ファンタジービジネスのしかけかた―あのハリー・ポッターがなぜ売れた (講談社プラスアルファ新書)

  • 18人登録
  • 2.71評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 講談社 (2003年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062722056

ファンタジービジネスのしかけかた―あのハリー・ポッターがなぜ売れた (講談社プラスアルファ新書)の感想・レビュー・書評

  • ワンピースと比べたり、静山社は結局金で版権得たなど、最初から否定的。俺は本も映画も好きだけどな。

  • ハリポタの批評本なのか、ファンタジービジネスについて考察した本なのか?
    タイトルからは、ハリポタを糸口にファンタジーブーム、ファンタジービジネスについて考察するというのが本来の狙いどころかと予想する。
    しかし、ハリポタについての内容が多すぎて、ハリポタ批評本に取ってつけたようにファンタジービジネスについて考察しているように見える。

  • 2011/03/10
     普通
     ファンタジー本の売り方

  • [ 内容 ]
    ハリポタの世界的成功の源流は日本のサブカルチャーにあった。
    「ファンタジー」を文学だけでなくビジネス・キーワードとして捉え直し、その可能性を検証する。

    [ 目次 ]
    第1章 吹き荒れるハリー・ポッター旋風(驚異の大ベストセラーシリーズ;ハリー・ポッターの物語世界 ほか)
    第2章 ハリー・ポッター神話の成立(J.K.ローリングの伝説;すばらしい翻訳という神話 ほか)
    第3章 ハリー・ポッターはポケモンを超えたか?(ハリポタとサブカルチャー;世界を席巻したポケモンブーム ほか)
    第4章 ファンタジービジネス成功への道(ネオ・ファンタジーの台頭;氾濫するネオ・ファンタジー ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • ファンタジーブームになった理由を考察している本。タイトルにもあるように、ハリーポッターを中心に考察。やはり今のファンタジーブームはハリーがもたらした魔法だと考えてもいいだろう。そして、そのブームの裏には日本のポケモンやドラクエなどの活躍が大きく影響していた・・・思わずナルホドと思ってしまう本。既存のものの寄せ集めのハリーだが、それでも人気があるということは、人々はやはりわかりやすく慣れたものの方が親しみやすいということなのだろう。

全5件中 1 - 5件を表示

ファンタジービジネスのしかけかた―あのハリー・ポッターがなぜ売れた (講談社プラスアルファ新書)に関連する談話室の質問

ファンタジービジネスのしかけかた―あのハリー・ポッターがなぜ売れた (講談社プラスアルファ新書)を本棚に登録しているひと

ファンタジービジネスのしかけかた―あのハリー・ポッターがなぜ売れた (講談社プラスアルファ新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ファンタジービジネスのしかけかた―あのハリー・ポッターがなぜ売れた (講談社プラスアルファ新書)はこんな本です

ツイートする