詩的私的ジャック (講談社文庫)

  • 6129人登録
  • 3.39評価
    • (262)
    • (683)
    • (1670)
    • (108)
    • (13)
  • 512レビュー
著者 : 森博嗣
  • 講談社 (1999年11月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (474ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062647069

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

詩的私的ジャック (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 密室の作り方でお悩みの方は、森博嗣先生に聞いてみよう。今回は密室のWhy。ミステリ史上尤もらしい密室の作成理由がここに。犯行動機、西之園穣の冒険、平常運転。しかし詩的表現ってのはよく分からない。素敵表現くらいでいいんじゃないか。

  • ちょっとだけ飽きてきた。萌絵お嬢様がシャシャリ出過ぎ。この世界では子供が捜査に首突っ込むのもアリなんだ。そう、コナなんとかと同じなんだ。と、自分に言い聞かせながら読み進めた。しばらく森博嗣はお休み。

  • 詩的表現が随所に。動機は、犯罪の理由になってはならないのだとおもう。想像力の余地が残されるのが文学の魅力だ。

  • この本に出てくる加害者側の登場人物の行動にいまいち納得性がなく、あまり楽しめませんでした。。

  • S&Mシリーズ④

    4~5年振りの再読。

    ・大学構内、特に研究室は密室殺人に適するのかな?と思う程、殺人事件の連続。
    ・事件への好奇心・探究心が相変わらず旺盛で、怖いもの知らずの萌絵。
    ・犯人は比較的、容易に推定出来るが、人間の二面性に慄く。
    ・密室の合理的な殺人過程と、やや猟奇的な殺人は相反な感じがする。
    ・不透明な描写の動機は、全体からすると触媒の様な働きだろうか?

  • まさに研究内容を利用したトリックは、大学での殺人事件にはふさわしいのかも。犯人は完璧主義だののせいはあるのかもしれないけれど、やはり些細なことで殺人に至ってしまうもの。そのためだけに綿密な計画を練るのはともかく、実行する勇気だけはないなぁ。
    萌絵の猛アプローチが続きますが、報われる日が来るのかどうか、そちらも楽しみです。

  • ・今までのに比べたら動機らしきものがわかり易く描かれていたよーな。そんなよーな
    ・最後に犀川先生が喋るところでもう1人篠崎敏治さんも喋ったからやろうな
    ・やっぱでもいまいちすべてわかりきらんかな…詰まりきらんというのか。まあ、いつものごとく、わざとなんやろけど!!
    ・でもだからといって、東野圭吾の小説を「完成度が高い」と形容するなら森博嗣は「完成度が低い」と言えるとかいうもんでもないよなあ…
    ・萌絵ちゃんと近い存在の人が亡くなるのが少し新鮮というかって感じやったな。でもそらそろそろそうならな不自然

  • 人気ミュージシャンの歌詞とそっくりな密室殺人事件。
    関わる人達の人間関係、殺人を犯すにあたる狂った価値観、内容が全然読めなかったし、想像ができなかった。
    そしてトリックが難しい(イメージができない)。
    内容そのものも結構難しい。実物を見たい。

    萌絵の犀川先生への複雑な思いの表現がとても共感できる。どう表現したらいいかわからない感情をちゃんと言葉で表現できることがやっぱりすごいと思う。
    「2人は数字の11より近づいた」
    素敵な表現。

  • 個人的に動機がイマイチ…

  • 3大学内で起こった密室連続殺人の話。留年学生のロック歌手結城稔の詩的私的ジャックという曲の歌詞に殺人の状況が似ているとのこと。兄の寛について、汚点を残したくない完璧主義とかは研究者っぽい気もするが、全体的にイマイチ感情移入できなかった。書いてあったけど、そんなことで?という感じで、犯人は最後まで分からなかった。萌絵と犀川のやりとりは少し進展があった感じで面白かった。

  • 良い関係。

    犀川と萌絵。
    犀川と国枝。
    犀川と喜多。

    シリーズものを読み進めていく醍醐味の1つに、登場人物の関係性の変化がある。
    特にこのシリーズは、顕著だと個人的には思う。

    犀川自身が認めているように、萌絵が大人になることで、犀川も良い影響を受けている。

    森ミステリィは、理系ミステリィだけど、解説の菅聡子先生が書いている通り、キレイな日本語が使われている。
    というより、日本語の誤用がない。
    森作品は、理系攻めが過ぎて、謎が解けないまま投げ出したくなる瞬間があるけれど、それでも読むことができるのは、正しい日本語で書かれいるからだと思う。
    当たり前に思えるかもしれないけど、大切なこと。

  • 犀川先生の「将来を決めてしまうなんて、恐ろしいじゃないか。そんな恐いことはしたくない」「台風の進路だって、扇形に広がっているだろう?人間の進路はもっと広角だ」のセリフが印象的!

