成功する人は缶コーヒーを飲まない 「すべてがうまく回りだす」黄金の食習慣 (講談社+α新書)

  • 904人登録
  • 3.53評価
    • (55)
    • (115)
    • (122)
    • (29)
    • (10)
  • 158レビュー
著者 : 姫野友美
  • 講談社 (2011年4月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062727013

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

成功する人は缶コーヒーを飲まない 「すべてがうまく回りだす」黄金の食習慣 (講談社+α新書)の感想・レビュー・書評

  • 丁度ダイエット真っ盛りのときに出くわした。
    糖とは当分おさらばしても大丈夫そうだけど
    ビールだけは決別できぬ…

    けど
    見てろよ。いつまでも○○と思うなよ。

  • 缶コーヒーは飲まないし・・・と思う方にもおすすめの一冊。
    缶コーヒーだけでなく、普段知らないうちにどれほどの糖分を摂取していたかに気付きます。
    第一章では糖質の摂りすぎの現状とその恐ろしさを感じますが、第二章からはどのように改善したらよいかの具体的な対策方法が書かれています。
    こういった正しい情報をとりこむ自分でいるためにも、ほんとうの健康を手にしたいと感じる一冊です。

  • 食生活の大切さを感じる一冊。
    幸せもやる気も楽しみも仕事も家庭も、
    からだが身体・精神ともに健康であることが前提にある。
    幸せを感じるホルモンも憂鬱になるホルモンも、糖質やタンパク質の過不足や質によって変化すること、気分の変調は生活を変化させることが書かれている。
    良いサイクルの生活をするためのコツは、健康な心身を構成する成分はすべて毎日の食事から、ということを忘れないようにすることではないだろうか。
    物にあふれている世界で好みに偏らず、
    忙しく時間の取れない中で食事をどう考えていくか、
    今一度考えてみるもの良いと思います。

  • 糖について知りたくて読書。

    この数年、読んできた健康に関する本と真逆に位置するような内容。

    タンパク質を摂るために積極的に肉、魚を食べることや近年、栄養素が疑問視されている牛乳も勧めている。

    糖質を減らすために炭水化物を意志的に減らすことは理解できる。いずれにしてもバランスが重要だと改めて食生活を考えさせてもらえる。

    また、心療内科の医師らしく、途中で心理学的な部分へ脱線していく。私は好きな内容であるが、本来の趣旨とはやや乖離していると感じるため、求めていない人には不要な内容かも。

    昼飯で単品のうどん、そばの食事は、炭水化物だから控えたほうがいいとあるが、ハンバーガーなどのファストフードはどうなのか。

    p37の総摂取カロリーの推移と肥満度(BMI)25以上の肥満の割合のグラフは衝撃的。総摂取カロリーは1975年をピークに年々減っているのに、肥満に陥る人、特に男性は右肩上がりで増えているという統計。これは何を意味しているのだろうか。

    食事に対する意識、習慣を変えるタイミングだと潜在意識が訴えているので、この本を手にしたと信じたい。

    とりあえず、缶好ヒーヒーを控え、朝、ゆで卵を食べることにする。

    再読したい本。

    読書時間:約1時間5分

  • こういった類の本は結構はずれがおおいんですけど、なかなか納得のいく内容だったと思います。一言で言えば糖質制限によるメリットについて記載された本ですね。

    タイトルってこんな感じにしなくっても、糖質制限って言葉がでても良かったような気がします。

    一流のアスリートは食事に対して非常に気を使うと言います。我々も一流のアスリートほどではないにしろ、生きていくために仕事をしているんですから、出来ることはやるべきだと思いました。

    仕事中に私も眠くなることがあるのですが、この方法であればそれを回避できそうです。明日からおやつはナッツにするかなぁー。

  • 食べ物が体と気力を作っていることを改めて知りました。
    とりあえず、スイーツを我慢します。

  • 糖分の取りすぎに注意。
    タンパク質の不足に注意。
    ビタミンCも大事よ。

  • 脳の活性のためには、糖分ではなく、アミノ酸(タンパク質)が重要。
    缶コーヒーは、砂糖の塊りであり、血糖値はすぐにあがるが、すぐ降下し、眠気等を引き起こす.できるビジネスマンほど、肉食系である。お酒も蒸留酒系は、糖分が少ない.随分これまでの定説と異なるところに、驚いた.

