英国庭園の謎 (講談社文庫)

  • 1967人登録
  • 3.35評価
    • (79)
    • (175)
    • (624)
    • (17)
    • (1)
  • 151レビュー
著者 : 有栖川有栖
  • 講談社 (2000年6月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062648912

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有栖川 有栖
有効な右矢印 無効な右矢印

英国庭園の謎 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • ジャパウォッキーは島田荘司の糸鋸とジグザグを思い出す。
    英国庭園は犯人に激しく同情。どうしようもなく悪い人に殺される薄幸の被害者とか、本来善人なのに悪人の手にかかったり偶然の采配で加害者になってしまう人のお話は読むのも見るのも辛いですね。

  • なかなか面白かった。完璧な遺書には有栖が出てこなくて火村先生も全然出てこないから趣向が違うのかと思いました。個人的には雨天決行が「へぇ~」という感じで編集作業に「ウテン」なんてあるんですね。

  • 公園の四阿でエッセイストが殺されたー雨天決行
    スランプ中の作家が抱いた疑念ー竜胆紅一の疑惑
    容疑者のアリバイを証明するのはアリスのサインー三つの日付
    殺人者が遺書を偽造するー完璧な遺書
    かつて捕まえた男が電話をかけてきたージャバウォッキー
    英国庭園での宝探し中に主催者が殺されたー英国庭園の謎
    以上6本を収録

    どれも趣向の違う贅沢な編集で、飽きません。
    作家さんだからこそ思いつく内容と言えましょう。
    博識でないと挑戦できませんね。(あたりまえ)

    後書きで喜国さんも書いてらっしゃいますが、本格ミステリで短編というのは難しいものなのだと思います。
    スパっと短く刈り込んであるし、火村センセイとアリス先生が魅力的なのでー特にアリスせんせの語り口がコミカルでするする入ってきちゃうのでーつい先を読んでしまいますが、
    もう少し詳しい内容がほしかったなぁなんて思うところもあり。(このままだとアレコレ疑問を挟む余地があるんだもの)

  • 優雅な英国庭園に隠れた秘密と悪意ほか
    『文字』、『文章』そして『稚気』を扱った6つの謎解き。
    トリックのアイデアが日常的に使うものから得られたものも多く、日常の謎っぽい読み味でサクサクつまめる。

    火村英生と作家アリスの国名シリーズ四作目。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    資産家の人知れぬ楽しみが、取り返しのつかない悲劇を招く表題作。日本中に大パニックを起こそうとする“怪物”「ジャバウォッキー」。巧妙に偽造された遺書の、アッと驚く唯一の瑕疵を描いた「完璧な遺書」―おなじみ有栖川・火村の絶妙コンビが活躍する傑作ミステリ全六篇。待望の国名シリーズ第4弾。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    さあさあ。
    満を持しての登場ですよ!

    え?何で?と思った人、正解です!
    何でかって個人的に「英国」と名のつくものが好きなだけだからです(*´∀`*)

    英国庭園。
    ジャバウォッキー。

    この言葉から連想されるもの...
    そう、「鏡の国の有栖」違った「鏡の国のアリス」ですよ。

    わざと間違ったけど当然作者は意図してるよね(*´∀`*)

    このほかにも、

    「雨天決行」
    「竜胆紅一の疑惑」
    「三つの日付」
    「完璧な遺書」

    と、盛りだくさんの短編です。

    特に「三つの日付」では、「海のある奈良に死す」で亡くなった
    アリス(有栖川の方ね)の作家友達、赤星氏がアリバイ工作に一役買います。

    ちょっとね、こじつけと言うか無理矢理感はあるけどね、
    この赤星氏が生きた証みたいな、ちょっとぐっとくるものがありました。

    「ジャバウォッキー」もなかなかスリリングな作品でした。
    アリス(有栖川以下略)が点と線を繋ぐために車を飛ばして大活躍です。
    ただ復讐劇としてはちょっとあっさりしすぎかなぁ...
    いやいや事件を未然に防ぐことが大事だよね、と思いつつ、
    多少の地味感は拭えずほんとにごめんなさい(土下座)

