どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)

  • 14347人登録
  • 3.43評価
    • (631)
    • (1712)
    • (2763)
    • (426)
    • (65)
  • 1324レビュー
著者 : 東野圭吾
  • 講談社 (1999年5月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062645751

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 加賀×康正の心理戦の緊張感。お互いを認め合っているからこその張り詰めた空気感が本当に格好良くて、ドキドキした。
    でも、やっぱり、加賀。
    犯人の偽装に加えて、康正の証拠隠滅という二重苦の中で園子の自殺ではなく殺人だと気づくなんて、しかも犯人にたどり着くなんて、どれだけ優秀なのか、と。
    やっぱり、刑事が天職だったんだなー。

    それにしても、佃、ろくでもないな。
    心変わりがあるのは仕方がないし、それ自体は責められることではないけれど、上手く別れられなかったからといって、殺してしまおうと考えるなんて。
    佳世子にしたって、いくら邪魔だからって親友を殺そうとするなんて。
    園子がやろうとしたこと…佳世子の過去の暴露…も決して許されることではないけれど、親友からも、元カレからも命を狙われるほどのことだとは思えない。
    殺人のハードル、低すぎだろう。
    恋愛って、本当に厄介だな。

  • 犯人は誰か、読者が推理する。
    後ろに袋とじあり。面白い企画ですね

    さて、犯人はわかったか・・

    ええ~~で?、どっち??
    あっち?そっち?
    まさかのどっちも?と、解くというよりは
    当て物になってしまった。

    ダメだな、私は刑事にも探偵にもなれないぜ。

    加賀氏のただ者じゃない感が
    登場から伝わってきて面白かった。

  • 結局犯人が明かされなくてモヤモヤした。最初からそういうものだと知って読まなければ犯人はわからないと思う。書かれているトリックとかを読んですっきりするのがミステリーの面白いところだと思っていたけれど自分で色々と考えるのも楽しかった。

  • 以前ノベルスで読んだ時よりもハードルが上がっている。
    おそらく、「こっち」と思うのだが、具体的に指摘するには再読となめてかかったために少々読みが甘かった気がする。

  • 最後まで「犯人は○○」という記述はなかったが、佳世子の素性や殺害される前の園子の言動などの意外性がモヤモヤを帳消しにしたような気がします。ハードボイルドっぽいラストも好きです。

  • 2017/03/10
    読者への挑戦っぽくて好き
    近くのヒントからだけ考えても解けなかった、きちんと全体を見直す必要がある
    どうしてそう思ったか、も必要

  • 犯人が絶叫!
    犯人じゃないほうが悲鳴!

    これだけでわかるし

  • ラストがつまらなかった。

  • 2017.02.25 読了
    妹を偽装自殺によって殺された兄の復讐の話。
    最後まで犯人が分からず、推理の手引き(袋とじ解説)を読んでも分からず、結果知恵袋に頼ってようやくスッキリできました笑
    ただ読んでいるだけでは真犯人は分からず、「自分で推理しながら読み進めなくてはならない」という点で本当の推理小説と言えるのではないでしょうか。
    こういうタイプの推理小説は初めてで、うんうん唸りながら考えましたが全く歯が立たず悔しかったので、次の『私が彼を殺した』はがんばって自力で犯人を突き止めたいと思いました!

  • 加賀恭一郎シリーズ。豊橋警察署という文字につられて借りた本。犯人の候補はどちらか2人しかいないのにどちらなのか、ちゃんと推理しないと読み進めるだけでは犯人の回答を教えてくれない!!自分も警官になって謎を読み解くためにもう一度読み直したくて仕方なくなる。

  • 唯一の肉親である妹園子が死んだ。彼女に一体何が起こったのか。兄康正は、自分で犯人を突き止めるため殺人らしき物的証拠を持ち去り、警察には自殺を思わせるが、加賀を欺くことなど出来ない。恋人か彼を奪った親友か、または自殺か?。
    結局、最後はどっちなんだ?この結末はズルいなー。

  • 東京に住む妹が死に、検察官の兄がその真相を探る。
    死因は電気ショック。妹には交際相手がいたが、それを親友にとられてしまい、兄はどちらかが殺したと睨み捜査を開始する。

  • 最後まで犯人が分からず。
    薬を破ったのがどちらだったのかが決め手なのは分かりましたが、最終的にネットで答えを得ました。
    心情的な部分だけ考えると殺したのは親友だと思っていたので意外な結末でした。動機が強いのは親友のほうですし、彼氏は被害者の手紙を読んだのに何故殺したのか?という疑問も残ります。
    しかし様々な意味で2人は共犯なのか。略奪愛のうえ最後は被害者を殺してしまった2人が互いに庇いあう姿は不快でした。

  • これを読んだ後、ゴミ箱から先程飲んだ風邪薬の袋を取り出してまじまじと眺めてみたが何を持って利き手が判断出来たのかサッパリ分からない。
    薬の袋って大概表面に薬名が書いてあって裏面は何も書いてないけど、別に必ず表面を向けて破ると決まったわけじゃなし、自分が破った袋も(薬名がある方を表面とすると)右側に破れ目があったり左側に破れ目があったりバラバラ。
    そりゃ科学的に分析したらどっちの手で破ったか解るかもしれないけど、ぱっと見ただけでそこまで解るか?

