ブラジル蝶の謎 (講談社文庫)

  • 2064人登録
  • 3.31評価
    • (65)
    • (192)
    • (658)
    • (26)
    • (2)
  • 160レビュー
著者 : 有栖川有栖
制作 : 椎谷 健吾 
  • 講談社 (1999年5月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062645713

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ブラジル蝶の謎 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 2016/12/01
    蝶々に挟まれた6短編

    ブラジル蝶の謎
     文化に取り残されたら世界はどう見えるのだろうか?

    妄想日記
     科学に取り残されたら残るのはオカルトだけなのか?
     日記は妄想でした

    彼女か彼か
     抗えない性別の差
     オカマ口調ノリノリで書いてない?


     宝石箱の鍵(意味深)
     事件と関係ない謎が入ると勝手に絡めて考えてしまう……反省

    人食いの滝
     長靴の滝
     長編にもできそう、そしたら別口からバレる気がする

    蝶々がはばたく
     でかい規模の謎。事件でも事故でもない、いうならぱ現象か。

  • 火村アリスシリーズの国名シリーズ。割と初期の作品が多いからなのかどうなのか、割とスタンダードな感じの話が多かったように感じました。変化球じみたトリックというか真相とかはなかった・・・ような。ミステリ小説も結構奇をてらったものとかも多いのでこういうオーソドックスなものを読むとなんかホッとしてしまう。昔ながらの「中華そば」とか「カレーライス」みたいな。変わり種もたまにはいいけどそればっかりでも疲れちゃうっていうか。褒めてるのかどうなのか実によくわからない感想ではある。
    しいて言えば表題作が最もオーソドックスなミステリミステリした感じで「鍵」がちょっとひねった感じ・・だろうか。

  • 氏の国名シリーズは3冊目。重たい長編を読むのが続いていたのでちょっと軽かったが、相変わらずコンパクトに本格ぽい推理小説が楽しめたので良かった。表題の「ブラジル蝶の謎」は蝶の鮮やかな色彩が目に浮かぶようだが、理由が...。「妄想日記」の暗号のような文字はかなり解読しようと時間をかけてしまった。「人喰いの滝」や「蝶々がはばたく」のように現場の見取り図が出てくると反射的に推理本能が働き、作者との勝負が始まってしまう自分が面白かった。「人喰い..」は島田荘司氏の助言に従って追加したという最初のフラッシュバック部分が作品内で効いていると思う。
    「蝶々が...」は最後の数行とこの作品に関する氏のあとがきに、今だからこそ考えさせられる。

  • 美しい異国の蝶が天井を埋めた部屋で殺害されていた男。なんのために蝶の標本が天井に移されたのか……(『ブラジル蝶の謎』)庭で焼死した男が遺した謎の日記。(『妄想日記』)女装して殺された男、その容疑者たちにはみなアリバイがあって……(『彼女か彼か』)ワンマン社長の秘書が別荘で死んだ。そして側のプールからはどこかの鍵が見つかったが、それはいったいなんの鍵なのか。(『鍵』)映画の撮影中に滝壺に落ちて老人が死んだ。雪深い山に足跡は一方通行にしかなく、自殺かと思われたが……(『人喰いの滝』)新幹線の中で隣席になった紳士から不思議な話を聞いた有栖川。彼はかつて失踪したまま35年会えなかった人たちをホームで見かけたという。どうやって彼らは失踪したのか?(『蝶々がはばたく』)

    国名シリーズ第三弾。ささやかな謎、あるいは小道具が事件の真相を鮮明に描き出すタイプの短編集。『鍵』が好きかな。

  • 食わず嫌いかもしれないが、これまでトライしていない作家さんは数多くある。
    有栖川さんもその一人。

    「名探偵、みなを集めて『さて』といい」的な、探偵然としたモノが食傷気味で、
    警察モノ、どちらかというと泥臭い刑事モノばかりを選んで読んできた。

    TVのサスペンスドラマでも見られるように、新聞記者やジャーナリストはまだ許せるが、
    温泉女将とか、バスガイドとか、事件捜査に決して首を突っ込めない主人公が
    毎度、事件に遭遇するというシチュエーションが、どうも気に食わない。

    で、話を戻して、今更なんだと思われるだろうが、
    有栖川さんの火村シリーズ、面白いです。

    年を取って好みが変わったのか。
    食も年を取ると変わるから…ね。

  • 火村・アリス 国名シリーズ第3弾
    ブラジル蝶の謎
    妄想日記
    彼女か彼か

    人喰いの滝
    蝶々がはばたく
    以上6本を収録

    アリスの一人称で描かれるミステリー。
    アリスのまともな人具合に癒されます。
    「妄想日記」はそもそもの動機が腑に落ちず。
    「蝶々がはばたく」はただただズリィ!と思った。
    携帯電話などの小物類は時代を感じさせますね。
    コンビに慣れてきたのか冷静に読めたけど、自分での謎解きはほったらかしにして読んでしまったなぁ。
    残念なコトをしたかも。
    46番目の密室の時もそう思った記憶あり。

