星降り山荘の殺人 (講談社文庫)

  • 1795人登録
  • 3.48評価
    • (117)
    • (274)
    • (377)
    • (58)
    • (22)
  • 280レビュー
著者 : 倉知淳
  • 講談社 (1999年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (494ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062646154

星降り山荘の殺人 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 再建を図る雪降る山荘で殺人事件が起こった。集められたのはUFO研究家、スターウォッチャー、売れっ子女流作家など一癖も二癖もある人物たち。犯人は一体誰なのか。

    各章の冒頭に著者からの謎解き解決のヒントととも取れる一文があり、読者に犯人探しを挑戦させるような展開に。犯人探しは引っ掛かった。謎解き部分はあっさりしていたものの納得した。
    でもホームズはホームズのままで居てほしかった…
    せめて最後の最後でキャラ崩壊はしないでほしかった…

  • いつものごとく、騙された。

    しかしいつもと違う。
    いつもなら、騙されたとわかった時、
    胸がざわめき、心の底からしてやられた!
    悔しい!でも嬉しい!という気持ちになる。

    しかしこの小説はどうだろう。
    肝心のネタバレはさすがに書けないので抽象的になるが、
    犯人がわかった時に私の胸に訪れたのは
    爽快感ではなかった。

    犯人の話していた身の上を
    最後にバッサリと切り捨てたのにもガッカリした。
    主人公よりもキャラが立っていて、
    シリーズ物にも活かせそうだと思い、
    何となく愛着がわいていたせいなのだろうか。
    ホームズとワトソンとして、
    村の事件を解決してほしいと願っていたせいだろうか。
    最後の数ページまで来ても、
    さらなるどんでん返しを期待してしまっていた。

    彼は犯罪者にするには惜しい人物だった。
    その一言に尽きるのだろう。

  • 完全に引っ掛かった。
    その点は脱帽。
    が、面白かったかというと微妙だ。
    読みやすく引き込まれるように読んだのだが、読み終わった感想は微妙。
    うーん、微妙だ~

  • クリスティの「アクロイド殺し」ほどの衝撃はないものの、フェアかアンフェアでいえば、フェア。ちゃーんと説明しているもの。説明こそがミスリードではあるけれど、正々堂々としたミステリで小気味いい。

  • ちょっと期待外れ。

    オススメ推理小説として紹介されていたので読んでみました。
    内容としては、今や定番となった雪の山荘での殺人事件です。
    スターウォッチャー星園の華麗な推理が展開されるか…

    新本格系を目指しているのか、章のはじめに読者へのヒントや注意点が挿まれており「作者はフェアに情報開示してるよ」というのを強調してます。

    それが頻繁に出てくるせいか、ゲーム感覚が強く、小説としての趣が低下してる気がする。(簡単に言うと、話に入り込みにくい)

    犯人もなんとなくこの人かな?とわかるレベル。
    論理的にではなくて、キャラに違和感アリアリなので…

    総論として、読者を騙そうというのがあざと過ぎて、推理マニアが作った推理ゲームという感じになってしまい、小説としてはいまいちでした。

    推理クイズ好きにはいいかも。

  • 何をおいても、この本は爽快感がすごい
    相当綺麗に騙されて、驚かされます
    そうきたか!でもやっぱりな!でも楽しめると思う。
    形式的な古典ミステリ、本格ものをそれなりに読んできた人以外には、何だこれ??という感じだろうけど。
    こういう形で本格という枠に挑戦する倉知さんが本当に好き!

    構成の引っ掛けが大半で、事件の内容自体は相当あっさり。和夫視点が読みやすい。

  • 全ての本格ファンに捧げたい
     毎度お馴染み、雪山の山荘でのクローズド・サークルです。閑古鳥のキャンプ場、胡散臭いUFO出没の噂など、とにかく舞台が冴えないのですが、そこに何とも言えない親しみを感じます。どんでん返しには、まんまと騙されました。フェアかアンフェアかで意見が割れてるようですが、特殊な仕掛けというだけで問題なくフェアでしょう。それよりも、犯人の行動に関するロジックが少し怪しい気がしました。
     中盤が中だるみ気味なのが惜しいですが、それを吹き飛ばすかのような気持ち良さが待っています。

  • 最近、クローズドサークル的な小説が読みたくて、ちょうどいいと読んでみた。
    すっごい面白かった。すっごい裏切られた!



    上司を殴り、左遷された杉下和夫はスターウォッチャーの星園のマネージャー見習いとして、秩父の山奥へ出張へ向かう。以前は、キャンプ村だったところを買い取った不動産屋が再開発のために、星園をはじめとし、UFO研究家、女流作家、作家の秘書、女子大生2人組、不動産屋の社長とその部下は一晩キャンプ村で過ごすが、翌朝死体が見つかる。警察を呼ぶにも電話は通じず、さらには悪天候で山奥に閉じ込められてしまったのだった…



    読者であるあなたも推理してみてください、的な小説だったからか作者の注意みたいなのが章のいたるところにあった。事件が明らかになってから、その注意書きを見ると、これも伏せんだったのか!と驚くことばかりだった。そして、騙された!
    だけど、事件の動機がちょっとモヤモヤしてしまった。納得できないというか、もうちょいはっきりしてほしかったな。


    2015.11.16 読了

  • まさしくステレオタイプのクローズドサークルもので、様式美すら感じる。
    有栖川有栖氏や綾辻行人氏などの作品も自ずと髣髴とされる。
    フーダニットとしてはそれほどこんがらがった類のものではなく、なんとなく犯人の目星をつけつつストレスなく読み進めることができるが、クライマックスでの嵯峨島のカタの付け方に、一気に醒めてしまったことは否めない。

  • 久しぶりに純粋に驚くことができたので、とても幸せな気持ちになれた^^

全280件中 1 - 10件を表示

倉知淳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

星降り山荘の殺人 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

星降り山荘の殺人 (講談社文庫)に関連するまとめ

星降り山荘の殺人 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

星降り山荘の殺人 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

星降り山荘の殺人 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

星降り山荘の殺人 (講談社文庫)の新書

ツイートする