天空の蜂 (講談社文庫)

  • 8422人登録
  • 3.61評価
    • (606)
    • (1067)
    • (1344)
    • (200)
    • (47)
  • 869レビュー
著者 : 東野圭吾
  • 講談社 (1998年11月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (634ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062639149

天空の蜂 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本中の原発を使用中止にしなければ、大型ヘリを稼働中の原子力発電所「新陽」に墜落させるとの脅迫状が「天空の蜂」から届く。
    原発とは本当に必要なのだろうか?政府は国民はそして読者はこの事件をどう思いどう動くのか。

    大型ヘリを新陽に落とすまいとする湯原たちのラストシーンは手に汗握る。へ、ヘリが落ちてくる〜。気がつけば本が緊張で湿っていた。自分の本でよかった。

    「(原発の仕組みを)国民全員が、ある程度は学習するべきだ」三島の言葉が忘れられない。

    さて、興奮冷めやらぬうちに映画に行こう!

  • 原子力発電所の上空が飛行禁止になっている事を初めて知った。

    考えてみると、当然の事か。

    『墜落』という事故を想定すると、取り返しのつかない大惨事に繋がる。

    私達はすでに2年前の大地震によって引き起こされた津波による福島原発の事故を目の当たりにし、
    その恐ろしさを充分に知ってしまった。
    (この小説自体は、地震の前に書かれているが。)

    だからこそ、
    稼働中の原子力発電所の真上に飛んできた巨大ヘリコプターが、
    そこで、
    ホバリングしたまま動かない状況が
    恐ろしくてたまらなかったのだ。

    コントローラーで無人のヘリを動かし、
    「日本にある原発をすべて使用不可能にする事。
    さもなくば、ヘリをこのまま落とすことになる。」

    と、いわば、日本の全国民を人質にとり、政府を脅迫し始めた犯人の意図は大変わかりやすい。

    出来る事なら、俺もそうしたい…と、心に思う人だって現にいるのではないだろうか?
    犯人は、その人達の代表として、政府に
    切羽詰った『挑戦状』を叩きつけている様に思われて仕方がなかった。

    全ての原燃を本当に停止させるか?

    それとも

    (いくばくかの)犠牲を払って、使用し続けるつもりか?

    無論、著者の手の中で行われている攻防ではあるが、
    その展開は大変興味深いものだった。

    多くの人が危険を承知で、電気を作り続けている事を黙認したまま
    快適な生活に甘んじている。

    …くせに口から発せられる言葉は
    「原燃は廃止するべきだ」だ。 (私を含む。)

    そういう人間達の頭上に巨大なヘリの影は近づく。

    落とされるのをただ待つか。

    原燃を本気で停止させるか。

    ヘリの燃料が切れるまでに、
    今一度、本音でこの胸にその疑問を叩き付け、答えを出したい焦りを感じた。

  • 原発を舞台にした小説。こんなに詳しく原発について描かれているものが、震災前に既にあったとは知らなかった。普段はまったく気にしていなかったものが、一旦メディアなどで事件として取り上げられると、蜂の巣をつついたような騒ぎになることも予見されていた。内容もリアリティがあって重厚だった。作者本人の思い入れがもっとも強い作品というのも頷ける。

  • 1995年に書かれた、原子力発電所を舞台とするサスペンスです。
    やっぱり、さすが東野さん。スピード感や緊張感がすごいです。

    原発周辺の利益と、それに携わる人たちの放射能問題。電力を大きく原子力に依存しながら、その実態をほとんど知らず、関係ないと思いたい「沈黙する群集」
    17年前に書かれたものが、現在の時勢にこれほどピッタリ合うとは。

    そうか!東野さんは電気工学化の大学を卒業し、技術エンジニアだった経歴がある。
    この小説は、その分野の知識が大きく活躍してますね。

  • 標的は原発
    人質は国民

    予想通り映画より面白かった。
    ほとんど映画と変わらないストーリーなのも良かったと思う。

    東野圭吾は初めて読んだけど、なかなか読みやすかったので他の作品も読んでみたい。

  •  この作品は1995年11月、講談社から単行本が刊行され、20年を経て、2015年9月12日に映画上映された。20年後映画化される切っ掛けになったのは、2011年3月11日に東北地方太平洋沖地震 の福島第一原子力発電所事故によるところが大きいと想像するに難しくはない。

     原発はその上空から爆弾を積んだヘリが落下するという想定で造られてはいない、それは当然といえる。しかし、福島の原発事故については、津波による災害は予想できたはずである。(人災だという説もある)更なる脅威、テロに対しての危機管理能力が問われる内容であった。

  • 原発事故を経験する前と後では
    思うところがかなり違う。

    ストーリー展開としては
    無茶だなと思うけど、
    原発については
    ここまで想像していたことが凄い、
    というより私たちが
    無知&無視しすぎていただけか。

    犯人からの最後の手紙は
    改めて原発を無視せず
    考えなくてはと思い知らされた。

  • 映画は見ていないけれど、何となくこんな風かな、と想像していました。
    が、その想像とは全く違う話でした。
    無人の大型ヘリを遠隔操作でハイジャックした犯人が、原発を全部停止させないと原発に爆弾と共にヘリを落下させるという。
    震災以来、反原発を唱える人が増えているけど、原発がなくなったら電気が足りなくなるのは分かっていないのか。
    本当に反原発を唱えるなら、新しいエネルギー開発をしたほうが実利的だと思います。
    そうでないなら言う権利はないのでは?
    言うだけなら誰でもできる。

  • 読んだ後、しばらくうなってしまった。
    20年前に書いたとはとても思えない。
    原発、原発事故、そしてドローン。
    しかし、福島原発の事故が続いている今も、真実を見ようとしない人達が多数派であり、何も変わっていない。
    とても考えさせられる小説だ。

  • 原発にヘリコプターを墜落させようとる犯人を追跡するストーリー。
    しかし1995年に発表されたとは思えない。
    国民不安につながらないようにと映像化は避けらていたに違いない。
    来年の映画化で話題になるのは確実。

全869件中 1 - 10件を表示

東野圭吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

天空の蜂 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

天空の蜂 (講談社文庫)の作品紹介

奪取された超大型特殊ヘリコプターには爆薬が満載されていた。無人操縦でホバリングしているのは、稼働中の原子力発電所の真上。日本国民すべてを人質にしたテロリストの脅迫に対し、政府が下した非情の決断とは。そしてヘリの燃料が尽きるとき…。驚愕のクライシス、圧倒的な緊迫感で魅了する傑作サスペンス。

天空の蜂 (講談社文庫)の新書

天空の蜂 (講談社文庫)の単行本

ツイートする