  • 国名シリーズ第3段。
    短編集。
    「ブラジル蝶の謎」
    本のタイトルにもなっている短編。
    殺人現場の部屋いっぱいにディスプレイされた蝶の謎。その理由は…?あ、なるほど。確かに理由は納得。
    容疑者の中から論理的に犯人を導き出す火村助教授の推理は読み応えがあります。
    「妄想日記」
    少し趣向が変わった話。
    火だるまになった死体の謎。自殺か事故か殺人か。謎だらけの状況から、よく答えを導き出せるな…さすが火村助教授。
    「彼女か彼か」
    容疑者や関係者との会話調で物語が進む。
    彼女か彼か…というタイトルは、殺された被害者が女装している男性だったことからくるものか。
    「鍵」
    動機はよくある殺人。犯人も物語の途中で明かされる。問題は、殺人現場に落ちていた鍵。いったい何の鍵なのか…?がテーマ。
    「人喰いの滝」
    事故か自殺に見せかけた殺人。犯人は果たして誰なのか…?最後まで、犯人が誰か、まったく想像もつかなかった!雪の中のトリックも斬新。
    「蝶々がはばたく」
    足跡を残さず、忽然と消えた男女の話。35年前の事件の謎を火村助教授が解く。なるほど。考えもつかなかった。

  • 謎解きはう~ん苦しい!と思うところもあったりしたけど安定のまったり感というんでしょうか。火村先生とアリスは旅行にもふらっと出かけちゃうなんていいですねぇ。

  • 全部で6篇併録された短編集。駆け出しの作家、有栖川有栖と私立大学で社会学の教鞭を取る、火村英生助教授のコンビが不可解な時間を紐解く。非常にオーソドックスな事件とトリックだと感じるが、一篇(妄想日記)だけは、とても惹かれる内容だった。これまで、犯人が猟奇的や一般人には分からない崇高な意志で殺人を犯した物語に出会ってきたが、被害者が猟奇的な内容は初めてであった。

  • どの話も短いのにきちんと背景が書かれていて面白い。
    アリスと先生のやりとりがまた軽快で読んでて楽しい。

  • 粒ぞろいの短編集。これといったハズレもなくどれも面白い。『人喰いの滝』は映像化向きで、ドラマ2ndシーズンがあったら是非取り上げて欲しい。
    『蝶々がはばたく』も忘れられない余韻を残す。

  • 美しい蝶の標本で天井がびっしり埋め尽くされた事件現場、ノートをびっしりと埋め尽くした暗号文字、意外なものを封印した鍵、並ぶ長靴、そして祈り。

    『神がどんな無慈悲な仕打ちを行おうとも、どこかで蝶々ははばたくのだ、嵐が吹き荒れてしまったのなら、せめてせめて』

    火村英生と作家アリスの国名シリーズ三作目。

  • 作家アリスシリーズ#6(国名シリーズ#3)

  • 長編を読んだ後だったからすんなりさくさくと読めて楽しかった。
    蝶々がはばたくのお話がよかった。

  • 国名シリーズ3作目。これまたバラエティに富んだ短編集で気楽に読むことが出来ました。彼女か彼かは登場人物のインパクトが強かったのと、それぞれの語り口で物語が展開するのが面白かったです。妄想日記は文字の解読に気を取られるかのように作られた手の込んだトリックで、まんまと引っ掛かったなあ、と。鍵は事件自体には余り強い印象は抱かなかったけれど、ホテルに缶詰になったアリスの元をカステラを片手に火村が訪ねると言うシチュエーションが良かったです。個人的に一番好きなのは、最後の蝶々がはばたくです。他の話とは全く違っているのに、最後の方は思わずジーンと来て、ああ、この人は本当に優しいひとなんだなあ、と思いました。

  • 1番楽しかったのは、「彼女か彼か」。題名もトリックも登場人物もみんな好き。特に蘭ちゃん。あとがきで先生が「蘭ちゃんが火村先生と華麗なる推理合戦を繰り広げる大長編を執筆する予定は−−−もちろん、ない。」(p,322)とおっしゃっていたので、夢は膨らむ前にしぼんでしまったけど!
    「鍵」にて、東京のホテルに缶詰になったアリスをカステラ片手に見舞う火村先生の、うるわしき友情。推理小説執筆の息抜きに殺人事件の話、というのもクスッときてしまった。
    「蝶々がはばたく」はストーリーもさることながら、書かれた時期に由来するであろう最後の祈りが痛切に染み入る。その前にある「嵐が吹き荒れてしまったのなら。せめてせめて、蝶々がはばたくがいい」(p,320)もまた同様に。

