笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE (講談社文庫)

  • 6828人登録
  • 3.54評価
    • (451)
    • (887)
    • (1644)
    • (87)
    • (15)
  • 648レビュー
著者 : 森博嗣
  • 講談社 (1999年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (486ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062646147

笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 犀川と萌絵の行く所に事件あり。なんかコで始まる子供と同じだなぁ‥などと考えつつ読み進めれば、結構面白い。やっとこの世界観に慣れて来た。それに謎もなんとなく解けるようになったし。ところで鏡に映る自分の姿が左右逆なのは自分のせいなんだ、なるほどネ。

  • 舞台が館、巨像が消失、知らない人が居合わせる空間など古典的ミステリーの雰囲気たっぷり。かなり好き。面白かった

  • このシリーズが一番好きかも。
    オリオン像は全然見当違いだった。残念。

  • 10年ぶりに再読。
    前に読んだ時も思ったけど、なぜ『笑わない数学者』というタイトルなんだろう。と今回も思った。なんとなく、森さんの考える「数学者」が詰まってる感じ。

    ミステリィとしては、犯人がすぐわかるものだけど、問題は数学。ページめくる手を止めて考えてしまう。

    あと定義について。
    昔、駅のアナウンスで「白線の内側にお下がりください」というのを聞いて、線の内側ってどっちだ、と思ったことを思い出した。常識的な内側はわかるけど、そう決まってるわけじゃないよねって。右側のドアが開きます、のアナウンスも不思議に感じたな、そう言えば。誰が進行方向向かって右って決めたんだろう。

  • 理系って理解できないとおもっているんだけれど、これはトリック含め、納得が行くかんじがよい。キャラクタもとても魅力的。

  • S&Mシリーズの中でも、一番たくさん読んだ。展開も全部覚えているけど、何となく開きたくなる。
    森作品はミステリーとして読むよりもきっと、哲学書か何かだと思って読んだ方が面白い。ミステリーとしてはトリックや動機に納得できない部分もあるので。ただあまり温度を感じさせない詩のような文章や、時折出てくる哲学的な、あるいは数学的な問いに魅力を感じている。とりあえず、犀川先生みたいな人に出会いたかった。
    「円の中から、円をまたがず外に出られるか?」

  • 生まれて初めて、事件が起こる前に犯人がわかった

  • Fよりは読みやすかったけどやっぱりあのトリックはないわなー、と思ってしまう。

  • S&Mシリーズ・Part3。

     「定義するものが存在する」「解は不定」さらには「視点の固定と偏見が天と地の役割の誤解を生む」等々、理数系ギミックに彩られる。

     まぁオリオン像のオチは、発想の単純さともの凄さに笑みが漏れたけれど(良い意味で)。半球形の○○で気づくべきかな…。

     東野圭吾ガリレオシリーズが工学系ギミックに溢れるなら、理学系ギミックに彩られるのが本シリーズだろうが、個人的には間違いなく好きなタイプ。
     しかも、本巻の解説は森毅先生。従前巻の文庫本解説には辟易していたところ、森氏の飄々とした中に見受けられる知性。その知を軽やかな文体で見せる様。いやぁ、彼の解説は好きだなぁ。

  • S&Mシリーズ③

    4~5年振りの再読。

    ・全ては、天王寺博士が立案した事なのだろうか?
    ・人間の心の内と外は、まさに紙一重。
    ・敢えて真実を遠ざける抽象的な描写で、曖昧な結末も、宇宙の心理からしたら瑣末な事。
    ・一般的には、タイトルは『三ッ星館殺人事件』かな?
    ・萌絵に同性の友人がいた事に少し驚愕、でも何故か安堵も…。

  • 最後まで読んで、結局あれは誰なの?!と思いつつ終了してしまうので、ちょっとだけ残念。
    今回は三重県まで萌絵と犀川が三ツ星館という館に招かれ、そこで起こるトリックと殺人。
    出てきた三人の天王寺家の男たちは、いったい誰が誰で、死んだのか生きてるのか、地下にいたのは誰なのか、公園にいたのは誰なのか、果たして白骨死体になったのは誰なのか、そのトリックがあえて残されたままなのです。
    博士から出された問題でわかったのは、せいぜいオリオン像の謎だけで、数学的センスは全くない私でした。

  • ・すっきりしない感じ。まあある程度わざとなんやろうけど
    ・結局天王寺博士がぜんぶぜんぶ仕組んだんやってことが言いたいんだろーか
    ・犯人親子の言動もわかりきらへん部分がある
    ・小説なんやからこそ、その辺は全部、せめて読者にはわかるようにうまくまとめてほしいなんていう私の俗な欲
    ・いつも通りの面白さはもちろんある
    ・私如きが序盤から回転を怪しんでたのにあの賢い2人が気づかんとかあるかなーっていう疑問
    ・でも具体的にどこまでが回転するのかとかまではわからへんかった(というか建物全部回転するんかと思ってた。プラネタリウムと関連させられへんかったな)
    ・犀川先生の(まったく!)のところがとても好きでした
    ・それと犀川先生が萌絵ちゃんにお料理がどうこうっていう話をするところも好きでした