  • 友人にオススメしてもらったので読みました♪

    著者がドクターだけあってエビデンス(医学的根拠)に基づき説得力があり、私も友人同様 食生活を改善する気になりました。

    インシュリンの乱高下が、やる気の低下やさまざまな症状を引き起こすなら、健康になるとともに、体重の低下も期待されるかな、と思って
    さっそく自分の身体で試しています。(笑)

    「糖類ゼロ」と「糖質ゼロ」の違いや、メイヤード反応など勉強になりました。

    ただ、著者は甘いものが摂りたい時はカロリーゼロのものを推奨してますが、人工甘味料の中には、アセスルファムカリウムやスクラロースなど
    発がん性があるといわれる甘味料も世の中に出回っているので
    個人的には注意が必要だと思います。

  • 腸粘膜の機能を「神の手」というらしい。すごいな腸粘膜。
    色々影響され、さっそくアミノバイタルをデスクに常備。。。
    とにかく糖質の悪を訴える内容です。
    メカニズムを知るっていうのは納得のために大切やな
    すっかり信者。

  • 読むのは二度目。最近、食生活が乱れている感じがするし、夏に向けて退室改善したかったので。

    砂糖の依存性は麻薬と同じ。

    このフレーズだけは、忘れるな、自分。

  • 肉を食べなければいい、和食ばかり食べてればいいというわけではないのは確かにその通り。第3章が妙に浮いてたなあ。

  • ビジネスHowTo本かと思って読みはじめたので,
    「頭を活性化するには缶コーヒーじゃなく,他のなにかなのか?」
    「缶コーヒーを飲む時間でなにかするのか?」
    という期待感が見事につぶれました(笑

    元々缶コーヒーは甘いし,カフェインが効きやすい体質なので日常的には飲まないし,食生活もなるべく気にかけているので,あまり得られることはありませんでしたが,GI値や血糖値について教えてくれる本としては,とてもいい解説だと思いました.
    気にしている方はぜひ!

  • 不機嫌な職場は砂糖が原因と著者は説く
    ① 朝、眠気覚ましに缶コーヒーを飲む
    ② 昼に、ランチ ラーメン大盛り、うどん、そば、牛丼 炭水化物(糖質)を大量にとる
    ③ 14時~15時 血糖値が下がってくるため、低血糖状態になり、缶コーヒーを摂取
    ④ 16時 小腹がすいたので、チョコレートやスナック菓子をつまむ
    ⑤ 残業中に、おにぎり や 菓子パンを食べる
    ⑥ 仕事が終わり ラーメン 唐揚げを食べる
    こういった状態が続くと、栄養障害が招く新型うつ病になりかねない
    特徴としては、甘いもの・炭水化物の過剰摂取・麺類・お菓子を食べる人

    眠気覚ましにはどうすればいいのか
    タブレットタイプのアミノ酸を摂取する事
    スポーツ飲料水のアミノ酸は、大量の糖分が含まれている為

    疲れると甘いものがいいという説は?
    沢山食べると血糖値が上がるが、その分後で、血糖値が乱降下し、結果的に疲労感が増す。

    ランチで主食を抜きにする。
    タンパク質や野菜をたくさん摂取し、ご飯は最後に食べる。
    大盛りカレーや牛丼、ラーメンは、午後の仕事に悪い影響が出る。
    サバの味噌煮やぶりの照り焼きは、砂糖が多く含まれている為、実はご法度
    また、本書では明かされていないが、揚げ物も、粉ものに炭水化物が含まれている為、ご法度になる。

    細かく説明すれば、ドレッシングにも佐藤が含まれている、めんつゆもしかり。

    野菜だけでも健康になれない
    装飾系の動物は、胃の中に微生物が住んでいる為、必要な栄養素を作り出しているが、人間の体内には、微生物がいない、そのため、動物性食品をとることによってバランスを保つ必要がある。

    野菜ジュース説も嘘
    よく1日分の野菜が入っていると謳っているが、実際、工場から出荷されて、自分の手元にやってくるまでの間、鮮度が酸化されていて、本来の効力は発揮できない。
    また、果物には、血糖値を上げやすい果糖が含まれているので要注意。
    お酒も百薬の長といわれているが、実際は糖質でいっぱい
    特にビール、発泡酒、梅酒は糖質が多い
    あまり糖質がないのは、ロゼ>白>赤
    または、焼酎やウイスキー、ブランデー、ウォッカはゼロだ。

      また、禿予防になるのは、
    タンパク質や鉄分(牡蠣、ホタテ、レバー)になる。

    スタミナアップは亜鉛(アミノ酸)が効果的

    タバコと缶コーヒーは老化を早める
    また、甘いものや果物を食べすぎるとシミやしわができる。

  • とにかく糖質を抑え、タンパク質をとる必要があるという話。
    ごはんが好きなので実践できそうにない・・・

  • 食事はバランスが大事。
    食生活を見直そう。

    まずは朝の低血圧を何とかしたいけれど、朝弱いのは単純に意志の問題な気も…

    残業時間中のおやつは、するめやビーフジャーキー、ピーナッツがおすすめとのこと。
    残業時間中のするめはハードル高いなぁ…

  • ■”精神疾患は低血糖症の海に浮いている”


    低血糖症からパニック障害が起きている患者さんは
    従来のパニック障害の薬物療法では
    なかなか改善しない。

    ノルアドレナリンなど神経伝達物質の間違った働きを薬でコントロールしても
    血糖値が乱高下する糖質過多の食事をしていれば
    症状を抑えることは難しいからだ。

    この場合、薬だけでなく食事のコントロール=栄養療法を平衡して行うことが
    重要になってくる。

    それはいたってシンプルで誰にもで出来る。
    「血糖調節を乱さない食事、つまり砂糖などの精製された糖質を極力避ければ」よいのだ!!


    栄養療法の権威、
    マイケル・レッサー博士は
    ”精神疾患は低血糖症の海に浮いている”と話されている。

    今はまだ、「眠気、やる気が出ない、だるい、」程度の取るに足らない体調の変化と思っていても
    低血糖症をそのままにしておけば
    いずれパニック障害やうつ病といった精神疾患を起こす
    時限爆弾を抱えて働くことになる。

  • 私も以前一日に5~6本の缶コーヒー(砂糖入り)を飲んでいました。一種の依存症だったと思います。しかしある日、気分が悪くなり見るのも嫌になってから不思議と欲しいと思わなくなりました。それ以降体調もよくなった感じがします。まさにこの本に書いてある通りと実感。

  • タイトルのインパクトで勝負した栄養学の本。

    肝心の内容はいたるところで論理が大ジャンプしているため、精読する価値なし。

    ただ、野菜=健康、肉食=不健康って誤った思い込みを正してくれるところはまあ良かったかな?

  • これも実家にあった本。食習慣に気をつけて元気出して行こうという本。/血糖値が下がるとき…眠気に襲われる…。血糖調整を乱さない食事…精製された糖質を極力避ける。タンパク質、B6、鉄、亜鉛、ナイアシン。メラトニン、ノルアドレナリン、GABA。和風テイストに要注意。ビールや日本酒は糖質が多い。男性は自己満足でもドーパミンがでる…女性は他人から褒められるとドーパミンが出やすい。

  • 前半テーマは、糖質摂りすぎへの警告とたんぱく質の重要性、
    後半には脳の話し(女性と男性の脳の違いにまで)に及び、充実の内容で読み応えありました。

    おまけ話の桃太郎とかぐや姫、そうくるか! 面白いなぁ~。

  • この種類の健康系の本は、とにかくうのみにしない姿勢がポイント。それを自覚しながら読んで、適度に取り入れればよい。ということで、砂糖の取り過ぎに気をつけよう。

  • 缶コーヒーと甘いお菓子は仕事にかかせません。
    が、これからは我慢ガマン・・・。
    怪しげなところもあるけど、1週間くらいは信じてみることにした ^^;
    (ルフィじゃあるまいし、肉食ってホントに元気になるんだろうか・・)

    <砂糖こそ眠気を誘う犯人>
    ・砂糖は吸収されやすい糖質のため、血糖値が一気に上がる。
    その結果、膵臓からインスリンがだされて血糖値が下がりすぎてしまい、脳にブドウ糖が供給さず、眠気に襲われる。
    ・缶コーヒー⇒眠気⇒缶コーヒー⇒眠気⇒・・・を繰り返すと、砂糖を摂っても血糖値が上がらない状態になってしまう(無反応性低血糖症)。

