津和野の殺人者 (講談社文庫)

  • 14人登録
  • 2.60評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 中町信
  • 講談社 (1996年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062632874

津和野の殺人者 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 2016年25冊目。
    んー、模倣の殺意がそこそこ面白かったので借りてみたけど、終始突っ込みどころ満載な展開でした。あたしでも犯人も割と早い段階で分かってしまったし、まぁ2時間サスペンスドラマを流して見たという感じであればこんなもんでしょうかね。

  • 3- 

    細かいことは気にしない強引な話の展開や、ミスディレクションバリバリなのはいつものこと。読み手も最初から話がすんなり進むわけがないと思っているし、途中の推理は穴だらけだし、ふんだんにヒントもバラまかれるので、というかもうミスディレクションそのものがヒントになってしまっているので真犯人も容易に見当がついてしまう。ここはダイイング・メッセージの奇抜にして無理矢理な解釈にニヤニヤしながら読むのが○。

  • 津和野ツアーに参加したOLが、あろうことか入院中の病室で犯され、墜死した。犯人を示す血液型は、AとBの2種類が残されていた。容疑者はツアー仲間の4人。そのなかで真相に近づいた花谷浩司も「五一五五」の謎の伝言を残して殺され、さらに残る3人も…。

全4件中 1 - 4件を表示

津和野の殺人者 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

津和野の殺人者 (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

津和野の殺人者 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

津和野の殺人者 (講談社文庫)はこんな本です

津和野の殺人者 (講談社文庫)の新書

ツイートする