地下鉄に乗って (講談社文庫)

  • 4740人登録
  • 3.57評価
    • (410)
    • (735)
    • (1186)
    • (117)
    • (15)
  • 651レビュー
著者 : 浅田次郎
  • 講談社 (1999年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062645973

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
浅田 次郎
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

地下鉄に乗って (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 永田町の地下鉄駅の階段を上がると、そこは三十年前の風景。ワンマンな父に反発し自殺した兄が現れた。さらに満州に出征する父を目撃し、また戦後闇市で精力的に商いに励む父に出会う。だが封印された“過去”に行ったため…。思わず涙がこぼれ落ちる感動の浅田ワールド。吉川英治文学新人賞に輝く名作。

  • 『大人の童話作家』浅田次郎の初期作品。地下鉄という“地の中を走る電車”は景色も大きな変化のない、ある種の不思議な雰囲気を上手に使って現在と過去を繋ぐタイムマシンとして扱っている点が興味を引く。主人公は反目する父親の過去をタイムスリップを繰り返しながら知ることで時代と富こそ違え、父と全く同じ生方をしていることを思い知らされる。主人公の愛人であるみち子の存在と、彼女の“決意”こそは妻子ある主人公が父から受け継いだ血故の『引き継いだ業であり罪』ならば、それを残酷と言えるのだろうか。まさに大人の男の説話といえる。

  •  タイムスリップというと、SFチックな物語を想像してしまいがちだが、浅田次郎さんという類まれな作家の手にかかると、渋い邦画のような味わいを醸し出すから不思議だ… 

     冒頭の掴みから、常に予想すらさせない展開で、タイムスリップのメカニズムに疑問を感じる余地が与えられなかった。このような設定でしが描けない世界観があり、私が大好きな池井戸潤さんの『BT’63』は、この作品のオマージュとして書かれたのでは?と思う程であった。

     物語をじっくり味わいたいという気持ちと、早く結末を知りたいという衝動を、常に闘わせながら読まなければならなかった。優れた作品は、読んで楽しいだけではなく、読者に人生を問いかけてきたり、示唆を与えてくれたりするところがある。この『地下鉄に乗って』は、まるで「あなたにとって人生とは、家族とは何ですか」と訊いてきているようだった。

     主人公である真次の人生は波乱に満ちており、多くの読者の人生とは隔たりがあると思うが、読了後は、自分の過ぎ去った人生と父、母、妻との関係とをメトロに乗って確かめに行きたくなることだろう。

     続いて『鉄道員』を読み始めたが、これもいいなぁ~

  • なんで、不倫していることが、堂々としていて
    まかり通っているのだろうか。。
    もう、こういうのは刑事罰にしてほしい。
    と思う、私の個人的な気持ちは抜きにして・・・・

    タイムトリップをしながら父を知る。
    ファンタジーなお話と言えばいいのだろうけれど
    戦争というのは
    どの人にとっても、悪でしかない。
    結局、誰も幸せにならないじゃないか!という気がした。

    女は添えもので、女は意志を持たず、
    女の気持ちは男が左右する、というこの時代が
    とても哀しい。
    そして、つくづく女は強く、男は女々しい。
    結局、暴力でしか自己を主張できないなんて。

    男の人には非常に都合のいい話だったと思う。
    書き手の年齢を思うと頷ける気もするけれど。

    みち子が消えてしまうのなら、
    その代わりにと言ってはいけないのかもしれないけれど
    お兄さんに生きていてほしかった。

    敢えての個人的な気持ちは、戦争の話が絡むのは、ダメだぁ。
    つらかったぁ。

  • アムールが父だったことには流石、と思わず感心してしまった。流石浅田と言うべきか、物語へ入り込めた。過去と現在を行き来する真次やみち子、その話を聞かされる家族の困惑や好奇心がひしひしと伝わってくる。
    しかしながら、まさかの終着点、事実には呆然。いくらなんでも悲しい、寂しすぎる。
    忘れられるとかの話ではなく、存在の抹消。誰も知らない存在。それはあまりにも。
    結局誰が幸せになれたんだろう、誰か幸せになれたのだろうか。
    シュールでロマンティックで非現実的で切ない、そんな物語だ。

