今はもうない (講談社文庫)

  • 5207人登録
  • 3.62評価
    • (431)
    • (601)
    • (1200)
    • (45)
    • (6)
  • 471レビュー
著者 : 森博嗣
  • 講談社 (2001年3月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (544ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062730976

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

今はもうない (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • またまたやられたー。気づきたかった。これは気づける要素はいろいろ散りばめられていた。ん?と思った部分もあったのにスルーしてしまった。うむ。
    まあ2人がどんだけ似てるねんっていう話。
    ただ事件自体はまあそれほど大げさなものでもなく。姉妹はややこしくていちいち確認せんと読んでた。
    推測とはいえきっちり結論は出されていてよかった。やっぱりそういう風に変えていきはったんやろか。やり方というのか趣向を。

  • 【シリーズ最高傑作】というのは、シリーズと共に成長してきた読者に対する敬意のある作品である。
    この小説はまさに、そういう作品だったと心の底から思う。
    まだシリーズが完結していないけれど、そう言い切れる位の作品だった。
    森博嗣の良さ、S&Mシリーズの登場人物の個性がどれも光っていて、このシリーズが既に折り返していて、終わりが見えていることがとても寂しい。

  • 第一幕を読み始めてから違和感を感じ、第二幕、と進むうちにもしかして…という疑問が浮かびました。一度は違うのか?と思いましたが、最後には、やはり、とにんまり。話の結末が素敵だったので、☆4つに。第1幕~3幕まで、どこかまどろっこしくて読みづらいと思っていた理由もわかりました。

    シリーズ中盤になり、いろいろと趣向を凝らした形で物語が進むのですが、シリーズのはじめのように、犀川先生と萌絵の会話が多めの謎解きの展開の方が好きかな。犀川先生の登場が少なくなってきたなと思います。

  • 笹木という男...序盤を読んでいる限りは硬派で無骨な感じかと想像していたのだが、物語が進行していくと徐々に本性を見せ始める。西之園嬢に夢中になっている姿がコメディじみていてクスリとさせられる。
    今までのシリーズ作品と雰囲気がなんか違うなあと思って読んでいたら、種明かしされて納得。
    また、解説が面白い。解説者は文章を書くのが大の苦手とおっしゃっているが(謙遜されてのことだと思うが)、いやいや解説で笑わせるってすごいと思いますよってなぐらいに文章が上手いです。

  • 叔母様にやられた(笑)
    こんな構成なのにS&Mシリーズナンバーワンに上げる声も多いってどうなんだ。しかし確かに面白かった。
    解説も面白かった。乙一っぽかった。

  • 再読。S&Mシリーズ第八弾。

    勧めるときに多くを語ると魅力が半減してしまう今作品。
    私も最初はまんまと騙されて、二回目はにやにやしながら読み終えました。

    今はもうない、というタイトルが読了後にすごく心に残る素晴らしい一冊。
    S&Mシリーズで最も人気、という煽りも納得できます。

  • 今は昔、高校生の頃に一度読もうとチャレンジして、結構後半まで
    読んだのに途中放棄してしまっていた作品。
    理由は、西之園お嬢様がなんかカンに触ってしまったから。
    そして、笹木さんの態度が、鈍くてぼーっとしてそのくせお近づきになりたいという
    行動だけはしっかりやる、というあたりに「しゃきっとしろよ!」と
    イライラだけが募ってしまったから。

    完全に西之園嬢に対しては同じ女性から見たやっかみが、
    笹木さんにはこうあって欲しいという男性像ゆえの反発が、
    当時の私にはあったのだと推察されます。
    それも、もう今はない。

    S&Mシリーズは他の作品や短編集も読んでいたので、
    最後のネタばらしには薄々気づきながら読みました。
    事件の方の結末は予想できなかったです。

    再チャレンジして全く印象が変わった作品。
    読んでよかった。

  • ミステリの皮を被った恋愛小説。最高です。

  • 再読。

    これは、アレをやりたかっただけの作品であると言える。

    シリーズを読み進めていないとあまり意味がないので、うーん…。

  • ああ…騙された!そう、ずっと違和感は感じていたんですが、その正体は分からないまま読み進め…見事にやられました。すっきり騙されて気持ち良かったです。

全471件中 1 - 10件を表示

今はもうない (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

今はもうない (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

今はもうない (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

今はもうない (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

今はもうない (講談社文庫)の作品紹介

避暑地にある別荘で、美人姉妹が隣り合わせた部屋で一人ずつ死体となって発見された。二つの部屋は、映写室と鑑賞室で、いずれも密室状態。遺体が発見されたときスクリーンには、まだ映画が…。おりしも嵐が襲い、電話さえ通じなくなる。S&Mシリーズナンバーワンに挙げる声も多い清冽な森ミステリィ。

今はもうない (講談社文庫)の新書

今はもうない (講談社文庫)のKindle版

ツイートする