重耳(上) (講談社文庫)

  • 664人登録
  • 3.93評価
    • (96)
    • (93)
    • (107)
    • (5)
    • (0)
  • 56レビュー
著者 : 宮城谷昌光
  • 講談社 (1996年9月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062633239

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮城谷 昌光
宮城谷 昌光
有効な右矢印 無効な右矢印

重耳(上) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 中国歴史小説です。

    重耳(ちょうじ)は春秋時代の覇者である晋の英雄で、
    死んだ後は文公と呼ばれた実在の人物です。
    後半は、重耳の19年間に及ぶ苦難の放浪が書かれています。

    はっきり言って、重耳は切れ者でもないしかっこよくもありません。
    同じ筆者の『晏子』や『孟嘗君』の方が英雄然としています。
    むしろ、かっこいいのは彼を取り巻く家臣たちです。
    放浪中、立ち寄った斉で礼遇され、そこそこ良い暮らしをする内に、
    重耳は実家のこととかどうでもよくなってしまうんですが、
    家臣たちは重耳に酒をしこたま飲ませらせ、斉から運び出されます。

    ・・・重耳よ。

    それでも、わたしが『重耳』を選んだのは、重耳を中心とした魅力的な
    人物と、重耳の前に広がる広大な中国の大地が目に浮かぶからです。

    重耳は遅咲きながら名君となり、短いながら成功を収めます。
    決して華々しい人生ではないけれど、その性分は大らかで素直。
    人に愛されて助けられて、ここまで来たのだなぁ、重耳よ。

    仕事って、巻き込んだもん勝ちだと思う今日この頃。
    また、重耳の旅を読み返してみようかと思います。

    仕事でグチなんか言ったら、重耳に
    「わしを見よ。19年もさまよったのだぞ」って言われそう。

  • 重耳のお祖父ちゃんである称が、晋を一人前の国として認めてもらえるように頑張る話。
    称という人は野心家で、すごくよく考えて、よく働く。

    重耳は、聖人君子な兄の申生や、おとなしい優等生な弟の夷吾とは毛色が違って、特に目立ってすごいという訳ではないのだが、素直で、大器という感がある。
    器量という点では、劉邦に少し似ていると思った。

    称の孫3人を育てた先生もまたそれぞれ特徴があって、育てる人の影響ってあるんだなぁと思います。
    特に申生の先生の狐突は頭が良くて厳格で、かっこいいですね。

  • 読み始めはどうなることかと。中国の歴史は、人の歴史なり。

  • 『重耳』というのになかなか出てこない(笑) なぜなら、重耳の祖父の代からの物語であるから。もちろん、その方がわかりやすいので良いのですがね。ともあれ、上巻ということで、若き重耳の人物像を垣間見る作品でした。続いて中巻へ。

  • 重耳はまだ生まれて間もないところで魏の分家と本家の争いにどうなるかというところで、重耳が成長しその戦争に関わっていくところでこの巻は終了。 まあ、今回の主人公は狐突、孟嘗君での白圭みたいなもの。内容はおもしろいです。中巻へ! 

  • 紀元前6世紀、中国春秋時代の五覇の一人で、晋の文公と呼ばれた重耳という人物の話。晋の君主の家系の二男に生まれたが、秀才でもなく人気もなく特徴のない人物であったため兄弟の中でも目立たなかった。しかし、晩年は、誠実で実直な性格により国内外の色々な人たちから一目置かれるようになる。身内の争いごとにより国外に脱出し19年間諸国を転々とする亡命生活を経て、晋に戻り君主となる。重耳の話というよりは、重耳に仕えたすばらしい臣の面々の話ではないだろうか。幼少期の教育係の郭偃をはじめ、丕鄭、孤突、孤偃、孤毛、先軫、介子推などなど見事な人物が揃っておりこれら臣に支えられてなければ重耳は君主にはなれなかっただろう。臣の忠誠心に感動した。

  • やたらとエネルギッシュな主人公の祖父をはじめとして、登場人物に「嫌な奴」が少ない。テンポの良い話運びもあって、読んでいてさわやかな印象がある。主人公が活躍するのはまだまだ先なのか、影は薄い。

  • 2013年08月 01/41
    春秋ブームに乗って家の在庫から読み始めました。続けて読んでるので少しずつ位置関係があたまに入ってきます。
    中盤辺りの翼に攻めこむあたりから勢いがついてきておもしろい。

  • 宮城谷作品のなかでこれが最高峰だとおもう。これを読んだら続編のつもりで「沙中の回廊」を続けて読むのがよい。

  • この時代の中華はちゃんと理解してないので、とても新鮮。今の中国人からは想像しづらいけど、当時から「徳」の高い人がたまに出てくるんですね。その辺りは人智を超えてる感じがしますね。

