今はもうない (講談社文庫)

  • 5172人登録
  • 3.61評価
    • (427)
    • (593)
    • (1199)
    • (45)
    • (6)
  • 466レビュー
著者 : 森博嗣
  • 講談社 (2001年3月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (544ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062730976

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

今はもうない (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • またまたやられたー。気づきたかった。これは気づける要素はいろいろ散りばめられていた。ん?と思った部分もあったのにスルーしてしまった。うむ。
    まあ2人がどんだけ似てるねんっていう話。
    ただ事件自体はまあそれほど大げさなものでもなく。姉妹はややこしくていちいち確認せんと読んでた。
    推測とはいえきっちり結論は出されていてよかった。やっぱりそういう風に変えていきはったんやろか。やり方というのか趣向を。

  • 【シリーズ最高傑作】というのは、シリーズと共に成長してきた読者に対する敬意のある作品である。
    この小説はまさに、そういう作品だったと心の底から思う。
    まだシリーズが完結していないけれど、そう言い切れる位の作品だった。
    森博嗣の良さ、S&Mシリーズの登場人物の個性がどれも光っていて、このシリーズが既に折り返していて、終わりが見えていることがとても寂しい。

  • 第一幕を読み始めてから違和感を感じ、第二幕、と進むうちにもしかして…という疑問が浮かびました。一度は違うのか?と思いましたが、最後には、やはり、とにんまり。話の結末が素敵だったので、☆4つに。第1幕~3幕まで、どこかまどろっこしくて読みづらいと思っていた理由もわかりました。

    シリーズ中盤になり、いろいろと趣向を凝らした形で物語が進むのですが、シリーズのはじめのように、犀川先生と萌絵の会話が多めの謎解きの展開の方が好きかな。犀川先生の登場が少なくなってきたなと思います。

  • 笹木という男...序盤を読んでいる限りは硬派で無骨な感じかと想像していたのだが、物語が進行していくと徐々に本性を見せ始める。西之園嬢に夢中になっている姿がコメディじみていてクスリとさせられる。
    今までのシリーズ作品と雰囲気がなんか違うなあと思って読んでいたら、種明かしされて納得。
    また、解説が面白い。解説者は文章を書くのが大の苦手とおっしゃっているが(謙遜されてのことだと思うが)、いやいや解説で笑わせるってすごいと思いますよってなぐらいに文章が上手いです。

  • 再読。S&Mシリーズ第八弾。

    勧めるときに多くを語ると魅力が半減してしまう今作品。
    私も最初はまんまと騙されて、二回目はにやにやしながら読み終えました。

    今はもうない、というタイトルが読了後にすごく心に残る素晴らしい一冊。
    S&Mシリーズで最も人気、という煽りも納得できます。

  • 今は昔、高校生の頃に一度読もうとチャレンジして、結構後半まで
    読んだのに途中放棄してしまっていた作品。
    理由は、西之園お嬢様がなんかカンに触ってしまったから。
    そして、笹木さんの態度が、鈍くてぼーっとしてそのくせお近づきになりたいという
    行動だけはしっかりやる、というあたりに「しゃきっとしろよ!」と
    イライラだけが募ってしまったから。

    完全に西之園嬢に対しては同じ女性から見たやっかみが、
    笹木さんにはこうあって欲しいという男性像ゆえの反発が、
    当時の私にはあったのだと推察されます。
    それも、もう今はない。