  • 再読。
    結局シリーズの初期作品は全部既読ってことなのかなぁ。
    1話目~4話目まではそれぞれサクッと読めてなおかつどの話も演出に凝っていてすごく楽しめた。なんとなく読んだことある気がするなぁ、なんて思いながら(笑)
    5話目の「人喰いの滝」が短編にもかかわらずかなりみっちりと密度の濃い大胆なトリックを用いたミステリなのに全然記憶に残っておらず、既読か未読かやはり判然としないままラストの「蝶々がはばたく」へ、途中まではやはり初読のごとく新鮮に楽しんでいましたが、種明かしの瞬間、鳥肌が経ちました。
    そうだ、やっぱり読んだことがある!
    他の方も言っているようにラストの火村のひと言、アリスの祈りに心から自分の祈りを重ねずにはいられない。

    無数の蝶々がはばたくことを、私も祈ります。

  • 短編集。
    やっぱり短編は気楽に読めて良い。

    「鍵」はびっくりした。
    よ、よくそんなもの大事に持っていられるね。。

    「蝶々がはばたく」はちょっとジーンときました。

  • ドラマ化を機に。お気に入りは「人喰いの滝」。何しろ在住している県が舞台。しかも、火村先生短編一作目。県民冥利に尽きますо(´▽`)о〃トリックの方も奇想天外、良い。そして「蝶々がはばたく」、最後の2P辺りからを読み返しては目頭が…。蝶が羽ばたく光景を想像しては涙腺が…。あとは「彼女か彼か」インパクトのあるお方が現れます。蘭ちゃん、彼女(?)恐るるべきお方です。途中まででも十分インパクトがありますが、最後にもっとやらかしてくれます。今作は珍しく未読の国名でしたが、なかなか好みの作品が多くて大満足です。

  • シリーズ第2短編集。

    ブラジル蝶の謎
    表題作。
    故人の死をめぐる殺人。
    装飾された現場の説明が弱いが、小さな手がかりから、解き明かされる解決は流石。

    妄想日記
    摩訶不思議な手がかりや思わせぶりな状況が散見される現場。
    メリハリがなく、さらっと終わってしまった。

    彼女か彼か
    遺産を持つ人間めぐる殺人。
    トリックは奇抜。
    中編にできる内容では?


    オチの好みが真っ二つに分かれそう。
    記憶に残る内容ではある。

    人喰いの滝
    雪の足跡に関するトリック。
    斬新なトリックは素晴らしい。

    蝶々がはばたく
    鍵と同じく記憶に残る内容。
    このトリックは、思いもよらなかった。

  • 短編ならではというか、それぞれの事件へのとっかかりが
    違っていて、雰囲気も全く違うってのが楽しい。
    火村とアリスの会話も楽しいんだけど
    いつものごとく推理はできなかったけれど
    予想外の結末とか、展開とか、使われた小物とか
    そうだったのかぁ~と思いながらも、
    思わず突っ込み入れたくなる事とかもあって
    淡々と描かれているから、重くならずに読めて
    楽しかったぁ~

  • 国名シリーズ3作目。
    蝶にまつわる二編、「ブラジル蝶の謎」と「蝶々がはばたく」が好きでした。
    携帯電話の普及率に時代を感じる。

  • 暇つぶしに読んだ。

    ・ブラジル蝶の謎
    情景を思い浮かべると美しいし理由もきっちりしている。ラストの続きがなくて引っ張るなあという印象。
    ・妄想日記
    そんなに反省していたのに助かろうと行動するだろうか。
    ・彼女か彼か
    こういう形式だと大抵語り口が殺すか殺されるかだけど蘭ちゃんは普通にいいひとってだけだった。実は変装してました~ってちょっと気に喰わないけど解き方は鮮やか。
    ・鍵
    表題作でもそうだったけれど若い奥さんは浮気するんだなあ。鍵……。想像がふくらみます。
    ・人喰いの滝
    情景を想すると笑える。
    ・蝶々がはばたく
    もし今だったら発表しづらい作品にだった。蝶でなくてもよかったような?

  • 有栖川有栖は、学生時代に途中で挫折して以来。
    伏線回収という意味では美しくないミステリだと思った。本筋とは関係ない部分がたくさん紛れているし、そんなんありかよというトリックもあるし…謎の創作文字の解読に無無駄な時間を費やしてしまった。
    「鍵」のオチは隠喩かとしばらく考えたのだけど、本気でそういうオチだったのか。

全160件中 1 - 25件を表示

ブラジル蝶の謎 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

ブラジル蝶の謎 (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ブラジル蝶の謎 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ブラジル蝶の謎 (講談社文庫)の作品紹介

美しい異国の蝶が天井を埋めた部屋で殺害されていた男。何のために蝶の標本が天井に移されたのか。鮮烈なイメージの表題作ほか、小指ほどの小さな鍵の本当の用途が秘書殺しの謎を解く『鍵』など、おなじみ有栖川・火村コンビの名推理が冴えわたる傑作ミステリー全六篇。読者待望の「国名シリーズ」第三弾。

ブラジル蝶の謎 (講談社文庫)の新書

ブラジル蝶の謎 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする