都会のトム&ソーヤ(8)≪怪人は夢に舞う <実践編>≫ (YA! ENTERTAINMENT)

  • 664人登録
  • 3.92評価
    • (59)
    • (55)
    • (58)
    • (6)
    • (1)
  • 43レビュー
  • 講談社 (2010年9月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (386ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062694384

都会のトム&ソーヤ(8)≪怪人は夢に舞う <実践編>≫ (YA! ENTERTAINMENT)の感想・レビュー・書評

  • 怪人は夢に舞うを栗井栄太ご一行が体験。

    久々に内人がおばあちゃんの知恵を使って活躍している!
    今回の事件で創也がひとつ成長したところが良い。
    次作が楽しみ。

  • 最近作者のだんだんとギャグが寒く感じるようになってきた。そしてだんだんとつまらなくなってきた。

  • 金魚って食べられるんですか!?
    補足:調べてみたところ、食用金魚はある・・らしい・・・。でもさすがに観賞用の金魚は・・・。

  • ★★★☆☆
    はやみね節は、楽しめましたが、創也が満をじして発表したゲームとしては、肩すかしかなあ??
    とは、彼のゲームをお試しプレイした、「栗井栄太」も評しとりましたが。
    今後「プランナ」とかが、どのように関わってくるか楽しみ。
    ストーリーが複雑怪奇な感じになってくるかな?
    ノウテンキさは、失わないでほしいところ。
    (まっきー)

  • 【図書館本】前巻でこのリアルロープレ面白くなるのかという余計な心配をしていたけど、なかなか楽しそうだった。内人のサバイバル術活用編が凄い。神宮寺さんが呆気なかったけど、あの人はああいうキャラだから光ってた。かなりの評価だったけど1作目としては頑張ったと思う。この経験を活かして、また新しいゲームを作ってほしい。頑張れ、創也&内人!!

  • いよいよ、リアルロールプレイングゲームのテスト開始!

    うーん、でも前作でもこのゲームのどこが面白いのかわからなかったが、
    やっぱりわからない。

    と思っていたら、神宮寺さんに酷評されてた。
    それで創也が落ち込んでいたのが、今回の作品のポイントだったかな。

  • [ 内容 ]
    <1>
    クラスメイトの創也の秘密を、偶然知ったぼく、内人。
    その日から、塾通いに追われる退屈な生活が、がらりとかわった。
    創也といると、冒険がむこうからやってくるんだ。
    ―中学生コンビが活躍する、はやみねかおるの新シリーズ。

    <2>
    廃ビルの砦にこもって、究極のゲーム作りをめざす創也は、ライバルの天才ゲーム作家に会うため、手がかりを追ってデパートへ。
    しかし、そこで待っていたものは…。
    サバイバルの天才、内人を相棒に、都会の中で、新たな冒険がはじまる。

    <3>
    文化祭に銀行強盗が乱入して大パニック。
    その陰に潜む新たなる敵、頭脳集団!創也の頭脳と内人の技がこの事件に立ち向かう。
    卓也の日常ものぞけるシリーズ最新作。

    <4>
    内人と創也が幽霊屋敷でロケ開始!
    ロケ先で仕組まれた頭脳集団の罠から逃げきれるのか!?
    ―同級生のピンチを救うため、マラソン大会で脱走計画を実行した創也と内人は、幽霊屋敷の謎を追って、さらなる冒険へ。また、栗井栄太から新たな招待状がとどき、究極のゲーム制作競争にも新展開が…。
    シリーズ第4作。
    にしけいこ先生描きおろしコミック巻末収録+しおりつき。

    <5上>
    究極のゲーム作りをめざす創也とその夢を応援する内人。
    天才的頭脳とサバイバル能力を武器にして都会を舞台に繰り広げられる新・冒険ストーリー。

    <5下>
    究極のゲーム作りをめざす創也とその夢を応援する内人。
    天才的頭脳とサバイバル能力を武器にして都会を舞台に繰り広げられる新・冒険ストーリー。

    <6>
    創也が内人をお家へご招待!?
    ダージリンティーでもいれて、二人で優雅にティータイム…といくはずがとんでもないことに―。
    にしけいこ先生かきおろしの4コママンガも入ったもりだくさんの第6巻。

    <7>
    この世界を救うため、怪人を夢の世界まで追いかける―。
    そんな「究極のゲーム」をついに作りはじめる、内人と創也。
    しかしそこへ、謎の「ピエロ」からの不吉なメッセージが…。

    <8>
    新しいゲーム「怪人は夢に舞う」をついに完成させた創也。
    “自分が映らない鏡”を見つけて夢の世界から脱出できるのは、内人か?
    それとも、伝説のゲームクリエイター集団「栗井栄太」か?
    「ぎゃふん」というのは、誰だ。

    <9>
    中学校の職場体験学習。内人は念願かなって、美晴といっしょに町立図書館へ。
    一方、コンビニを任された創也は、売り上げを伸ばすために水鉄砲サバイバルゲームを企画。“前夜祭”から、熱くなりそうだ。

    <10>
    コンビニの売り上げアップのため、創也が企画した水鉄砲サバイバルゲーム。
    手ごわいメンバーの中、内人は優勝できるのか?
    「魔物」の正体は?
    前巻の謎がすべて解き明かされる、“前夜祭”解決編。


    <11上>
    伝説のゲームクリエイター集団、栗井栄太の新作ゲーム「DOUBLE」がベールをぬぐ!
    参加した創也と内人たちのまわりで、つぎつぎと不思議なできごとが。これはゲームか、現実なのか…?

    <11下>
    たんなるコンピュータゲームのように見えた「DOUBLE」は、やはりおそろしいゲームだった!
    創也と内人たちは、無事に謎をといて、ゲームの世界から脱出することができるのか…?

    [ 目次 ]
    <1>


    <2>


    <3>


    <4>


    <5上>


    <5下>


    <6>


    <7>


    <8>


    <9>


    <10>


    <11上>


    <11下>


    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • やはり…な結果にだからちゃんと構想を練っておけよ!!と創也にヤキモキしながら読了(笑)
    登場人物に感情移入しすぎで読んでしまうのがいけないところです←

    少しずつ、ファンタジー要素というかシリアスな雰囲気になってきました。

    「モナミは世界を終わらせるか」

    いったいどういうことなのか、次巻以降も楽しみです。

  • 必要な話だとは思いますが
    シリアス多めで少し疲れました。

  • うーん、やっぱりゲームを作るということが難しいんだって伝わってきました。

  • ついに完成した内人と創也のリアルRPG『怪人は夢に舞う』
    町を舞台に、公園、駄菓子屋、神社と
    勇者の資格を求めて冒険する
    そのテストプレイに招待された
    栗井栄太ご一行
    そして招かれざる客も…?

    二人で完成させた初めてのゲームは
    いったいどんな仕上がりを見せるのか



    名前を知ろうとしただけで殺されかけるってどうなの!?
    いや、もっと深い理由もあるようだけど

    内人たちのゲーム初お披露目となったわけだけど、
    テストプレイをした栗井栄太に酷評される
    まあ実際読んでいても、
    あまりワクワクはなかったなぁと思う
    初めての、しかも中学生が作ったにしては
    上出来だけども

    創也は一瞬摘まれかけたけど
    持ち直したようで良かった

    あと2巻?
    未解決の問題や伏線が多い
    どうなるのだろう

  • 新しいゲームを完成させた創也は、伝説のゲームクリエイター集団「栗井栄太」に挑戦状をつきつける。
    「自分が映らない鏡」を見つけて、夢の世界から脱出できるのは誰だ?

  • 新しいゲーム「怪人は夢に舞う」をついに完成させた創也。“自分が映らない鏡”を見つけて夢の世界から脱出できるのは、内人か?それとも、伝説のゲームクリエイター集団「栗井栄太」か?「ぎゃふん」というのは、誰だ。

  • 理論編との間が空きすぎて、ユラがどんな人物だったか記憶に残っていない。
    内人とエレベーターに乗っていた話は覚えているけれど、創也とどこで会っていたのかが。

    理論編よりは面白かった。
    栗井英太に創也と内人が負けるとは。

    このシリーズの初期のころのようなサバイバルの話は面白いし、内人のおばあちゃんも毎回何者?!と面白いのだけれど、赤い夢が出てくるとどうにも胡散臭く感じられてしまう。
    特に今回は世界の終わりだとか…。
    「モナミは世界を終わらせるか」もあることだし。

    あとがきに書いてあったけれど、はやみね作品はみんな同じ歴史を持つ作品なのだとか。
    そうだったんだ…。

    だんだん現実離れしてきていてついていけなくなってきているような気がしないでもない。
    地に足のついたミステリー、夢水シリーズの方が好きだったと、最近特に思う。
    でも前々からファンタジックな話はあったので作者としてはこっち方面の方が書きたい作品なのかもしれない。

  • 普通に楽しめた。「怪人は夢に舞う」の終わり方が微妙だった。(作中でも神宮寺さんに言われていた)
    最後、仲直りしてよかったね\(^o^)/

    はやみねさんのあとがきに「引退」の文字が…(「予定は未定、決定にあらず」)
    まだまだがんばってください(´;ω;`)!!

