笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE (講談社文庫)

  • 6938人登録
  • 3.54評価
    • (455)
    • (898)
    • (1649)
    • (87)
    • (15)
  • 659レビュー
著者 : 森博嗣
  • 講談社 (1999年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (486ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062646147

笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • S&Mシリーズの第3弾。 トリック云々よりも犀川先生と萌絵ちゃんのやり取りが楽しかった。積極的というか、やや強引な萌絵ちゃんに、タジタジの犀川先生が可愛い。 今後の2人がどうなるのか楽しみです。 ところで…ビリヤードの5つの玉の問題は結局どうなったのかな(笑)

  • 森博嗣の本を読む度に、いかに自分が平凡でありふれた人間なのかをありありと認識させられる。彼の本を読んだ後しばらくはまだその余韻を覚えているのだけれど、ともすればそれすらも忘れてしまうお気楽な脳みそなので、読む度に再認識する、の方が的確かもしれない。
    毎回、似たようなことを書いているような気がして、それはつまり、毎回、似たようなことに感動・感嘆しているからなのだけれども、でもやっぱり書かずにはおられない。
    この内容を、96年に文庫として発表するという彼の前衛的な考え方。シャープなもの、特に思考は年月などの影響を受けず、その先端は尖ったままでいられるのだなと。
    これを初めて、まだ黒っぽい表紙で読んでいたときの私は、恥ずかしながらすっかり犀川先生の虜になっていて(今でもそうだが)、犀川先生みたいになりたくて、彼みたいに振る舞いたくて、彼に興味を持ってもらいたくて、彼の世界に行けない自分が、彼と同じ土俵に存在しない自分が歯がゆくて、それを軽々とやってのける西之園さんが羨ましくて仕方がなかった。犀川先生と一緒にタバコを吸ったり、心配してもらって探しに来てもらったり、一緒にドライブに行ったり、一見意味不明の冗談で笑い合ったりしている彼女に本気で嫉妬していたらしく、今回二度目の読書でまったく彼女について覚えていない自分に愕然。彼女、色々と微笑ましい葛藤があったのですね。
    天王寺博士も、覚えていた以上にスタイリッシュで、今の森作品にも通ずるような曖昧さが素敵。しびれます。
    あの頃思っていたよりも、ずっと丁寧に人々は描かれていて、理系=冷静で頭が良い、だけでない性格や感情の機微がとても繊細に観察されていて、あらためて森博嗣というひとの視野の広さにひれ伏したくなる思いです。
    読む度、ああ、なんて自分は凡庸なのだ、と頭を抱えたくなる。一生、あのひとが見ている景色は私には見えないのかもしれないと悲しくなる。
    でも、それでも、彼が生きているこの時代に、彼の書いた本を読んで感動できるくらいには、自分には知性の欠片があるのかもしれないと幸せな気分にもなったり。
    誰がなんと言おうと、森博嗣という人間は、私にとって特別中の特別です。冷静さを欠ける相手がいるのも、幸せ。

  • すべてがFになるほどの衝撃度はないけど、割と難易度が低いし、
    設定(珍しい建物内での殺人・横溝ばりの人物の入れ替わり)も好きで、高感度の高い作品。
    マジックと密室の仕掛けがからんでいるという展開も面白く、読み進めるのが楽しかった。
    そして今回初めてわざとらしい・デキルお嬢様キャラもえに、あまり嫌悪感を抱かなかった。
    なんでだろう?なびかない犀川に一途なところが可愛いのかな?もしやキャラクターに慣れてきたのか?

    ただ犯人の動機が・・・・相変わらず薄い・・・・・
    もっと恨みを持つようになった経緯、遺産相続にまつわるドロドロをプリーズ!!!!
    使用人の息子・昇が、実は博士の息子で、慕っていた叔父さんが死んだのは、強欲なあの叔父さんの妻・息子せいだ~、自分も遺産もほしいし、よし殺してやる!って・・・・ここはもうちょっとおもしろくできるでしょうが!と突っ込みを入れたくなる。

    ここが作者の弱点というか、ドロドロ(感情の機微)を表現できないところが理系の残念なところか。
    でも、もしかして動機を鮮明にしないのが作者のポリシー?美学?なのかも。

