ルポ ニッポン絶望工場 (講談社+α新書)

  • 86人登録
  • 3.58評価
    • (5)
    • (12)
    • (11)
    • (2)
    • (1)
  • 12レビュー
著者 : 出井康博
  • 講談社 (2016年7月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062729567

ルポ ニッポン絶望工場 (講談社+α新書)の感想・レビュー・書評

  • 国籍の壁を越えて、奴隷労働はやってはいけないと思う。

  • 日本人がやりたがらない仕事に就くために来日した外国人の現実をルポ。正直,移民や難民はもちろん彼らのような労働力受け入れはどうかと思う。日本人と同等の権利や生活を保証できない日本に受け入れる資格はないと思うから。余裕があるか自分たちを彼らに合わせる気持ちがないのにきれいごとを言っても仕方ない。親日の彼らが反日になって帰っていく現実は耐えられない。

  • しっていることばかり。

  • せっかく、親日派で日本を訪れた人たちに、より日本を好きになってから自国へ帰って欲しいけれど。

    しかし、この現実は、ひどいなあ。

    特に、新聞配達という奴隷労働を、新聞が報道しないという、日本のジャーナリズムのダメさ加減が絶望的。

    日本の新聞の言説なんて、ホント信用できないよな。
    政府与党や警察権力やスポンサーに屈服しない、真のジャーナリズムは、日本の新聞には、無い。

  • ほんっとうに絶望する…!!!
    「国を開けば、いくらでも外国人がやってくる」という前提が勘違いである、という指摘にハッとする日本人が大半なんじゃないかな。私もこの本を読むまで全く現状を認識で来ておらず、そう勘違いしてた…。
    弱者を搾取する経済構造をなんとか改善するには、どうしたらいいんだろう。朝からたくさんの種類の弁当が並んでいるコンビニの異様さだって、ちょっと考えれば分かるはずなのにそれが当たり前になっているし…。文化や習慣が異なっても、人の心は同じって篠田節子の小説にもあったよなぁ…。

  • 著者は取材して事実を書いているスタンスである。もちろんいかなる事象であれ事実を完全に描き出すことは困難であろう。見る方向や立ち位置が変われば事実は同じでも、表現は異なってしまうでしょう。それでも、この本に書かれていることが半分でも真実であれば、ゆゆしきことだと思われます。〇〇という企業はブラックだ等と言われるが、日本政府と官僚、そして天下りシステムが最悪のブラックであり、大賞間違いなしである。個人や一般企業がどんなに誠実に世界と向き合ったとしても、政府のスタンスが改まらない限りは、国際貢献を大義名分に私腹を肥やすことにひたすら専念するのであれば、世の中の日本と日本人に対する印象は悪くなる一方でしょうし、旅行中に襲われる邦人も後を絶たないでしょう。
    多くの事象で共通して言えることは、集団化、匿名化した日本人の暴走しやすさと、それに対する主権者の無関心さですね。どのような世の中にしたいのか考えさせないように操作しているのでしょうか。

  • 一人でも多くの人に読んで欲しい。

    留学生30万人計画。。。
    日本政府は単に、外国人留学生や実習生を沢山受け入れている国際的な先進国だという見栄を張りたいだけの気がする。出稼ぎを目的とした外国人労働者なのに、とにかく沢山、彼らを留学生や実習生として入国許可する。数字達成のために。
    実状を把握しようという考えはないのか。入国後の実態は「奴隷制度」と言っても過言ではないのでは?

    本書が「奴隷制度」犠牲者の状況改善につながることを切に願う。

  •  日本において働いている外国人をめぐる状況について取材し、それをまとめている本。

     これを読むと、日本という国が「人手不足を解消するための移民受け入れ」をいかに正面から実行せずに「脱法出稼ぎ」によってその場しのぎな人材使い捨てをしているのかがよくわかる。

     一般的によく知られてるのは外国人技能実習生だが、著者によれば今もっとも深刻なのは、実は留学生なのだという。それも、大学などではなく、日本語学校で学ぶ(という名目で出稼ぎを行う)ベトナムからの留学生。彼らは、日本のずさんな「留学生30万人計画」を満たすために設けられた、名ばかり日本語学校に在籍しながら、実態としては日本人がやりたがらない過酷な労働環境の仕事を引き受けている出稼ぎ労働者たちである。

     現在の日本の法律上、留学生は週28時間以内という制限のもとでアルバイトに就くことができるが、その時間内でおさまる労働時間の人はむしろ少ない。なぜなら、「留学生」として日本に来るために、現地のブローカーや日本人学校の学費、また寮費などを借金しており、実質的に搾取されているからだ。元々彼らは、「日本に行けば月20〜30万円は稼げる」との触れ込みで日本に来ているが、それは騙されているだけで、実際は語学の学習もろくにできず、また収入もろくに手元に残らない。そもそも労働環境自体が違法に近い状態なので、法的にも守られにくい。

     だから借金で身動きが取れず打ちのめされた留学生たちは次々と失踪し、より実りのある「不法就労」についたり、あるいはやむなく犯罪行為に走るのだ、と解説されている。

     外国人の使い捨てとして書かれているのは、ほかにも技能実習生(最近は中国人も愛想を尽かしており、ベトナム人が多数)、新聞奨学生(ベトナム人多数)、フィリピン・インドネシアから来た看護師・介護士、日系ブラジル人(こちらは永住権が与えられたが、実質的な受け入れ体制はなかった)、日系フィリピン人等々。

     日本人であっても相当暮らしづらいのが日本の現状ではあるが、こんな強制労働国家に来る外国人も不憫である。少し前に、「難民受け入れをどうするか」ということに関して、リベラル系の人が(排外主義的な声を抑える意味も込めて)「歓迎する!」とアピールをしていたが、外国人の「不法」滞在について以前から取り組んでいる一部の左翼グループは、むしろ「日本には来ないほうが良い」という主張をしていたように聞いている。

     確かに、この本にあるように、ろくな受け入れ環境を設けずに外国人を排除する仕組みばかりが温存している現実があるのであれば、「こんなところ来てもひどい目にあうだけだよ(来ないほうが良い)」という主張には理があると言える。

     この本でまとめられているような内容は、端的に言って国家ぐるみの外国人差別なわけだが、アホなネトウヨなどは、むしろこの外国人たちを問題の根源であるかのようにすり替えて排除しようとするのだろうと考えると、ほとんど地獄だし、暗澹たる気分になる。

  • 英字新聞THE NIKKEI WEEKLYの記者などを務めたフリーのジャーナリストが、日本で暮らす外国人労働者の実態について、約10年に亘る取材をもとに明らかにしたもの。
    私がほぼ毎日利用するコンビニでも、店員の大半はアジア出身の外国人であるが、そうした外国人の多くは、著者によれば、「実習生」(2015年現在で約19万人)や「留学生」(同約25万人)として入国した人々なのだという。つまり、「実習生」とは、公には「外国人技能実習制度」に基づいて日本に技能を学びに来ている外国人であるが、実態は短期の出稼ぎ労働者であり、「留学生」とは、2008年に政府が作り、現安倍政権も成長戦略の一つに掲げる「留学生30万人計画」に基づいて勉強をするために受け入れられた若者であるが、実態は勉強よりも出稼ぎを目的とする人々が多く含まれているのだという。そして、彼らはコンビニや外食チェーンの店員ばかりでなく、コンビニやスーパーで売られる弁当やサンドイッチの製造工場、宅配便の仕分け現場、新聞配達など、日本人が嫌がる夜勤の肉体労働を行っているのである。
    何故このような事態になっているのか。それは、「留学生」については、現地のブローカーが「日本に留学すれば、アルバイトで月20~30万円稼げる」と高額の手数料で盛んに勧誘する一方で、多額の借金をして来日した留学生は過酷な労働を余儀なくされ、稼いだアルバイト代も留学先の日本語学校・専門学校などに吸い上げられているのであり、「実習生」については、巷で言われる人権侵害よりも、官民による様々なピンハネの結果手取り賃金が不当に低くなることに嫌気がさして、実習先から逃げ出して不法就労をしているのだという。
    そして、そもそもの原因として、少子高齢化が進み、低賃金・重労働の仕事の担い手が絶対的に不足する中で、単純労働を目的に外国人が入国することを法律が認めていないため、「実習生」や「留学生」が実質的に単純労働者として受け入れられていることを、政府が黙認していることを指摘している。このような政府の“嘘と建て前”に塗り固められた姿勢は、2009年に始まったEPA(経済連携協定)に基づく外国人介護士の受入れの失敗や、1990年代に始められた南米諸国からの日系人の移民が結局定着しなかったことにも、如実に表れている。
    そして著者は、「今やるべきことは、将来「移民」となる可能性を秘めた外国人労働者、留学生の受け入れ政策について、一から見直すことだ。・・・移民の受け入れとは、単に労働力を補充することではない。日本という国を構成するメンバーとして、生まれ育った環境や文化の違う人たちを社会に迎え入れることなのだ。言語の習得、就職、さらには子弟の教育などへの支援を通じ、日本社会に適応してもらえるよう、私たちの努力も求められる」と、政府のスタンスだけでなく、我々一人ひとりの心構えを変えねばならないと提言している。
    我々日本人が、外国人労働者、ひいては移民問題と如何に向き合うべきかを考えさせるルポである。
    (2016年10月了)

