黄昏の岸 暁の天 十二国記 (講談社文庫)

  • 2194人登録
  • 3.90評価
    • (357)
    • (297)
    • (451)
    • (7)
    • (3)
  • 162レビュー
著者 : 小野不由美
  • 講談社 (2001年4月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062731300

黄昏の岸 暁の天 十二国記 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 再読。

    十二国記版アベンジャーズのような話。
    新キャラがこれでもかというぐらい出て来るので整理するのにちと骨が折れた。

    氾王と氾麟のコンビがいい味をだしている。
    範を主軸に置いた物語が読みたい。
    もちろんこれからの戴の物語も。

  • 陽子ファンには嬉しい慶での話。
    けどここでしばらく物語が止まってしまってこれから十二国記ファンの悶々とした月日が始まるわけですね。

  •  新潮文庫として再刊行され始めた『十二国記』シリーズ。講談社のX文庫版を既にもっているのに、新刊と勘違いして講談社文庫版を買ってしまいました。未読だったので、出張のお供に読み始めて、一気に通読。
     景王陽子が主人公の話は、やはり良いですね(本作は厳密には泰の将軍李斎が主人公かもしれませんが)。あらすじとしては、泰国での謀反から逃れてきた将軍李斎が景王陽子に助力を頼むというシンプルなものですが、そこに日本で生まれたという稀な経験をもつ、泰国の麒麟の失踪が絡んできます。
     理不尽にも見える冷徹なルールに支配された世界のなか、それぞれの立場で人としてどう生きるべきか。ストーリーの底流にあるこのような問題意識は、最新作の『丕緒の鳥』にも通ずる視点のように感じます。とは言え本作では、登場人物自身が世界のルールに疑問を抱いたり、「大使館」のような現実世界の仕組みの必要性に言及したりするので、わざわざリアルに作り上げた世界観が壊れてしまわないかと少々ヒヤリとはしました。
     個人的な好みとしては、このシリーズの作品群の中では上位に推したいと思う1冊です。近々出るであろう新作書き下ろし(完結編になる?)の発売後には、ぜひぜひNHKアニメ版にも決着をつけて欲しいところ。

  • 再読

    ふー。
    思えばこの結末から10年以上、話が止まってるんだよな。。
    新刊どうなるんだろう!

    ってこの巻の感想になってないですね。

  • 麒麟大集合の巻。いやメインなのは泰麒の救出なのは分かってるけど、個性豊かな麒麟が集まりすぎです。六太と梨雪の性格は気に入ったけど彼らが民意の具現ってどんな国だよと疑問を感じます。それはともかく李斎と泰麒。多くのことを失った二人ですが、それによって得たものがあるはずだと思います。二人の帰国により戴に希望をもたらしてくれることを信じています。

  •  連作における結末の行方について、漠然とした不安が生じた巻。
     十二国界の創世の意義にまで踏み込むと、(ファンタジーという作為的に構築された)世界観そのものが破綻し、収拾がつかなくなってしまう危惧がある。
     このシリーズでは、人間観や治世観の追究にこそ味わいを感じるので、神の世界云々にはあまり話を広げてほしくなかったりする。
     「黄昏~」だけは、一連の作品群の中で妙に違和感があるので、余計に苦手に感じるのかもしれない。
     シリーズの中心的人物の景王陽子とキーパーソンの泰麒蒿里を終盤に向けて絡めようとした所為なのか、展開のあちこちに不自然さが露呈しており、せっかく「風の万里 黎明の空」で漢前度を上げた彼女の株もここに来て暴落。
     あの手の『面倒を見きれないにも関わらず、慈悲ぶって手を出そうとする無理無責任さ』は、作中では本来なら糾弾される筈の要素だろう。
     「図南の翼」は、その辺りの主観を乗り越えて、新供王=珠晶が成長するからこそ説得力があるわけで。
     恩義を蔑ろにした非礼といい、時代を超越しての他国非難といい、傲然で独善的、謙虚や敬意に欠け、結局のところ陽子自身の人柄は、机上の理想論が達者なだけの幼稚な優等生のままで、現実的な施政者としては不向きなのではないかと落胆させられた。
     一応は主人公格だから、あまり嫌いたくはないのだが…。

  • 2017.9.12 59

  • 秦王と泰麒が、陰謀により、姿を消し、偽王が立った。戴が荒れる中、李斎が隣国に赴き、助けを請う話。

    天命とは何かも考えさせられるし、王とは何か、祖国とは何かを考えさせられる。
    何人も王や麒麟が出てきて面白かった。

    ルールがこの世にはある。それを逸脱してはいけない。ルールの解釈をうまく行うというか、逸脱したとみられないように行動することが、この世から除外されない術。

  • 最初に読んだ「魔性の子」を十二国側から見た話。そして、陽子の慶の話の続編。今回は、なかなか話が進まず、少しイライラする巻だった。現時点(16年11月末)では、この話より後の話は書かれてないようで、戻ってきた泰麒と戴がどうなるのか、また陽子がどう慶を建て直していくのかが、とても気になるなあ。小野さん、早く書いて!

  • 戴のその後は?

全162件中 1 - 10件を表示

小野不由美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

黄昏の岸 暁の天 十二国記 (講談社文庫)に関連するまとめ

黄昏の岸 暁の天 十二国記 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

黄昏の岸 暁の天 十二国記 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

黄昏の岸 暁の天 十二国記 (講談社文庫)の作品紹介

登極から半年、戴国再興に燃える泰王驍宗。反乱鎮圧のため自ら文州に赴いた王の悲報に、留守を預る幼い泰麒は衝撃をうけ、大鳴動とともに忽然と姿を消した。王と麒麟を突然失い、偽王の圧政が始まった戴-。その行く末を案じ将軍季斉は命をかけて景王陽子に会うため空を翔けるが…。

黄昏の岸 暁の天 十二国記 (講談社文庫)の文庫

ツイートする