    S&Mシリーズは他の作品や短編集も読んでいたので、
    最後のネタばらしには薄々気づきながら読みました。
    事件の方の結末は予想できなかったです。

    再チャレンジして全く印象が変わった作品。
    読んでよかった。

  • ミステリの皮を被った恋愛小説。最高です。

  • 再読。

    これは、アレをやりたかっただけの作品であると言える。

    シリーズを読み進めていないとあまり意味がないので、うーん…。

  • ああ…騙された!そう、ずっと違和感は感じていたんですが、その正体は分からないまま読み進め…見事にやられました。すっきり騙されて気持ち良かったです。

  • このラブストーリィには嫉妬が止まらない。

  • 森博嗣9作目。
    ミステリというよりラブストーリー?
    S&Mシリーズの最高傑作の呼び声も高いらしく、たしかに納得。

    シリーズが進むにつれて犀川先生の出番が少なくなってきてる。。
    ただ相変わらずの文系人間は途中置いてけぼりにしていく文章、最高。

    東野圭吾読むならよっぽど森博嗣だろーと思います。哲学的な描写や台詞が好き。

    歌野晶午さんの本にこーゆー感じのあったなー。

  • 映写室と娯楽室。別々の部屋で、姉妹が亡くなっている。そんなお話し。

    萌絵と犀川先生みたいな夏休みを過ごしたい。

  • なんだか、恋愛小説でした。私は男目線の恋愛小説は好きなので楽しく読めました。萌絵ちゃんと睦子さんがそっくりでびっくりでした。素敵なお話だと思いました。

  • 最初から最後まで作者に騙された。でも清々しい読後感。表面的な解決には至っていなかったけど、物理的に犯行できる可能性のある仮説は全て出ていた。

  • S&Mシリーズ。シリーズとしては初めて一人称で記述されており、8作目にして新しい試みをした作品。とある別荘でおきた二つの密室の中にいる二つの死体の謎。とりあえず、ラストにびっくりした。かんがよい人にはすぐわかるのかもしれないけれど、そんなことを気にもせず読んでいただけによりいっそう。この作品は本当にシリーズ中奇抜な内容で、シリーズを読み通してきた人にはオススメかもしれません。肝心のトリックや犯人についても意外と楽しかったし、二つの部屋の密室というのと数個も登場する仮説という、密室の謎についての議論が非常に楽しいですね。

  • S&Mシリーズ
    この作品はきちんとはきちんと作品順の8番目に読んだ方が楽しめると思います。

    あと2作品で本シリーズが終わってしまうことに少し寂しさをおぼえます。


    本作は犀川先生と萌絵ちゃん以外の一人称で語られます。しかしこの主人公の言動というか思考に辟易とさせられます。


    しかし最後まで読むと・・・

    読んでいると途中で仕掛けに気付きますが、思わず前に戻って読みたくなります。

    そして、今回は一味違う西之園さんが楽しめます。


    私事ではありますが、記念すべき300個目のレビューに成ります!

  • ずーっと勘違いしたまま読みした。
    そして、最後にネタばらしがありました。

    今回は昔の事件を語っていくスタイル。
    一人称は知らない人。
    だと思ってたけど、知ってる人でした。
    ヒロインはいつもの人。
    だと思ってたけど、彼女はいつもはキャラが濃い脇役。

    犀川先生不足です。
    犀川ismは最後の謎解きまでおあずけでしたね。

    とある別荘の密室で、死体が発見されるだけのお話なんですが、メインが2つあって、
    事件を捜査しいくって話がひとつ。
    もうひとつは、知り合いの別荘の近くで家出した女の子と出逢いプロポーズして結婚するって話。

    この二つのストーリーが重なったとき....
    何も起こりません!
    事件なぞのまま、回想のお話は終わります。
    わざとなぞのままにしてるみたいなんですが。

    自分の仮説に賛同してほしい萌絵ちゃんは、犀川先生に同意してもらえて嬉しそうでした。
    そして、なぜ事件の真相を話したがらないのか。

  • 【あらすじ】
    避暑地にある別荘で、美人姉妹が隣り合わせた部屋で一人ずつ死体となって発見された。二つの部屋は、映写室と鑑賞室で、いずれも密室状態。遺体が発見されたときスクリーンには、まだ映画が……。おりしも嵐が襲い、電話さえ通じなくなる。S&Mシリーズナンバーワンに挙げる声も多い清冽な森ミステリィ。
    【感想】
    結論から言うと、こんな結末のミステリー、いや小説を読んだのは初めてだっていうくらいの衝撃を受けた。そのくらい驚いたし、その驚いた自分がおかしくて、思わずその場で笑ってしまったくらいだった。途中までこのトリックに、ちっとも気付かなかった。事件の内容はどこにでもありそうな、と言っては失礼だけれど、そこまで難解なものではない。ただそれを、ひとつひとつ不可解な点を確かめ、取り除きながら、謎を解いていく。それと同時にもうひとつの謎も、少しずつ明かされていく。その二つ目の謎の方に、わたしは卒倒するんじゃないかというほど驚いたのだ。これは、時間が経ったら、また是非読み返したい。その時わたしは、どんな感想を持つだろう。

