ロシア紅茶の謎 (講談社文庫)

  • 2770人登録
  • 3.31評価
    • (103)
    • (263)
    • (883)
    • (46)
    • (7)
  • 254レビュー
著者 : 有栖川有栖
制作 : 近藤 史恵 
  • 講談社 (1997年7月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062635486

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ロシア紅茶の謎 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 前にも一度読んだことがあったはず、だが、トリックはすっかり忘れており新鮮な気持ちで読んだ。アリス・火村コンビの掛け合いが良い。

  • それなりに楽しく読めたが、どの短編も、謎解きに主眼を置きすぎている感がある。失礼承知で言うなら、推理ゲームの台本みたいな感じだ。「わーすごいトリックだ」で終わりというか。もう少し犯人の心理に迫る描写があってもいいかな?と思う。

  • 短編集。
    「ロシア紅茶の謎」
    作詞家・奥村丈二が、自宅で年忘れのパーティーの真っ最中に客たちの目の前で突然苦しみ出し絶命した。
    死因は青酸カリを服毒したことによる中毒死だった。
    パーティーの参加者は被害者・奥村丈二、妹の真澄、友人の金木雄也、桜井益男、内藤祥子、円城早苗の計6名。
    友人たち4人全員に奥村との確執があり、殺人の動機を持っていた。
    犯人が犯行に使ったトリックには驚かされた。
    犯行が失敗して自分の身に危険がおよぶ可能性もある。
    そこまでの覚悟があっての犯行だったのかと。
    危険であることを十分承知したうえで、それでもなお奥村への強い憎しみの方が勝っていたということなのだろうか。
    火村が犯人に対して放ったひと言は、もしかしたら犯人の異常な勇気に対する敬意なのかもしれない、とも想った。
    かつて火村が言っていたように「学問にかこつけて人を狩ることだ」という言葉。
    最終行に記されている「彼は、愛に似た獣を撃ったのだ」の一文が印象に残る物語だった。

    物語の内容とはあまり関係がないけれど、火村が呟いた「俺だって、胸を掻きむしられるような想いをしたことはあるさ」が気になってしかたがない。
    いったい何時、誰に対して、火村はそう感じたのだろうか?

  • 火村、有栖シリーズの短編。それぞれの話がテンポよく進み、事件の謎解きも多少てこずる所もあったが、無事解決し、各々の事件の展開も綺麗にまとまっていたのが良い。事件の鍵を紐解く暗号が隠されていて、そこから全容解明への糸口を見出す中で、従来型のミステリーの要素が多く、どっぷりとしたミステリーが好きであれば、ハマると感じるだろう。かと言って、嫌なドロドロさ、説教じみたものを感じさせないのが良い 。火村と有栖のやりとりが少なかったが、各々の話の登場人物が引き立てていたのがまた良かった。表題作の話が良かった。

  • 短編として全体のリズム感もあり、それぞれの作品のテンポもいい。ポップに読めるミステリ。

  • 動物園の暗号
    屋根裏の散歩者
    赤い稲妻
    ルーンの導き
    ロシア紅茶の謎
    八角形の罠
    以上6本収録の短編集。
    どれもこれも読者が探偵に挑めるよう作られたミステリー。

    謎解きが論理的で少しの痕跡を鮮やかにつなげて真実を推測する。それがとても華麗で。
    その場にいたら「え・・ナンクセつけてるだけじゃネ?」ってきっと思うだろうなと。
    でもそれでいいんですね。
    彼は犯罪を可能にする手口を明確にするだけで、その先にそれをなしえたただ一つの人物が存在する。
    あれこれの証拠固めは警察の役目ですからね。
    このあたりの位置取りが絶妙だなと思う。
    アリスの存在が読者にとって心地よい。
    きっと火村先生にとってもそうで、アリスは読者と作品の架け橋なのだと思います。
    さいきんやっとそういう結論にたどり着きました。

  • ドラマ化に合わせて興味があったので読みました。
    シンプルで普通のミステリー。今これだけ本が出てる中、それだけだとものたりなかったですが、こういう読み物を探している時には良いのかもしれません。

  • 非常にシンプルな話が多くて読んでいて分かりやすく気持ちが良かった。大きな感動はないが火村とアリスの日常(?)に接したようでこれはこれで良いと思う。表題の「ロシア紅茶の謎」が一番印象が薄いのは愛嬌。

  • 火村先生先生シリーズ第二弾!

