ステップファザー・ステップ (講談社文庫)

  • 6926人登録
  • 3.73評価
    • (833)
    • (917)
    • (1500)
    • (103)
    • (14)
  • 869レビュー
著者 : 宮部みゆき
  • 講談社 (1996年7月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (362ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062632850

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

ステップファザー・ステップ (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • コメディータッチで面白いんだけど、後半になるまでどうも主人公に感情が入っていかなかった。ドジを踏んで双子の男の子の父親役をせざるを得なくなった泥棒と子供達のキャラクターはいいんだけど。あと画聖が好きですね。
    いくらあるところからしか取らないと言ってみたところで、一話でその家から取る? と思ってしまったのが尾を引きましたね。
    続編が書かれるはずだったんですね。今もって書かれてないので、奇妙な親子関係や実の親の存在が宙ぶらりんのままです。

  • ひょんな事から知り合ってしまった双子の男の子たちと柳瀬の親父さんとの関係がとっても、楽しく微笑ましいお話です。やっぱり登場人物に味があります。
    中でも読みながら、私も双子に「もしや、まさか・・」と思ってしまった「ヘルター・スケルター」は裏切られ方が良かったです。
    明るい気持ちでスムーズに読める本でした。

  •  ある日、泥棒が双子の住む家に落ちきて…。父親代理になってしまった泥棒と双子の兄弟のやりとりが楽しいミステリー。
    (YA担当/肉まん)

  • 連作短編集。

    主人公の泥棒が泥棒に入った先で屋根から落ち、双子の子供に助けられ脅されるところから始まる物語。

    主人公の泥棒は最後まで一人称で表わされ名前が表記されることはなかった。

    泥棒を助けた双子は両親ともに家出をされ二人だけで暮らしているという特殊な状況で、そこへ泥棒を助けたことから脅し自分たちの父親代わりにする。

    各短編でちょっとした事件が遭遇し解決していくのだが、最初は嫌々だった泥棒もだんだんと双子に対する気持ちが変っていく心和むようなストーリーになっている。

  • 面白かった。
    本業は泥棒さんが、泥棒に入る予定だった隣家の子供達に仕事現場を押さえられてゆるく脅迫された結果、何故か『父』役をやることになる、という荒唐無稽な物語。
    短編だったので、宮部みゆきを読む際にしなくてはならない覚悟もなく、大変すんなりと読めた。

    ドラマ化もしたような?

    子供の周囲で事件が起こるが、大まかは子供達とは離れたところで父役と祖父役が解決するという。

    物語的にはライトタッチなお気軽ミステリ風に見えるが、実はネグレクト大問題も抱えているような?

  • 読者をけむに巻き 謎解きで解決なんて推理作家の怠慢ではありませんか?宮部さん

  • 割りと双子のコンビネーションがいい感じです。

  • 宮部みゆきの著書を初めて読んだが、とてもおもしろかった。
    「ステップファザー・ステップ」の他、前7編のショートストーリーでどの話もテンポ良く話しに引き込まれ一気に読めてしまった。
    両親が共に別の相手と駆け落ちしてしまい育児放棄された双子と
    双子の住む家の隣に泥棒に入ろうとしたが失敗し父親のふりをする羽目になった男の話。
    双子が、とても愛嬌のあるキャラクターで不思議の国のアリスのふたごちゃんを思い出した。
    男も泥棒なのだが人がよさそうな感じだし。
    模倣犯のような書風を思い描いていたのでこういう軽妙な話も書くんだなと思った。

  • 泥棒を生業としている主人公はある日ドジを踏んで屋根から落ちてしまい、両親がそれぞれ不倫の末に駆け落ちしたという突拍子もない双子に拾われ、やっかいなことに弱みをダシに彼らのお父さんを演じることとなってしまう。
    日々の中にある小さなミステリーを解決しながら双子との奇妙な生活を綴る、ハートフルで楽しい短編集。

    さすが宮部みゆき!としかいいようのない本書。
    設定は突拍子ないながら、リアリティは失わず、そして散りばめられたミステリーの楽しさ!!
    読後感もとても気持ちのいい本でした。

  • ライトなミステリ。

  • 1996年の作品。
    コメントの評価が高かったため
    購入してみた。

    読者に話しかけるような作品であるが
    内容的にはライトノベル?
    現実味が薄くて
    ミステリーと呼ぶまでの
    謎解きは無い。
    しかし、これが読み進めるウチに
    不思議と出演者?の
    人間味にはまっていく。

    読みやすいのでサクサク読める
    1日で読了!

