文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)

  • 11377人登録
  • 3.83評価
    • (1709)
    • (1681)
    • (2453)
    • (99)
    • (27)
  • 1470レビュー
著者 : 京極夏彦
  • 講談社 (1998年9月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (630ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062638876

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 分厚いがすぐに読める。

    心と脳に関する蘊蓄が面白かった。

    いま自分が見ているものが脳によってそう見えるようにされているのかもしれないと思うと、
    世の中の見方が変わってくる。


    シリーズはまだあるので読んでいきたい。

  • すごいなぁ、京極夏彦。
    この世界観は、ちょっと他にないと思う。

    出だしのやりとりは長いが、この物語のためには必要不可欠なルール説明であり、前フリだった。
    ウブメをただの怖がらせ道具で終わらせることなく、その成り立ちや性質をストーリーに見事に絡めたのも見事。

    見えるべきものが見えなかったというオチにはアンフェアだと感じる人も多いようだが、最初の長大な説明や榎木津のストレートな台詞など、ヒントもしっかり出してある。それらを無視して語り手を盲信しながら読んでいくことこそ、「目の前にある物が見えない」ことに通ずるのではないかな。

    「トリックが納得いかない」という評もよく見るが、そもそも死体の件はトリックではない。涼子あたりが狙ってやったというならもちろん納得いかないが、そうではない。意図的に死体を隠そうとした者はおらず、現に隠されることもなく、そこにあった。あるのに見えないという現象が実際に発生したから、その謎について京極堂が解を導き出した。その解の伏線は、本編内のあらゆるところに散りばめられている。


    全体として、謎解きを楽しむというよりも、解が明かされた時に伏線と結びつけることで興奮を味わう小説だと思う。
    何を期待して読むかで、評価は大きく割れるのだろう。私にとっては傑作の域だった。

  • もう何度読み返したか分からない。お陰で文庫はボロボロ。
    文庫化され 映画化され 分冊文庫化され
    ここでのレビューもものすごい数になっている

    どこかのインタビュー記事かなにかで著者が
    「デザインとしての漢字」うんぬんという話をしていた
    キリスト教 と書くのと 基督教 と書くのでは
    受ける印象が全く違うと。読んでみてなるほど納得。

    600頁を超える長編で、難読漢字も多いにも関わらず
    するすると読めてしまうのは 一人ひとりのキャラがしっかりしているから。
    本の中から沢山の声がするように感じるのは きっと私だけではないと思う。

    最初はストーリーにひきつけられた
    二度目は描写の巧みさに驚いた
    三度目はレトロな雰囲気を楽しんだ
    四度目は繰り出される薀蓄に瞠目した(やっとかよ…)
    五度目は………


    本棚に沢山本があるなかで、
    時間つぶしに一冊選ぶとしたら 多分この本。
    時間など忘れて読みふけってしまうだろうから。

    あぁ、日本人でよかった。
    この世界観を感じるには文字によらないと無理。

    映画をみてガッカリした方も、ぜひご一読ください。

    このレビューを見て 姑獲鳥の夏を手にされた方に
    薔薇と十字の祝福のあらんことを--------------

  • やっぱりいい。脳と心、仮想現実。記憶。

  • 分厚いのにすぐ読めてしまうのが百鬼夜行シリーズ。
    一度脳を疑ってしまうと今見えているもの、自分の記憶、自分自身のことですら曖昧なものになってしまう。京極堂の話は逸れているかのようでその実答えになっているから一言も洩らせないなー油断ならないなー。

  • 初めての京極夏彦。やっと読めた。
    最初の方は、ちょっと読んだら眠くなっての繰り返しでなかなか進まなかったけど、中盤くらいからは一気読み。あー面白かった。

  • DVDで「姑獲鳥の夏」を借りてきて見たら、久々に京極ワールドに浸りたくなったので、シリーズを一から読み返してみることに。
    たまらんですよ。自分が絶対理解しきれてないんだろうなーっていう複雑怪奇な物語とその語り口。騙されているというか、まるめこまれているというか…。ほかの小説じゃ絶対読めないこの世界観。
    だというのにスラスラ読めるんだから、恐るべし京極夏彦。