    動物園の暗号
    屋根裏の散歩者
    赤い稲妻
    ルーンの導き
    ロシア紅茶の謎
    八角形の罠

  • 『動物園の暗号』のオチにクスリ、『屋根裏の散歩者』は大と太にクスリ。『ロシア紅茶の謎』のトリックの大胆さ、『ルーンの導き』『八角形の罠』の手がかりの絶妙さが好み。密室形成のタネとオチで『赤い稲妻』がお気に入り

  • 今回は、暗号シリーズか?!
    …と思ったらそういうわけでもありませんでした。
    犯人は何となく、というか、キャラクター的にこの人だな、とあてられたものはあったのですが、トリックはまるで見当違いでした。

    『動物園の暗号』
    ××に詳しい人には解けたかも!
    『屋根裏の散歩者』
    江戸川乱歩。
    覗き見ならではの~というのが、そこかしこにちりばめられていて…
    特に最後の…面白い!
    『赤い稲妻』
    鮮やか!
    『ルーンの導き』
    ちょっと、「そんなこと知るかい!」と思ってしまいました。
    『ロシア紅茶の謎』
    犯人、カッコいいわ。
    『八角形の罠』
    綾辻行人…

  • ドラマ化もあって、久しぶりに読み直してみた
    文章は相変わらず読みやすいね!
    ただ、キャラもトリックも個性が強い他の新本格の人々と比べると地味
    だけど安定してるし王道だし、安心して読めるから、ミステリー初心者にはオススメかも
    どの話も衝撃はないけど、推理小説らしいと思います

    ゲームでいうならドラクエかな

  • 短編集でしたが、なさそうでありそうな殺人事件たちでしたね。今回は火村と有栖の言葉のキャッチボールも多かった気がします。

  • 国名シリーズ、第一作。有栖川先生の短編初読み。決してつまらなくはないんだけど、長編に慣れているせいか物足りなさが…。「動物園の暗号」が手が込んでて一番好きなトリックだったなぁ^^

  •  大好きな「紅茶」の入ったタイトルに惹かれて図書館で手に取ると、今放映中のドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」の原作本!?
     驚きつつも速攻借りましたが、直接の原作本というわけではないのかな? 火村英生が出てくる小説は結構シリーズも多いようだし、複数ある原作本か原案本の中の1冊といったところでしょうか。ドラマで映像化された話は無いようでした。(ドラマはあまり熱心に見ていないし、まだ1話放送していない話があるけれど、たぶん。)
     ドラマを見てからの感想だと、ドラマと小説で火村先生のキャラクターが若干違いますね。小説では、ドラマの火村先生の犯罪者1歩手前のような怪しさがないし、「この犯罪は美しくない」と格好付けて呟かない(笑)。個人的には小説の方の火村先生の方が好きです。若白髪含めて。
     小説としての感想は、私はあまり推理小説を読まないので、こんな推理小説もあったのか! とすごく新鮮な思いで読みました。推理しかしない推理小説というか……。犯人を追い詰めたり自白させたりをしない話もあったりして、純粋に謎解きだけして終了。場合によっては犯人の動機すらはっきりさせない。
     私は斬新で、面白かったです。ドラマのキャストが頭に思い浮かぶのがまた、良かったです。

  • 作家アリスシリーズ#3(国名シリーズ#1)

  • ドラマ化を機に久しぶりに手に取った作家アリスのシリーズ。相変わらず火村先生はかっこいい!短編なので、気楽に読めます。ふたりの仲の良さは本当にほほえましいですね。

