逆境が男の「器」を磨く (講談社+α新書)

  • 21人登録
  • 3.90評価
    • (2)
    • (5)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : ドン小西
  • 講談社 (2010年7月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062726634

逆境が男の「器」を磨く (講談社+α新書)の感想・レビュー・書評

  • おしゃれ番長ことドン小西さん。テレビでは明るく陽気なオッサンのイメージしかないけど、莫大な借金とうつ病も患い人生のどん底まで落ちた過去があるとは知らなかったな。
    読書前、半信半疑でどこか嘲笑ぎみにこの本を手に取った自分が今はとても情けなく思う。とてもいい本だった。

  • 自分がいかに成功したかを書いた本よりもいかに苦労して成功した内容の本がよっぽど感情移入できるし為になる。

  • ドン小西という人はテレビで見たことがあるので、書店でその本を見つけたときにその題名につられて購入した。
    最初はなんかふざけた名前でいい加減なイメージをもっていたがその先入観と比べなかなかまともなことを言っているなと感心した。
    まさに逆境を経験しうつ状態にあった著者でなければ書けない描写もあり、生きる勇気を与えてくれる本でもある。単に週刊誌のゴシップ記事をさらっと読む心構えではなく自分自身の人生観と照らし合わせて読んでみるのがよい。特に現在、逆境にあると感じる人にはスッと気持ちが楽になるのではないか。
    著者が主張している「粋な生き方」には共鳴できる部分も多い。今の世の中は自分の周辺及び自分自身に無頓着すぎるか、メディアに踊らされて流行を安易に追いかけ没個性の人間が多いと主張し懸念する。また現在の人たちは全体的に人間の品性がなくなっているという社会評論の雰囲気もある本である。

全5件中 1 - 5件を表示

逆境が男の「器」を磨く (講談社+α新書)を本棚に登録しているひと

逆境が男の「器」を磨く (講談社+α新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

逆境が男の「器」を磨く (講談社+α新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

逆境が男の「器」を磨く (講談社+α新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

逆境が男の「器」を磨く (講談社+α新書)の作品紹介

「粋=余裕」で大ピンチもチャンスにできる!15億円の借金と5年間のウツが人生を変えた!野暮なヤツは生き残れない。どん底から這い上がった男が語る「壁をブチ破る人生哲学」。

逆境が男の「器」を磨く (講談社+α新書)はこんな本です

ツイートする