人をトリコにする技術 人生の90%がうまくいく対人心理学 (講談社+α新書)

  • 33人登録
  • 2.69評価
    • (0)
    • (1)
    • (7)
    • (5)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 齊藤勇
  • 講談社 (2008年7月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062725101

人をトリコにする技術 人生の90%がうまくいく対人心理学 (講談社+α新書)の感想・レビュー・書評

  • トリコにできるかはわかりませんが、結構良いことが書いてあります。

    買うかどうかは別として、なかなかいいと思いますよ。

    〈備忘録〉

    好意の判断は表情6/声3/内容1で決まる。
    (仏頂面で楽しいと言っても嘘にしか聞こえない)

    初頭効果・印象は最初で決まる。
    新近効果・最新の情報やイメージが頭に残る。
    (つまり、ネガ要素は真ん中に置いて薄める)

    実績は数字で示し、言葉は控えめに。

    自分が相手を嫌だと思うと、相手も嫌だと思う。
    だから、自分から相手を嫌わないこと。
    (好意を寄せれば、相手も嫌いにはなれない)

  • 人はほんとに見た目も大事なんだなと思った。
    そしてほめたり、聞き上手は強い。ヨイショもすることはいい。
    そして何より一度嫌い、苦手になった人は中々以後好きになれない。だが最初から人を嫌うことはほんとにまれで、だけど何故人を苦手に思ってしまうかというと自分の相手への第一印象のせいである。なんとなく見た目や雰囲気で苦手だなぁと思ってそれからその人と接するからである。確かにそれは一理あるなと思った。

  • それなりに。面白かったです。
    類書を読んだことがあるので、知っていることも多かったですが。
    これを読んでじゃあ明日から実践だ!という目新しい内容はありませんでした。結局のところ、やっぱりヨイショが大事なんだなーと。周りの反感を買わない程度に、上司をヨイショしなきゃーと思いました。笑

    あとパーソナルスペースは面白かったです。パーソナルスペースが楕円形に広がっているということは知らなかったです。座り方一つでもちょっと気をつけるだけで、相手から引き出せる話が随分と違うかもしれませんね!

    参考にはなりました。ただ頭でわかることと実際に自分のモノにするのは違うから、頑張ってモノにしたいですねー。

  • 生活をして行くうえで会社においても家庭においても対人関係の重要性は増すばかりです、魅力的な人というのは多くの優れた要素をもっていて、それは外見だけではなく、仕草や相手が話しているときの対応方法等、見習うべきところは多いと思います。

    この本ではそれらの技術を、第一印象・ひと言・ふるまい・仕掛け・発想等に分けて解説していて参考になる部分が多くありました。特に、初対面の相手に対する注意点(p55,57)は、社会人としてお客さんと対応するときに役立つと思いました。

    以下は気になったポイントです。

    ・私たちが生きる社会は、人と人との「つながり」で成り立っている、それを良くするためには、いかに人から好かれるか、人を魅了するかにかかっている(p3)

    ・ヒトが言語的表現をするとき、無意図的言語表現が伴なう、声の調子やスピードが変化する、失言、ため息等である、その人の本心が出がちである(p19)

    ・人間の自己表現は、言語的表現と非言語的表現、そしてそれらに対して、意図的と無意図的な表現の合計4種類に類別可能(p20)

    ・好意を計測するものとして、6(表情)、3(声)、1(内容)の「6・3・1の法則」がある(p21)

    ・ジョハリの窓とは、開かれた窓:自分も他者も知っている、未知の窓:他者のみ知っている、秘密の窓:自分のみ、深層の窓:だれも知らない、の4つがある(p34)

    ・人は見かけからと言われる「見かけ」とは、服装・髪型・話し方、表情等である(p41)

    ・初対面の相手と接するときには、互いの共通点を素早く見つけ出し、共通しない点は避ける、幼少時の体験や生きがいに共通点を見出したい(p51)

    ・共通点で大事なのは、数よりも、比率(提供した話題の総数における共通話題の数)である(p55)

    ・初対面の相手には、飾らずストレートな言葉で話しかけた場合のほうが、効果的(p57)

    ・行動から人の性格を判断する基準は2つあり、社会的望ましくなさ(社会常識に照らし合わせて望ましくない行為かどうか)、非共通結果(その行為によってのみ起こる)少なさである(p62)

    ・人間関係に好影響を与えて、説得にも応じさせる最良の方法は、「追従:相手をほめてその気にさせる」である、これはどんな関係(上司、部下、取引先等)でもあてはまる、その他の4方法(自己宣伝、模範、哀願、威嚇)よりも効果的(p71)

    ・なにかをお願いするときには、その前になにか(大きなお願い)を「わざと断らせた」後に、それを持ち出すと良い(p97)

    ・自分の良い印象を確実に相手に伝えてい場合には、自分で話すのではなく、誰かに言ってもらう方が有利(p114)

    ・自分が仕事で大きな成功を収めたら、そのときこそ「成功したのは、みなさんのおかげです」と公言すべき(p120)

    ・魅力的な瞳とは、「瞳孔の大きさを大きくする」こと(p129)

    ・相手は、見た回数が多いほど相手に好意を抱くようになる、「ちょっとしたついて」というフリをして頻繁に顔を見せることがポイント(p153)

