神様ゲーム (ミステリーランド)

  • 827人登録
  • 3.57評価
    • (78)
    • (154)
    • (209)
    • (27)
    • (6)
  • 197レビュー
著者 : 麻耶雄嵩
  • 講談社 (2005年7月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062705769

神様ゲーム (ミステリーランド)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 気になっていた作品。麻耶さん初読み。


    本当はノベルの方が読みたくってね。図書館に予約をかけたらミステリーランドの方が届き、「え…YAなの?」と、少し動揺。何だか不穏な感じがして、しばらく読む気が起こらなかった。


    あまりの二転三転さに二度読みしてしまった…。挿絵がいちいちこわくって不安を煽りまくる。…これ…小学生には刺激が強すぎるような気がする。と思いながら、もし自分が小学生の時にこの作品に出会ったら、ハマり過ぎて大変な影響を受けていただろうなぁ…と思った。


    大人や親、世間、友達の今まで信じていたものが、音を立ててガラガラと崩れていく。あまりにも不条理で心臓がバクバクしてしまった。


    真相は神様にしかわからないのかもしれない。神様の気まぐれ。それともエスプリ?…とても後を引く作品でした。

  • 一応子ども向け作品なのですね、コレ。
    子どもにはとても読ませられないと思うし、
    もし読んだとしても「ねぇこれどういう意味?」と
    大人には答えにくい質問を無邪気にしてくる可能性大。

    ジェノサイドロボとかネクロフィリアロボとか
    全然わからなったけど、意味があったんですね。
    こちらも子どもに聞かれたら答えられない。
    (それを作中の小学生に無邪気に言わせているあたり、
     作者は相当な性格なのではと思う・・・)

    鈴木君が神様だと告白したあたりは
    すごく面白くて、どんどん読み進めていったけれど
    最後に向かって後味の悪い展開にスピードダウン。

    さらに結末。
    まだ芳雄が言っていた犯人説の方が納得がいくのに、
    何故その人が犯人なのか?
    読者はポカンとしたままページをめくり、
    そこには楽しそうに笑う探偵団のメンバーがいるのみ。

    ・・・え、終わり!?

    ハテナマークが頭の中をたくさん巡る。
    でも神様が言うことは絶対だから、なるほどこれが真実なのね。
    理由はわからないけど、これが真実なのね。
    まさに死人に口なしね・・・と納得するより他にない。

    これがアリなのかと言われれば、私はナシだと思う。
    でも好きか嫌いかと言えば、嫌いではない。

  • 「かつて子どもだったあなたと少年少女のための」と謳い文句の基に刊行されたミステリーランド第7回配本。

    字も大きくて行間も広い、装丁は子ども向けだけど、衝撃の展開とラストは子どもにはトラウマレベルじゃないかなーと心配してしまうほど。

    でも麻耶さんだしなー。
    絶対「かつて子どもだったあなた」の方に比重おいて書いてそうだなー。

  • 色々と話題になった本作ですが、面白かったです。
    子供向けでないって言われてたけど、普通に読みやすいし、固定概念がない子どものほうがサクサクと読めるとおもうんだけどな。

    まあ確かに、コレを読みなさい!と勧めはしません。
    考察も色々出てますね。
    逆に色んな解釈があるんだなーと楽しめました。
    意図するところはわかりませんが、後々推理したり考察するのは、その作品を新たに楽しめる要素のひとつではないでしょうか。

  • 大人も楽しめる児童文学。児童文学なだけあり大変読みやすかった。普段読書をしない大人にも勧めたい。はじめから終わりまで引きつけられる内容で飽きずに読み終えられる。内容的に小さな子供に読ませるにはためらわれるかもしれない。

    目立たないクラスメイトの鈴木くんは神様だった?なんでも知っている自称神様との会話を「神様ゲーム」と称した主人公。
    少年探偵団の一員である僕は、近所のネコを殺した犯人を神様ゲームで知り、探偵団全員で捜査を開始。そして事件は起こってしまう。。。

  • 「う~ん。。。」という感想。
    好き嫌いではなく、記憶に残る作品になるかと。

    後書きナシ。森 博嗣氏の時もだけれど
    結末を作者に問うてみたい作品なのだが、”わたしがこどもだったころ”が無い。。。

    ミステリーとミステリィが混在する作品。

    主人公の男の子が作中、色々と衝撃的な予言や事実を知るのだけれど
    ラスト、それらを上回る衝撃で
    逆にその後の人生、折り合いをつけて生きていくのでは、とすら思えてしまった。

    正解は無く、色々な解釈を楽しむ作品なのだろうか。
    (未成年にはエグいと思うが。。)

    『さよなら神様』と続きがあるようだ。
    貴族探偵の作者でもあるし、作風がいくつかあるのだろうか。。

    今作1つで切るのも勿体ないので、いくつか他作品を読んでみたい。

  • 文字も大きめ、ふりがなも多く、読みやすくて子ども向けかと思いきや…。
    最後の章のゾワゾワと伏線が回収されていく感じ。
    なるほど、と納得したあと、クライマックスでまさかのどんでん返し。
    なになにどういうこと!?
    読了後、目が点になったのは初めて。
    いろんな人の解釈を知りたい。

  • 児童向けとは思えない内容(^-^;
    最後がどうして「この人?」なんだけど、ゾワゾワした。

  • 児童向けレーベル『ミステリーランド』から出版された麻耶雄嵩作品。

    同級生が殺された!?
    大人たちが事故として片付けた事件を、少年探偵団が調べ始めるが――。

    ...と、ここまでは普通なのだけど、その先がひと味違う。

    ――なんと、自分は神様だと名乗る転校生が現れたのだ!
    〝神様〟は、ことごとく予言を当てていき...!?

    というわけで、神の存在まで考慮しなければならない、ユニークなミステリー。
    そして、どんでん返しも凄ければ、児童向けとは思えないほどの後味の悪さも凄い!

    褒め言葉です(笑)。

  •  これ、YA向けでいいのかな。
     ラストの衝撃もスゴいけど、死に方とかも。主人公とか、小学生よ? いいの? ホントに?
     でも、最後の最後のところの真相は、やっぱ謎よね。

     てか、鈴木くんが神様なのは、もう確定なんだ?
     そこは絶対?

     あと、イラストが怖さを増幅させてる。

全197件中 1 - 10件を表示

麻耶雄嵩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
奥田 英朗
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
有川 浩
米澤 穂信
東野 圭吾
奥田 英朗
有効な右矢印 無効な右矢印

神様ゲーム (ミステリーランド)を本棚に登録しているひと

神様ゲーム (ミステリーランド)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

神様ゲーム (ミステリーランド)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

神様ゲーム (ミステリーランド)の新書

神様ゲーム (ミステリーランド)のKindle版

神様ゲーム (ミステリーランド)の文庫

ツイートする