  • 安楽椅子探偵もの。

  • ★4.0
    何故か夏に読みたくなる1冊で、もう何度目か分からないくらいの再読。蘊蓄を語らせると止まらない京極堂、見るもの全てに惑わされる関口、奇想天外・傍若無人な榎木津等、個々のキャラクターが本当に魅力的。そして、オカルトちっくな雰囲気を醸し出しながら、「この世に不思議なことはない」と現実的(時に強引)な解決を見せてくれるストーリー運びも個人的には大好き。骨壷の中の干菓子、塀の中の墓地、書斎の中の死体、その中にある対象を認識するまでの不安と、認識をしていても感知しない視覚。うん、やっぱり面白い!

  • ノベルス版を既読。新カバーを機に購入、読了。

  • 京極堂1作目。
    この世には不思議なことなどなにもないのだよ。
    古本屋で神社の神主・陰陽師が憑物を落とし事件を解いていく。
    娘が20ヶ月も身籠ったままで、夫は密室から行方不明となった病院の噂が流れる。

    やっと読むことができた。映画を先に観てしまったので、しばらくあけてから読みたかった作品です。
    タイトルの姑獲鳥についての説明部分が難しいなあと感じていたが、後々重要な部分だったと気づき、アァ確かに、と感じた。
    憑物落としの際、関口くんのことが理解出来ない部分があったが、仕事でも左右の確認などを行うと間違いがないと認識している時は往々にして間違うものだと体験し、感動しました。ちょうど読み終わった時に起きたので印象深い。
    読み終わった感想はとにかく親切であり、読みやすい。だが、次のシリーズからは厚さが目立つので少しずつ読み進めて行こう。

  • すげえ久しぶりに読了。映画も見たはずだが、びっくりするほど内容を覚えておらず、自分の脳みそに失望したとともに感謝する。読み返してみると、じつは小説としての構造自体は非常にシンプルで、事件は一つしか起きていないし、登場人物もさほど多くないので、冒頭に登場人物紹介がなくても特に混乱しない。ページ数が多いのはひとえにウンチクがたくさん出てくるからだが、そのウンチク部分も改めて読み返すと非常に分かりやすく書いてあり、あくまで読者目線になって説明されるのでこの大長編ながら「読みにくい」と感じることはないはずだ。

  • 映像化出来ないトリックの部分より、妖怪の概念を解体する仕組みを確立した部分が素晴らしい

  • 難しかった。。
    なんか、ふわふわと実態が掴めないまま終わってしまって消化不良。シリーズを読み進めようか、悩むところ。16/10/26

  • 以前から気になっていながら、文庫本の質量感にずっと敬遠していたが、やって読むことができた。
    600ページに渡る長編であるにもかかわらず、終始飽きることなく読み終えた。ストーリィはもちろん、京極堂の披露する怪異や社会現象への考察は、読んでいると思わず頷いてしまう説得力があった。
    続きのシリーズも読破したいと思った。

  • 京極夏彦の処女作。20ヶ月妊娠している女性、その夫が密室から行方不明になる。古書店の主、中禅寺とその友人である文士、関口そして、事件の依頼を受けた探偵の榎木津。物語は、関口の視点で進んでいく。民俗学や思想学、妖怪などの話題が出てくるが、真相に迫る鍵となっている。ところで、理系ミステリィで有名な森博嗣が「京極さんと僕の作品は似ている」と仰っていたそうだが、この作品と森のデビュー作「すべてがFになる」は似ていると感じる。Fを読んだことがある人には密室の謎がいち早く解けるかもしれない。

  • 精神が乱れると百鬼夜行シリーズを読みたくなる。関口くんと自分が重なって、大丈夫大丈夫関口くんだって頑張ってるんだしって思うからかもしれない。
    民俗学から脳と精神の話からミステリから、とにかく情報量が半端ない小説なので自分の身の回りの雑多なことを忘れさせてくれるのもいい。