  • ■「留学生30万人計画」も2020年を待たずにに達成されそうな勢い。
    ・「30万人計画」のモデルは中曽根政権下で進められた「留学生10万人計画」で「10万人」の理由は,当時フランスが12万人の留学生を受け入れていたため参考にされたもの
    ・2000年時点で6万4000人程度に留まっていたため,政府は留学ビザ発給基準を緩め「10万人計画」を強引に達成しようとした
    ・「10万人計画」は2003年に無事達成したが留学ビザの発給基準を緩めたため出稼ぎ目的の「偽装留学生」が増加した
    ・1位は米国78万人,以下英国42万人,オーストラリア25万人,フランス24万人で「30万人」はかなり高いハードル
    ■日本でベトナム人が働こうとすれば,実習生と留学生の二つの方法がある。留学生は実習生と違い仕事が選べるしうまくいけば日本に残って就職できるかも知れない。
    ■全国的にもベトナム人実習生は中国人にとって代わりつつある。2015年末現在で約5万8000人とわずか3年で3.5倍近くになった。
    ■実習生たちは「出稼ぎ」,受け入れ先は「労働者」を欲しているというのに,それぞれが「実習」を装わなければならない。誰もが嘘だとわかっていても官僚が強いる数々の虚構に付き合わなければ実習生の受け入れは許されない。
    ■FPAによる外国人介護士の受入が決まった当初介護業界の期待は大きかったが,すぐに失望へと変わっていった。理由は難関の「国家試験」。
    ・多くの施設はせっかく育成した人材を失いたくないので最初から外国人介護士を採用しないでおこうと考えた
    ・介護士たちが仕事を始める前にあっせん手数料や日本語研修費などで一人につき約80万円が必要となり賃金も「日本人と同等以上」という決まりがある
    ・外国人介護士の受入が少なかったため厚労省は受け入れた施設に対し一人につき23万5000円を国費負担する「バラマキ」を始めた
    ・2008年からの4年間で80億円にも上ったが,この間の介護士・看護師の合格者は104人
    ■ドイツがフィリピンなどとの間で2013年から始めた「トリプル・ウィン」という看護師の受入プロジェクト。
    ・受入の対象国はフィリピンに加え,セルビアとボスニア・ヘルツェゴビナで1年に2000人の受入を目標とした
    ・ドイツがフィリピンに注目したのは訓練されたプロに余剰人員がいることやドイツの資格システムと共通性があることなど理由が明確であり,目的もあいまいなままで意味不明な受け入れをしている日本とは大違い
    ■日本における外国人看護師の国家試験は筆記試験でドイツの場合は口答試験。しかも受け入れるのは母国での有資格者。
    ・ドイツが合格を前提に外国人看護師を受け入れているのに対し日本は意図的に不合格にしている
    ■台湾の人口は約2400万人と日本の5分の1程度だが25万人もの外国人介護士が働いている。
    ・国籍はインドネシアを筆頭にベトナムやフィリピンなどが中心
    ・ビザは3年ごとの更新で最長12年まで働けるが永住は認めていない

  • 【内容紹介】
    ISBN:978-4-06-272956-7
    判型/ページ数:新書/208ページ
    シリーズ:講談社+α新書

    新聞・テレビが決して報じない外国人留学生、実習生の真実。コンビニ弁当工場、新聞配達、宅配便仕分け、農業……日本人の便利な生活を末端で支える彼らが絶望し、謀反を起こす時、この国の生活基盤は崩壊する!
    http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062729567


    【簡易目次】
    はじめに──復讐される日本
    第1章 ベトナム人留学生という“現代の奴隷”
    第2章 新聞・テレビが決して報じない「ブラック国家・日本」
    第3章 日本への出稼ぎをやめた中国人
    第4章 外国人介護士の受け入れが失敗した理由
    第5章 日本を見捨てる日系ブラジル人
    第6章 犯罪集団化する「奴隷」たちの逆襲
    おわりに──英国のEU脱退と日本の移民問題

全12件中 1 - 12件を表示

ルポ ニッポン絶望工場 (講談社+α新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ルポ ニッポン絶望工場 (講談社+α新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ルポ ニッポン絶望工場 (講談社+α新書)のKindle版

ツイートする