日本の男を喰い尽くすタガメ女の正体 (講談社+α新書)

  • 233人登録
  • 3.23評価
    • (13)
    • (17)
    • (41)
    • (11)
    • (6)
  • 42レビュー
著者 : 深尾葉子
  • 講談社 (2013年4月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062727969

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
桜木 紫乃
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

日本の男を喰い尽くすタガメ女の正体 (講談社+α新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おもしろいなーとか、なるほど!と思ったりもするのですが、「すべて悪いことはタガメ女のせい」みたいな結論が安易すぎやしないかと思います。

    それにしても、日本のサラリーマンは、毎月少ないお小遣いで頑張っていますよね……。
    著者は「タガメ女はカエル男に愛はない」と言い切っていますが、そんなことはないと思いますよ(愛がない人もいるかとは思いますが)。

  • 「ガッチリと男を捕まえて、自らはろくに働かず、チューチューと収入を食い尽くす女性=タガメ女」というのが著者のいうタガメ女の定義であり、そういう女性がいることは僕も認識している。
    ただしかし、、これは本当に大阪大学の准教授の書いた本なのかね。
    こういう題材を取り上げることは面白いと思うが、内容が稚拙なのだ。
    きっと、著者が個人的にそういう類の女性が嫌いなんだろうな、と思う。

  • タガメとは田んぼに生息してカエルの生き血を吸う昆虫。高度成長期以後、日本の各地から田園風景が消える中、タガメの魂は女性たちに宿り、無抵抗な「カエル男」を箍(タガ)にハメて搾取している。すなわち「タガメ女」は「箍女」でもある。気鋭の研究者が、自らの研究過程やゼミ生からの証言をもとに、「専業主婦」「家事手伝い」という姿で女性が現代日本を支配する特異な現象を、ユーモアを交えて実証する。

  • 古書

  • おれも
    タガメなのか。www

  • 新書本だし、キャッチーにしたかったのだろうが、本社の前半と後半とは入れ替えたほうが良かったように思う。

  • 読了。

  •  日本の男女間の現状をかなり過激に分析した社会風刺本。タイトルと冒頭をちょっと読むだけで人によっては相当な嫌悪感を抱く内容。事実関係だけをみれば多くの論調には賛成せざるをえないし、皮肉を込めた描写には思わず笑ってしまうこともある。しかし本著の本質は、そういった現実について環境問題を絡めた社会的歴史的分析をしている点にある。そしてその視点は今回取り上げられた問題だけでは済まない奥深さを秘めていると思われるのだ。著者の専門領域から「魂の植民地化」というキーワードを提唱して、広く警鐘を鳴らしている。最後まで読んでこうしたメッセージを読み取らないと単なるミソジニー論で終わってしまうこととなるだろう。

  • 男に食らいつき骨になるまで栄養を吸い尽くすタガメ女。社会の病理現象を引き起こし、この国の経済にも暗い影を落としている。恐ろしいタガメ女であるが、害虫というポジションに縛り付けているのが実は餌であるカエル男。彼女ら自身も被害者であり、また、彼女たち自身も共食いのようにタガメ女同士で疲弊させあっているという。何ともやるせない。著者によれば社会に害をもたらすタガメ女の正体は箍であり、自ら考え自ら立つ自律の人間性があれば箍も打破できるとのこと。本書にはカエル男を支配するタガメ女度チェックシートもあれば、タガメ女に吸い尽くされるカエル男についてもチェックシートがある。自らをしっかり理解し正しい道を歩みたい。

  • 偶然、手元に舞い込んできた1冊。表紙が怖いです。でも、ありうるかも…と感じる本です。まだ読み始めたばかりですが、日本という国や文化、歴史の流れからタガメ女もカエル男も生まれたのだ、という所がかなり納得できました。

    ひとりひとりが自分の頭で考えて、自分の魂と向き合って正直に生きることが、タガメ女にもカエル男にもならない秘訣とか。確かに、普通はこうだよ!という無邪気な?洗脳とか、思い込みとか、強迫観念はたくさんあると思うので、一つひとつ見直そうと思いました。こうあるべきだという箍を誰かに押し付けることは、同時に自分をも呪縛するものであり、なんとなく、説明のできない息苦しさが生まれ、周りの人や子どもにも連鎖していくもの。覚えておこう。

全42件中 1 - 10件を表示

日本の男を喰い尽くすタガメ女の正体 (講談社+α新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本の男を喰い尽くすタガメ女の正体 (講談社+α新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本の男を喰い尽くすタガメ女の正体 (講談社+α新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

日本の男を喰い尽くすタガメ女の正体 (講談社+α新書)の作品紹介

本書の推薦のことば。

「本書は現代日本における夫婦関係を学際的な見地から鋭く究明し、日本人はなぜ生活水準が高いわりには不幸なのかという謎を解き明かしたものです。男女問わず、結婚している人、結婚を考えている人にとっては必読書です」
チャールズ・ユウジ・ホリオカ氏 経済学者

「この新著は『魂の脱植民地化』という斬新な概念を取り入れ、戦後半世紀の日本像を今までとはまったく違った見地から描こうとするものです。これまで当たり前とされていた人生のあり方を改めて問い直すことで、当たり前が当たり前でなくなるのです。ぜひお勧めしたい」
別府春海氏 スタンフォード大学名誉教授(文化人類学)



タガメとは田んぼに生息してカエルの生き血を吸う昆虫。高度成長期以後、日本の各地から田園風景が消える中、タガメの魂は女性たちに宿り、無抵抗な「カエル男」を箍(タガ)にハメて搾取している。すなわち「タガメ女」は「箍女」でもある。気鋭の研究者が、自らの研究過程やゼミ生からの証言をもとに、「専業主婦」「家事手伝い」という姿で女性が現代日本を支配する特異な現象を、ユーモアを交えて実証する。

日本の男を喰い尽くすタガメ女の正体 (講談社+α新書)はこんな本です

日本の男を喰い尽くすタガメ女の正体 (講談社+α新書)のKindle版

ツイートする