三月は深き紅の淵を (講談社文庫)

  • 7729人登録
  • 3.58評価
    • (742)
    • (982)
    • (1805)
    • (175)
    • (50)
  • 898レビュー
著者 : 恩田陸
  • 講談社 (2001年7月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062648806

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あさの あつこ
宮部 みゆき
梨木 香歩
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • とても不思議な作品で、1回読んだだけでは理解することができずに再読しました。
    けれど、それでもきっとまだ全部が見えたわけではないなと思います。
    細かい伏線がいくつも張り巡らされていて、何回読んでもきっと新しい伏線に出会えると思います。

    この本は4つの章から成り立っています。
    全ての章で登場人物が違って書き方も違うけれど、共通しているのはある本を取り巻く人々の話だということ。
    その本のタイトルが『三月は深き紅の淵を』で、この本と同じ四部構成になっている幻の本です。
    各章がそれぞれ独立しているわけではなくて、よく読んでいくとその本を巡る物語という以上のさらに深いつながりを各章の間に見出すことができます。
    だから、再読した時の方が面白かったです。

    もう一つ、この本を面白いなと思った部分は、小説を読むことの楽しみをいろいろな人が語っていること。
    第1章は特にそうでした。
    小説が現在置かれている状況について、いい小説とは何か、小説をどうやって楽しんでいるか。
    第2章では編集者が出てくるし、第4章では作家からの視点になっているので、本を作る職業の人がどういう思いで本を作っているのかということもわかります。
    だから、本をあまり読まない人よりも、本が好きな人が楽しめる本だと思います。
    きっと、わかるわかるって共感してしまう部分が多いでしょう。

  • で、結局なんなのよ!?というのが売り。

  • とても不思議な物語。
    4つの短編で構成されていて、全て「三月は深き紅の淵に」という幻の本を巡って話は作られている。


    ざっと簡単に説明すると、一章は本だらけの大きな屋敷の中から「三月」の本を探す話、二章は2人の女性が「三月」の作者を突き止めるべく推理を進める話、三章は異母姉妹の美人な女子高生を巡る話でおそらく「三月」が書かれる前の話、そして四章はまさに作者が「三月」を書いている話。これらは、作中に出てくる「三月」と話は全く違うのだか、それぞれどこか似通った話で構成されていると感じた。特に四章は作中に出てくる「三月」の四章とほぼ同じ流れで書かれている。つまり本書自体が作中で出てくる幻の「三月」の本になぞらえているのだろう。

    第一章で、この幻の本についてこう書かれている。
    『なんというか奇妙な印象を受ける小説でね。種類の違う素材のかけらをモザイクにしたような小説。びしっと隙がなくて文句なしの傑作、っていうのじゃないんだ。なんだこれは、と読んでいるうちにずるずると引きずり込まれて、しばらくたっても小説のかけらが頭のどこかに残っているような小説なんだ。』(31ページ)

    本書はまさにこんな小説。本当に読後しばらくたっても頭のどこかでこの作品がもやもやと残っている。物語自体がベールを被ったような作品。一言で感想を言え、と言われても表現出来ない。

    好き嫌いが分かれる作品だと思うが、読後、読者それぞれがいろんな考え方が出来る作品だと思う。これを読んだ人同士でこの本について語り合いたいと思った作品だった。ただ一度読んだだけでは足りないというか、この作品が言いたいこと、大切なことが読み取れていない気がするので、もう一度読んでみようと思う。

  • この本は様々な仕掛けがされていて面白い。幻の本「三月は深き紅の淵を」のことを語る第1章では、幻の本は「実はなかった」第2章では「実在する」第3章では「これから書く」、第4章は「今書いているところ」。時間軸、存在するか否か。中編ひとつひとつとると、一見バラバラなんだけど何処か三月〜とリンクしている。三月と本書の構成が同じというところも不思議な世界観にとらわれる。第4章がわかりにくい、という書評がちらほら。なるほどと思う。でもタイトル「回転木馬」イコールメリーゴーランドと捉えれば、作家と理瀬の世界と視点がが「くるくる回って」も納得いくのではないでしょうか。
    それにしても恩田先生は多読だ!と思わずにいられない。三月の〜は、随所に他作家の作品が登場する。ジャンルを問わず。読書好きにはたまらない本書の設定に加え、「読書家ならこの作品は知ってるよね?」と試されている気がする。そして、自分にとっての「三月の〜」のような何時迄も強烈に思い出せるような本に出会えたら、と心底思う。

  • 作者の読書に対する想い、考えみたいなものを随所にひしひしと感じた。
    「黒と茶の幻想」を先に読んでいたので色々とリンクしたのも面白かった。
    でも全部すっきり理解できたわけではない…
    またいつか読み返したい作品。

  • いつか読んでみようと思いつつ400P越えの長さになかなか手を出せずにいましたが、「ひとり恩田陸まつり」開催記念ということでようやく読みました。
    『三月は深き紅の淵を』という一冊の本を巡る4つの話。
    『三月~』という作中作と、この本自体がリンクしたつくりになっているというか。
    読み終わった時、私たちが今読んでいるコレは何なんだ!! みたいな興奮がありました。
    なお、『麦の海に沈む果実』にも、キーになるアイテムとしてこの『三月~』という本が出てきますが、この本とはまた全くの別物で、余計不思議。

    第一章の『待っている人々』が一番ミステリーチックで解釈もしやすい。
    第二章の『出雲夜想曲』は、夜行列車の中で一つの謎を解き明かすという本格ミステリーのような感じがすごく好き。二転三転んするところも良かったです。
    第三章は、今までの『三月~』という本の謎を探る話とは全く趣が異なってきます。恩田さんお得意の学園ミステリーにスポットが当たる。
    『三月~』はまるでおまけみたいな扱いというか。
    第四章は本当に難解でしたね。どう解釈したらいいのか。全く何の解決にもなってないようで、全部の解決なのかもしれない。この章があることで、この本の不思議さが際立ちます。

  • 恩田ワールド全開?面白かった。謎は解き明かされないままの部分もあるけれど、嫌味な終わりかたではない。また、時間を置いて読み直したい本。

  • 不思議不思議な本だった。こういう話も書けるなんて、引き出しがたくさんある人なんだ。結構好きかも。

  • 『三月は深き紅の淵を』という幻の謎の本をめぐる四部作。
    作中の『三月〜』も実際のこの本も四章にわかれていて、それぞれの内容も、作中で語られる本の内容と違うようでいて同じような雰囲気やスタイルをとっている。
    一人に一晩だけ語られることを許された本について、その周囲の人々について、いたるところに謎がちりばめられた不思議なミステリー。

    一冊の謎の本のもつあやしげな雰囲気が、実際の物語にもただよっているようで、とても不思議な空気をもった本。手放しでおもしろかったー!っていうより、読んでいくにつれておもしろさがどんどんしみこんでくる感じ。

    1章の「待っている人々」と4章「回転木馬」がすき。4章は、よくわからなかったという感想をよくみたけど、幻想的な雰囲気があって、ミステリーとしてまとまっている他の3章(特に1,2章)と異なるからそう思うだけで、むしろこの4章がこうあるからこそ、この『三月は深き紅の淵を』がきれいに1冊にまとまって終わるんだと思う。

  • 恩田陸作品の中でも大好きな作品。
    初めて読んだ時から憧れ続けたサンライズ出雲にもとうとう乗ってきた。

    話としては、一章の「待っている人々」が一番好き。
    本のことを語る四人がとても魅力的に見える。

    四章の「回転木馬」も読めば読むほどに好きになる。
    ほかにもこの「回転木馬」みたいに筆者の日記のような構成の話があるけど、どれも向こう側にうっすらと恩田さんが見えるようで好き。

    これからもきっと何度も読み返す作品。

  • 何度読み返しても楽しめる1冊。

    一番のお気に入りは「待っている人々」
    今のところ最上位の探書ミステリー。
    続く「出雲夜想曲」も好物なタイプ。
    苦みのある話でそこも高ポイント。

    所々で登場人物が語っている読書に関しての姿勢や思いなどが本好き、読書狂には共感できるのではないだろうか。

    本好きにはたまらない作品。

  • 再々読了。

    1度目は夢中になって読み切り、
    それぞれの世界にどっぷり浸かって読んだため、4つに別れた章の相互関係までじっくり意識しながら読む、という所まで辿り着けず。
    2度目もやはり無心になってしまった。
    そして、今回。
    意識したつもりはないが、さすがに3度目だからか、少し俯瞰で物語を見つつ相対的に読むことができたように思う。
    メモを取りながらの読書は時間はかかるがなかなか悪くない。