    で、表題にもなっている「英国庭園の謎」。

    これは発想がすごいなと思う!
    なるほど英国庭園が登場する意味もちゃんとあり。

    これは007的に暗号解読するミッションが課されるのですが、
    まぁ、暗号って答えありきなんだとは思うんだけど、
    でも、私にはちょっと分からなかったな~。

    謎解きされても検証しようとは思えないめんどくささでした(´Д`。)


    どれもよかったんだけど、これはやっぱりアリスと火村先生の勝利かな。
    この二人が出ていなかったら、ちょっと食指動かないかも知れない。

    なんかどれも出来レースな感じがしちゃって...
    ほんと作り手の努力を無視したことを言うよね...
    こんな読者にはなりたくないわぁ←お前だ

    アリスと火村先生はやっぱり大好きだ~。

    と言うわけで次の作品は「朱色の研究」!
    これもまだ、ホームズリスペクトの英国風作品なのかな?

    楽しみでーす!


    (あ、でも、ユニオンジャックがシンメトリーじゃないってことは知らなかった(´Д`。))

  • 他の作品に、密室ものしか書かない推理作家が登場するが、この短編集は、全て指向が変わっていて面白い。
    しかし、良く考えればすべて「言葉」が大きなカギかな?
    「ジャバウォッキー」のスピード感とドタバタ感は、不思議の国のアリスの雰囲気がある。

    『雨天決行』
    『竜胆紅一の疑惑』
    『三つの日付』
    『完璧な遺書』
    『ジャバウォッキー』
    『英国庭園の謎』

  • 作家アリスシリーズ#7(国名シリーズ#4)

    自分としては「龍胆紅一の疑惑」が一番面白かったです。
    「完璧な遺言」は叙述トリックでこの作家さんにしては珍しい作品。

  • 国名シリーズ4作目。表題作以外はとても短くさらっと読むことが出来ました。今回は言葉をモチーフにしたお話が多い印象。個人的には表題作は長いだけで余り印象に残らなかったのが残念です。と言うより、暗号のインパクトが強かっただけかもしれませんが。お気に入りは三つの日付です。海の奈良に死すに出て来た赤星が出て来たり、アリスのそそっかしさで犯人のアリバイが崩れるところが面白かったです。後は竜胆紅一の疑惑ですかね。最後がぞわっとしました。雨天決行の言葉のトリックはびっくりしましたね。これは凄い。

  • "言葉"にこだわった作品の多い短編集です。ワープロ打ちの遺書がキーになった「完璧な遺書」や、不思議な言葉を話す男「ジャバウォッキー」、暗号が見事な「英国庭園の謎」など。
    この中で特に好きなのはジャバウォッキー。意味不明な言葉を垂れ流しているように思えるのに、ちゃんと意味が通っていてそれが明らかになっていくのが面白い。

  • 火村アリスの国名シリーズ。どの順番から読んでもあんまり問題ないのでちょろっと読めるのが嬉しいシリーズですね。
    国名シリーズといってもなんとなくタイトルにつけられてるだけであんまり関係ないのがほとんどですし。今回も・・まあ英国庭園はでてくるものの、別にそれがなかったからお話としてあるいはトリックが成り立たないとかもないですし。日本庭園でもいいわけだし・・いやまあそれこそどうでもいい話ですが。
    今回も気軽にまったりと楽しめました。毎回短編をなんらかの統一性を持たせてる火村アリスシリーズですが今回は「作家」がらみなのかなと思ったけど最後の表題作だけ作家あんんまり関係なかったな。それもまたどうでもいい話ですけど。

  • 【図書館本】今回は、ヒムアリのイチャ付き度は低く、ミステリとして読み応えがあった1冊。だから少し寂しくはあるけども、十分満足してる。……いつもと違ったベクトルで、だけど。 「ジャバウォッキー」と表題作「英国庭園の謎」が好き。英国庭園は一度散歩してみたいな。