    そしてチョイチョイ入る理系作者の数学への愛、俺賢いでしょ?的は理系話。
    ここは逆にもっと薄くしてほしい。

    森さんの本は3冊目。
    おもしろいのだけど、なにか自分の好みと相容れないものがあるなと感じる今日この頃。

    ★以下詳細引用★
    森博嗣のミステリィ工作室」の自作品について語っているコーナーで、
    「笑わない数学者」のトリックはわざと簡単にして(オリオン像が消えた→実は自分達のいる場所が動いていて別の場所だった)、
    もう一つ裏のトリックとも言うべき謎を提起した、と書いてあった。
    それは、最後のパラグラフから分かるように、最後の謎とは「天王寺翔蔵と名乗っていた人物は誰か」という命題だ。
    つまり、白骨死体が誰で、事件の時天王寺翔蔵と名乗っていたのは誰で、最後の老人は誰か、ということ。
    こういう考え方は少し反則気味だが、わざわざ謎として提起しているのに地下室に篭っていた自称天王寺翔蔵が本人ということはないだろう。
    それに、「笑わない数学者」と題名から“笑う人間は数学者でない”と逆説的に考えてみると、
    自称天王寺翔蔵は天王寺宗太郎(作家)か、片山基正(建築家)か、ということになる。
    自称天王寺翔蔵は作中で何度か「内と外の逆転」を語っており、さらに「他者に干渉されたい弱さを克服したかった」と述べている。
    前者は建築家片山基正のテーマであり、後者は妻亮子に愛されなかった(亮子は宗太郎を愛していた)ことに対する想いだろう。
    とするならば、自称天王寺翔蔵は片山基正と結論できる。
    最後のパラグラフの発言を見ると「君が決めるんだ」と自由さを強調した発言を老人はしている。
    これは、自由を尊び姿を消した天王寺宗太郎と重なるように考えられる。
    さらにこの老人は、犀川をして「人を寄せ付けない鋭さがある」と言わしめている天王寺翔蔵とはどうも重ならない。
    そもそも、もともと地下室にいた天王寺翔蔵が、昇を使役して殺人へ駆り立てるような男、片山基正に何もされていない、という事も考えがたい。
    以上の理由から、
    最後の老人=天王寺宗太郎
    白骨死体=天王寺翔蔵
    自称天王寺翔蔵=片山基正
    と言えるのではないだろうか。ただし、片山基正がどうやって天才数学者のふりを何年もしていたのか、とか
    風貌はどう説明付けるのか、とかトゥリビアルな問題があることだけは断っておきたい。

  • トリックはすぐ分かります。ただこの小説は読み込んでいくと面白い。タイトルの「笑わない数学者」とは一体誰なのか…。はっとさせられます。

  • 10年ぶりに再読。
    前に読んだ時も思ったけど、なぜ『笑わない数学者』というタイトルなんだろう。と今回も思った。なんとなく、森さんの考える「数学者」が詰まってる感じ。

    ミステリィとしては、犯人がすぐわかるものだけど、問題は数学。ページめくる手を止めて考えてしまう。

    あと定義について。
    昔、駅のアナウンスで「白線の内側にお下がりください」というのを聞いて、線の内側ってどっちだ、と思ったことを思い出した。常識的な内側はわかるけど、そう決まってるわけじゃないよねって。右側のドアが開きます、のアナウンスも不思議に感じたな、そう言えば。誰が進行方向向かって右って決めたんだろう。

  • S&Mシリーズの第3弾。
    オリオン像が消える時、人が死ぬ・・・?
    オリオン像消失のカラクリがわかれば、事件の謎も解ける。
    しかし、背後に結構面倒な事が隠されていたのには驚いた。
    殺人犯が誰で、どうやったかってことよりも
    そっちの方がミステリーでしょう。
    伏線といっても、気にしてなければ読み飛ばしちゃいますって。
    最後の最後で更に誘導されそうになるんだけど
    結局はタイトルがヒントになってるんだよね?
    なんというか虚しいなぁ~
    犀川先生は・・・きっと気付いてたよね・・・
    この余韻の残り方がスゴク好きです。

  • S&Mシリーズ3作目です。
    2作を読んだ時点でこれはもしかして密室殺人シリーズなのでは?と思っていましたが、これはちょっと毛色が違う作品なのですね。

    オリオン像のトリックは予想していたものと同じだったので、特に感想はありません。
    建物とオリオン像の高さがどれくらいのものかわかりませんでしたが、やはりオリオン像の方が低かったのですね。
    でも「寒いから外を歩き回って辺りを調べない」というのはちょっと苦しいのでは?(笑)
    萌絵なら寒かろうが暑かろうが調べそうですが…。

    最後、犀川と天王寺博士の地下での会話ですが、物理的に基生も宗太郎も翔蔵が演じていたということでしょうか?
    とすると、関係者はみんな嘘をついているし、みんな翔蔵を愛していたということになるのですが…。
    異常です。
    亡くなった2人の存在と才能を翔蔵が引き継いだと考えるのが現実的ですが、翔蔵が演じていたというほうがわたしは好みです(笑)
    一番最後の女の子とお爺さんのやり取り、もしかするとプールで亡くなっていたのは翔蔵氏ではないのかも!

