まどろみ消去 (講談社文庫)

  • 3170人登録
  • 3.27評価
    • (116)
    • (243)
    • (941)
    • (72)
    • (12)
  • 247レビュー
著者 : 森博嗣
制作 : 山田 章博 
  • 講談社 (2000年7月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062649360

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

まどろみ消去 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 今まではシリーズものを読んでいたせいか、殺人があって犯人が誰でなどのお話しでしたが、今回の作品は短編集でしたので、今までと違うなと感じました。
    全体に不思議な膜がかかったような進み具合で、純文学?と錯覚しそうになります。ですが、そこは森先生。
    いろいろと散りばめられた言葉の中に、意図したことが多々あります。
    S&Mシリーズの登場人物はほとんど出て来ておりませんが、新鮮さと読後の余韻がとても良かったです。

  • 【あらすじ】
    大学のミステリィ研究会が「ミステリィツアー」を企画した。参加者は、屋上で踊る三十人のインディアンを目撃する。現場に行ってみると、そこには誰もいなかった。屋上への出入り口に立てられた見張りは、何も見なかったと証言するが・・・・・・。(「誰もいなくなった」)ほか美しく洗練され、時に冷徹な11の短編集。

    【感想】

  • 短編集。「ミステリィ対戦の前夜」「誰もいなくなった」にS&Mシリーズの人物(西之園萌絵など)が登場。

    【感想】
    ミステリー作品が主だが、スリップストリームの色が濃い短編も含まれる。個人的に良かったのは「キシマ先生の静かな生活」。理系のエッセンスが入った著者の作品はやはり面白い。
    一方で、レトリックを使った作品が目立つため、S&Mシリーズのような論理的展開を期待した人には肩透かしかも。

    【収録作】
    虚空の黙禱者/純白の女/彼女の迷宮/真夜中の悲鳴/やさしい恋人へ僕から/ミステリィ対戦の前夜/誰もいなくなった/何をするためにきたのか/悩める刑事/心の法則/キシマ先生の静かな生活

  • これは短編集ですが、それぞれ独立した話であるものの、S&Mシリーズの萌絵が出て来たりと好みのものもそうでないものもありました。
    私の好きなのは『虚空の黙禱者』『彼女の迷宮』『誰もいなくなった』『悩める刑事』です。非常にわかりやすいものばかりですが。

  • 大学のミステリー研究会が「ミステリーツアー」を企画した。
    参加者は、屋上で踊る30人のインディアンを目撃する。
    現場に行ってみるとそこには誰もいなかった。
    屋上への出入り口に立てらてた見張りは、何も見なかったと証言するが、、、。
    美しく洗練され、時に冷徹な11の短編集。

  • キシマ先生がはいっている。
    電子書籍、蔵書

  • 「虚空の逆マトリクス」で少し苦手意識のあった、森博嗣の短編。
    しかし、今回はハマった。

    短編だけに、そこまで壮大な逆転劇はないだろう、と踏んで読み進めていたら大違い。

    予想を裏切られること、裏切られること。

    S&Mシリーズの萌絵も、少しだけど犀川先生も登場する、相変わらずのファンサービスぶりが嬉しい!

  • S&Mシリーズの短編が収録されているとのことで、購入したまま放置していました……。やっと読めた!
    森さんの短編かぁ、と敬遠していたんですが、これはこれでアリかな。
    というか、個人的に恩田さんの匂いがして好き。お気に入りは「純白の女」と「悩める刑事」
    そして、犀川先生がラストに登場する「誰もいなくなった」。犀川先生が登場するとほんとに話が締まる。
    ラストの「キシマ先生の静かな生活」はロングバージョンがあるらしいので是非それも読んでみたい。

  • S&Mシリーズを面白いと思って読み続けて、刊行順に読もうと思って手に取った本書。正直あまり面白くなかった。自分がこのシリーズを好きなのは、森博嗣がというよりは、犀川先生と、そして間賀田博士が好きだからなんだなあと再認識。

  • 森博嗣が初めて書いた短編集となる。全部で11篇。「ミステリィ対戦の前夜」と「だれもいなくなった」はS&Mシリーズのキャラクターが登場します。「だれもいなくなった」は、あの作品からの伏線かと感じます。(ここでは公表しません。探してみてください)

    私が一番好きな物語は、「純白の女」でしょうか。
    ミステリィではありませんが、幻想小説な雰囲気を醸し出している作品かなと。

  • どんな内容だったか?

  • 本編を早く読み進めたくて飛ばしていた短編集第1作目を今頃ながら読了しました。ブラックな話、幻想小説のような話、ライトなミステリィと様々な森作品を楽しめました。このころの西之園はまだ幼い感じでなんだから懐かしかったです。

  •  S&Mシリーズ全10巻を読み終えたので、余韻を楽しむ間を惜しんで『まどろみ消去』を読み始めた。『封印再度』『幻惑の死と使途』の間に出版された作品らしい…

     205ページで、ようやく西之園モエ(何故かカタカナ)が登場した!

     『まどろみ消去』を読了しました。西之園モエとカタカナにした理由は、『今はもうない』で西之園嬢と表現していたことと同じような理由か?

     私と森先生の作品との出会いはセレンディピティに溢れている。私は『喜嶋先生の静かな世界』を入手した直後に、以前から積んであった「キシマ先生の静かな世界」が収録されている『まどろみ消去』を読んでいる…『まどろみ消去』の大部分は、文章のトリックでミスリードを楽しませる趣向で、森先生風に言うと「読まなくても良い作品」なのかもしれないが、中には人間が何に惹かれ何に絶望するかを示唆する内容も少なくない。

     文章のトリックでミスリードさせられるミステリーは、大嫌いだったのですけれども、『まどろみ消去』は、まさにそんな短編集でした。でも、森先生にやられると嫌じゃない?