  • あまり印象に残ったお話が無かったかな。
    ジャバウォッキーのアリスのアクションは楽しかった。

  • どれも好きだけれど、ジャバウォッキーと表題作が特にお気に入り。
    それにしてもいつも感じるのは、実写化すると画面に映えるだろうなぁという書き方。人物の映像化含め、ドラマ化が楽しみです。

  • 登録以前に。ドラマ化を機に。言語系のトリックが多い気もします。気に入っているものと言われると、今回はどれも似たり寄ったりで決め難いですが、強いて言うならば表題作。印象に残っているのは「完璧な遺書」、倒叙型の作品でなかなか面白く読めたものの最後はもう一押し欲しかった気も。「ジャバウォッキー」はスピード感、「竜胆紅一の疑惑」はぞわりとさせる雰囲気が良い。いろいろな趣向がありつつ、だいたいクオリティが高くて、もう尊敬します。火村先生の「そうさ、アミーゴ」も拝聴できたことだし、満足です(^^;

  • シリーズ第3短編集。

    雨天決行
    雨上がりに付いた足跡、被害者の残した会話が問題。
    前者から始まる推論は素晴らしいが、後者はうーん。


    竜胆紅一の疑惑
    まだ、起こらない殺人事件。
    たまに見る展開だが、アンフェア気味。
    あとがきの詳しい内容が気になる。


    三つの日付
    警察は、この証言の取り方で裁判に勝てるのだろうか?というのは不粋。
    アリスの手帳を見せてくれたらいいのに(笑)


    完璧な遺書
    倒叙もの。
    おいおい、犯人よ。そこは手抜かりなくよっとけよ。


    ジャバウォッキー
    本書の中で一番好き。犯人にはゼヒ再登場願いたい。


    英国庭園の謎
    表題作。
    暗号の出来は過去最高。
    殺人事件いらなかったのでは?

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    資産家の人知れぬ楽しみが、取り返しのつかない悲劇を招く表題作。日本中に大パニックを起こそうとする“怪物”「ジャバウォッキー」。巧妙に偽造された遺書の、アッと驚く唯一の瑕疵を描いた「完璧な遺書」―おなじみ有栖川・火村の絶妙コンビが活躍する傑作ミステリ全六篇。待望の国名シリーズ第4弾。
    平成27年8月30日~31日

  • 国名シリーズ4作目。
    前作『ブラジル蝶の謎』からあまり間を置かずに読んだからか、少し飽きたみたい。

  • えーと。
    『竜胆紅一の疑惑』の完成度が一番高いかな。
    でもこれ、キングの「XXXー」じゃないかーっ!

    このシリーズ、実はワトソン役の情報が極端に少ないことに今回気がつきました。
    他人から見た場合の客観的な性格評価に、生い立ち・家族・経歴・容姿・・・・作者と同姓同名なだけに敢えて伏せてるんでしょうかね

  • 公園にはじまり、庭園におわる短編集。
    大作家の御屋敷から、南米テイストのバー、新大阪駅に英国庭園というテイスト豊かな舞台での謎解き。
    作者による解説、喜国雅彦氏による解説も読み応え有り。

