳取らされたような、とてつもなく長い人生を私まで生かされたような感覚がずっと残っている。
    それが何とも苦しく、幸せでならない。

    唐突だった「守山工場」章が、章が進むごとに重みを増してきて、高村薫という作家の力量を見せ付けられたような気がした。
    あと最後の李歐の台詞 「おい、これをやろう」 で、なんかもー全部持ってかれっちまった、魂ごと。
    ほんと高村薫には敵わねーよ!

    あんまり李歐にぞっこんになってしまったので、香港マフィア映画をたくさん借りてきてしまった。
    恐ろしい男だよ、李歐さまは……!
    惚れたって言えよおおお!(まだしばらくは興奮のさなか……

  • また読みたくなって購入。どこか冷めた日本人吉田と殺し屋李毆との友情(っていうと、まー軽くなっちゃうが)。アジア版バナナフィッシュか。桜が美しくて、笹倉というおっさんとか魅力的です。高村薫は好きだわー。

  • 美貌の殺し屋李歐と、平凡なアルバイト青年一彰の物語。

     ……平凡、かな? 普通のアルバイト青年は、自分を脅してくるからってバイト先の先輩(ジャンキー)をスパナで殴ったりはしないと思うのだが。しれっと「僕はしりません」ってやれないだろう、普通の二十二才の青年は。一彰は銃が大好きで、鋼の感触に欲情して。人が殺されても、何が起きても動じない。
     とはいえ、無夜は一彰に共感できました。怖さとかをよく理解していないところが。無夜は最近、車が怖くないんですよ。間近を通っても冷や汗もかかない。そのうち、ひき殺されるでしょうね(苦笑)

     無夜はこういう雰囲気の話好きです。ぎりぎりな雰囲気。緊張感。白刃の上を歩いているような。
     内容は前半、後半も、銃の話です。ことこまかい部品の話。こんなに詳しい銃の話って無夜は見たことないですよ。銃の製作工程なんて、ねえ??
     一彰はしょっちゅうホモに付きまとわれ(アルバイト先のマネージャー、その後は刑務所でヤクザの組長と会って出所してからも、殺し屋絡みで後ろ盾になってもらわないといけないんで関係がずるずる続く)、最後には李歐の元で息子と一緒に暮らし始める、っていう。息子耕太は父親が二人になった、と。(アメリカとかのゲイカップルみたいだな)
     その李歐と再会するまでに、ざっと十五年が過ぎてしまって。二十二才だった青年達は、三十六・七になってる。
     521ページ。けっこうな分厚さ。
     すごく、色っぽい話なんですよね。ボーイズみたいに濃厚な濡れ場を入れているわけではないのに。
     で、李歐を本屋で購入しました。(中古で、なんて思いもせずに)無夜にそうさせたのは、一彰のこの台詞。
    「李歐、君は大陸の覇者となれ、僕は君についていく夢を見るから……」
     ……映画でこのシーンをやったら凄く綺麗そう。後半を一呼吸あけて、目を閉じてしっとりと言ったら無夜は半狂乱になるでしょうな。ここまで入れあげたのは、久しぶりです(笑)

ツイートする