妖怪アパートの幽雅な日常(5) (YA! ENTERTAINMENT)

  • 849人登録
  • 3.90評価
    • (129)
    • (115)
    • (149)
    • (8)
    • (1)
  • 81レビュー
著者 : 香月日輪
  • 講談社 (2006年3月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062693646

妖怪アパートの幽雅な日常(5) (YA! ENTERTAINMENT)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 対照的な新しい教師が2人登場して、さらに面白かった。
    妖怪アパートには 夕士に大切なことを教えてくれる大人がたくさんいて
    学ぶことが多いところだな~と思う。 

  • 千晶先生のスペックの高さにびっくり。
    こんなかっこいい先生が高校にいたら惚れてますよそりゃあ!
    残念ながらうちの高校にはいませんでしたが…。
    ある種青木先生のような先生なら結構いるでしょうが。

  • 二学期が始まり学校中心のお話。新しい先生2名が登場したことで、日常生活だけではなく新鮮な展開になりました。くぅ~ムカつく~って思うような場面もあり、単純だけどやっぱりいい言葉を選んでるわ~と思う場面もあって読み応えがありました。
    最後は学園天国的な終わり方で面白い。
    豊饒の秋なので、るり子さんのご飯が美味しそうでたまらーん!
    身の詰まった秋刀魚に松茸と牛肉のスキヤキ…。ああ、食べたい!

  • 千晶直巳先生(男)・・・。いいじゃないですか!!適度に無気力だけど頭はイイしやるときゃやる!典型的男前キャラの登場です。32歳花の独身実家は金持ち!(笑)
    「知らないこともあるってことを、知ってるだけさ」
    個性的な登場人物が何人か増え、また面白くなってきました。6巻早く読みた〜い♪

  • 5巻も面白かったです。新キャラ、千晶先生はとても好きですが、青木先生は嫌いです。嫌い過ぎて、この人の過去が気になります。山本も好きではありませんが、可哀想な人なのかな。秋音ちゃんの病院の方々も面白かったです。妖怪アパートも色々な人とか人でないものがいますが、夕士の学校も一筋縄ではいかなくて面白いです。続きも楽しみです。

  • 期待通り。
    しかしBL感がどんどん強くなっていくような…。巻末付録のバレンタインの話しはちょっと…。

  • シリーズを読み進めるうちに、少し上手く行き過ぎの感じがしてきました。登場人物の内面をもう少し深く描いて欲しいです。どんな人でも多方面から見て欲しい。と、大人は思ってしまいました。

  • 誰にでもコンプレックスはあるけど、自分を覆う鎧のようにはしたくない。あと、地獄への道は善意で作られるという言葉が印象的でした。
    青木先生の言い方とかに主人公と一緒にイライラしちゃったなぁ。
    千明先生の方が好きだなぁ。実際の学校にもこういう人がいてほしい。

  • 今巻も面白いストーリーの中に、しっくりくるよい軸があると思った。

    「地獄への道は善意で舗装されている」
     何もしないやさしさ。信頼して見守るやさしさ。
     それとは真逆なやさしさ。
     善人だから否定できない。
     だから、善人のまわりの人はけっこう迷惑する...

    偶然にもこの巻をお正月に読んでいたが、
    ラストは大みそかからお正月のシーンだった。

    「悪いことは重ねないよう、ゼロに戻して。
     そして、いいことはどんどん重ねていこう」
     いったんリセットしよう。いやなことはすべて。
     積み重ねてしまわないように。

    うん、いい言葉だ。すっきりする。
    次巻も楽しみ。

  • 青木先生。この人は優しいけど…その優しさがちょっとね…まぁ話の内容はとてもおもしろい

全81件中 1 - 10件を表示

香月日輪の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
畠中 恵
あさの あつこ
有川 浩
畠中 恵
有川 浩
畠中 恵
有川 浩
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

妖怪アパートの幽雅な日常(5) (YA! ENTERTAINMENT)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

妖怪アパートの幽雅な日常(5) (YA! ENTERTAINMENT)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

妖怪アパートの幽雅な日常(5) (YA! ENTERTAINMENT)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする