日本人の4割が老後準備資金0円 老後難民にならない「逆算の資産準備」 (講談社+α新書)

  • 37人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 野尻哲史
  • 講談社 (2014年9月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062728683

日本人の4割が老後準備資金0円 老後難民にならない「逆算の資産準備」 (講談社+α新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大崎Lib

  • 勤労者の4割が「老後準備資金0円」という恐るべき実態。人口減少社会の到来で、年金頼みでは生きていけない今、老後の不安をなくすための「逆算の資産準備」という画期的な方法論を提示。働き手が減り、経済は衰退、子や孫も助ける力がない。そんな時代になっても経済的独立を果たして、確かに生き抜くために必読の1冊!

全2件中 1 - 2件を表示

野尻哲史の作品

日本人の4割が老後準備資金0円 老後難民にならない「逆算の資産準備」 (講談社+α新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本人の4割が老後準備資金0円 老後難民にならない「逆算の資産準備」 (講談社+α新書)の作品紹介

フィデリティ退職・投資教育研究所所長として、さまざまな年代・性別・社会階層の生活実態、資産状況、投資行動と老後準備資金額、退職後の資金状況の実態に迫る調査を次々手がけてきた著者。その成果を、『退職金は何もしないと消えていく』『なぜ女性は老後資金を準備できないか』『老後難民』といった著作にまとめ発表してきました。大きな反響を呼び、とりわけ「老後難民」は、ホットなキーワードとしてメディアで流布され、地方からは講演・セミナーの依頼が殺到しています。
 2014年、新たに勤労者3万人に及ぶ調査を行った結果、明らかになったのは、働く人の44.8%が、年金以外に老後資金を持たない、という事実でした。人口減少社会の進展により、年金減額が避けられない状況にもかかわらず、日本人の老後を支えるのは先細る年金だけ──。
 95歳まで生きる可能性が高い現代日本において、いかにこの状況に立ち向かうか。著者が辿り着いた結論は、年代別「逆算の資産準備」という方法です。
 団塊の世代が75歳に達する頃には、働き手も減り、経済は衰退し、子や孫も助けられません。そんな時代にも経済的独立を果たして、確かに生き抜くために今、自分自身にできる「対策」「ソリューション」を具体的に示します。

日本人の4割が老後準備資金0円 老後難民にならない「逆算の資産準備」 (講談社+α新書)はこんな本です

ツイートする