運命を拓く (講談社文庫)

  • 761人登録
  • 3.98評価
    • (103)
    • (62)
    • (74)
    • (10)
    • (5)
  • 74レビュー
著者 : 中村天風
  • 講談社 (1998年6月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062637398

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ アレ...
中村 天風
デール カーネギ...
デイル ドーテン
ロバート キヨサ...
中村 天風
有効な右矢印 無効な右矢印

運命を拓く (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  •  以前の天風氏の本を一度、読んだことがあったので、
    又読んでみた。
     何も言えない! ただ ”真” ”善” ”美”・・・

  • 言葉と人生の章が感じるところが多かった。18/10/2013
    ー引用ー
    私は今後かりそめにも、我が舌に悪を語らせまい。否、一々我が言葉に注意しよう。同時に今後私は、もはや自分の境遇や仕事を、消極的な言語や、悲観的な言語で、批判するような言葉は使うまい。終始、楽観と歓喜と、輝く希望と溌剌たる勇気と、平和に満ちた言葉のみで活きよう。そして、宇宙霊の有する無限の力を我が生命に受け入れて、その無限の力で自分の人生を建設しよう。

  • 天風会の教祖様がその修練会において会員達に授ける講述(お説教)を弟子が本にまとめたものです。現代的にはいわゆる自己啓発本として読めるでしょう。同じことが繰り返し繰り返し語られていますが、いろいろと良い言葉、人生訓がちりばめられています。要は、病は気から、何ごとも気の持ちよう、勇気と信念を持って積極的に生きよ、プラス思考で生きよ、考えたことが実現するんだ、的なお話です。宇宙の気を自分の中に取り込め・・・と言われると、ある意味「元気玉」的ドラゴンボールの世界ですが。天風さんは色んな体験をされ医学の学位なども取得して科学的な知識も豊富だからか、既存の宗教を信じるのは頭が悪い人間のように批判していて、自分は真理を悟っているとしています。でも、神仏と言う代わりに、”宇宙真理”、”宇宙霊”という人間の命の源というものを持ち出します。説明が難しいことは何でも”なぜなら宇宙真理がそうなっているから”で終わり、というのは明らかに宗教です。

  • 天風さんはものすごく直球勝負の人である。きっぱり言い切る言葉の数々は清々しいばかりで読んでいて気持ちがよい。

    「常に心をして思考せしむることは、”人の強さ”と”真”と”善”と”美”のみであるよう心がけよう。
    たとえ身に病があっても、心まで病ますまい。たとえ運命に非なるものがあっても、心まで悩ますまい。否、一切の苦しみをも、なお楽しみとなすの強さを心にもたせよう。
    宇宙霊と直接結ぶものは心である以上、その結び目は断然汚すまいことを、厳かに自分自身に約束しよう。(座右箴言)」

    そう、よい意味での強気でもって毎日を過ごしていかなければ!

  •  タイトルがアレなんだけれども、宗教書というよりは哲学書といった具合。

     講演録。この中村天風というおじさんは、やんちゃだった学生時代に頭山満に拾われて、日露戦争の時には諜報活動を行なっていたんだが結核を患ってしまう。で、スパイをやめた後はアメリカやらパリやらイギリスやらで医学を勉強するがとーんと治らない。で、ほとほと困り果てていたところ、船でたまたま出会ったヨガ行者のおじさんに連れられてカンチェンジュンガで修行をしていたら見事に病気を忘れることが出来たので治りましたとさ、という経歴を持っておる。で、昭和40年代、92まで生きたというから大した人物には違いない。

     教えとしては徹底した積極性を持って人生を生きる、という一言に集約されます。超アグレッシブ。
     なんでそんなに積極的になれるかというと、そも、道具や火を使い、文明を発展させてきた霊長類の人間がこうして存在していることに意味があるんだとしたら、人間としての役目をフルに活かすのが生きる意味ではないか、というところが基本ベースにある。ネガティブさや後ろ向きな気持ちを持つがゆえに不幸やネガティブな事態が起こるのだ、とさえ書いてある。