     森先生の思考を少しでも多く発見し繋ぎ留めたい読者なら、手に入れて書棚の一等地に置いた方が良いだろう。この作品には、脳細胞の一つとして、繋がる機会を待っている可能性があるから…

  • 11本の短編集。

    「あぁ、そっちね。」
    というサクッとだまされた感じも心地いい。

    所々に"らしさ"を感じる、
    クスリとくる会話が入っていたり。

    軽くてサクサク読めて爽快!

  • 短篇集。S&Mシリーズの犀川と萌絵が登場するものも2編収められているが、S&Mシリーズに直接関係は無いと思われる。
    ちょっと星新一のショートショートを思わせるものもあって、読んでいて懐かしい感じがするものあった。一方、オチがよくわからないものもあったが、おそらく作者はオチを付けるつもりはなかったんだろうな~。

  • 森博嗣の初期短編×11。
    謎解きというよりはフリがあってオチがある小噺的な内容。
    詩的な森もあり。
    「虚空の黙禱者」「彼女の迷宮」「悩める刑事」「キシマ先生の静かな生活」あたりが特に良い。

  • ミスリードさせられた話が幾つかありました。

    西之園さんが出てくる話もあります。

    主人公の語りの様な話も良かったです!


    370ページに11個の短編。
    ボリュームに欠けるかと思いきや一個一個が無駄な数式を削ぎ落とした纏りのある話でした。

    オススメは『キシマ先生〜』『やさしい恋人へ僕から』『悩める刑事』です!

  • どの短編も違う良さがあり面白かった。

    ミステリー×理系といった未知の世界感が良かったのと、短編なのにそれでもちゃんと最後のどんでん返しがあるところも気に入った。

    文体、構成がすらすらと読みやすかった。

    どのページにもびっしりと文章を書く作家もいるが、森博嗣のように程よい空白がある全体的な文章が安心して読めた理由でもある。

    どのストーリーも本当に面白かった。

  • 悩める刑事と誰もいなくなったが好き

  •  古書店で無作為で手に取って選んだ本。森博嗣氏は人気作家だが私にとっては初めての読書だった。本書は11篇の短編ミステリー集である。
     理系の大学助教授(当時)の作者らしく、本書はいろいろな意味で理系的な世界が横溢している。まずは表記のレベルでの「データ」「コンピュータ」「センサ」などの理系独特の書きようが目立つ。使われている用語の中にも多くの述語がちりばめられ、独特の世界観を醸し出す。
     いくつかの話には大学が舞台になっているが、それも私の知る文系の大学とは雰囲気が違う。私の知る大学はもっとルーズでどろどろとしていたものだが、本書のキャンパスははるかにドライな感じがする。
     登場人物の感情描写にも理系的な感じがする。人物の属性が非常に際立っていてあたかも内面に符号のようなものを隠し持っていて、それが何かに反応すると行動を起こすといった風である。実際の人間はもっととらえどころがないのだが、この著者にかかるとかえって数式のように動く人間関係に独特の面白みを感じてしまうから不思議だ。
     「キシマ先生の静かな生活」はこの著者ならでは作品だと思う。大学にいる変人については文系研究室にもいた。極端な性格の人物が認められる世界である大学のある側面が描かれていて面白い。

  • どっちかというと、奇妙な味の作品。長編のよう謎解きが無いぶん、逆に、独自の世界が感じらる短編らしい短編。

  • 短編集だから、どこから読んでもいいという気楽さがいい。全部短編専用の物語かというとそうでもなく、シリーズものの登場人物が出てくる話もあったけど、シリーズ知らなくても楽しめる構成になっていたのはよかった。

  • 順番に読んでいた筈が、間を発見できず一つ飛ばしになりました。短編集。とてもサクサク読めます。長編が好きな方には物足りないかもしれませんが、見本市のような感じ。私は好きです。
    長編に出てくるキャラクターのショートストーリーやオリジナルキャラクターまで様々です。
    個人的には、最後の「キシマ先生の静かな生活」と「純白の女」が面白かったかな。

  • 森博嗣の『まどろみ消去』を読了。

    S&Mシリーズに関係する話を含めた11の短篇集。とはいえそれは二篇だけで、他は独特な雰囲気を持つ独立した短篇ばかり。中には一般的に持たれている───個人的にという方が正しいかもしれないが───ミステリの定義に当てはまらないものもある。読んでいると、元々それを意識していたのではないかとも思えた。

    S&Mシリーズしか読んだことのないオレにとって、森博嗣の新たな一面を見つけた気がした。

    お気に入りは「やさしい恋人へ僕から」と「キシマ先生の静かな生活」の二篇。なんといえばいいのか、兎にも角にもいいなと思えた。理屈ではないのだ。

    文体は相変わらず素晴らしい。森作品には独特なものがあり、まるで精密機械のようだと感じることさえある。それがまた魅力の一つなのだろう。

全247件中 1 - 25件を表示

まどろみ消去 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

まどろみ消去 (講談社文庫)の作品紹介

大学のミステリィ研究会が「ミステリィツアー」を企画した。参加者は、屋上で踊る三十人のインディアンを目撃する。現場に行ってみると、そこには誰もいなかった。屋上への出入り口に立てられた見張りは、何も見なかったと証言するが…。(「誰もいなくなった」)ほか美しく洗練され、時に冷徹な11の短編集。

まどろみ消去 (講談社文庫)のKindle版

まどろみ消去 (講談社文庫)の新書

ツイートする