名探偵の呪縛 (講談社文庫)

  • 4003人登録
  • 3.07評価
    • (90)
    • (281)
    • (851)
    • (244)
    • (53)
  • 302レビュー
著者 : 東野圭吾
  • 講談社 (1996年10月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062633499

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

名探偵の呪縛 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • なんだこれ?っと思った作品。著者が主人公として登場し、過去に自分で作り上げた世界に入り、次々と起こる殺人事件のトリックを解きながらこの世界に封印された本格推理小説を見つけるという話だが、面白いのは本格推理小説を封印したのは作者自身であり、この小説を通して作者の心境の変化が感じられるところである。
    また、作者である東野圭吾氏の考え方が垣間見得たようで面白かった。

  • 未知の世界へ迷い込んだ主人公。小説家だった彼が周りから探偵の天下一として扱われている。歴史のない街に現れたミイラとそこから盗み出された何か。それを解決に導こうとするなか事件に遭遇する。登場人物の名前が単純で駒のようなものであるのは彼が昔書いた小説の世界だから。過去がないのも、現実ではなく彼が作り出した世界だから。彼が、自分自身が楽しくて書いていた小説を他の人の目を気にするばかりに否定してしまったことでその小説の世界は中途半端なものになってしまった。地下にいたミイラは彼が自ら主人公をころしてしまったことを比喩していた。昔の気持ちをすっかり忘れてしまっていた主人公が小説を楽しんで書いていたことを思い出すというような話で面白かった。

  • 名探偵の掟を先に読んでなきゃ意味がわからない作品です。
    小説の中と現実とで入り乱れるSF感もあり、本格推理小説とはちょっと離れるようなズレた推理小説

  • 出だしがプルトニウム239が出て来たので、
    かなり科学小説を期待しました。

    残念ながら,図書館から本の世界に入って行って科学ネタはおしまい。
    携帯電話のない世界。なるほど,時代を限定して書きたいときに使う手だと思いました。

    本格推理小説のない世界で,本格推理小説について説明するという
    自分の得意分野で相撲を取っている。
    たしかに一人勝ちのような気がした。

    本の世界なら,「魔法の声」「魔法の文字」の方が面白い。

  • 本格派推理小説を揶揄する天下一探偵が活躍する長編シリーズ。
    天下一ものはブラックなユーモアが多くて結構好きなのですが
    今回はなぜ東野圭吾が天下一探偵というキャラクターを
    作り出して本格推理小説を揶揄するような小説を書いたのか
    よく分かる作品でした。

    物語の中の各殺人事件の謎解きはチープな感じなのですが
    その世界に対する謎は結構興味深く最後にはそういうことかと
    納得しました。

    東野圭吾が自分のために書いたような小説のように感じられますが
    それでも楽しめました。

  • 題名どおり、探偵小説だが、幻想小説でもあって、作者の本格推理小説への郷愁と現時点での訣別の想いが感じられる作品。

    作家が図書館で不思議な体験をする序章に始まり、第一章では、暮礼路市に案内されて、記念館の地下室で盗掘されたものを取り戻すことを市長から依頼される。
    第二章では密室殺人、第三章では人間消失、第四章では館の連続殺人と、本格推理小説でお約束の謎が示されるが、いずれにおいても、探偵天下一は鋭い推理を披露する。
    第一の事件における「壁に寄せられた家具の謎」、第二の事件における「凶器の状態から導かれる推理の論理性とその真相の意外性」、第三の事件における「実行可能性からの犯人特定と動機のユニークさ」など、いずれもよくできている。
    「そして誰もいなくなった」、「Xの悲劇」等のパロディーと思われる遊び心も感じられる。

    さらに、この作品には次のような謎も盛り込まれている。
    「盗掘されたものは何であったか。また、それが象徴するものは?」
    「市長が天下一に依頼した本当の目的は?」
    「クリエイターとは誰のことか?」
    「ミイラの正体は?」