     非常に良い事ァ書いてあるとは思うのです。が、用語のチョイスがおっかない。真理、宇宙霊、オーラ、悪魔……80年代、そして95年オウム、などなどどなどな、社会的なオカルティズムの洗礼を受けた今の読者にとってはかなり読むのに抵抗があるかもしれない。なにしろ昭和40年代に92で亡くなった人の言葉のチョイスだ。まだそういう、心霊商法みたいなのが活発化する前の人の言葉のチョイスだ。
    ……かといって、「現代に受け入れやすい形に」と、用語を差し替えるわけにはいかないのでしょうなぁ。こういう人には熱狂的なシンパがつくだろうし、原点を改変するなどもってのほか、であろう。

     どうしても人間がネガティブになる人は、読んでみても面白いかもしれない。この本は決して新興宗教の本じゃないですよ、生きる哲学の本ですよ、と先に断っておかないと、どうしても手に取りにくいところはあるだろうけども。

  • 人生、壁に当たるのが普通のこと。
    それを逃げたり、不平不満を口に出したりしたくなることもある。
    生きていることだけで、有り難いと思う。周りに対する言葉が変わる。
    一冊の本で、これほどの仔細に亘り、人生の本質を学べるものは、類書がない。

  • 相当ためになる内容ですね。書評が良かったのと値段が安かったので購入しましたが、購入してみて良かったと思いました。

    心のおきどころで見方が変わる・・・仕事探しの現在だからこそ身にしみてきます。今までの経験や知識で物事を判断しないで積極的に取り組みたいと思える1冊でした。

  • 感想ー定期的に反復して読みたい本。人間の存在を根本から考える上
        で、参考となる哲学を提供する。
    メモー宇宙霊→人の霊(肉体+精神(潜在意識←実在意識)
        積極的・肯定的な実在意識が潜在意識に働きかけ、よい霊とな
        る。

  • もはやこの手の宗教的自己啓発本を、自分は受け付けなくなっている。曰く「積極的に生きよ」「言葉を大事にせよ」「夢を明確に描け」…凡百の自己啓発本と何が違うのか、最後まで判らなかった。加えて「宇宙霊」「宇宙真理」などの言葉。皆、胡散臭さを感じないのだろうか。

  • 明治生まれがアファメーションを唱えるとこんな感じ、というところか。人生かくあれかし。素晴らしい本ではあるが、考え方は少々古臭くなってしまっており、現代では読む人を選ぶ本なのかも。谷口雅春さんの本を読んだ時のような感覚になった。天風ファンは多いけれど、古典として論語のように残る本になるのかなぁ?

    私はあんまり好みじゃなかったです。

  • 日本版自己啓発書
    宣伝に偽りなしでしたが読むのに時間が…

    「実在意識」が「潜在意識」に影響を与える。
    まさに「思考が現実化する(ナポレオンヒル)」といったところでしょうか。
    今考えてることが深層意識に影響して人を形作る。

    だから「積極的言葉」を使い「消極的言葉」を使ってはいけないということなんだとおもいます。
    人生には性別といった変えられない絶対的な「天命」と職業など変えられる相対的な「宿命」があります。
    「天命」が変えられないならその範囲を小さくして打開できる「宿命」に変えていけば良いのだと思います。

    そのためには積極的言葉を使って宿命を変えて潜在意識をなりたい理想像に近づけていけば良いのだと思います。
    時間はかかりましたが勉強になりました。

  • 宗教的な感じもするが、
    朝晩鏡に向かい2〜3分でも良いので、コメカミに意識を注目して、成りたい自分が既に半分叶っていることを送り込む。ことを習慣とする。

  • 絶対積極的に生きること、消極的な感情を感じることはあっても、それを打ち消す等していなすこと、引きずられないこと。
    この2点は大事な教えだと感じました。