    今まで読んだ2作もですが、犀川が謎を解き明かす際の思考の描写が気に入っています。
    誰しもあっ!と物事を思い付くことってあると思うのですが、それを客観的に冷静に書いていると思います。
    自分ではうまく表現できないけれど、ほんとにこんな感じです。
    それから萌絵の作ったサンドイッチ的なものを食べるシーンと、帰りの電車で思い付いたことをもっと深く考えようとするシーン。
    ここもよくわかります。

    建物から出られない状況で屋外で人が殺されているのを密室殺人と捉えるのはとても面白いです。
    どこか文学的(という言葉が正しいのかな?)で、粋で、「密室」としてはいままでの3作の中でいちばん気に入りました。
    何が「内」で何が「外」なのか。
    すべては自分次第。「定義」の問題ですね。
    このテーマに絡めているところも上手いなあと思います。
    萌絵、犀川と博士との自由の話も面白かったです。
    博士は天才的な数学者ということでしたが、この「内と外」問題はとても哲学的というか、文学的に思えます。
    「つむじ風食堂の夜」の食堂でのやり取りを思い出しました。

    ずっと密室のお話だったらちょっとつまんないなあと思っていたところに変化球が飛んできたので、以降も退屈することなく読めそうです。
    そうえいば、今回は(比喩ですが)テレフォンカードが出てきて懐かしくなりました。
    数か月前使ったのですが、使い方をあんまり覚えていなくて焦りました。
    あと余談ですが、先月、名古屋市科学館に遊びに行ってプラネタリウムを観たところだったので、ちょっと驚きました。
    オリオン座は冬の星座ですので、もちろん見せてもらいました。

  • S&Mシリーズ、三作目読了。

    物語のキーとなる「"オリオン像"が消える」というトリックに序盤の方から気付いてしまった為、大筋の殺人トリックも解ってしまったが、考えるうちに一つだけ矛盾点があり「違うのだろうか…」と思い読み進めていたものの、結局その矛盾点については詳しく明かされず。

    お読みになられた方も同じ疑問を抱いてるだろうと思うが、酔った律子を皆で1号室へ運ぶ時、"律子の部屋をマスターキーで開けたのは君枝"だというところ。これは単なるミスなのか、ラストの曖昧さも含めあえての描写なのか…。

    しかし天才数学者、翔蔵氏の言葉や思考には個人的にとても興味を掻き立てられるものがあり、退屈さを感じはしなかった。この辺りがやはり森博嗣作品の醍醐味とも思う。

  • この作品は楽しかった。「すべてがFになる」と同様に。同じ余韻に浸ることができているので大満足。

    2作目が楽しめなかった理由もはっきりとわかった。「冷たい密室と…」には、犀川と戦うに相応しい天才科学者が登場しなかった。ありふれた動機とありふれた殺人があるだけだったからだ。

    「すべてがFになる」の真賀田四季も、この作品の天王寺翔蔵も、私たちの理解やカテゴライズを寄せつけない超人たち。ぎりぎり私たちの側に立ち位置を構え、もしも萌絵という存在や、彼自身の超速の人格を制御するもう一つの人格がなかったら、彼らと同じ世界に移動してしまうに違いない我らが英雄、犀川。犀川にとって、こちらの論理においては否定せざるを得ない彼ら超人たちの生き方や思考の世界は本来、逃れられない魅力に満ちているはずだ。

    それゆえに危うい。この危うさがたまらない。いつか犀川が…ひとりの天才との戦いに敗れ、自らの人格を淘汰して、あちら側へ行ってしまうのではなかろうか。

    萌絵の存在がなければ、このストーリーは危険すぎる。あちこちに刻まれた科学的な言葉、論理の切れ端、哲学的思惟の断片に、私自身もとりこまれてしまいそうになっている。

    ちなみにオリオン像の謎はほぼ最初の段階で解けていた。しかしこれが本編の主題でない事は明白だ。

    果たして…彼は3人のうちの誰なのか。それとも…。この大きな謎が残されていることが「F…」と同じ魔力で、読後も私の心を離さない。これは…まずい。

  • S&Mシリーズ3作目。

    常識や思い込みを巧みに利用してトリックを仕掛ける森さん作品。
    伏線に気づくまであと一歩でした、いくつかの違和感を覚えたのですが、それらを繋げられなかった。
    それらの違和感が伏線だと気づいたのは全てが明かされてからですが。

    本作を通してミステリーの読み方や楽しみ方を掴みかけているようです、10作目まで注意深く読んでいこう、掴める予感がしています。

全659件中 1 - 10件を表示

森博嗣の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE (講談社文庫)の作品紹介

偉大な数学者、天王寺翔蔵博士の住む「三ツ星館」。そこで開かれたパーティの席上、博士は庭にある大きなオリオン像を消してみせた。一夜あけて、再びオリオン像が現れた時、2つの死体が発見され…。犀川助教授と西之園萌絵の理系師弟コンビが館の謎と殺人事件の真相を探る。超絶の森ミステリィ第3弾。

笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE (講談社文庫)の新書

笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE (講談社文庫)のKindle版

ツイートする