  • 帯に書かれた「結末は決して他人には語らないでください」。
    密室トリックもそれなりに楽しめたし面白かったけれど、この結末はまったく予想できなかった。
    でも、シリーズをまったく読んだことがない人にとってはそれほど衝撃的ではないかも・・・。
    「S&M」シリーズだが、実は他の「S&M」シリーズを読んでいない。
    やはりシリーズをある程度読んでからのほうが数倍楽しめるような気がする。
    仮定しては否定されていく、その過程で出てきた推理がなかなか面白かった。
    推理とは可能性をひとつずつ潰していく方法と、結果にたどり着くまでの過程を推し量っていくものがあるのだろう。
    この物語は可能性を潰していく手法をとっている。
    (それまで10で満足していたとしても)「なるほど、100のものに出会えば、10のものもマイナスに見えるということか」
    本筋とはまったく関係のない箇所だったけれど、妙に納得してしまった一文だった。
    何の不満もなかったはずなのに、比較対象が現れた途端、やけに今までのものが色褪せて見える。そんな瞬間が確かにある。
    人の気持ちは移ろいやすい。というよりも、実は自分にとって大切だと<思い込んでいた>錯覚もあるように思う。
    本当に大切なものには早々簡単にはたどり着けないのかもしれない。
    最後の最後に明かされる事実。
    それは想像もしなかったなぁと、ちょっと驚かされてしまった。

  • S&Mシリーズ⑧

    4~5年振りの再読。

    ・シリーズの中でも、ブレイク的な意味合いの異色作品。
    ・叙述式で、初めて読んだ時は騙されたが、再読時は話の流れに感心した。
    ・伏線もあり、意外と明確な?密室トリックも楽しめた。
    ・萌絵も睦子叔母も、西之園の血は争えないという事かな?
    ・最後に登場する男の子2人は誰?従兄弟?近所の子達?

  • 笹木という公務員の男の一人称で語られていくのですが、途中萌絵と犀川の西園寺家別荘までのドライブデート(?)が間に入ります。
    もちろん笹木氏の一人称もそうなのですが、ところどころあれ?と思いつつ読んでいくと、最後にその違和感の正体が明かされます。ああ、なるほどなと思うと同時にどんだけサバ読んでるんだよと苦笑しながら、違和感の正体にようやく気付きました。ネタバレ過ぎて詳しく書けないのが辛いところ。少なくとも笹木氏は微妙だし、そのハッピーエンドぶりも微妙です(笑)。事件も微妙で終わります。でもそれがこの仕掛けのいいところなのかも。ああ、やっぱり何一つ書けない。
    でも最後に出てくるあの老人は切ない。
    今は、もうないのです。

  • うーん、????

  • S&Mシリーズ。全体的に冗長であまりスピード感はなかったです。文章の印象から感じた雰囲気が話のオチと合わさり、最後に腑に落ちました。

  • 3.5
    S&Mシリーズ8作目。睦子と佐々木県知事の昔が分かる。笹木目線で物語が進行し、時々犀川と萌絵の昔語りが幕間に入る形式。最後にそーだったのか感がありなかなか面白い。叔母とはいえ、萌絵と同じ感じだったよう。なかなか面白い。知的で鋭い西之園嬢に惹かれていく笹木。
    別作中の睦子やヒラリーのセリフを思い出した。「僕と結婚していなかったら、君はこの田舎町で、ガソリンスタンドやってる男の奥さんになっていたんだね」「何言ってんのよ。私と結婚していたら、あの男が大統領になっていたのよ」非常にかっこいい。

  • 嵐の中、山荘で密室殺人が起きる。一人は娯楽室で映画が流れている状態で、もう一人は映写室で死んでいた。現場は密室状態。電話もつながらず、孤立した環境で事件を謎解く二人の男女。前作「夏のレプリカ」も異色作品であったが、この作品も異色である。主人公は、萌絵でも犀川でも無く、笹木という公務員。この作品が何故、一人称で綴られているのかが最大のトリックだろう。

全466件中 1 - 25件を表示

今はもうない (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

今はもうない (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

今はもうない (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

今はもうない (講談社文庫)の作品紹介

避暑地にある別荘で、美人姉妹が隣り合わせた部屋で一人ずつ死体となって発見された。二つの部屋は、映写室と鑑賞室で、いずれも密室状態。遺体が発見されたときスクリーンには、まだ映画が…。おりしも嵐が襲い、電話さえ通じなくなる。S&Mシリーズナンバーワンに挙げる声も多い清冽な森ミステリィ。

今はもうない (講談社文庫)の新書

今はもうない (講談社文庫)のKindle版

ツイートする