文庫版 狂骨の夢 (講談社文庫)

  • 6527人登録
  • 3.58評価
    • (538)
    • (902)
    • (1723)
    • (77)
    • (9)
  • 540レビュー
著者 : 京極夏彦
  • 講談社 (2000年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (984ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062649612

文庫版 狂骨の夢 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • このシリーズ、新書版で全巻読んでいるんだけど、大幅に加筆されているとのことで、本書のみ文庫も購入( ´ ▽ ` )ノ。
    とはいっても、前に読んだの10年以上前だから、どこをどう膨らませたんだか、よく分からなかった(>_<)。
    たぶん最初のほうじゃないかな? 京極堂の登場がいくら何でももっと早かったような気がする……。

    前半が長いんだよなあ(´ェ`)ン-…。
    同じ人間を四度も殺して首を斬るという、奇を衒いすぎるほど衒ったアイディアは、本当に面白い( ´ ▽ ` )ノ。
    黄金の髑髏(その製造過程……)も、聖人の骨を集める謎の宗教団体も、読者の好奇心をぎんぎん煽ってやまない( ´ ▽ ` )ノ。
    ……が、前2作と比べてどうも一段落ちる感じがするのは、前半部分が長すぎるからなんじゃないかなあ(´ェ`)ン-…。
    伊佐間や朱美のキャラはいいんだけど、グダグダ昔のことで小難しく悩んでる元精神科医と牧師(神父だっけ?)のくだりは読んでてうんざり(´ェ`)ン-…。
    むしろ加筆するより大幅に減筆(?)したほうがよかったかも(´ェ`)ン-…。
    大昔からの関係者が誰彼関係するとか、バッタリ再会するとか、重要シーンを目撃するとか、偶然が多すぎるのもさあ(´ェ`)ン-…。
    肝心のところがほぼ全て回想や伝聞というのも、なんかねえ……(´ェ`)ン-…。


    しかし、これから「鉄鼠の檻」「絡新婦の理」を初めて読むという人たちが羨ましい( ´ ▽ ` )ノ。
    本書はちょっと……だけど、以降おもいっきり盛り返すからね( ´ ▽ ` )ノ。
    特に「塗仏の宴」は圧巻( ´ ▽ ` )ノ。
    ……正直、そこでシリーズ完結とすればよかった、かも……(´ェ`)ン-…「陰摩羅鬼」と「邪魅」は、ねえ……(´ェ`)ン-…。


    山田正紀先生の解説、言い訳に始まり言い訳に終わる、意味不明な代物だった(´ェ`)ン-…誰も読みたくない言い訳文を削除して、そのぶん本論を詳述すればいいものを……。


    しかし、このシリーズの文庫版カバーアート、絶望的にダサいな……(´ェ`)ン-…。
    手にかかる荷重配分からしても、やっぱり新書版で読むのが一番( ´ ▽ ` )ノ。

    2016/08/28

    これ「百鬼夜行シリーズ」ってんだ(゚д゚)!。
    いまブクログの「タグ」見て初めて知った(゚д゚)!。
    てっきり「京極堂シリーズ」だとばかり……。

  • 腐女子ファンが多いという噂を聞いたり分厚いだけのハリボテ小説だと思っていたりしたせいで、今まで手を出さなかったが読み応え抜群の良作だった。もっと早く読めば良かった。
    トリックはトンデモと言えなくもないがそれにつながる積み重ねが半端ないので全然気にならない。薀蓄部分もパッと見敬遠してしまうが結構スラスラ読める。というか読まされる。
    姑獲鳥の夏と魍魎の匣は映画で観たからいーわと思ってシリーズ3冊目から読んでしまったけどそっちの方も読んでみようと思う。
    この作品の題名は狂骨の夢だけど狂ってるのは骨ではなく骨を取り巻く男達。

    しっかしまー朱美は何度ページをめくっても好きになれないキャラだな。嫌いというより京極堂シリーズの女達はほぼ全員一癖二癖どころか三癖四癖もあって、綺麗な人ほどそうという傾向があるから、美形でかつサッパリとした性格の朱美は異様に見える。京極堂シリーズに存在するには健全過ぎるとでもというか。

    というか結局朱美と民江って結局この作品では幾つなんだろう?
    宇多川のうちの妻は27歳という発言や、朱美の終戦直後自分は19か20だったとか自分と民江は同い年とかいう発言から考えると2人は27歳ということになる。が、憑き物落とし中の一柳の証言が本当なら少なくとも朱美は26歳ということになる。
    朱美が大正14年の冬生まれで民江が大正14年の春〜秋生まれってことなのか?

