社会脳SQの作り方 IQでもEQでもない成功する人の秘密 (講談社+α新書)

  • 20人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 永江誠司
  • 講談社 (2012年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062727594

社会脳SQの作り方 IQでもEQでもない成功する人の秘密 (講談社+α新書)の感想・レビュー・書評

  • 要は、SQが高い人間が成功するってことを言いたいらしいのだが、小難しい話ばっかりだし、ぼっちには辛い。

  • 最近の社会脳研究の成果を平易な言葉でまとめてあり、今までの流れを整理して理解するのにピッタリの本です。分かりやすい言葉で書かれているので、この分野に詳しくない人でも脱落せず読めるのではないかと思います。まとめとして優れているのですが、ある程度この分野を知っている人が、知識の整理として読むには、参考文献などがないのが、物足りないかもしれません。
    内容は心の理論や、共同注意、ミラーニューロン、自閉症など、トピックが網羅させています。
    ただ同じような内容の繰り返しが多いように感じなくもありません。SQという言葉はキャッチーかもしれないけど、特別新しいことを提案しているわけではないように思います。

  • 永江 誠司 (著)
    右脳も左脳も、IQもEQも、もう古い。キレない脳、学力を伸ばす脳はSQが支配する。本書では、人間の社会性の発達とそれに関わる教育の問題を、社会性に関係する脳の働き、すなわち社会脳の観点から考える。!

全3件中 1 - 3件を表示

社会脳SQの作り方 IQでもEQでもない成功する人の秘密 (講談社+α新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

社会脳SQの作り方 IQでもEQでもない成功する人の秘密 (講談社+α新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

社会脳SQの作り方 IQでもEQでもない成功する人の秘密 (講談社+α新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

社会脳SQの作り方 IQでもEQでもない成功する人の秘密 (講談社+α新書)の作品紹介

従来の脳科学は、主に人間の知的働き、感情的働きなど、個人の心理と脳との関係について研究してきたといってよいでしょう。そこから、最近の脳科学は、人と人との関係にかかわる研究へと、その視野を広げてきているのです。こうしてクローズアップされたのが社会脳です。見えない人の心を読みとる脳、人の心を思いやる脳、あるいは人を欺く脳など、私たちの日常の対人関係の中で働いている心理を、脳のしくみとの関係から明らかにする研究が数多く報告されるようになっています。本書では、社会脳とは何であり、どのように生み出されるかの知識も得ることができます。そのことによって「社会脳の作り方」を知れば、自分の仕事にも子どもの教育にも活かすことができるでしょう。

社会脳SQの作り方 IQでもEQでもない成功する人の秘密 (講談社+α新書)はこんな本です

社会脳SQの作り方 IQでもEQでもない成功する人の秘密 (講談社+α新書)のKindle版

ツイートする