力を引き出す 「ゆとり世代」の伸ばし方 (講談社+α新書)

  • 65人登録
  • 3.70評価
    • (3)
    • (10)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 原晋 原田曜平
  • 講談社 (2016年12月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062729765

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
伊賀 泰代
リンダ グラット...
デール カーネギ...
松下 幸之助
宮下 奈都
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

力を引き出す 「ゆとり世代」の伸ばし方 (講談社+α新書)の感想・レビュー・書評

  • ベーシックなルールには厳しく。
    その上に自主性。
    コミュニケーションの大切さ。
    自分の意見を言えるように。

  • 箱根駅伝で3連覇を成し遂げた青学の原監督がインタビュー形式で、ご自身の考えを語られた書。
    さらっと読めて、それでいて”なるほど”と、立ち止まって考えさせられる箇所もある。
    「常に原点に返って同じ説明をする。」
    「怒られたではなく”アドバイスされた”と思わせること」
    学生と対等の立場で、ゆとり世代とひとくくりで非難されがちな彼らの良い面を引き出そうとされている姿勢が印象に残った。

  • あれ?唐突に終わってしまった。もっともっと原監督語録を聞きたかったのに…
    要所要所でなるほど!と思い、引用もしたけれど、それでも青学が成功したのは、原監督個人の魅力も大きいと思う。
    同じ事を私が言っても子供達に響かないだろう。
    多分今までの人生経験に裏打ちされた真実の言葉だから、学生も素直に聞くんじゃないかな?
    そして、負けん気を持っている子達だからぐんぐん伸びていける。
    なにくそ、と思えたら、そこから変われると思うけど、どうしたら無気力な人間になにくそと思わせられるのか、その答えはなかった。

  • 箱根終わって、凄いなと思って読んだけど、想像してたのと全然違って、何か消化不足。
    対談形式だから読みやすいのかと思いきや、原田氏のまとめ的なものが多くて、結局、今の新人類への対応については、いまひとつ手に入らなかった。

  • 負けん気が欠けているのはゆとり世代に対して否めないかもしれません

  • 箱根駅伝3連覇の青学監督と博報堂若者研究所リーダーの対談本
    (じっさいには原田が訊き原が答えるインタビュー)

    “ゆとり世代”を相手に実績をあげているリーダーが語る
    若者分析、動機付け、育成方法の数々

  • 部活動の運営から学級運営まで、悩んでいたことがあったが、かなり参考になった。整理をして、実行していこうと思う。あと、月に一回の目標設定とそれについてのミーティングはしていこうと思う。良いと思ったことはとことんやってみる。

  • まさに今、会社で20代後半から30歳くらいの部下と向き合っていて感じる、「なぜ上手くいかないのだろう?」という思いの答えになるような本でした。

    一応管理職をやっていると、いきなり若い子に辞めたいと相談を受けて、え?と思うことがあります。聴いていると、相談じゃなくてもう自分の中で決まっているので、検討してもらう必要はないです。これからどうするの?とか収入が得られるか不安とかはないです、最低限生きてはいけるのでやりたいことをやりますと。あるいはこれから責任が重くなると逃げられなくなると。いきなりいなくなるというのもあります。

    この本はそんな若者像というところから解き明かしており、基本のルールは徹底し譲らない上で、それ以外は自由にする、個人のメリットを大事にしてあげる、など、スポーツ、陸上という枠を超えてビジネスにおける組織づくりにも大いに取り入れられる内容でした。

  • 青山学院がサンキュー大作戦で今年の箱根駅伝に勝利し三冠三連覇を達成した次の日そそくさと購入そそくさと読了。スポーツのチーム論、勝利論ではなく今時の若者のモチベーション論になっているところに興味をそそられました。対談者である若者研究の第一人者がまえがきで述べているようにあまりにも「わかるわかる」系のやりとりなので全然ストレスなくページをめくれちゃいますが若い世代に向き合っているふたりの目線は結構高く言葉は結構重く感じました。最近、原監督がTOKYO2020のことを語り始めたのも学生に対する目標の置き方を工夫しているからだと合点がいきました。今、すべての会社で働き方についての模索が健在化していますがそのヒントは満載だと思います。

全10件中 1 - 10件を表示

原田曜平の作品一覧

原田曜平の作品ランキング・新刊情報

力を引き出す 「ゆとり世代」の伸ばし方 (講談社+α新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

力を引き出す 「ゆとり世代」の伸ばし方 (講談社+α新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

力を引き出す 「ゆとり世代」の伸ばし方 (講談社+α新書)の作品紹介

なぜ、青山学院大学陸上競技部は
部員のコミュニケーションを重視するのか?

2017年正月の箱根駅伝で、
大学駅伝3冠と3連覇を目指すリーダーと、
博報堂若者研で実績を上げているリーダー。
分野は違えど、若者とともに成果を上げている二人が
彼らが接する「ゆとり世代」について語り尽くす。

ここ数年、
「新人とどうコミュニケーションを取ればいいのかわからなくなってきた」
「自分の言葉が届いているかどうかがわからない」
と嘆く企業人が増えてきた。

それはなぜなのか。
そしてそんな彼らに届く言葉とは何か?

丁寧に彼らと接してきたふたりだからこそわかる具体例を提示、
育て方次第ですごい能力を発揮するゆとり世代を見抜き、伸ばすヒントが本書にある。

【目次】
第1章 強いチームのつくり方
第2章 自分の学生時代、いまのゆとり世代
第3章 目標設定とコミュニケーション
第4章 成長を促す仕組み
第5章 ゆとり世代に対する大人たちへ

力を引き出す 「ゆとり世代」の伸ばし方 (講談社+α新書)はこんな本です

力を引き出す 「ゆとり世代」の伸ばし方 (講談社+α新書)のKindle版

ツイートする