    しみじみと、好き嫌いが分かれる作品なのだろうな、と思う。
    簡単に言うと外側の物語と内側の物語、という二重構造の作品なのだが、実際は二重どころか、何層にも物語が重ねられまさに入れ子式。

    元々は第一章「待っている人々」、
    次に"3月〜"が実在している第二章「出雲夜想曲」が好きだったのだが、3度目の今回、第四章「回転木馬」の抗えない魅力に気づかされた。
    この回転木馬はまさに内側の3月「鳩笛」と近くて遠い所でリンクしている。
    作者の内面に直接手で触れてしまっているような、人の日記をこっそり盗み読んでしまっているような居心地の悪さを感じつつ、
    少しずつ変化しながらも繰り返し語られる物語の断片。
    少しずつ象られていく物語の輪郭。
    デジャヴに似た不思議な感覚に支配されそうになる。物語の出口が見つからなくなりそうな錯覚。

    時々、書店や図書館で感じるあの感覚に似ている。
    未読の作品、読みたい本のあまりの多さに途方にくれ、出口の見えない迷路に迷いこんでしまいそうになる、あの寂しいような、むしろ現実に戻りたくないような不思議な感覚に。

  • 2015/1/5
    第一章から第四章がそれぞれ別の物語になっていますが、その中にすべて共通して出てくるのが「三月は深き紅の淵を」という一冊の本になります。この本は四章構成となっており、共通して柘榴が登場します。各章についても、本の中の本と、今自分が手に取って読んでいる本と幾つかの共通項を持って話が進んでいきます。
    個人的には、第一章と第二章には、この本を巡る物語であることがとても伝わってきます。第三章については、短編として一つの物語がある感じで
    少し雰囲気が変わります。が、そこにも良くできた物語があります。第四章が一番広い世界に開いてる気がします。第四章だけで、物凄い大きな世界観が存在し、そこからシリーズモノの本ができちゃうよ!ってレベルで話が進みます。作者が旅をしながら、過去の出来事や関連する物語を紹介しつつ、新しい小説として第四章を書き上げていく物語です。恩田先生すげえや。最初読んでいるうちは些か混乱しますが、物語がどのように語られるか分かる頃には、大きなストーリーが出来上がっていくストーリーなのだと、凄いものみせられてるなあと気づきます。そして、何よりそれが第一章で既に予言されていたことだと思いながら読んでいる時、この本の本と現実の本の壮大さ、良くできた仕掛けに感銘を受けます。おもしろい!

  • こういう謎めいた本が実在したらいいなぁ。

  •  3章を除き、(断片は記されるが)テクスト内では不在の作品とされる『三月は深き紅の淵を』を軸に、物語をめぐる人々の欲望、物語をめぐる人々の物語がこれでもかという勢いで展開される。
     物語について語ること自体が物語である――。『麦の海に沈む果実』と設定は共通だが、微妙に異なる断片を書く「私」、2章「出雲夜想曲」の取材旅行に出かける「私」を登場させる明確なメタフィクション構造を持った4章「回転木馬」だけではない。未だ書かれていない物語について推理をさせては、その推理自体を物語の一つのエピソードとして楽しもうとする貪欲な人々を描いた「待っている人々」、物語の探究がいつしか作者とその一家の物語の探索へとずれていく「出雲夜想曲」、物語の中に自分を閉じこめることでようやく狂気の淵に落ちこむことを免れていた少女たちについて書く決意をする女性を描いた「虹と雲と鳥と」も、やはりそれぞれのかたちでメタフィクションになっている。

     だから、このテクストから『三月の深き紅の淵を』とは何か、その正体はどんなものかを問うことに、おそらくあまり意味はない。『麦の海』の文庫版解説を書いた笠井潔が、肝心の『麦の海』にはふれずに、この本のことばかりを書いたのも分かる気がする。ここには、「物語とは何か」という作者の思索が、凝縮されて詰め込まれている。物語は膨張し、増殖し、差異をはらみながら自分で自分を生み出していく。しばしばテクストに点綴されるラフカディオ・ハーンのイメージは、正体を掴もうとするとするりと逃げ去ってしまう、そうした物語の運動それ自体の形象化と言ってよい。