    ちなみに当方箸もペンも左の左利きだが、薬は右手で破ります。つまり今回のトリックは全く意味がありません…。

  • 【 #どちらかが彼女を殺した 読了】
    正真正銘の『推理小説』!!
    だって、読者には犯人を明かさないまま終わるんですもの!!
    .
    噂には聞いてたので、
    一言一句を噛み締めて消化しながら読みましたが、
    容疑者二人のうち、どちらにも確信を持てませんでした。
    巻末に『推理の手引き』という袋とじの部分があるのですが、
    この本のレビューを読むと、
    「何度か読み返せば、自力でも解ける。」
    ってのがあったので、
    早速、今から読み返したいと思います。
    それで無理なら袋とじを開けるとしましょう。
    (^_^;)。
    .
    本当の意味での『推理小説』は初めてなので、面倒くさいけど楽しい♪
    まぁ、 #東野圭吾 の読み易い文章だから、犯人探しをやる気になれるンでしょうけどね。
    笑。

  • ある一言をけずっただけで難易度が跳ね上がる。ネタバレみないとわからなかったわたしはぽんこつ。

  • 結局殺したのはどっちなのー??と思いたくなる。みんなはどっちだと思うんだろうか。私は佳代子だと思うのだけど…。理由は特にないのだけど(勘…)。

  • このタイトルからして
    どちらも犯人ではない説で
    読み進めていたけど、
    まさかのラストでした。
    名前言ってよ!
    って思ったけど、
    作者の読者への挑戦って
    嫌いじゃない。(大好物)

    相変わらず加賀さんはキレッキレですね。
    素敵です。

    この作品は
    心に残って、影響を及ぼして
    何度でも読みたいと思う訳ではないけれど
    2回目も確実に楽しめるものだと思う。


    2016.12.24 読了

  • 加賀恭一郎シリーズ、以前に「わたしが彼を殺した」を読んだが、そちらと同様、結末まで犯人がわからないという点が共通している。女性が殺されるという事件が起き、そこに至るまでの背景を追っていき、事件でなく、実は違うと思う節があるのではと感じたり、様々な検証から新たな事実が発見されたりと、事件の行方にドキドキであった。そして、女と男の心情から見える少しのきっかけからの狂気、やるせない悲しみも感じる。犯人の名を明かされず、どちらかなと巻末の袋とじで驚きを隠せずにいた。この物語は読者の推理力を試す面白みがあった。

  • 加賀恭一郎シリーズ、“第4の事件”。
    シリーズとしては3番目に発刊されている筈で、後に出された「悪意」が“第3の事件”となっているのは何故?と思いつつ、初出の順に読むことにした。
    裏表紙の紹介文に曰く、『最愛の妹が偽装を施され殺害された。愛知県警豊橋署に勤務する兄・和泉康正は独自の“現場検証”の結果、容疑者を二人に絞り込む。一人は妹の親友。もう一人は、かつての恋人。妹の復讐に燃え真犯人に肉迫する兄、その前に立ちはだかる練馬署の加賀刑事。殺したのは男か?女か?』って、全くこの通り。
    自らの手で片を付けようと警察を欺きつつ真相を追う康正と、自殺を偽装と疑う加賀。2人がそれぞれの立場で“捜査”を行い、時に相手の持つ事実や発せられる言葉をヒントに、補完し合いながら真相に辿り着いて行く。
    管内で連続OL殺人事件がありながら加賀がこちらの事件に首と突っ込めるのかとか、いかな警察官といえども康正が仕事の合間に頻繁に上京出来るのかとか、細かいところは気になるけど、積み上げられた謎解きの流れは一気呵成でなかなか読ませる。
    結末、、、嫁さんも後から読むので袋綴じの解説を今開ける訳にもいかず、私は何が何やら分からずに、ネットで調べて、ようやく、それでも「むむむ…」という感じ。

  • んー結局実行犯は誰なんだろう。
    様々な証拠から、少しずつ犯人に近づく推理は面白く感じたが、しっくり来ないな〜。

  • さくさくと読了。かなり昔の作品のようだ。時代を感じる。
    始めから容疑者は2人に絞られているが、ラストまでどちらが犯人かを明記せずに読者に推理させる。なかなか面白い手法だった。

  • 今頃読む。ネットでも犯人は??と書かれまくっているが、個人的にやはり明示してほしかった。

  • 妹の自殺を発見した交通科の警察官の謎解きミステリー。単身で謎解きを進めていく。結局、犯人は分からなかった。

全1324件中 1 - 25件を表示

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)に関連するまとめ

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)の作品紹介

最愛の妹が偽装を施され殺害された。愛知県警豊橋署に勤務する兄・和泉康正は独自の"現場検証"の結果、容疑者を二人に絞り込む。一人は妹の親友。もう一人は、かつての恋人。妹の復讐に燃え真犯人に肉迫する兄、その前に立ちはだかる練馬署の加賀刑事。殺したのは男か?女か?究極の「推理」小説。

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)の新書

ツイートする