パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)

  • 14485人登録
  • 3.49評価
    • (841)
    • (1735)
    • (2663)
    • (433)
    • (75)
  • 1343レビュー
著者 : 東野圭吾
  • 講談社 (1998年3月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (450ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062637251

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 語り口の一人称と三人称の使い分けなど、細かいとこが素晴らしい!さすが東野さんです。

    ただ主人公腹たつー。ところどころきもちわるい・・・。 無理やり押しかけてエッチしたからって自分のものになったと思うなよー! 最初の電車の話、ストーカーみたいだ。

  • いや〜面白かった。主人公の記憶が交錯しながら展開される物語は、疾走感とサスペンス感に溢れ、読み始めたら止まらなくなること必至。

    物語自体にミステリーを仕込む東野作品はすごく好み。そしてそこに重厚な人間ドラマが絡んでくれば間違いなく面白い。

    本作では主人公の恋愛と友情が描かれているが、エゴ剥き出しの心理描写が生々しくリアリティがあり心に刺さる。聖人君子でもない限り誰しもが抱える葛藤…、「考えてはいけないと思いながらも、考えてしまう…」。このあたりの描写がダークながらもある意味心地よい。

    そしてラストは…、言うまでもなく伏線がしっかり回収され気持ちよく着地。SF的なテーマを扱いながらもフワッとしたラストにならない物語の収束の仕方は、さすが東野さん。

  • 『これも割と自信作です。』
    『東野圭吾公式ガイド』〔講談社文庫〕にも掲載されている、本作に係る東野氏の自作解説コメントの第一文。
    読了後の私自身、僭越ながらこのコメントに大いに納得です。

    ネタバレ回避の観点からあまり多くは書けないながら...
    SFと科学の境界線を巧みに渡り歩く東野ワールド。
    それでいて、登場人物の葛藤を含め、心象描写もしっかりと。
    また、パラレルワールドのそれぞれの世界を異なる視点で語る効果に、読書素人の私でさえも感心。
    そしてなにより、2つの世界をつなぐ・つながっていく場面展開にすっかり引き込まれてしまいます。

    面白かった!
    もっかい読もう!

  • やっぱり東野圭吾ってすごいんやなあと思った。
    設定がまずすごい。崇史の行動がすごい。人は愛のためにこんなにまでなるのか?人の汚さ、純粋さ、そしてやってしまったことはもとには戻らない後悔。
    最後の智彦の潔さはかっこよかった。覚悟した人間は強い。

  • 初、東野圭吾。
    最初からネタバレです。
    まず、題名と内容があっていない。錯綜する記憶、現実と区別がつかないというのはある意味、並行世界と行き来するようなものというのは理解できるが、もう少しツボを押さえた題名にできなかったかと思う。



    最初から結末を見え見えにしているノーガード戦法でした。
    記憶・意識混濁モノは少々食傷気味なこともあり、
    読了感、悪しでした。

  • 面白かったけれど、結局見かけの良い方が愛されるのか…と感情移入できなかった。
    人間の記憶は自分の都合のいいように変えられて行くというのは、とても理解できる。同じ経験でも人によって捉え方も記憶の仕方も違う。同窓会や家族と話していても、驚くことが多い。

  • 希望の仕事につき、恋人もいる主人公。妙な夢を見て、現実との違いに混乱する。やがて彼は隠された真実を取り戻すり

    何がなんだか分からない状態が長くて読んでいるのが辛かった。。
    最後もハッピーエンドではないようで、ラブストーリーというタイトルなのに…と少し残念。
    彼女の気持ちがはっきりしなくてモヤモヤしました。
    智彦が「崇史に惹かれてたのが分かった」と言って初めて、え、そうなの?と思ったくらいだし。

  • 記憶の改変という、SFではよくあるがともすれば突飛な話になりそうな内容だが、日常行われている記憶の整理を活用するという、なにか現実世界でも実現してしまうのではと思うような書き方に改めて筆者のすごさを感じた。
    登場人物のキャラクターがはっきりしていて、入り込んでしまう。とにかく面白かった。

  • 東野圭吾作品はあまり読んだことがなく、「容疑者Xの献身」に続いて2作目でした。なのであまり知った風な話はできないのですが…、瀬名英明さんほどじゃないものの、漂う理系オーラがハンパないなぁと。ロジカルで綺麗な構成、ちょっとクールな印象です。
    必ずしもハッピーエンドではない(微妙なところ)ミステリー作品なのですが、読み終わると読中の不安は解消されるのでカタルシスはちょっとだけあります。ちょっとモヤッとした気持ちは残りましたが。。

    親友と恋人、どっちを取るのか?をテーマに、ふたつのストーリーを行き来しながら話が進んでいきます。この構成の妙で、読み進めるにつれて何とも不安で落ち着かない気持ちに…。そして話は徐々に核心に迫り…!
    という話なのですが、丁寧な伏線→回収の描写のせいもあって「徐々に」が遅くてちょいとやきもきしました。この感覚が堪らない!という人もいると思うのでこれはこれで。
    綺麗な構成なので、読みながらも見事だなぁと思ってしまうのですが、登場人物の感情の動きは正直完全には腑に落ちないところアリ。一目ボレってそんなに強力なモノなのかなぁとか、親友とはもうちょっと衝突があってもいいんじゃとか。

    この本を読んだことをきっかけに、ミステリーは何のために読むのか、うっかり考え込んでしまいました。本を読むって、やっぱり面白い。

  • 東野圭吾の好きな分野の本。言いたいことが伝わってくるから。恋と友情のとちらを優先するのか。普遍のテーマが題材の一部となる。メインは記憶のリセット…と私は感じた。覚えてるからこそ人に優しくなれる、覚えたくない過去を加工して美化していく能力もまた人間の生々しさ。全てが人間で、泥臭い。そう、人間は弱い。「俺」が言うように。

  • 電車の中でずっと見ていたから恋に落ちてとんでもなく諦められないほどになったっていうのと、恋のために親友を簡単に裏切るっていうのが何となく嘘くさくて最後までよくわからなかった。あと、心の機微の描写が薄くてモヤモヤっとした。ミステリー的には構成もしっかりしててオチがあって、っていう感じなのかもしれないけど、それまでの過程でその構成を支える部分の人物の心情の持っていきかたに無理があった気がする。あと改変された記憶の取り戻し方がうーーん…『「お昼ご飯もう一回食べたいから食べてないことにした」のを思い出す』感じ?ちょっと地味だったかなって。バックにあるのは壮大なのに。もったいないなと思いました。

  • 結局自分が一番可愛いこととか、人間のリアルなんやろうけど、えげつない関係性だった。面白かった。

  • 東野圭吾作品デビュー読了。先が読めてしまうもころが少し残念。でも他の東野圭吾作品読んでみたいと思えました。

  • オビ曰く、20代にアイディアが生まれる、小説にしたのら30代だそう。友情と取るか、それとも愛か?「記憶」って曖昧だなぁと感じる作品。恐らく作品の中のような実験が私に行われたら、私は一生思い出さないと思う…。

  • 新幹線で読んだ。
    一気に読み進められて面白かった。
    切ない…

  • 冒頭の電車が並走していていつもの時間に見かける女性に恋に落ちるシーンは印象的
    その女性が親友の恋人として紹介され話は進んでいく...はずが?
    なぜか自分の恋人として同棲しているという話もありパラレルワールドとなると見せかけ。
    という感じなのだが、男性目線で書かれている切ない恋物語であるのだが女性目線でみると疑問点も...

  • 記憶を巡るミステリーにして、切ないラヴストーリー。親友の恋人に横恋慕せざるを得ない主人公の心情、余りにも切ない。
    特に選んだわけではないが、記録を付けだしてからちょうど読了1000冊目の記念すべき本。

  • 説明
    親友の恋人を手に入れるために、俺はいったい何をしたのだろうか。「本当の過去」を取り戻すため、「記憶」と「真実」のはざまを辿る敦賀崇史。錯綜する世界の向こうに潜む闇、1つの疑問が、さらなる謎を生む。精緻な伏線、意表をつく展開、ついに解き明かされる驚愕の真実とは!?傑作長編ミステリー

  • 現在の記憶と、現実とは違う不思議なもう一つの記憶。どちらが本当の記憶でどういうことなのか、それを解き明かしていくお話。
    面白い。章ごとに視点が変わってそれぞれの情景がわかりやすく、でも相違点にモヤモヤし、どういうこと?とページをめくる手が止まらず。
    しかし、少し違和感と気になったのは彼女が悟り(落ち着き)過ぎていること。

  • まぁ普通かなぁーあっと驚くようなところもなし。

全1343件中 1 - 25件を表示

パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)に関連するまとめ

パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)はこんな本です

パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)の新書

パラレルワールド・ラブストーリー (講談社文庫)の単行本

ツイートする