    ・私たちの心は同時に二つ以上の感情を持つことができない、食事をして「おいしい」と感じることで快適な気分にさせると、同時に怒り・対立の感情は起きにくくなる(p155)

    ・得意先を接待する場合、店内の照明が薄暗い店を選ぶと、お互いの姿がはっきり見えない分、ホンネの話ができる(p162)

  • なんつーか、うすっぺらな感じもするけど、それでも学ぶ所はある。
    だから樹液のように吸い取ってやった。ちゅーちゅー。いたる所に線をひいてやった。ざーざー。
    よし、今から学んだ事を記録してやるー。

    第1章:人をトリコにする人生とは
    ・パラ言語…非言語表現の1種。(ex意識しなくても声のトーン上がるとか)
    ☆6・3・1の法則…好意を測る際の判断材料。6(表情)3(声)1(内容)
    ・好意の互恵性・・人は自分に好意を抱いてくれる人に対して、同じように好意を抱く事。人間の法則 (逆も然り)
    ・マスローによる欲求五段階説…1生理的欲求 2安全欲求 3愛と所属の欲求 4尊敬の欲求 5自己実現の欲求
     1が満たされたら2が現れ、2が満たされたら3…のようになる。
     相手の4を満たすためにはほめること。
    ・ジョハリの窓。1開かれた窓(自分も他者もよく知っている自己) 2未知の窓(自分は気づいてないけど他者には知られている自己) 3秘密の窓(他者には知られていないけれど、自分は知っている自己) 4深層の窓(自分も他者も知らない自己) よき人間関係を構築するには、1の開かれた窓をもっと開く事→自己開示は相手から信頼され、好意を持たれる。
    ・真剣な話の時、ちゃかすな!
    ・「なぜか人に愛される人たち」は自己開示が上手
    ・自己開示しにくかったら冗談まじりに話す

    第二章:人をトリコにする第一印象
    ・人の第一印象は服装で決まる→被服心理学で「スレッド効果」
    ・第一印象は7秒で決まる
    ・あなたが優秀そうに見えると相手は自分の評価を下げる
    ・初頭効果→初対面の第一印象が強く残り、その後の印象形成にも大きく影響する事
    ・共通性の効果→自分と共通点がある人を好きになる 理由1精神的(認知的)に安心するから 理由2心理的報酬制が高いから
     共通点は数じゃなくて比率。共通じゃない点より共通点の方が割合的に多ければ良いということ。
    ・クレイン「初対面の相手に対して過度なかっこつけは禁物」
    ・ユニークネス→だれしも持っている、独自の存在でありたいという欲求

    第三章:人をトリコいする「ひと言」
    ・リアクタンス効果→説得者の求めていることとは反対の行動に出ること。天の邪鬼?w
    ・人を魅了するには頭ごなしに命令するのではなく、相手の気持ちをこちらに向けさせる、興味を抱かせる。
     相手を従わせる方は5つ 1追従(相手をほめたたえる) 2自己宣伝(自己の才能やメリットをアピール) 3模範(献身的に接し好印象を与える) 4哀願 5威嚇
     相手を魅了するのは1、2、3
    ・自己承認欲→誰しも持っている自己の功績を認められたい、人間性を評価してもらいたいという欲
     相手の自己承認よくを満たしてあげればいい→ほめる
    ・聞き上手を装う。自分の話をうなずきながら危機、興味津々な態度で聞いてくれる人に対して自己承認されたと感じる。
    ・男性は基本的に無口であり、恋愛初期段階でのおしゃべりな姿の方が特別。w
    ・褒め言葉に敏感なのは、実は部下より上司
    ・ヨイショには2つ種類ある。1自己確認ヨイショ(相手がこれが自分の長所だ、と認識してる部分を褒める) 2自己拡大ヨイショ(1の逆)
    ・ヨイショにも落とし穴がある。だが、「評価の信憑性」があればOK。
    ・評価の信憑性を高める方法→相手の事を本当にわかって誉めている、という事を明らかにする。おべんちゃらを言ってるんじゃない、というのを示す。
     (実験 相手の事を最初はけなしてたが、話していくうちにだんだん褒めていく。そうすると相手は話して本当の自分を見せたから好かれた、と思って嬉しい。)
    ・信頼されていれば信憑性あり。(エキスパートによる説明とか)
    ・情報のスリーパー効果→専門家の意見として聞... 続きを読む

全6件中 1 - 6件を表示

人をトリコにする技術 人生の90%がうまくいく対人心理学 (講談社+α新書)を本棚に登録しているひと

人をトリコにする技術 人生の90%がうまくいく対人心理学 (講談社+α新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

人をトリコにする技術 人生の90%がうまくいく対人心理学 (講談社+α新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人をトリコにする技術 人生の90%がうまくいく対人心理学 (講談社+α新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人をトリコにする技術 人生の90%がうまくいく対人心理学 (講談社+α新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

人をトリコにする技術 人生の90%がうまくいく対人心理学 (講談社+α新書)はこんな本です

人をトリコにする技術 人生の90%がうまくいく対人心理学 (講談社+α新書)のKindle版

ツイートする