三月は深き紅の淵を (講談社文庫)

  • 7602人登録
  • 3.58評価
    • (735)
    • (978)
    • (1793)
    • (172)
    • (49)
  • 889レビュー
著者 : 恩田陸
  • 講談社 (2001年7月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062648806

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • この本は様々な仕掛けがされていて面白い。幻の本「三月は深き紅の淵を」のことを語る第1章では、幻の本は「実はなかった」第2章では「実在する」第3章では「これから書く」、第4章は「今書いているところ」。時間軸、存在するか否か。中編ひとつひとつとると、一見バラバラなんだけど何処か三月〜とリンクしている。三月と本書の構成が同じというところも不思議な世界観にとらわれる。第4章がわかりにくい、という書評がちらほら。なるほどと思う。でもタイトル「回転木馬」イコールメリーゴーランドと捉えれば、作家と理瀬の世界と視点がが「くるくる回って」も納得いくのではないでしょうか。
    それにしても恩田先生は多読だ!と思わずにいられない。三月の〜は、随所に他作家の作品が登場する。ジャンルを問わず。読書好きにはたまらない本書の設定に加え、「読書家ならこの作品は知ってるよね?」と試されている気がする。そして、自分にとっての「三月の〜」のような何時迄も強烈に思い出せるような本に出会えたら、と心底思う。

  • 作者の読書に対する想い、考えみたいなものを随所にひしひしと感じた。
    「黒と茶の幻想」を先に読んでいたので色々とリンクしたのも面白かった。
    でも全部すっきり理解できたわけではない…
    またいつか読み返したい作品。

  • 物語は読者のために存在するのでも、作者のために存在するのでもない。物語は物語自身のために存在する。

    ***

    四部構成になる幻の本「三月は深き紅の淵を」を巡った四つのストーリー。私はこれが一続きのお話かと思って読んでいた。まぁ違うとも言えるしそうだとも言える。

    物語は物語自身のために存在すると文中にあったが、正に物語が物語を創造しており一つの物語はそれぞれパラレルワールドを持っているように映って見えた。

    本は、文章、物語は、活字化され製本され人の手に渡ると、それ自身が生き物のように新たな場所に息吹を吹き込む。

    うーん、深いストーリーだ。「夜のピクニック」ぶりの恩田陸。ハマりそう。物事の描写が緻密だけどアクがなく流れるように読めてしまう。すごいー。

  • 4部作
    序盤は入り込むのに時間はかかったが読むとどんどん吸い寄せられて行く。
    4部目はかなり興味深かったが、最後が理解できず星4つ

  • ミステリなんだろうか。久々に夢中になって読んだ。

  • 奇妙。結局4部作の意味わからんかった。

  • 「三月は深き紅の淵を」
    一つの本をめぐる物語。


    私は、恩田陸の小説をたくさん読んでいるわけではない。しかし、この小説を読む限り、小説(物語)とは?に関して強い拘りがあるタイプなのかなと感じました。なぜなら、一つの本をめぐる物語だけならば、そこまで拘りを感じないけど、第1章は、久方読んでないからこそのインパクトかも知れないですが、「よく本について喋る連中だ」と読者(少なくとも私に)に思わせるパワーがあるから。


    なんで第1章はそこまで思わせるかとなると、そのよく喋る連中は、きっと恩田陸の本に対する考えや想いを代弁しているからであり、恩田陸の小説家としてのプロットが詰まっているように感じるのです。


    フィクションとはいえ、作家の想いを小説の登場人物に代弁させるというのはよくあることだろうから不思議はないけど、こと小説はこうだ、いや、ああだ、という代弁の仕方になると珍しいように思うし、その珍しい代弁の語りには「物語とはこうあるべきだ」といった考え方や「本はやっぱりこうだ。本を読んでいる人はゲームよりも疎まれる」など世俗的な話まで出てきてここまで熱く語られては、恩田陸は当時こんな風な想いがあったんだなと感じざるを得ないですね。


    "生まれて初めて開いた絵本から順番に自分が今まで読んできた本を全部見られたらなって思うことありませんか?一つの本棚に順番に収まっている図書館がそれぞれにあって他人の読書ヒストリーを除くっていうのも面白いだろうな"という台詞には、なんか物語への愛情がダダ漏れで過ぎなフレーズですね。


    あらすじが後付けですが、こんな感じです。


    「三月は深き紅の淵を」は、誰が書いたか分からない幻の本。1人の人物が書いたか合作か。男が作者か女か。目的は何か全くわからない。そんな本は、限られたルートで配布され、作者は明かさないことなど厳重な約束が配布者と読者で交わされる。中でも読めるのは、一晩だけというルールは、きつめ。なぜならこの"三月"は「黒と茶の幻想」、「冬の湖」、「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」、「鳩笛」の4部作であり、かなりのボリュームなのだ。


    上記をベースに本書は「待っている人々」「出雲夜想曲」「虹と雲と鳥と」「回転木馬」の4部作で進んでいきます。物語への愛情諸々が語らい続けられるラフなミステリーは、第1部です。ただ第1部と同様に恩田陸の信念が垣間見えるのが、第2部ですね。こちらも代弁者からよく想いが伝わります。一方、恩田陸の想いではなく純粋な読みものに近いのは、第3、4部だと思います。


    初期作品とのことですが、きっと恩田陸の信念は、このころから出来上がっていたんだろうなとちょっと感じさせる一作ですね。「夜のピクニック」から入った人はとっつきにくいと思いますが、恩田陸のプロットを知る上では読むのは一理あり。