     恩田はしばしば「ノスタルジーの魔術師」と言われるそうだが、恩田の言う「ノスタルジア」は、たぶん、単なる「懐かしさ」のことではない。膨れ上がる物語には、往々にしてトゲがあり、毒がある。にもかかわらず人々は「物語」を求めずにはいられない。恩田にとって物語は、単なる娯楽やお手軽な玩弄物ではまったくなく、人間がそれなしでは生きていけない、どうしても手放すことのできない「業」のようなものなのかも知れないと思う。
     

  • 単行本で持っているが、文庫でも買った。やはり恩田作品の中で一番好きだ。

  •  架空の本を巡り、物語の内と外、入れ子式の虚実が錯綜するミステリ。
     本の中で本が語られ、本の内容と『外側』の世界が微妙にリンクしたりズレたりしては、本の存在性や成立状況も入り乱れつつ、さらに『外』の次元から本書が書かれる過程が本編として綴られる。
     また、水野理瀬シリーズの一幕も絡み、登場人物が自ら虚構にあることに気づき、物語は一種のカタストロフィーを迎える。
     人間は物語を必要とする生き物――まさに、活字中毒の本好きならば、作中の本を実際に読みたくなる。

  • 恩田陸先生独特の雰囲気を楽しめる物語。

    「三月は深き紅の淵を」という幻の本をキーにした4つの中編作を収録。

    そのうち第4話は趣向がガラリと変わっているので頭の切替が必要。恩田陸先生の他の小説にもリンクしているので、それらを読んでおいた方が楽しめる。

    ・黒と茶の幻想
    ・麦の海に沈む果実
    ・黄昏の百合の骨

  • 10年ぶりくらいに再読。
    ほとんど覚えてなかった。
    複雑な物語。だけどその複雑なのが面白いんじゃないかと思う。

    第四章はメタ的。
    「鳩笛」などの四部作からなる『三月は深き紅の淵を』と、それにまつわる「待っている人々」をはじめとする第一章から第三章。
    これらを含む四部作を書こうとしている第四章。
    さらにそれを読んでいる自分という四重からなる構造で自分という存在すら『三月は深き紅の淵を』という物語にからめ取られていく感じがした。

    理瀬の物語に女性だと思ってたら女装した男性の先生がいたような記憶があったけど、出て来なかった。

    一番すきなのは第一章。鮫島の言う自分が読んできた本が全て入っている図書館は確かに欲しい。

  • 無人島に持っていくなら?
    ときかれたら真っ先に思いつくほど、何度読んでも面白い。
    タイトルと同名の希少本を巡る物語だけれど、各所に散りばめられている、どうでもいいような会話も最高!
    本好き、特に本という存在が好きな人にはかなり面白いと思う。
    この本についてなら
    初対面の人でも夜通し語れてしまいそうです。

  • 本好きにはたまらない、そんな作品。物語の仕掛けがとても面白い。
    個人的には2章がお気に入り。あんなふうに私も夜行列車で旅に出たい。

  • どこか焦点があわない感じだったなぁ。いや、これがこの作者の持ち味だったか(笑)

    先に茶と黒の幻想を読んでしまっていたのがまずかったかな。

    四話とも一話目で出てくる表題の内容と似通っていて異なっていて。ぐるぐる回る。作者の意図はいずこに?

  • ミステリというカテゴライズは微妙かも。恩田作品に多いファンタジー寄りの世界観がうまく活かされた例。

  • よくわからなかった。。選べと言われれば第一章が好き。うーん微妙

  • 三月、麦の海は本当に好みど真ん中

    この不思議な感じがとてもいい。

    この話にでて少しだけ触れられる(二章だったかな)不思議な絵が他の本でメインの話になっていたり、さらっと触れられた内容が他の本に繋がっているところがみそ

全898件中 1 - 25件を表示

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)に関連する談話室の質問

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)に関連するまとめ

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)の単行本

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)のKindle版

ツイートする