  • トリックは簡単だけど、シリーズの中でかなり好きです。
    タイトルが秀逸。
    結局誰が誰だったのか。

  • 3.5
    数学者天王寺翔蔵の館三ツ星館で起こる殺人事件。オリオン像のトリックと1から21までをつくるタマの問題がわかりなかなか面白かった。
    犀川と萌絵のやりとりも気になるところ。
    四則演算だけで24をつくる問題も面白かった。考え出すと読むのが止まるのが一長一短。
    10 10 4 4
    7 7 3 3
    8 8 3 3

  • 偉大な数学者、天王寺翔蔵博士は天才として描かれているけど、真賀田四季の常人を逸した描写に比べると、中途半端に思えてしまう。

    私の中で、それだけ「すべてがFになる」が衝撃で、特別だからなんだろうけど。

    でも、この作品の中で、犀川の萌絵に対する気持ちの描写があってちょっと嬉しかった。
    その気持ちが、下衆なものでないことも嬉しかった理由の1つだ。

    犀川先生の気持ちの描写を読んで、「ハチクロ」の花本修司と少しだけだけど、シンクロした。
    犀川先生や花本修司みたいな人に見守られながら、のびのび生きていくって、きっとすごい心地良いんだろうなって、想像するだけで気分が良くなる。

  • 相変わらず面白いんだけど、核心となるトリックはすぐに分かってしまった。

  • 全体的に面白いんだけど、最終的にスッキリしない部分がある。
    動機もよくわからなかったし、答えが最後までわからない部分があった。
    それはそれで読み手の楽しみなんだろうけど、もう少しはっきりとした答えが欲しかった

  • シリーズ三作目にして、ミステリー定番の館が舞台で殺人が起きる。トリックに関しては、私のような凡人以下でも前半まで読み進めると解ける謎。だが、本作はトリックを読み解くのが趣旨ではなく、最後に”笑った”のかを考察するためであろう。因みに、トリックを解くヒントは文中にもあるが、タイトルも引っ掛けていると考えられる。

  • 読了。

    今のところシリーズごとに面白くなっている。
    多くの方は途中からトリックに気がつくことができているらしいけど、わたしは全然わからなかったので、最後まで「なんでなんで?」が続いて面白かった。

    シリーズ最後まで読んだら犀川と萌絵がどうなっているのかも気になる…。のでこのまま読んでこ。

  • S&Mシリーズの3作目。

    【あらすじ】
     犀川と萌絵は、著名数学者のホームパーティに招待され、三重県の山奥にある彼の別荘に向かった。そこでは12年前、庭先にあった巨大なオリオンの像が消え、この謎を解いた者には莫大な遺産を贈ると数学者は語った。一方で、オリオンの像が消えると死者が出るとの噂があり、当時の夜も数学者の息子が事故で死亡していた。そして今宵も数学者の手によりオリオン像が消される。

    【感想】
     動くはずの無いものが消える謎は大体視点の問題であるので、オリオン像の問題は意外性があるとは思えず物足らなかった。また、犯人が二人を殺害した動機と共犯者?の行動も今いちピンとこなかった。一方で、殺人現場の不可解な点の理由については納得できるものがあった。

  • トリック自体は、他のレビューでも言われているように、すぐに気がつくことができる。しかし、このミステリーの本質はその裏側の人間たちなんだろうなと感じた。

    「すべてがFになる」と同様にタイトルがネタバレになっているのかな…

    あと、ビリヤード問題の答えも語られぬままと言うw。こちらも、そんなに難しくはなく、頑張って計算したら解けました。
    ※一般解の方はさっぱりですが

  • 像が消えるトリックがすごかった!館の雰囲気といい複雑な人間関係といいトリックの大胆さと小難しくない感じが自分好み。

  • 偉大な数学者、天王寺翔蔵の住む「三ツ星館」で起こる殺人。
    3作目にして、漸く犀川先生と萌絵ちゃんコンビにも随分慣れてきた。

    3作とも、かなり早い段階で犯人の目星はつく。
    オリオン像の謎も割と早い段階で気が付くのだが、数字4つを使って24を作るとか・・・そっちの方はからきし駄目な私・・・。
    オリオン像の謎が解けているのに、律子殺人の方の謎は全然解けていなくて、犀川先生の解説が終わるまで全く分かっていなかった。

    こういうミステリは大好きで、気が付くと一日没頭して読んでしまった。

    しかし、犀川先生の理性は凄いなぁ・・・(^^A
    この二人の続きが気になって仕方ない。

  • 頭の中でイメージできないと像の消滅はわかりにくいかも。人間関係もゆっくり整理しながら、読めるとミステリとしてとてもおもしろい作品だと思います。キャラクターがたっているので、それだけでも十分おもしろい作品です。

全648件中 1 - 25件を表示

笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE (講談社文庫)の新書

笑わない数学者 MATHEMATICAL GOODBYE (講談社文庫)のKindle版

ツイートする