  •  伊佐間さんの見方がとても好き。
     視点が場面場面で変わるんだけど、木場さん視点になるとイライラして、降旗視点になるとなんかもう「これしかない」みたいな気分になって、伊佐間さん視点になるとみんなどこか可哀想だなっていうほんのり温かいような気持ちになるのがとても面白かった。
     関口君視点になるとなんだかみんなが優しいように感じられる。木場さんは「みんなの関口に対する言動が冷たすぎるように感じられるが自分もそうしてしまう」って思ってたけど関口君視点だとそうでもなくて、むしろ関口君視点で鬱陶しいのは関口君自身だった気がする。

  • シリーズ第3段。
    作中での3作が半年の期間であったとは(笑)。

    いわゆる“本格推理”と呼ばれるジャンルなのだろうけれど、“仕掛けありき”とならずにストーリーでも魅せてくれるのが、京極さんの好きなところ。

    “民江”兄妹の悲惨すぎる人生……。

    ★4つ、7ポイント半。
    2015.09.19.図。

  • 途中空中分解しかけて、もう本当にどうしようかと思ったけど「著者の事だから最後にはなんやかんやで納得させられるはずだ」と思いながら読み進めると本当に最後にはストンとまとまって落ち着いたので安心して感心しました。
    読者と同じベクトルで京極堂以外の登場人物が「理解できていない」事が良かったです。ああ、ここはまだ分からなくていいんだなと思えるので置いてけぼりにならない。関口君にはいつも感謝してます。

  • 再再読にしてようやく、すらすらと読み進めることができた。
    「全部同じに考えるから解らなくなる」お話の直後に「全部つなげて考えないと解らなくなる」お話を書くんだから京極先生もお人が悪い。

    作中で京極堂が「フットボール」になぞらえている通り、みな自分(達)の「夢」のために髑髏を取り合っている。
    大の大人たちが髑髏を巡って争うさまは、冷静に考えればそうとう滑稽だと思えるが……
    五百年、千五百年という重みをもった「夢」と、父の病気を治したいという(行き過ぎた)親孝行の気持ちを同列の「夢」として語れてしまうから京極堂は凄い。

    髑髏の山の前で交わる男女の「記憶」を「夢」だとして分析し、ひとり相撲している降旗が悲しく滑稽で哀れ。
    彼自身の体験も民江の体験も、素直に受け止めてそのままをみればよかったのだ。
    なんて簡単にいえることではないのだろうな。

  • 朱美という女は、なんて魅力的なのだろう。

    前半は、前作で魅了されてしまった京極堂の出番がなかなかなく、それだけが物足りなく感じたが、それはあくまで個人的な感想。

    自分も、登場人物達も、ある意味、前回の事件で学んだことが覆されてゆくことに戸惑う。
    それゆえ、関口などはかなり混乱してゆくが、更に混乱している元精神科医のおかげで、少し正常な気さえした(笑)

    今回のクライマックスの憑き物落としの会場が、お寺であるせいか、真っ暗な境内でのやりとりは、とてもスリリングでドラマチック。
    漆黒の衣に身をまとった京極堂様のセリフのひとことひとことが、ドキドキという心臓の音とともに体の中にしみ込んでゆく感じ。

    ラストは切ない気持になったが、朱美の言葉に少し救われた。

  • 最後の方に憑き物が落とされていくところの爽快感が、本とは思えないほど良かった。
    百鬼夜行シリーズで一番好き

  • 骨と夢をめぐる人々の執着を背景に、戦時中の兵役忌避者殺害と8年後の鎌倉・逗子で起こる事件の顛末を描く物語です。

    物語の展開はほとんど無く、問題と解答、その背景を埋める因果と蘊蓄のみという極端な構成でした。

    今回は妖怪の知識だけでなく、心理学や歴史、古典世界にまで手を広げているため、一層スケールが大きいものでした。

    このシリーズ読み続ける読者は当然蘊蓄を楽しめる人間だと思いますので、そういう意味では充実した作品だったと言えます。

    犠牲を厭わない、倫理や社会性を踏み越えた願望の恐ろしさを見せつけられると普通が一番と思ってしまいますが、そう思っている人間の自我まで不安定にさせるのが、このシリーズの一筋縄ではいかないところだと改めて認識させられました。

  • いいやねー。これまでの3作の中で1番好きかも。
    複雑に絡み合うって点で言えば、前2作よりすごい!ぐーわぐわする。
    そして驚くべきは、分冊文庫版で読んだときに、下巻のほとんどが京極堂の憑きもの落としに使われていること。長っ!マジで長っ!だからって全然嫌じゃないけど。むしろ悦。
    理解を追いつこうって必死にさせられるのがいい~。

全540件中 1 - 10件を表示

京極夏彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

文庫版 狂骨の夢 (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

文庫版 狂骨の夢 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

文庫版 狂骨の夢 (講談社文庫)の作品紹介

夫を四度殺した女、朱美。極度の強迫観念に脅える元精神科医、降旗。神を信じ得ぬ牧師、白丘。夢と現実の縺れに悩む三人の前に怪事件が続発する。海に漂う金色の髑髏、山中での集団自決。遊民・伊佐間、文士・関口、刑事・木場らも見守るなか、京極堂は憑物を落とせるのか?著者会心のシリーズ第三弾。

文庫版 狂骨の夢 (講談社文庫)の単行本

文庫版 狂骨の夢 (講談社文庫)の新書

ツイートする