  • 二人が作ったゲームがいよいよ栗井栄太の皆さんによってプレイされたわけですが、ワクワクしっぱなしでした!普段大人びているジュリアス(内人君曰く、『創也に似てる』)が、年相応に感じられるシーンが多々あって、なんとも微笑ましい気持ちに。
    他の皆さんにもそれぞれ見せ場があってニヤリ。新作ゲームはいつになったらお目見えなんでしょう…。
    そして、印象的だったのは最後の意気消沈している創也と、そんな創也に対しての内人君の言葉。
    すごく落ち込んでる創也が言った言葉にグサリ。いつものプライド高い自信家の創也はどこいったの!という気持ちも持ちつつ、「自分には才能無いんじゃないかな…」って逃げ出したくなる気持ちも分かるから余計に辛い。
    でもその後の内人君の反応に感動。
    本当に内人君はいい相棒だよと痛感。

  • ゲーム終了後の栗井栄太にバッサリと評価を下された二人。次回以降の巻き返しが楽しみ。

  • 最早惰性で読んでしまっておりますが…。
    エンディングは良かったかな。
    なんじゃかんじゃで次巻も読んじゃうんだな。

  • 都会トムシリーズ第8弾。久しぶりにシリーズを読んだけど、相変わらず面白かった。内人のサバイバル術には毎度関心させられるわー。次作も楽しみ。

  • 創也の落ち込みが気になる!

    はやみね作品にしては本物の日本刀が出てきたり、殺人をほのめかしたりほかのシリーズよりダーグな感じだったかと
    けど対応してるのが内人だったからシリアスにもなりきらず軽い感じで読めました。

    リアル・RPGってああいうものなのかな
    というのが正直な感想です
    うーんハードに慣れすぎた自分だからリアルって部分に引っかかってるだけかもしれないけど……

    それでも続きが読みたいと思うのは
    はやみねさんの本の力だと思います(^^)

  • 久しぶりに読んだはやみね作品、面白くて満足です。相変わらず内人くんのサバイバル技術がチートでした。

  • さすがの創也もここまでべっこんべっこんにされるとは思わなかっただろうなあ。かわいそうに。とうとう完成のゲーム。いやー実はこれ、ホントに新しいゲームなの?と思いました、正直。だって公園でのクエストとかあり得ないくらい簡単な気が・・・・。ま、まあ参加が小学生くらいなら楽しいかな?お話としては妨害怪人がでてきたからメッチャ盛り上がっておもしろかった。真田女史、ナイス!時見、かあ。どーやら彼女の存在は結構作品的にもキーポイントみたい。全体としての物語、楽しみだな。さあ、ちょっと自信喪失な創也くん、次回復活なるか?そして内人は自分自身の夢を見つけることができるのかっ?っつってもまだ中学生なんだしさ、別に今一生懸命ならいいじゃんって思うけどね。それにあれだけのサバイバル術があれば君ならどこでも生きていけるぜっ。もうほんっとおばーちゃんに登場願いたい。

  • 大好きなシリーズ。今回も懐かしい感じがしてすごいよかった!ソーヤの登場が少なかったのが少し寂しい。
    らくな方法をおぼえてしまうと、いざというときにこまる。生き残るチャンスを、へらすことになる
    というおばあちゃんの言葉がすごい印象的だった。

  • 卓也さんの怪人が面白い。次のゲームが楽しみ。

  • 他の方も書いてましたが、ちょっとゲーム内容に穴が多いような…?
    でも、はやみねさんは分厚ければ分厚いほど面白いと思うので、今回も楽しめました

全43件中 1 - 25件を表示

はやみねかおるの作品一覧

はやみねかおるの作品ランキング・新刊情報

都会のトム&ソーヤ(8)≪怪人は夢に舞う <実践編>≫ (YA! ENTERTAINMENT)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

都会のトム&ソーヤ(8)≪怪人は夢に舞う <実践編>≫ (YA! ENTERTAINMENT)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

都会のトム&ソーヤ(8)≪怪人は夢に舞う <実践編>≫ (YA! ENTERTAINMENT)を本棚に「積読」で登録しているひと

都会のトム&ソーヤ(8)≪怪人は夢に舞う <実践編>≫ (YA! ENTERTAINMENT)はこんな本です

都会のトム&ソーヤ(8)≪怪人は夢に舞う <実践編>≫ (YA! ENTERTAINMENT)のAudible版

都会のトム&ソーヤ(8)≪怪人は夢に舞う <実践編>≫ (YA! ENTERTAINMENT)のKindle版

都会のトム&ソーヤ(8)≪怪人は夢に舞う <実践編>≫ (YA! ENTERTAINMENT)の文庫

ツイートする