ボルドー・バブル崩壊 高騰する「液体資産」の行方 (講談社+α新書)

  • 23人登録
  • 3.38評価
    • (1)
    • (2)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 山本昭彦
  • 講談社 (2009年5月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062725804

ボルドー・バブル崩壊 高騰する「液体資産」の行方 (講談社+α新書)の感想・レビュー・書評

  • ボルドーワインの価格と流通システムをわかりやすく解説した本。なるほど、こうしてこの値段になっているわけね。
    そして経営者も経営者なんで、だんだんブランド化していくのですね。(泣)とりあえずよぉ~くわかりました。

  • 世界金融危機は至高の液体も飲み込むのか?  飽くなき進化をとげ史上最高の品質を実現したボルドーワイン。至高の液体を目指してマネーが殺到し、弾けた。人類史上初めて起こったワインをめぐるバブル物語。

  • [ 内容 ]
    世界金融危機は「至高の液体」も飲み込むのか?
    巨額投資が最高品質のワインを生み、「アジアのワイン首都」は東京から香港へ。
    飲まずに死ねない10大シャトー案内付き!

    [ 目次 ]
    第1章 史上初!「ワイン・バブル」発生する
    第2章 ワイン投資は本当にもうかるのか?
    第3章 ブランド王たちのシャトー侵略が始まった
    第4章 香港・中国は「ワインの覇者」を目指す
    第5章 かくてボルドーは史上最高品質となり、さらに進化は続く
    第6章 8人のパワー・ブローカーと飲まずに死ねない10大シャトー

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • ■ワイン
    ?プリーム:ワインの先物取引を行うシステム,シャトー:ワイン生産者
    ?ボルドーの「ネゴシアン」(酒商)は約400社あるが、そのうち、大手25社が格付けシャトーのワインの8割を購入するという寡占状態になっている。

全4件中 1 - 4件を表示

ボルドー・バブル崩壊 高騰する「液体資産」の行方 (講談社+α新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ボルドー・バブル崩壊 高騰する「液体資産」の行方 (講談社+α新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ボルドー・バブル崩壊 高騰する「液体資産」の行方 (講談社+α新書)はこんな本です

ボルドー・バブル崩壊 高騰する「液体資産」の行方 (講談社+α新書)のKindle版

ツイートする