  • 双子と、父(……父ではないか)のやり取りが、軽妙。
    テンポよく読んでいけて、読後感も良い一冊だと思います。
    この作者の描く少年は、いつも少し大人びていてさわやかで
    好感がもてますが、やはりこの双子も御多分に漏れず。といった感じです。

    「理由」や「火車」とかとは、一味違った作品。
    宮部みゆきは社会派で重そうでちょっと……という人は、これからはいってみては?
    他のいわゆる『重め』な作品にも、本書と同じようなあたたかさが、根底には流れていると思います。

  • 主人公は窃盗で生計をたてていて、最初は巻き込まれて双子の兄弟の親代わりとなったが、双子が誘拐されたときに本当の親の心境で事件を解決しようとするところがよかった。双子がかわいらしくて健気でどんどん読めてしまいました。

  • 特に驚くような展開もなく、感動するようなエピソードもなく、普通でした。
    こういう家族ものの話なら、宮部みゆきである必要がないと感じました。

  • 双子が息ぴったりで可愛いらしい。盗みを仕事にしている主人公の、双子に対する心情の変化がすごく微笑ましくて良かった。誘拐に遭うのも双子は同じタイミングで面白かった。比喩表現とか、対比表現がすごく面白かった。心臓が4拍分休憩したとか、ソ連が無くなると連日騒がれている今、生活に不満があったから文通を始めたとか。

  • なんとなく避けていた宮部みゆきさん、これなら軽く読めるかな~と思って読み始めたら面白かった!短編だからさくさく終わるし何よりキャラクターが魅力的でした。幸せな気分になるのに双子の両親のことを考えるとやっぱり切ない。作者も言ってるけど幼い…というより純粋な中学生だなぁ。。

  • 面白かったです!

    弱みを握られて、嫌々やっていた「偽お父さん」業が、段々とホンモノになっていく。そして、泥棒の元締めの「爺さん」が、双子達にとって好々爺なおじいちゃんになっていく過程が……とても微笑ましいです。
    子は親がなくても育つけど、親は子がないと育たない。
    その通りだなぁ……オヤジ、深いこと言うなぁ……

    最初、双子と「お父さん」(父さんではないです)は同居するのかと思って読んでましたが、お互いのペースは一切崩さないまま、時々一緒にご飯食べたりする関係なんですね。
    出来過ぎた、将来が色んな意味で恐くなる双子ですが、だからこそ、彼らの本当の両親は家を出たのかも知れない。「私がいなくても、妻(夫)さえ時々顔を出せば大丈夫だろう。だって双子は、一人前だもの」
    そう思っていたのかも。

    悲惨さは全くないです。
    ついでに言うと、坂木司の様なじっとり感もないです。
    ひきこもり探偵と同じようなパターンで、双子に関わる人々が、(表稼業の人も裏稼業の人も)「お父さん」の周りに集まってきて、仲良くなっていきます。
    悪い人は確かに悪い。小ずるい人は確かに小ずるいけど、そこで知り合って手助けしてくれた人は、裏稼業だろうが表稼業だろうが、(双子のことが気に入ってしまってるのか)双子のためにあれこれと手伝ってくれます。

    ところで。
    ラストの話だかで、バーベキュー大会してたんですが……
    近所の人や犬も来たと言ってたけど。
    「近 所 の 人 」ですよ!
    お父さん!(しつこいけど「父さん」じゃない)あんた、近所の人に「双子のお父さん」として認知されちゃってるよ?!

