わからん薬学事始1

  • 183人登録
  • 3.41評価
    • (7)
    • (26)
    • (41)
    • (5)
    • (1)
  • 34レビュー
著者 : まはら三桃
  • 講談社 (2013年2月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062694643

わからん薬学事始1の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 久しぶりのまはらさん♪
    うちの図書館で児童書ベストに入っている作品。
    1~3巻まであるようです。

    ちょっとわかりにくい部分もあるけど
    まはらさんはやっぱり面白いです☆
    キャラクターも冴えわたっているし素敵♪

    和漢・薬学版の「もやしもん」のような
    養命酒?みたいな感じで、続きが気になります。
    久寿理島(くすりじま)に住みたいなーと思う。
    薬草&草萌えな方はどうぞ(o^∀^)


    この話に「竜骨」が出てくるんだけど
    今読んでいる「竜門の向こう」にも
    竜骨岩とか出てきて、竜骨つながりに
    ビビッている私です。

  • 人口200人に満たない小さな島久寿理島の久寿理島製薬は代々「気休め丸」という万能薬を作っている。気休め丸は、数々の薬草から作られており、医者のいない久寿理島の人々は、この薬のおかげで大きな病気もせずに暮してきた。その久寿理島製薬を営む木葉家の一人息子草多は、薬学を学ぶため、高校から薬学を教え薬学の大学もある東京の和漢学園で学ぶため、一人東京へ向かう。
    和漢学園は相当なスパルタ教育で薬学に関する授業がすすむ。生徒が一人という島の中学からきた草多にとっては、大変な毎日であった。
    草多が暮すわからん荘という下宿屋に住むユニークな先輩たちと下宿屋の主、優秀な同級生たちと謎めいたXクラスの存在などを通して、草多の薬学修業が始まる。

    シリーズ第1冊目は、状況説明という感じ。薬学を志す学生たちの学園ものかと思って読みだしたのだが、どうやらちょっとミステリアスな感じ。
    どちらかというと「RDG」のような、潜在能力を持った人たちが自分たちの能力に目覚め、成長していくというストーリーらしい。

    設定は悪くないけれど、あまり好きなタイプの話ではなかった。

  • おもしろかった!
    なんか和装ハリポタみたい。(魔術はないけど。闇の帝王もいないけど。)
    続きが楽しみー!

  • タイトルにひかれて手に取ったらすいすい読めて楽しかった!
    水を飲むように文章がするする入ってきて、行間を気持ちよく泳ぐことができて…「ひと泳ぎしたなあ」というのが読後の最初の感想です。
    蘭さんのヨモギ湯や桃湯に入ってみたい!

    薬草が「わたしは○○」って名乗るのがドキドキしました。
    気づかないうちに薬草と会話している草多がかわいいですね。
    続きが楽しみです。

  • 「薬学」とあるけど、そっち方面のしつこさ?はあまりなく、劇薬とか秘薬とかがでてきて、ややファンタジー的な雰囲気も。
    主人公がちょっぴり変わった住人のいるアパートに下宿するところは、「妖怪アパート」に似ているような気もするけど、こちらの方は、まだ始まったばかりのせいか、そんなに濃くないのね。
    好みは別れるかも。
    謎はまだたくさんあるし…草多の成長が楽しみです。

  • 久寿理島という孤島で470年もの間作られてきた「気休め丸」。その製法は代々女系によって秘匿されていた。
    そこに生まれた男子、草太は、「気休め丸」が万人に効くよう改良する義務が課せられていた。15歳で初めて島を出て、和漢学園に入学する草太を待ち受けていたものは?

    まはら三桃さんの作品が読みたくなって、こちらも手に取りました。ヤングアダルト向けの作品なので読みやすいというだけでなく、薬草や竜骨といった不思議なものや、草太を取り囲む人たちの面白さで引き込まれました。薬草や、竜骨の口調が、ちょっと軽すぎる気がしましたけど・・・。

  • 薬学版、幽霊アパートって感じでした。下宿の感じもすごくにてる。まぁまぁおもしろかったかー。

  • 製薬会社ならぬ製薬島の御曹司は、男子の場合、島を出て薬学を学ぶ習慣になっていて、東京へ行く。個性豊かな隣人達との生活をスタートした。
    新薬を作る意気込みも新たに、主人公、草多の類稀な才能も見えてきたところで、続きが気になる終わりでした。

  • 和風ファンタジー。物語の序章で終わったが、意外性のある状況設定と個性豊かな登場人物のおかげで、ドンドン引き込まれて、早く続きが読みたい!

  • 蔦の絡まったような中に動物が見え隠れする表紙がすてきな児童書。まはら三桃さんの本はこれがはじめて。

    伝統ある「きやすめ丸」を作っている離島の薬屋の坊ちゃんが本島の薬学校に進学して、「新きやすめ丸」の作り方を模索する。学校生活、下宿生活で様々な人と出会い、学び、新生活は坊ちゃんを猛スピードで翻弄していく。今後の学校生活も、坊ちゃんの謎の生い立ちも気になる!
    登場人物は児童書らしく個性的な面々が揃っているし、テンポ良く読み進められる。薬学の知識も読みやすく生活に絡めて説明されていて、2.3巻目も楽しみな本。

全34件中 1 - 10件を表示

まはら三桃の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
まはら 三桃
三浦 しをん
柏葉 幸子
中田 永一
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

わからん薬学事始1を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

わからん薬学事始1の作品紹介

理系学園生活って、たのしい!草多、15歳、久寿理島の運命を背負って、東京の私立和漢学園へと旅立つ。坪田譲治文学賞作家が描く「"薬学"青春エンターテインメント」。

ツイートする