  • 3回目の再読。
    本書を読んでまず感じたのが・・・ちょっと本の内容と違うんだけど、読み手側の環境や状況の変化によって、感じることも変化するんだなぁ~っていうことでした。
    この本から私は浅田小説ファンになりました。
    当時好きだったモデルのMASAKOさん(だっけ?)が雑誌ですすめていたんです。
    地下鉄の古い路線を舞台に、そこをタイムスリップの入口にするのもナイスアイディアと思います。

    ワンマンな父親に反抗し、確執を持ち、そんな主人公がタイムスリップして自分の知らない父親に会う。そして自分の知らない父親の違う面を見ます。
    でもなぜ?急にそういうことが起きるのか?
    そこに秘められた悲しい結末。
    最初に読んだ時はクライマックスがあまりにも衝撃的に感じ、すごかったぁ!という思いしかなかったんです。
    で、今回読んで・・・主人公のへんにポジティブさっていうか、あんなすごいことがあったのに淡々とし、それでも明日はくるんだーみたいな部分がちょっと鼻につくというか・・・。
    私が主人公ならきっと狂いそうになるくらい嘆くのではないかな~って思います。
    (ん・・・これは女性側の視点なのかな?)
    それと、あのアムールがどうしてこうも変わってしまったのか?というところもちょっと疑問に思ったり。
    本書はもっと長く書いて欲しかったなぁ~と今回は思いました。

    自分をこの世から自らの手を使って消してしまったみち子があわれに感じます。
    いくら『愛』のためとは言え・・・。自己犠牲できるほど愛していたんだろうけど。
    私は「I love me」だからきっと無理><

    それでも、やっぱり好きな本には変わりません^^
    たしか、この作品はTVのスペシャルドラマになったんじゃなかったかな?
    主演が佐藤浩市さんと常盤貴子さんだったような・・・ちがったかなぁ~
    観たはずなんだけど、本より感動しなかったことは覚えています。
    浅田氏の作品って、視覚どーんとくる感動じゃなくて、ジワジワとくる読書からの感動の方が絶対いいと思うなぁ~。

  • 浅田次郎さんの本を読んでいると、なんの変哲もない文章なのにパズルをはめていくような気持ちよさを味わいますね!だいすきだー

    ラスト、というよりもそれまでの旅が素敵で素敵で。
    浅田さんの描く男の人は本当に格好よいです。薄汚れた服の中身は粋で健康的で、読む側も前向きで爽やかな気持ちになります。
    大好きですが他の浅田作品との兼ね合いで星よっつ!

  • SFというよりヒューマンドラマに重きを置いた作品だが、それでもタイムスリップの設定の雑さが気になった。
    リアルタイムであの時代を体感してきた世代にとってはノスタルジーが感じられてより良いのだろう。
    そういった思いを抱けなかった自分でも、ここに描かれる親子愛、愛人との絡みはとても切なく感じられた。

  • ちょっと切ないなぁ。でも、さすがの内容。読みやすいし。

  • まさに地下鉄に乗ったらタイムスリップしてしまう話。しかし行ったら行ったきりではありません。何回も現在と過去を、地下鉄を通じて行ったり来たりするのです。現在と過去の移動手段である「地下鉄」が、車両に限らず駅構内への出入口だったりするのが面白いですね。地上へ出たら昭和の風景だったりとか。

    この、場面が短い章ごとに入れ替わるの、浅田氏の『日輪の遺産』でもそうでしたが、場面転換が多くて若干読むのに疲れます。何だか気分が落ち着かないと言うか。でもまあ「次は一体どの時代に行くんだろう」とわくわくする感じはあるかな。

    読後の感想としては、何だかもっとこう、切ないながらも心が温まる話を想像していたんですが、そうでもなかったな……という印象です。父と息子の確執の氷解を期待していたら、あっそういう話ではなかったのね~という。そこも重要な部分なんですが、男女の関係のところにも同じくらいかそれ以上の焦点が当てられていました。
    SFというよりはファンタジーっぽい話でした。

  • 地下鉄を舞台に現代・過去を行き来し、
    兄の自殺の真実、ワンマンで反抗を続けてきた父の真の姿を、
    目の当たりにした小沼真次は、何を思い、どこにたどり着くのか?