    ◆「雨天決行」
    主な現場:西宮市 甲山森林公園 10/3
    警察サイド:兵庫県警 捜査一課 樺田警部、野上部長刑事
    伝統芸能、シャーロック・ホームズの技を継承した?火村の観察眼が冴える一編。
    お約束の野上部長刑事とのやり取りだが、ほほえましい一節もあり。
    樺田警部の「声優ばりの渋い低音(バス)」「甘い声」「それが地声なのだから、女性を相手にするときは得だ」もポイント。
    ◆「竜胆紅一の疑惑」
    主な現場?:東京 目黒碑文谷の作家宅
    警察サイド:なし
    関係者:珀友社、片桐光雄
    珀友社編集長からの、ダンディなベストセラー作家の悩み相談依頼。編集者のふりをする火村も見もの。
    ◆「三つの日付」
    主な現場:兎我野のラブホテル、天王寺のバー「ナスカ」
    警察サイド:大阪府警 森下刑事
    関係者:赤星楽(昨年5月にある事件に巻き込まれて不幸な死)
    アリスが取調べ?され、過去の事件のアリバイ崩しを検討。故人も登場し、少し切ない。終わり方が粋。
    ◆「完璧な遺書」
    主な現場:京都、木曽福島
    警察サイド:京都府警 柳井、長野県警 富樫
    犯人の一人称による倒叙形式ミステリ。解説では「出番をなしにしてアリスには申し訳なかった」と触れられているが、アリスの変わった形での関係の仕方が逆にその存在をアピール。
    火村の実地での謎解きが爽快。
    ◆「ジャバウォッキー」
    主な現場?:アリス自宅、火村研究室
    警察サイド:なし
    華麗なる言葉遊び。頭を使う火村、体を使う?アリス、電話を通してのコンビネーションが見事。
    ◆「英国庭園の謎」
    主な現場:大阪和泉市のはずれ、緑川隼人邸
    警察サイド:大阪府警船曳班、森下刑事(鮫山警部補初登場)
    参加者が暗号を解いて宝物をみつけようと英国庭園を探索している最中におきた殺人事件。
    見事な英国庭園、「不思議の国のアリス」を思わせる登場人物に囲まれて、どこか象徴詩のようなロマンテッィクな暗号の謎をとく。

  • 数少ない読了した有栖川有栖作品の中ではこれが一番よかったかも。

  • 火村シリーズは、やっぱり面白い!

  • 有栖川有栖の作品を初めて読んだのだけど、面白かった。
    有栖川有栖はそのまま推理作家として登場し、大学の犯罪学の教授である火村とコンビを組んで、犯罪捜査をする話。
    犯人目線からの話もあり、犯人の心理状態がリアルにわかって面白かった。
    表題の話は、殺人はいけないことだけど、殺されてしまっても仕方ないと思える人が被害者。
    人の人生を自分のちょっとした娯楽のために使うということが許せなかったが、まさかそういう展開になるとは思わなくてびっくりした。
    私がなにも考えずに読むせいもあるけど、突拍子もない展開になったりするのが、短編でうまくまとめられてて読みやすい。

  • 短編集
    『雨天決行』
    『竜胆紅一の疑惑』
    『三つの日付』
    『完璧な遺書』
    『ジャバウォッキー』
    『英国庭園の謎』

    謎を解くという観点では、専門知識を要していて「そりゃ知らんよー」と言いたくなるがちらほら。
    (推理小説とは、得てしてそういうものかもしれないが)
    ただ、それからどうなるの!?というはらはらドキドキ感は満喫できました。

    温存しておいた火村先生シリーズ。
    読むのが久々だったので、とても癒されたー。
    今作は、火村先生がアリスさんの事を語る、若しくは理解を示している場面が多かったと思う。
    アリスさんの3年前の記憶を手繰り寄せるのを手伝ったり
    アリスさんのPC設定が事件の糸口になったり。またその逸話の面白い事(笑)。
    もっともっと火村先生シリーズが読みたいわー。

    (2014.10.12 読了)

  • 有栖川有栖『英国庭園の謎』読了。国名シリーズ第4弾。

    暗号の謎が際立っている短編集。特に表題作の謎は、考える側である作家も一筋縄では行かなかったのではないかと思わされた。

    他には倒叙ミステリなども見受けられ、バラエティに富んだ一冊になっている。

    有栖川有栖に限ったことではないと思うが、本当に抽斗が多い作家だと思わされると同時に感心する。これまで同様、謎解きしながら色々な知識、雑学が得られたのも良かった。

全151件中 1 - 25件を表示

英国庭園の謎 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

英国庭園の謎 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

英国庭園の謎 (講談社文庫)の作品紹介

資産家の人知れぬ楽しみが、取り返しのつかない悲劇を招く表題作。日本中に大パニックを起こそうとする"怪物"「ジャバウォッキー」。巧妙に偽造された遺書の、アッと驚く唯一の瑕疵を描いた「完璧な遺書」-おなじみ有栖川・火村の絶妙コンビが活躍する傑作ミステリ全六篇。待望の国名シリーズ第4弾。

英国庭園の謎 (講談社文庫)の新書

ツイートする