    本格推理小説として見ても良作だが、さらに本格推理小説に対する作者の想いが感じられる作品であった。

  • 不思議な世界に作家が迷い込み、名探偵に。

  • 「天下一探偵シリーズ」の長編作品。
    しかし全くと言っていいほど、雰囲気が違う。テイストが。コメディタッチじゃない。普通…とも違うけど、まあ推理小説。
    印象としては「東野さんは強い思い入れ、あるいはメッセージをこめたけど、こっちには伝わらない」ってな感じ。

  • 図書館を訪れた「私」は、いつの間にか別世界に迷い込み、探偵天下一になっていた。次々起こる怪事件。だが何かがおかしい。じつはそこは、「本格推理」という概念の存在しない街だったのだ。この街を作った者の正体は?そして街にかけられた呪いとは何なのか。『名探偵の掟』の主人公が長編で再登場。

  • 今は書かなくなった、本格推理小説への著者の熱い思い。
    物語の世界に迷い込んだ小説家が天下一探偵として事件を次々に解明していくが…。

  • 3.5
    作者が自分が以前書いた本格推理小説の世界の中に探偵役自身になって迷い込む。前作と合わせて、本格推理小説への想い、社会問題などを主題にした現在の作品への想いなどが込められてる感じで面白い。
    本格推理小説には戻るつもりはないけど懐かしいと思っているよう。本格推理小説を読むときに、前作で作者が求めているような姿勢の読者ではなく、なんとなく読んでしまうので、今の東野圭吾の作風の方が面白いと感じるのは確か。

  • 不思議な作品だった

  • 著者の本格推理小説に対する愛が感じられて良かった

  • うーん。。。

    って、ところでしょうか。
    まぁ、なんとか最後まで読みましたが
    あまり感想がないですね。

    はい、読み終わりました。
    というかんじ。。。

  • ちょとこれは…。

  • 名探偵の掟の続編。
    前作とは違い、長編物。
    作家自身が天下一の扮し、探偵の天下一大五郎として、パラレルワールドで活躍する物語。

    本格推理小説に対する想いがこの一冊に表れている。



    自分が創った世界は、想像して世界は、自分が放置してしまっても、まだそこにあって、自分の知らないだけでにそこに住む人や物は存在し続けている。

    そして、役割を失ったモノたちは、理由もなくそこで生き続けなければならない。

    大切にすべきものは、見えているものだけではない。

    いい加減に生きてはいけないな。

  • 天下一シリーズ。
    なーんだかいまいち盛り上がりに欠ける。
    最後まで物語に入り込めないまま終了。

  • つまらない。とにかくつまらない。読むのに3日かかった。東野作品でははじめてこれほど読むのに時間がかかった。東野が伝統的なミステリを捨てた理由が書かれているので、歴史的な意味で読む価値がある程度であろう。作品の完成度は、ほとんどゼロに近い。

  • 図書館を訪れた「私」は、いつの間にか別世界に迷い込み、探偵天下一になっていた。次々起こる怪事件。だが、何かがおかしい。じつはそこは、「本格推理」という概念の存在しない街だったのだ。この街を作った者の正体は?そして街にかけられた呪いとは何なのか。『名探偵の掟』の主人公が長編で再登場。

    紹介文より

  • 今までの名探偵シリーズは短編であったが、これは長編小説。

    長編の中に2つの本格推理と1冊を通じての謎解きが入っている。

    作家自身が異世界に迷い込み、自分自身の小説の主人公になって、2つの殺人事件の謎を解く。
    そしてなぜ自分がこの異世界にいるのかを解き明かす。

  • 『名探偵の掟』の続編。天下一探偵が推理小説のない世界で事件を解決していく話。

  • 科学メインで、1話1話がわりとあっさりした短編集。
    ちょっと物足りない感。

全302件中 1 - 25件を表示

名探偵の呪縛 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

名探偵の呪縛 (講談社文庫)の作品紹介

図書館を訪れた「私」は、いつの間にか別世界に迷い込み、探偵天下一になっていた。次々起こる怪事件。だが何かがおかしい。じつはそこは、「本格推理」という概念の存在しない街だったのだ。この街を作った者の正体は?そして街にかけられた呪いとは何なのか。『名探偵の掟』の主人公が長編で再登場。

ツイートする