    現実的にはあり得ないが、あったら素敵な内容。
    最終的にはすごく悲しい物語であったが、読んで良かったと思える内容。

    さすが浅田作品といったところで、実に安心して読める。
    映像化されたものも見たいと思う。

  • 前半はぐずったけど、後半からはぐわっと読めた。
    私は鈍いので、真実が明かされるたびに、ああ〜…(溜息)という感じ。眉間にシワ寄せて読んでいたと思う。岡村さんのロマンと優しさにうるっときます。
    地下鉄には受験時の数回しか乗ったことがないのでよく分からんが、独特の雰囲気はあるよなあ。

  • 戦後の立志伝中の人物を父に持ち、超ワンマンに嫌気がさした長男が地下鉄で自殺、次男は家出をし、母もこの次男の処に逃げ込んでくる。40歳を過ぎて同窓会の帰りの地下鉄で30年前にタイムトリップし自殺した兄に会う。地下鉄に乗ると、終戦直後、父の出征時、終戦直前の満洲、昭和初期の父等を見ると次男(真次)は父の良さも分かってくる。ハリウッドのバックツザフューチャーを思い起こされる。都内の地下を駆け巡っている地下鉄の怖さ・不思議さを背景に真次の勤めている会社のデザイナーが異母兄妹であり、彼女が導き役でもあった。

  • 約12年くらい前に
    はとこがこれの舞台に
    出演していて
    それを見に行って
    子供ながらに感動した♪

    原作を読めるようになったのは
    何年か後やけど!

    ラストの不倫相手との関係が
    明らかになったとき
    本間切なかった〜
    こういう展開すきやわ〜♪

  • 主人公と共に、行ったり来たりを繰り返しながら、話に引き込まれました。

  • 浅田次郎にハマるきっかけの一冊。難しいイメージがあったのですが、不思議な世界に引き込まれ、あっという間に読破しました。繊細な描写で世界観をリアルに感じられます。

  • 過去をいじる話が個人的にとても性癖なのでお兄さんとの再会にとても心が踊りました。
    地下鉄の駅に立つ度に迷い込む時代が遡っていく様子もとてもドキドキしました。
    まさかあの人の正体がこの人だったとは!!の衝撃もあり、霧が晴れていく瞬間を見た気がしました。
    恋愛は必要だったのかなぁ……本気の恋だというのは分かるけど、不実なものであり徐々に父親に似た横暴な態度を家族に見せる主人公にモヤッとしたものが残りました。ラストは悲しく夏の暑さが余計に堪えました。

  • 父親に対する確執がある主人公が、地下鉄に乗るとタイムスリップして…というファンタジーだが嘘っぽさや安っぽさは感じない。基本的には偶然に身を任せてるが、その分最後はオチにぐっと持っていく。それが、アクションものでもないのにスピード感を感じる理由だろう。

    過去にタイムスリップをするのでそこに自分の知り合いが出てきたら当然、その人のこの先のことを自分は知っているわけだが、その人が子供だと願掛けのような励ましのような力強い言葉をかけるシーンが必ず出てくる。なんとも勝手だと読んでて思うが、何故かそれに対して大体の子供が素直にありがとう、と答える。そんなバカなと思うが、そんなシーンを大人は望んでいるから、書かれるのだろう。

  • タイムスリップもの
    確執ある父親の過去をめぐる旅

  • 浅田次郎あんまり好きじゃなかったけど、有名作品の割にこれは面白かった。隆盛ワゴン、とかの原型?何だかよくわからないタイムスリップで、大嫌いだった父親が実は・・・的な内容。ハッピーエンドでもないし、不倫相手?的な子が幻扱いで消えていくし色々理不尽なところがあって好きな終わり方だった。