  • S&Mシリーズの4作目

    【あらすじ】
    ある大学の作業小屋で女性の絞殺遺体が発見された。部屋は密室状態で、遺体の腹にはIの傷痕が残されていた。犯人不明のまま2ヶ月が過ぎた頃、萌絵の通う大学の構内で二人目の犠牲者が発見される。

    【感想】
    タイトルは作中に登場するロックバンドの曲から(切り裂きジャックを想起させている)。密室ものかと思ったら、あっさりネタ晴らしがあり、次第に犯人当てに焦点が当てられる。
    犯人の人物描写や殺意を持った背景が(わざと?)あっさり書かれており、読み終わった後の満足感が薄買ったので★3にした。

  • S&Mシリーズの3作目。
    犀川と萌絵といったお決まりの登場人物の人間模様は面白いけど、トリックが若干難しい。
    専門の人が読んだらわかるのかもしれないけど。
    それでも小説としては面白い。

  • 読了。

    犯人はなんとなく検討つくんだけど、トリックが全然わからないので犀川先生の謎解きでスッキリ感が得られてよいです。

    ただ中盤犀川先生不在が長く、そこはちょっと締まりがないかなという印象。

    それでもって犀川先生と萌絵ちゃんが急にラブい感じになってきて、恥ずかしいです。
    もう結婚しちゃえばいいじゃん!

  • 密室の中で一人の女性が殺害される。服は脱がされ絞殺であるにも関わらず、死体にはナイフで連続殺人を匂わせる記号が刻まれている。”芸術家”≒”変人/奇人”と結びつけている私だが、犯行の動機は、そういった”芸術家”ならではの美学なのかもしれない。

  • いやー今回は全然犯人が判りませんでした。殺人の動機については、作中にある通り「そんなことで?」と理解不能なのだけど、常人には理解できない犯罪は現実にもあることだし、このシリーズはそれでいいのかなと思えます。それよりも、萌絵が大人の階段を昇ろうとしていることの方が驚きでした~。これまで色っぽい場面が少なかっただけに、煙草を貰う場面はちょっとドキっとしたけども、萌絵に煙草は似合わないような気がするのは私だけかな?好きな犀川先生の真似なのかな?

  • 一日で読んでしまった…面白かった
    母校が出てきて、なぜいままでこの本を知らなかったのだと驚きました。笑

    途中で、怪しい人物が絞られすぎて犯人がわかってしまった。けれど、最後まで楽しめた。

  • 犯人の動機が狂気じみててすごい…。トリックの秀逸さや殺人現場に残された謎の回収方法はさすがと思ったけど、そんな理由で犯罪を犯してしまったんやなぁと後味のいいような悪いような。。

  • だんだん嵌ってきたなぁ・・・。

    が、しかし犀川先生が不在・・・。
    萌絵ちゃんではないが、少々物足りない感が。

    このシリーズは1作目から犯人が何故かわかるように作られているが、
    今回はちょっと悩んでしまった。

    自分が間違いなく犯人だと思っていた人が死体となって現れたからである。

    そんな点からも自分なりにアイツだコイツだと推理しながら読み進められ、
    十分楽しむことができた。
    全作読んでみたい!

  • シリーズ4作目。読みやすくテンポよく。密室に次ぐ、密室ですが、なぜこんなことをしたのかに興味がわきました。

  • 評価は2にしたけど、細かく言うと2.3くらいかな。矛盾があるわけではないけど、何とも面白味は無いトリックだと個人的には思う。理系って感じがひしひしと伝わる作品。3つの密室が登場するけど、必死に解こうとするべきではない。でも、流れは好きだった。密室の存在理由が、まあちょっとご都合主義かな?とも思わないでもないが、なんだかんだ綺麗だと思う。S&Mシリーズ4作目だけど、その中では一番イマイチかもしれない。その中ではね。あと、事件に関係ないけど助手の国枝桃子が惚れるね。かっこいい。キャラ立ちすぎだろう。
    最後に、やっぱり邦題凄くセンス感じる。読む前は、ふーん。かっこいいね。くらいだったけど、読了後は光輝いて見えたね。詩的私的ジャック。

  • 面白かった。
    ミステリは動機が重要視されがちだが、あえてあまり描写されていないのが、想像の余地を残していて良かったと思う。
    トリックを見破るのは難しいと思う。専門的なので。 推理するのを楽しみにしてる人には向いていないかも。
    だが、個人的には、いつもトリックも犯人も全く分からないので楽しめた。
    萌絵の心理描写が多く、初めて彼女に好感を持つことが出来た。

  • 今回は珍しく犀川不在の状態で話が進みます。
    そこで気づいたんだけど、私かなり犀川先生好きだわ(笑)
    煙草が手放せない巻き込まれ型探偵。謎解きに全く興味ないのに解いちゃうあの感じ、好きだなー。
    萌絵ちゃんだけだとどうにも話がバラバラな感じがして締まらないような。

    執筆順ではこの後にFが来るみたいだけど、二人の関係性がかなり変わるよなぁ。そのバージョンも読んでみたかったような(笑)

    あ!国枝さんは私も今回もれなくファンになりました。夢と希望、なるほどなー!
    今回も名言たくさんで良かったです。犀川先生の女性が働く云々も、目からウロコ。確かに!

    ただ、ミステリーとしては少し微妙な感じなんでホシ4つ。
    悪くはないんだけど……うーん。

全512件中 1 - 25件を表示

詩的私的ジャック (講談社文庫)に関連する談話室の質問

詩的私的ジャック (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

詩的私的ジャック (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

詩的私的ジャック (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

詩的私的ジャック (講談社文庫)の作品紹介

大学施設で女子大生が連続して殺された。現場は密室状態で死体には文字状の傷が残されていた。捜査線上に浮かんだのはロック歌手の結城稔。被害者と面識があった上、事件と彼の歌詞が似ていたのだ。N大学工学部助教授・犀川創平とお嬢様学生・西之園萌絵が、明敏な知性を駆使して事件の構造を解体する。

詩的私的ジャック (講談社文庫)のKindle版

詩的私的ジャック (講談社文庫)の新書

ツイートする