南京の真実 (講談社文庫)

  • 42人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (6)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : エルヴィン・ヴイッケルト  平野 卿子 
  • 講談社 (2000年9月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062649940

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
村上 春樹
ロバート キヨサ...
J.L. ボルヘ...
ヴィクトール・E...
遠藤 周作
アゴタ クリスト...
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

南京の真実 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 日本軍が南京に到達した段階で、国民党軍の司令官は遁走。そのため兵は混乱・潰走し、軍として既に組織していなかった。南京市にはその時に5~6万人程度の遺体があったとのラーベの推測だが、そのうち3万人は下関の国民党軍の遺体(長江を渡れず混乱・溺死)、残り2~3万人のうち国民党軍の残党や中国人自身による略奪(ラーベは中国人と日本人を混同もしくは区別できていない感がある)が半数と考えると、結局日本軍による殺害は1万人前後と考えられる。あとがきには『「南京大虐殺はまぼろし」派にとっては不利な資料』とあるが、逆に大虐殺はなかった証拠といえる。

  • 4062649942  381p 2000・9・15 1刷

  • 1937~38年の南京。ドイツ人でナチ党員だったラ-ベが見たもの。中国のシンドラーと呼ばれたラ-ベはナチの紋章とドイツ国旗を日本兵に見せて、中国人たちを救う。そして平和を愛する指導者と信じるヒトラーへの純情なる陳情。しかし、当然ながらヒトラーは黙殺。防共協定の友好国ドイツ人の見たドイツ人を含む外国人に対しても例外なく暴力を揮う日本軍の統制のなさ。南京虐殺の事実を書き残した日記だけに迫力があります。ドイツ人で三種類の人物がいる。①ナチ党員②インテリ③立派なドイツ人この内2つだけは兼ねることが出来たという説明が篩っています。(ラ-ベは①と③であったが、②ではなかった!)

  •  当時南京に住んでいたドイツ人シーメンス社社員の手記がもとになっています。
     日記の語調が、明るいというか他人事というか、緊迫感が感じられませんでした。書いてあることはグロいのに。翻訳が、そうなのかも知れませんが。また、中国人難民の食糧がひっ迫してると言ってるのに、残留外国人たちでクリスマスパーティを開いたりしてて、やっぱり他人事なんですかね。
     南京事件があったかどうかは、この本からは私にはわかりません。
     当時日本の同盟国でしかもナチス党員だった作者があえて日本に不利な証言をしているのだから間違いないのでしょうか?
     または、ナチスを特にヒトラー個人を熱狂的に支持していた作者のような人が語る事だから信用できないのでしょうか?
     難しいです。

  • 日本ではあまり詳しく説明されていませんが、南京大虐殺のお話です。

    当時南京に住んでいたドイツ人の外交官の手記がもとになっています。つまり中立、あるいは日本と親しい関係にある(当時はドイツと日本は友好国であった)人からの情報であるため、かなり信頼性は高いと思います。

    残念ながら、日本人の非人道的なふるまいは確実にあったと言えるでしょう。私の祖父も中国でについては同様のことを言っておりました。

    同じ人間なのになんであんなことできるんだろうなぁ。いつも思うんですが強姦は本当に意味がわからない。

    なぜ人間以下と教育された人と子供を残す行為をするんだろうなぁ。

    こういう話を見ると、島の1個くらいはあげても・・・と思ってしまう。まあ領土問題とこれは別の話なんでしょうけどね。

    それにしてもジョン・ラーベさんは素晴らしい人だ。私が同じ立場になった時、同じことは出来ないと思う。

全8件中 1 - 8件を表示

南京の真実 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

南京の真実 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

南京の真実 (講談社文庫)の作品紹介

1937年冬、南京。激しい攻防戦の後、街は日本軍によって占領された。荒廃した南京での中国人を救おうと奔走し「南京のシンドラー」と呼ばれたドイツ人の日記が、歴史の封印を解かれた。「大虐殺」と「まぼろし」の間を揺れ動いてきた論争に絶大な影響を与えた、中立の第三者が記録した「南京事件」の真相。

南京の真実 (講談社文庫)の単行本

ツイートする