    ・精神疾患の原因の一つに低血糖症が関わっている可能性が高い(患者のうち、血糖調節が正常な人は400人中4人)

    ・缶コーヒー、菓子パン、和菓子やケーキなどのスイーツ、スナック菓子、せんべい、白米、ラーメン、うどんなどの精製された糖質の摂りすぎは、血糖値を急激に上昇させてしまう。
    ・パソコンの画面を見ながら睡魔に襲われたらアミノ酸をとろう
    ・チョコレートを食べたときの幸福感は持続性がなく、依存しやすい

    ・脳のブドウ糖は枯渇しているため、朝食抜きでは頭が働かない

    ・脳に一番必要な栄養素はタンパク質・・・脳の乾燥重量の40%はタンパク質でできており、神経伝達物質の原料もタンパク質であり、それをキャッチする受容体もタンパク質でできている

    ・成人男性が1日に必要なタンパク質・・・タマゴ2個、1/6Pチーズ2個、肉100g、魚1切れ、豆腐半丁、納豆1パック、牛乳200mg、間食に小魚・ナッツ

    ・伝統的な和食の献立で食べていた植物性タンパク質に、欧米食の動物性タンパク質が組み合わされることが長寿につながっている

    <成功を呼ぶ5つの食習慣>
     1.タンパク質をしっかり摂る
     2.脳に必要なよい脂質(不飽和脂肪酸)を摂る
     3.精製された糖質を控える
     4.活性酸素を消去する(ビタミンA、C、Eなど抗酸化物質をこまめに摂る)
     5.腸内環境を整える(乳酸菌、食物繊維を摂る)

    ・疲れやすいのはビタミンB群不足・・・豚肉、うなぎ、かつお、まぐろ、レバーなどに多く含まれる
    ・ストレス対策にはビタミンC
    ・ビタミンAは緑黄色野菜、かき、みかんに多く含まれる
    ・ビタミンEはうなぎやたらこ、ナッツ類、かぼちゃやアボガドに多く含まれる

  • 今までは脂肪分をなるべく摂らないよう気を付けていたけれども、
    缶コーヒーをはじめとする砂糖、炭水化物の摂取方法にも気を遣う必要があり、絶対的にタンパク質が不足していることが解った。

    例に載っていた、缶コーヒーとパンで朝食を済ますのは良くやるのだけれども、それについて全否定される。

    本を読む前に頼んだ社内販売の缶コーヒーが本日ごっそり事務所に届くというなんというタイミングの悪さ。

    ただ非常にためになったが、この内容であればもう少し字数を減らせただろうと思う。無理に新書になるよう字数を増やした感が否めない。

  • 糖質の摂取による倦怠感や眠気、肥満などの弊害について解説した本。ご飯食べたら眠くなるとか、諸症状につあては確かに心当たりはあるし、自分の食生活を考え直すきっかけにはなりそう。

    三章はいらなかったんしゃないかな、、

全158件中 1 - 25件を表示

姫野友美の作品一覧

姫野友美の作品ランキング・新刊情報

成功する人は缶コーヒーを飲まない 「すべてがうまく回りだす」黄金の食習慣 (講談社+α新書)を本棚に登録しているひと

成功する人は缶コーヒーを飲まない 「すべてがうまく回りだす」黄金の食習慣 (講談社+α新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

成功する人は缶コーヒーを飲まない 「すべてがうまく回りだす」黄金の食習慣 (講談社+α新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

成功する人は缶コーヒーを飲まない 「すべてがうまく回りだす」黄金の食習慣 (講談社+α新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

成功する人は缶コーヒーを飲まない 「すべてがうまく回りだす」黄金の食習慣 (講談社+α新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

成功する人は缶コーヒーを飲まない 「すべてがうまく回りだす」黄金の食習慣 (講談社+α新書)の作品紹介

ビジネスマンの食の常識・非常識。

成功する人は缶コーヒーを飲まない 「すべてがうまく回りだす」黄金の食習慣 (講談社+α新書)はこんな本です

ツイートする