大学生からの「取材学」-他人とつながるコミュニケーション力の育て方

  • 152人登録
  • 3.21評価
    • (2)
    • (13)
    • (15)
    • (7)
    • (1)
  • 12レビュー
著者 : 藤井誠二
  • 講談社 (2009年7月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062725781

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
村上 春樹
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

大学生からの「取材学」-他人とつながるコミュニケーション力の育て方の感想・レビュー・書評

  • 「コミュニケーション力」も取材の一歩から
    「知るは一時の恥、知らぬは一生の恥」…
    事務職、営業職を問わず、人とコミュニケーションする力
    =「人の話を聞く力」が必要だ。
    その基本の力がつく方法を伝授。



    社会の肌触りを体感する。
    自分の身のまわりを掘り下げる。
    相手の怒りから逃げてはいけない。
    「あたりまえ」のことをする。
    パターン認識で相手との共通項をさがす。
    「出会う」プロセスも大切。
    「場」と「空気」も大切。
    相手の「見た目」は情報のかたまりだ。
    「反逆する風景」(犯罪者の家族が楽しく生活していることなど)
    を無視してはいけない。
    共同体や文化背景からくる「言葉」を読む。
    必ず「生身」に触れること。
    …以上のことを学びました。

    「人とつながる」ということはどういうことなのかを
    教えてくれます。
    情報化が進んだ現代ではネットで調べただけで
    つい「分かった」気になってしまいますが、
    やはり実際に「生で」会わないとその真髄は
    感じ取れないんですね。
    私も筆者のように「足で書く」ことができるように
    なりたいと思いました。

  • 取材に限らず、目的を持ったコミュニケーションのハウツー本としてレンタル。

  • 三葛館一般 070.16||FU

    本書は、ノンフィクション作家である藤井誠二さんが大学で「取材学」を講義されたときの今までのエピソードと、著者が実際行なった豊富な取材体験を例として挙げながら「取材」や「コミュニケーション」の本質についてまとめられていて、人とコミュニケーションする力を身につける方法もきめ細かくレクチャーしてくれています。
    また、本書は読むことでコミュニケーション力について学べるだけでなく、著者のセルフノンフィクションとしてもとても愉しめる一冊です。
    コミュニケーション力は、事務職や営業職はもちろんのこと、みなさんが将来目指す医療や看護の仕事においてもとても必要で、非常に役立つ力だと思います。みなさんも学生のうちに本書を一読し、内容を楽しみながら「コミュニケーション力」をレベルアップさせてみませんか。
                                  (かき)

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=60158

  • ああ、読んでからすぐに記録つけてへんかったから、全然覚えてない。ただ、さすが藤井さんだと思ったような記憶はあるから、深いことが書かれていたように思う。まぁ、これはいつかまた読む本でしょう。

  • ノンフィクションライターが大学で行った「取材学」の講義をまとめたもの。バーチャルなコミュニケーションが増える中,「生身の人間」と対峙することの意味,大切さなどを説く。最近,色んな人と交渉する機会が増えて,メールでのやりとりを重ねるけど,やはり最後は自分の肉声で伝えることが必要だな,と感じていたので,タイムリーな本でした。人と直接関わるのは確かに面倒だけど(いや,私が面倒だと思うだけかもしれないけど),結局それがあるから自分の中に一つ一つ経験を積んだ厚みが出るんじゃないのかなあ,と遅ればせながら気づいた次第。大学生のコミュニケーション能力向上には非常に有用な講義ですね。本読むだけじゃなく,やはり人間から伝えられたい内容でした。

  • 思ったより、あんまり面白くなかった・・・

  • 読んでいて、「コミュニケーションとは、こういうものなんだよ」と、教えられている気がした。その辺は自己啓発本などに通じる部分があると思った。真新しいことが書いてあったわけではない。結局は取材というものは、いかにして他者とのコミュニケーションを円滑にさせるかに尽きるのだなと、本書を通して強く感じた。また、ものを書く上ではその中に「不整合性」を取り入れるべきであるという主張はとても勉強になった。その「不整合性」の重要性については、辺見庸『反逆する風景』で詳しく述べられているらしいので(本書でも何度も引用されている)、次はそちらを読んでみることにする。

  • 仕事や日常生活でも役立つ取材学

  • 21/9/9 85 取材はコミュニケーション

全12件中 1 - 12件を表示

大学生からの「取材学」-他人とつながるコミュニケーション力の育て方を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

大学生からの「取材学」-他人とつながるコミュニケーション力の育て方を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大学生からの「取材学」-他人とつながるコミュニケーション力の育て方を本棚に「積読」で登録しているひと

大学生からの「取材学」-他人とつながるコミュニケーション力の育て方はこんな本です

ツイートする