  • 銀座線に乗るたびに、過去へ過去へとタイムスリップしていく主人公、そこで写し出される事実は、兄の死の原因、父親の人生、愛人の出生など人それぞれの秘密をあらわにさせていくのだが、なぜ主人公のために愛人を死においこみ歴史を変えさせまでしたのかが不可解な作品

  • 切実さのある小説だった。父の事情、母の事情、兄の事情、そして愛人の事情。誰が正しいとか正しくないとかではなく、みなが懸命に生きているということが描かれていた。

  • 巻末の解説に関して、
    本作を父と子の物語として捉えた吉野仁氏の解説は非常に良い文章なのだが、みち子に対する言及が殆ど無かったのが気になった。個人的に、「本作を読み終えた読者は、どこかすがすがしい思いを抱いたのではないだろうか」という解説中における氏の一文にはあまり同意出来ない。具体的には、本編における下記一文が今でも心の中でもやもやと残ったままだからだ。

    --みち子が彼女自身の存在と引きかえたものは、いったい何だったのだろうと、

  • 売れすぎの感があって長らく敬遠してきた浅田次郎。数年前に『プリズンホテル』と『きんぴか。』をなかば無理やり貸してくれた人がいて(笑)、お断りするわけにもいかずに読み始めたらこれがめちゃめちゃ面白い。笑って泣いて勇気づけられ、以来、浅田次郎の虜です。敬遠していた時期も、浅田次郎原作の映画化作品はすべて観ていたので、これもほぼ10年前に観たもの。ようやく原作を読んでみたら、映画で泣いた記憶のあるシーンは、原作でもやはり泣きました。

    ひょんなことからタイムスリップした主人公が、傲慢で冷酷な印象しかない父親の若かりし頃に会います。戦時をくぐり抜けた父親のちがう側面を知り、また、現在の自分が愛する女性の出自を知る主人公。「お母さんの幸せと、私が愛した人の幸せを秤にかけてもいいですか」、「親っていうものはね、自分の幸せを子どもに望んだりしないものだよ」、このふたつの台詞には原作でも心が震えました。

    これを読む前に『かわいい自分には旅をさせよ』を読んだばかり。本作が年収百万円の時期に書かれたものであることを思い出し、きっとこの人はその頃のこと忘れることなく、今も小説を書き続けていらっしゃるのだろうと思いました。

    映画の感想はこちら→http://blog.goo.ne.jp/minoes3128/e/f9cb848fde2919d053f8b1eaafc45888

  • 読みやすく最後までさらっと読めました。けれどいまいち話に入り込めず、期待していた分、残念です。読込みが足りないのか、それとも人生経験が足りないのか?


    何度も過去へ行き、父の人生を辿り、知らない一面を見ることができた。でも、兄の自殺は変わらず、父の会社に勤めるでもなく、父の見舞いに行くこともない。ただみちこが消えただけ。何も変わらなかった。
    不思議です。なぜ過去へいったの?父を成功させるため?みちこを消すため?どうして分かっていた兄の死を止められなかったの?どうしてみちこが消えるという改変はできたの?愛人、デザイナーという人間一人の存在が消えて、どうして真次の人生も会社の在り様も変わらないの?
    全然納得できなかったです。
    兄もみちこも、自分の存在を消してしまいたい思いに駆られたのだろうとは思うのですが、そこまでさせたくなる程の魅力を、父にも真次にも感じない。佐吉が魅力的な人だとは分かったけど、それを兄が感じていたとは思えないし。
    過去へ行き父の人生を辿っていくのは楽しかったのですが、読了の後味は悪い上「結局なんだったの?」という疑問だけが残る、消化できないものでした。

全651件中 1 - 25件を表示

地下鉄に乗って (講談社文庫)に関連するまとめ

地下鉄に乗って (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

地下鉄に乗って (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

地下鉄に乗って (講談社文庫)の文庫

地下鉄に乗って (講談社文庫)の単行本

地下鉄に乗って (講談社文庫)のコミック

ツイートする