  • 作品には京極堂の語る様々な蘊蓄が綴られています。
    しかしこれが見事に物語の屋台骨になっていて驚きました。
    そんなことはあり得ないという常識を丁寧に崩していく過程が読みどころです。
    内容は幾分グロテスクなので合わない人もいると思いますが、読み応えのある作品だと思いました。

  • 夏になると毎年読みたくなります。
    そして今年も再読しました。

  • な、長かった…il||li _| ̄|○ il||li

    『いつになっても良いからね』と貸していただき、読み進めましたが
    さすが拍子木…!
    京極作品初挑戦だったもので、幾度も単語を調べながら読み進めたことも、時間のかかってしまった要因なんだろなと思います。

    …同時期に読み進めてしまった道尾秀介さんの『背の眼』とオーバーラップしてしまい、失敗しました。並行読書の場合、ミステリーは一本が良いんだな。

    とにかく、登場人物は誰もが超個性的かつ魅力的ですが、私的には榎木津さんの次回作での活躍がたのしみでたまりません。

  • 京極夏彦の百鬼夜行シリーズの第一弾でもあり、デビュー作でもある「姑獲鳥の夏」
    なぜか私自身は次回作の「魍魎の匣」から読んでいたため、物語の流れなどは把握していたので、割とすらすら読むことができました。
    相変わらず、関口と京極堂の専門的な雑談は読んでいて、眠たくなりますが、この雑談こそが事件の根幹を突いているので眠るわけにはいきません笑
    とても読み応えのある本ですが、読み辛いわけではないので、ぜひ挑戦してほしいです

  • 人間の思い込みって怖い。本人の正気を失わせるだけでなく周りの人間をも狂わせる。それを「間違っている」と指摘し正気に戻すのが京極堂の憑き物落としなのだろう。
    少女っぽくもありながら、大人であるべきところはきちんと大人な敦子が魅力的。少女(少年)っぽさと子供っぽさをごっちゃにしている人間が多い中で、こういう女性が書けるというのは作家として貴重だと思う。
    内藤や関口同様私も涼子派。梗子みたいないつまでも天真爛漫な女性は苦手。つかあのうっすらと異常さの漂った家で天真爛漫に育つなんて変な気がする。子供は周りの環境に敏感に反応する生き物なのに。彼女をは悪く言ってしまうと馬鹿なお嬢様だったんだと思う。馬鹿だから周りの闇に影響をあまり受けずに済んだというか。
    このシリーズに出てくる男性陣も木場と鳥口以外は涼子派のような気がする。妖とか魔性とか闇に飲み込まれがちな人が多いから。

  • 「脳」は外界からの情報を処理し、それを「心」に向けて表現する。その舞台が「意識」である。

    心は常に何かで満たされなければならないような傲慢な観客なので、時に脳は処理落ちしたり、虚構と知りつつ都合の良い情景を心に見せることがある。それがユーレイ等の幻覚となって意識に現れる。

    こういう文学的だけれど論理的な独自の解釈が面白い。
    今後もシリーズを読み進めたい。

  • 推理小説と思って真面目に読むとちょっと白けるが、まぁ良く出来ているといえなくもない。
    書き方が三文小説風味なのがイマイチ、もう少し文章の巧ければなー、もう少し祝も効くだろうに。

全1470件中 1 - 25件を表示

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)に関連するまとめ

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)の作品紹介

この世には不思議なことなど何もないのだよ-古本屋にして陰陽師が憑物を落とし事件を解きほぐす人気シリーズ第一弾。東京・雑司ケ谷の医院に奇怪な噂が流れる。娘は二十箇月も身籠ったままで、その夫は密室から失踪したという。文士・関口や探偵・榎木津らの推理を超え噂は意外な結末へ。

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)の単行本

ツイートする