  • いつの世も悪妻・悪臣はいるものだ。
    それにより崩壊してゆく国、それを盛り返そうとする王子と忠臣。
    中巻が面白かった。

  • 中国春秋時代の一君主の話である。戦と、諸国との間での権謀術数によって覇権を競う、悪く言えば一生懸命陣取り合戦をしている時代の話である。晋という国を治め、中華を統一し重耳の一生を3冊1000ページを超える大作で記している。
    現在に生きているとなかなか理解できない点も多い。「各国の間はお互いの利益があるか、害になるかを判断基準に盟約を結び、敵味方がはっきりしている」「その各国の敵味方の判断においては、君主同士をはじめ、お互いの人と人の間の礼や仁義が大きく影響している」「親子を始め、血縁関係が内紛の争いの元になり、そこに何かを仕掛けるときの大義となること」「邪魔者は消すべしということで、相手に罪がなくともその血をもって殺すことをよしとしていること」「戦においては、下の者が死ぬことは上にとっては基本的には当たり前のこと」「主の周りの家臣の力量、助言、諫言がその主の判断に大きく影響すること。もっと言え若かりし時の周囲の教育が非常に重要だということ」・・・・
    その中で、この主人公重耳は、礼を重んじ、周囲の人間の話を聞き、内外の人々を大切にしたことで、苦難のなか最後は晋の君主となり、中華を統一したのである。

    現代の日本とは全くかけ離れた時代の物語であるが、よくよく考えると、礼を重んじ、周囲の人々(ビジネスでは利害関係企業)を大切にし、様々な交渉においては、トップ同士を始めとして、人と人(企業名や肩書ではなく)との信頼関係が大切で、周囲の意見をしっかり聞く、そして人材育成の面からも若いうちからしっかりとした教育者が必要・・・と考えると、今の日本、特にビジネスにおいては参考になることも多かった。

    中国の春秋時代の話を読むときはいつもそうであるが、最初(この本では上巻の最初)にこの物語の時代背景が出てくる。そこにはたくさんの国名と登場人物が出てくるが、この敵味方・親族関係をしっかり押さえて読み進めることが大切で、ここをいい加減に読んでしまうと全く話がわからなくなる。ここは自分は最初2回読んで頭に叩き込んだ。

  • 優秀な兄と弟に比べて、パッとしない次男坊、重耳。教育係の郭偃のアドバイスが功を奏し、祖父称もようやく重耳の実力に目を向けはじめて、中巻が楽しみ。クライマックス翼城攻めは大迫力。影から重耳を見守る存在の狐突も、これまたかっこよすぎです。

  • やはり歴史小説を読むのには慣れが必要である。
    司馬遼太郎ばかり読んでいると他の作家が読めなくなっているのだが、
    この作家で、中国史小説。上巻を通してようやく慣れてきた。
    物語は秦の始皇帝よりも前、
    考え方において現在の科学や、論理の位置に占いや伝統や習慣が多くをしめている時代のお話。

  • 読み物としては『孟嘗君』に軍配が上がるものの、物語の本質が占いにあることを示した点において忘れ得ぬ一書となった。重耳は43歳で放浪を余儀なくされ、実に19年もの艱難辛苦に耐えた。「大器は晩成す」(老子)。

    http://sessendo.blogspot.com/2011/08/blog-post_3684.html

  •  中国春秋時代の晋の君主であった文公、つまり重耳(ちょうじ、と読みます)は紀元前696年から628年まで生きた人で、春秋五覇の代表格。その権力闘争に巻き込まれて命からがら逃亡、常に身の危険にさらされ大変な辛苦を舐めながらの19年、1万里におよぶ流浪の果てに、ようやく晋に帰りついて即位した春秋随一の名君といわれています。その重耳を描いた壮絶なストーリー、読み応えのある全3巻です。

     古代中国の歴史小説ものを数多く書いている宮城谷昌光ですが、この作品は芸術選奨文部大臣賞受賞の名作で、ここから宮城谷ファンになる人も多いようです。漢字が多くて読みにくい、なんていうのは慣れない最初のうち。旅先で中国の悠久の歴史をたっぷりと味わってください。

  • 406263323x 354p 2002・8・28 13刷

  • 上中下の全3巻。上巻では主に重耳の祖父・称の話から始まる。曲沃の主君である称が、晋の首都・翼を滅ぼし、念願の晋統一を成し遂げるまで。このとき重耳はまだ若く、出番が少ない。さて、中巻を読むとします。

  • ★2011年2冊目『重耳 上』宮城谷昌光著 評価B+
    曲沃という小国の君主 称は 本家の国である翼を滅ぼして 親子三代の夢である晋再統一を果たしたいと思っていた。称の嫡子 詭諸は武勇は優れるものの、人格は凡庸であり物の見方は皮相的。その息子公子の中に将来の大物 重耳がいた。しかし、大器晩成でどちらかと言うと、長男の申生、三男の夷吾の方が家臣団には受けが良かった。
    主君 称の願いが叶い、本家の翼を滅ぼして、長年の宿願を果たす。またその戦いで、意外にも重耳が、大きな働きを見せる。

全56件中 1 - 25件を表示

重耳(上) (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

重耳(上) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

重耳(上) (講談社文庫)のKindle版

重耳(上) (講談社文庫)の単行本

ツイートする