  • 作者不詳の四部作に、四部作の形式でその詳細に迫る。
    それぞれがそれぞれのアプローチを展開し、その中で描かれる人間模様や個性が面白い。
    家やカフェなどでのんびりしながら読みたい作品。

  • 幻の本「三月は深き紅の淵を」をめぐる物語。
    作者の本や小説に対する想いや考え方が
    色々詰まった物語でちょっと難しいところもあったけどなんだか不思議な世界に引き込まれる物語だった。
    同じ作者の他の物語ともリンクしてるみたいでそっちも読んでみたくなりました。

  • いつか読んでみようと思いつつ400P越えの長さになかなか手を出せずにいましたが、「ひとり恩田陸まつり」開催記念ということでようやく読みました。
    『三月は深き紅の淵を』という一冊の本を巡る4つの話。
    『三月~』という作中作と、この本自体がリンクしたつくりになっているというか。
    読み終わった時、私たちが今読んでいるコレは何なんだ!! みたいな興奮がありました。
    なお、『麦の海に沈む果実』にも、キーになるアイテムとしてこの『三月~』という本が出てきますが、このホントはまた全くの別物で、余計不思議。

    第一章の『待っている人々』が一番ミステリーチックで解釈もしやすい。
    第二章の『出雲夜想曲』は、夜行列車の中で一つの謎を解き明かすという本格ミステリーのような感じがすごく好き。二転三転んするところも良かったです。
    第三章は、今までの『三月~』という本の謎を探る話とは全く趣が異なってきます。恩田さんお得意の学園ミステリーにスポットが当たる。
    『三月~』はまるでおまけみたいな扱いというか。
    第四章は本当に難解でしたね。どう解釈したらいいのか。全く何の解決にもなってないようで、全部の解決なのかもしれない。この章があることで、この本の不思議さが際立ちます。

  • 4の短編から成る。ゆるい交錯が惹きつけるミステリー。

  • 一冊の本を巡り、交錯する時間軸、物語、世界。眩しさと暗闇が縦糸と横糸で織り込まれたような世界観。

  • 恩田ワールド全開?面白かった。謎は解き明かされないままの部分もあるけれど、嫌味な終わりかたではない。また、時間を置いて読み直したい本。

  • 謎の本をめぐる風変わりな4部作の構成。哲学的な発言が多くちょっと小難しいが、それなりに楽しめた。

  • 1冊の本を巡るストーリー。
    4部構成になっていることと1章のストーリーから、予感はしていたが、やはり!!!という感じ。
    構成やストーリーが作中の「三月〜」に酷似している点、4章の回転木馬で、読了後に始めから読み直してしまうような展開。
    まさに、ゴー.アラウンドwww

    1章「待っている人々」が一番読みやすく、展開としてもわかりやすいので親しみやすい。
    4章「回転木馬」は読みにくいという感想もあるが(もちろん自分もそう思うし、全てを理解出来ている訳ではないが)
    ここの展開は結構好き。
    ジグソーパズルのように一つ一つのピースが最後にガッチリハマるような感覚。
    そしてこの章があるからこそ、「三月は深き紅の淵を」という作品が完成する気がするし、著者の意図している方向へと向かっていく気がします。

    とはいえ、自身の解釈も深いとは言えないので、間をおいて再読必至です。

  • 面白かった。1冊の謎の本に纏わる物語。断片的に語られるその本の内容と、実際読んでいるこの本の構成が似ている事に途中で気付き、そこからずるずると不思議な錯覚に陥った。不思議な魔法にかけられたような、そんな1冊。

  • 4部構成の最後の話は、イマイチよく分からなかったですが、全体的には面白かったナリ。
    どこかで本人の解説などあると、嬉しい感じ。

  • 不思議不思議な本だった。こういう話も書けるなんて、引き出しがたくさんある人なんだ。結構好きかも。

  • 小説『三月は深き紅の淵を』を巡る短編集。

    『麦の海に沈む果実』を読んでから10年以上たってようやく読めた。

    この著者のミステリーってたまに無性に読みたくなるんだよな。

    昔を思い出すような不思議な感覚がある…気がする。

  • 解説が皆川さんだったと知って再読。恩田さんの「郷愁」「ノスタルジア」は、「現実に体験してないのに、懐かしいっていうのすごくわかる。

  • 『三月は深き紅の淵を』という幻の謎の本をめぐる四部作。
    作中の『三月〜』も実際のこの本も四章にわかれていて、それぞれの内容も、作中で語られる本の内容と違うようでいて同じような雰囲気やスタイルをとっている。
    一人に一晩だけ語られることを許された本について、その周囲の人々について、いたるところに謎がちりばめられた不思議なミステリー。

    一冊の謎の本のもつあやしげな雰囲気が、実際の物語にもただよっているようで、とても不思議な空気をもった本。手放しでおもしろかったー!っていうより、読んでいくにつれておもしろさがどんどんしみこんでくる感じ。

    1章の「待っている人々」と4章「回転木馬」がすき。4章は、よくわからなかったという感想をよくみたけど、幻想的な雰囲気があって、ミステリーとしてまとまっている他の3章(特に1,2章)と異なるからそう思うだけで、むしろこの4章がこうあるからこそ、この『三月は深き紅の淵を』がきれいに1冊にまとまって終わるんだと思う。

  • う~ん なんと言っていいのかわからない。
    それぞれの話は面白いのに、なぜか不完全燃焼の感。
    またいつか読んでみよう。

  • 4編からなる本。
    出だしの話は好み。
    最後の話が、ん?って感じかな。

全889件中 1 - 25件を表示

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)に関連する談話室の質問

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)に関連するまとめ

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)の単行本

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)のKindle版

ツイートする