  • ドラマもやっていることだし、シリーズは46番目の密室しか読んだことなかったので、他のものにも手をつけてみようかと。
    さくさく読める短編集。電車の移動時間にちょうど良いです。
    1番インパクトがあったのは「屋根裏の散歩者」。異様さとコミカルさが好き。
    火村先生とアリスをドラマの斎藤さんと窪田さんで脳内再生するとより楽しめる...と言うのはミーハーですかね笑

  • 国名シリーズ第一作目。短編集と言うことであっさりと読み進められた。事件の内容やトリックも様々で飽きが来ない。一番面白かったのはやはり表題作かな。毒が盛られた紅茶、だが、その毒は大勢の人物が集まっている中でどうやって仕込まれたか?このトリックはあっと、驚くと同時に人間はここまで出来るのか、と言う驚きもあった。また最後の八角形の罠もまた面白い。結局作者からの挑戦には敗れてしまったが。全体を通してオチの後味が余り良くなく、印象に残っている。

  • ジャム入りのロシア紅茶は毒入り。
    犯人はみんなの視線に晒された紅茶にいつ、どうやって投毒したのか。
    他、6つの謎と鮮やかな解答。

    火村英生と作家アリスの国名シリーズ一作目。

  • シリーズ初の短編集ということで、入門編として読んでみた。
    やっぱり表題作のロシア紅茶の謎が一番面白かった。
    まさかと思えるトリック。
    謎解きの「なんとまあ!」感。
    ヒントはすべて提示されてるのに分からない、解説されてスッキリ、私が推理小説に求めてるのはこれなんだなあ。

  • 登録以前に。ドラマ化ということで久々に読んで見ようかと。火村先生の「スリーポイントシュートだぜ」に吹きつつ、気の利いたやり取りにニヤニヤ、そしてトリックの一つ一つに感激。お気に入りは表題作ですが、インパクトがなんかあれで忘れられないのは「屋根裏の散歩者」(笑)短編集のトップを飾る動物園の話は難易度高い。暗号そのもの、知識量に驚かされ、最後の一文が印象深いです。後はラストを飾る短編。実際にイベントとして行ったものをノベライズ化した一作。行ってみたかったなぁとか思いますが、当時まだ生まれていないという(笑)

  • 文庫版を購入しての再読。
    年末のバタつきでなかなか読み進めることができず、時間がかかってしまったが、短編集で良かった。
    久しぶりの有栖川有栖。
    でも、読み始めてから、再読する順番を間違えたことに気づく。作家アリスシリーズを頭から読むならば最初は「46番目の密室」だったんですね、
    「ダリの繭」と「海のある奈良に死す」はどこか我が家の奥地蔵書(笑)に眠っているのだけれど、「46番目の密室」は持っていなかった様な気がする。
    ……買うべきか、まず探してみるべきか。

    ちなみに今作の内容は、どれもほとんど覚えていなかった。どちらかというと犯人やトリックよりも、それぞれのラスト、結びの言葉がどれも印象的だったので、読んでから「うわぁ、そうだそうだ、こんな終わり方だった!」という興奮を覚えた。

    今回一緒に購入した「スウェーデン館の謎」は多分初読だと思うので新鮮に楽しもうと思っています。
    その次が「46番目~」かなぁ

  • 10年ぶりくらいの再読。
    かっちりとしていて、時折古風な表現が現れるところが好き。
    表題作の度胸に乾杯。

全254件中 1 - 25件を表示

ロシア紅茶の謎 (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ロシア紅茶の謎 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ロシア紅茶の謎 (講談社文庫)の作品紹介

作詞家が中毒死。彼の紅茶から青酸カリが検出された。どうしてカップに毒が?表題作「ロシア紅茶の謎」を含む粒ぞろいの本格ミステリ6篇。エラリー・クイーンのひそみに倣った「国名シリーズ」第一作品集。奇怪な暗号、消えた殺人犯人に犯罪臨床学者・火村英生とミステリ作家・有栖川有栖の絶妙コンビが挑む。

ロシア紅茶の謎 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする