天使に見捨てられた夜 (講談社文庫)

  • 1296人登録
  • 3.38評価
    • (59)
    • (160)
    • (351)
    • (40)
    • (3)
  • 140レビュー
著者 : 桐野夏生
制作 : 松浦 理英子 
  • 講談社 (1997年6月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (422ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062635233

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

天使に見捨てられた夜 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白かった。
    女探偵・村野ミロ、ワールド。

    描かれているのは、どうしようもなく歪んだ痛い現実ではあるのだけど
    事件を追っていくそのスピード感に、やられた。

    スーパーヒロインではない、間違いもしくじりもするミロがとても魅力的。

  • 『顔に降りかかる雨』の続編、村野ミロシリーズ。
    父親の後を継いで探偵業をしているミロの今回の依頼は、AVに出ていた女優を探すこと。
    依頼人は小さな出版社を経営しており「アダルトビデオの人権を考える会」の代表である渡辺という女性。
    意外と簡単な依頼だと思っていたが、ただの捜索では済まない事件へと発展していく。
    そんな中、ミロは探偵としての失敗もおかしてしまう。
    そして行き着いた真実は、悲しいものだった。

    2017.3.9

  • 5/15→5/22読了。村野ミロ第二弾。安定のおもしろさ。いつも思うのは、桐野さんの人間の観察力がすごい。キャラクターの描き分けもうまいからぐいぐい入り込めるのだろう。

  • 村野ミロシリーズ2作目。おもしろかった。レイプのアダルトビデオ。ほんと、暴力的な男なんてサイテー。ウルトラレイプもそうだけど、自殺のビデオのやつはもっと最低。ほんとにこういうのは出回っているんだろうと思う。お父さん、やっぱかっこいいなぁ。トモさんという素敵な隣人ができたのもミロにとっては良かった。結末にはびっくり。リナのトリッキーさは不幸な生い立ちにあるのか。それにしてはトリッキーがすぎるけど。しかし、そんなリナと男女の関係になる岩崎先生が信じられない。

  • 村野ミロは女探偵で、惹かれたらたとえ敵方でも寝てしまう。それが露呈し周りから軽蔑され落ち込んでも、それをバネにし事件にくらいつく精神力を持っている。 このダメなやつ村野ミロの強靭さはわかるのだが、好きになれず共感も出来ず物語に入り込むことができなかった。

  • 探偵村野ミロシリーズの続編。
    前作の『顔に降りかかる雨』よりは好きかも。
    ラスト付近で一気に終結へ向かう。

  • 20170320読破

  • 3.5
    村野ミロ第二弾。
    結局、父の仕事・調査員を始めたミロ。
    アダルトビデオ絡みの被害女性を救う団体渡辺という女から一人の女性を探すよう依頼を受ける。ターゲットは、レイプもどきのビデオ販売後、自らを切り刻む映像を残し姿を消す。そしてそのビデオは販売直前に中止となっていた。
    制作会社のボス八代と関係を持った事で、信用を失い、父をも失望させ、追い込まれていくミロ。隣人・トモさんとの新たな関係。
    渡辺の新たな資金源となった富豪マダム、
    謎多い殺され方をした元アイドルの男、
    その元妻。様々な人物と絡み徐々に確信に迫る中、渡辺が不審な死を遂げる。
    今話でのミロは、残念な印象。
    「女はこういうもの」ということなのだろうが、設定がリアルでない以上、やはり・・

  • ベースは探偵物語てすが、女探偵・村野ミロ、隣に住む同性愛者のトモさん、敵対関係にある矢代の三角関係が面白いですし、前作『顔に降りかかる雨』より読み易くあっという間に読み終えてしまいました。
    ただ、真犯人が拍子抜けだったのと、全体的にゆったりとした展開だったのにラストは急展開で雑に感じたのが残念でした。

  • 女探偵・村野ミロシリーズです。失踪したAV女優の捜索をする物語で、男好きな主人公、同性愛者の隣人、AV監督と、これまた個性的な人物が登場する当作品。女性に対する人権問題を扱った作品っていうとちょっとかたいかな。。。

全140件中 1 - 10件を表示

天使に見捨てられた夜 (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

天使に見捨てられた夜 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

天使に見捨てられた夜 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

天使に見捨てられた夜 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

天使に見捨てられた夜 (講談社文庫)の作品紹介

失踪したAV女優・一色リナの捜索依頼を私立探偵・村野ミロに持ち込んだのは、フェミニズム系の出版社を経営する渡辺房江。ミロの父善三と親しい多和田弁護士を通じてだった。やがて明らかにされていくリナの暗い過去。都会の闇にうごめく欲望と野望を乾いた感性で描く、女流ハードボイルドの長篇力作。

天使に見捨てられた夜 (講談社文庫)の単行本

ツイートする