    長編を書きたいと言ってらしたので、それも期待たいと思います。
    や、長編じゃなくて良いから。短編とか掌編でいいから。
    また書いて欲しい。

  • 宮部さんの小説は、ほとんど大好きなのですが、あえて一冊を選ぶ!としたら、実はコレが一番好きかもしれません。

    ものすごい、優しいんですよね。あったかいし、ユーモアテンコ盛りだし会話文の文章や、主人公の独白も、ウィットがあって洒落てるし、もう良いところしか思いつかないです。あ、ちゃんと、切ない哀しい部分も、ちゃんとあるし。

    ヘヴィーな作品もあるし、時代劇もあるし、愉快な作品も哀しい作品も色々イロイロあって、宮部みゆき、という人は、とんでもない幅広い作風だと思うのですが、根幹のところでは、めっちゃんこ優しくて温かくて、人間を信じてるんだろうなあ。

    この作品を読むと、そう思えて仕方ないんですよね。いつまでもいつまでも大好きなんだろうなあ。

  • とてもサクサク読めた、読後もすっきりした作品だった。

    誰もが昔は子供だったから、子供にひどいことはできない。
    子供だった自分を傷つけてしまうから。

    というような台詞が印象的。

    現実には絶対ありえない設定だからこそ、物語として楽しめた。
    明るくて賢い双子に振り回されつつ、暖かく見守ってゆく泥棒の心の変化もわかりやすかった。

  • 20年前の小説のため古い小道具が出てくるが、ストーリー自体に古さは感じさせない良くできた小説。
    ティーン向け。
    サクサク読めるが、何故かそんなに面白くないんだよね。一話一話が印象に残らないというか、締まりがないというか、謎解き部分が唐突で現実離れしていて楽しめないというか。そもそも双子の遺棄児童とプロの泥棒という設定が現実的でないからかもしれないけれど。
    次に繋げることを考えてか、双子の親は最後まで顔を出さなかった。そこが一番モヤモヤする。

  • 泥棒に失敗した主人公が両親が夜逃げした双子の擬似父親役(ステップファザー)をするお話です。双子ちゃんがすごく賢くて憎めないです!事件を解決していく話なのですが、気軽に読めます。話の中で「風邪って早くよくなってねと心配してもらうためにひくものじゃない?」と双子ちゃんが言っていました。なるほど!心配してくれる人がいれば鼻風邪にかかることだって、楽しい!素敵な考え方です!

  • 中学生の双子の兄弟と、ひょんなことからステップファザー(継父)になった泥棒の、ほっこりミステリー。巻き込まれる事件がどれも面白いし、何より、賢くてちょっと生意気な双子が可愛くて可愛くて・・!純粋に楽しく読めた

  • 著者が「ライトなライトな仕上がり」と言っているように、肩肘張らずに読めるミステリー。
    賢くておちゃめな双子と、人情味あるプロの泥棒の、ひょんなことから始まった擬似親子関係。ユーモアとペーソスを織り交ぜた3人の会話にクスリと笑ってしまう。
    中学生二人きりで暮らす…なんて現実にあったとしても、誰かは気づくだろうよと思うのだが、そこは小説ですからー。
    それにしても、ここでも実親はダメな人間で、赤の他人が子どもに親身になってやってるという設定かぁ。泥棒さんも柳瀬の親父さんも、心から双子を気にかけてくれているからそれは嬉しいんだけどね!

全869件中 1 - 25件を表示

ステップファザー・ステップ (講談社文庫)に関連する談話室の質問

ステップファザー・ステップ (講談社文庫)に関連するまとめ

ステップファザー・ステップ (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ステップファザー・ステップ (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ステップファザー・ステップ (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ステップファザー・ステップ (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ステップファザー・ステップ (講談社文庫)の単行本

ステップファザー・ステップ (講談社文庫)のムック

ツイートする