ふるえて眠れ、三姉妹 三姉妹探偵団(15) (講談社文庫)

  • 140人登録
  • 3.31評価
    • (5)
    • (9)
    • (38)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 赤川次郎
  • 講談社 (2001年5月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062731546

ふるえて眠れ、三姉妹 三姉妹探偵団(15) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 読書録「ふるえて眠れ、三姉妹三姉妹探偵団15」3

    著者 赤川次郎
    出版 講談社

    p45より引用
    “しかし、綾子にも言った通り、辻本とはあまり
    に気が合ってしまうので、会えばつい「誰か
    呼んで騒ごう!」というノリになっていまい、
    真面目な話をする雰囲気でなくなってしまう
    のである。”

    目次から抜粋引用
    “白い粉
     不運
     友情の終わり
     花束
     海面”

     おっとり長女、しっかり次女、ケチ三女の
    三人姉妹を主人公とした、長編ミステリー小説。
    人気シリーズ第十五弾。
     ケチで仕方がない三女の珠美だが、損得
    関係なくお年寄りを助けた。そのお年寄りに
    誘われて、甘いものを食べに行ったのだが…。

     上記の引用は、長女綾子の高校からの友人
    が頼み事をしてきた場面での一文。
    気になる男性にお付き合いの申し込みを言って
    ほしい、とのことですが、会ってしまうと友達の
    ノリになるのなら、手紙でも渡せばいいのでは
    と思います。まぁ、そうするとお話が始まらないの
    ですが。
     
    ーーーーー

  • 三姉妹探偵団は、三姉妹は無事だという前提で読んでいました。
    今回だけは、三姉妹の中で、殺人へと進みそうで、ちょっと怖かったです。

    催眠術で、お母さんを殺したのは長女だと思わせられる三女。
    長女を殺そうとする三女。

    読み進むべきか、やめるべきか悩みながら読みました。

  • ここまでくると殺人トリックが流石に複雑になってきたように思われる。
    冊数を追うごとに面白いシリーズ。

全4件中 1 - 4件を表示

ふるえて眠れ、三姉妹 三姉妹探偵団(15) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ふるえて眠れ、三姉妹 三姉妹探偵団(15) (講談社文庫)はこんな本です

ふるえて眠れ、三姉妹 三姉妹探偵団(15) (講談社文庫)のKindle版

ふるえて眠れ、三姉妹 三姉妹探偵団(15) (講談社文庫)の新書

ツイートする