  • 「人間が人間らしくあるときにのみ、人間の恵まれる幸福を享け得る。」

    日本にもこんなすごい思想家がいたことを誇りに思うし、私もこのような矜持と気概を持って生きたいと思う。

  • なぜ自分はこんなにも不平不満が多いのだろうか、不平不満のメカニズムを知りたい、という疑問に対しての一つの答えをもらった気がする。それは、物質主義に縛られているからだ。これが足りない、あれが足りないと常に感じ、足りないところを埋めよう埋めようとする。そして、一つ埋まったかと思うと、次にまた別の穴が見つかって、まだ全然足りない、となる。いつまで続けるのだろうか、と思ってしまう。今自分が置かれている環境、境遇、仕事、家庭、全てに感謝するところからやり直したい。

    「リーダーの栞」で紹介されていて、購入していたものの、なんだか宗教ちっくでずっと積読だったところを、ふと思いついて読んでみた。やや宗教的でスピリチュアルなにおいもするが、考えされられることが多かった。
    ・病は気から
    ・他人も環境も自分ではコントロールできないが、自分の心だけは自分でコントロールができる。
    ・ネガティブに考えず、嫌な事は心に留めず、切り替えたり、捉え方を変えたりすべし
    ・感謝と歓喜の気持ちを中心に生きていこう

    どんなに意識してもどうしてもネガティブな感情を抱いてしまうことはあるもの、それは仕方ないこととして、ネガティブな感情に支配されすぎないように、一瞬ネガティブ感情を抱いても、それをポジティブに変換するように心がけたり、切り替えたり、捉えなおしたりすることが大事ではないかと思う。

  • 天風の箴言は仰せの通りだ。ただし、私は、「常なるを得ず」積極一貫ならず、消極常在情けない。

  • 要は心一つの置き処、前向き、積極的な心持ちで真理に基いて生きるべし!という事なのだろう。多くの成功者の愛読書として有名だが、「宇宙霊」や「霊的」とかのフレーズは自分には上手く受け入れられないなぁ。天風会なる会員の集いでの話しなのだろうが、「否定的な言葉を発するな!」と何度も言いつつ、会員外のごくごく一般的な人間(師からすれば凡人?)をこき下ろすのも何だかなぁ…、と思ってしまった。ただ、積極的に人生の真なる目的に生きるべく、心に火を付ける意味では概ね同意出来る。読み込みが必要だな。

  • 衝撃本。影響された一冊

  • 病気をしても生きているのだから、こんなに幸せなことはない
    幸せは心の持ちよう、全ては自分のなかにある

  • 稲盛和夫さんもよく本の中で言っていたように、小学校の先生や親から言われて来たことをただ実行することが大事なんだと感じた。

    積極的な心、前向きな考え。
    どんな時でも、持ち続けることが人生をあるべき姿へ導いてくれる。

    理想をしっかりと想い描き、ぶれることなくコントロールしていく。
    仕事も人生も同じだ。心の積極性で全て上手くこなす事ができる。
    そう感じる事ができた。

  • 運命は自分で創るものを改めて学んだ。人生は自らが創り出す。

  • 大学時代に勧められて読んだ。
    初に近い自己啓発本で、衝撃を受けた。

  • わくわくするほど伝わる言葉。

    ・自分というものが力
    ・潜在意識は無限の力であり、実在意識の態度は潜在意識に働きかける
    ○自分の言葉に自分が尊敬を感じるような言葉をいっているか!(107頁)
    ・無限なるものに通じているという意識と積極性
    ・運命にはどうにも仕様のない天命と、人間の力で打ち開くことのできる宿命があり、前者は極めて僅かしかない
    ・感じることは止めない。それを放すこと
    ・ごきげんでいること
    ・感謝と喜びと笑いと小躍りを
    ・十のことを成したいときに四の力であれば、四で十を成せると思わず、四が限界と思わず、十の力を身につけられることを信じる
    ・進化するために生きている
    ・疑って損なうより、信じて欺かれるほうが幸せ
    ・信念の努力
    ・欲望の想像ではなく向上の想像を

全74件中 1 - 25件を表示

運命を拓く (講談社文庫)の単行本

運命を拓く (講談社文庫)のKindle版

ツイートする