間違いだらけのビール選び (講談社文庫)

  • 58人登録
  • 3.26評価
    • (2)
    • (4)
    • (16)
    • (0)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 清水義範
  • 講談社 (2001年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (289ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062731591

間違いだらけのビール選び (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 統一感なく、な短編集。

    落ちがあるような、ないような
    共感を得るような、得ないような。
    表題の話は、なんだそりゃ!? という状態ですが
    この業界、ありえそうです。

    雨、に関しては突如としてそちらのジャンルに、ですが
    発見されたのは、一体誰なのか。
    ヒント…というか、多分、なのは出てきますが
    本当にそれなのか、違うのか。

    ブラッド・ゾーンは支配されていると思うと
    ぞっとするものがあります。
    いや、それに気が付く自分も、本能に支配されてる、かと。

  • 全11話、いずれもほんの些細な日常をうまく小説に仕立てている。小説を書き始めるのなら、まずこんな場面を取り上げてごらんなさいと教えていただいているやな一冊である。

  • 表題作品を筆頭とする短編集。
    The collection of short stories which moves a title work to the first on the list.
    ドラゴンビール一筋だったた男が、ある日、アオイ・アッパレ・ヒノマルと、どれも似たような味のビールだと気づいて、何を飲んだらよいのかわからなくなってしまう。
    The man who had been drunk only Dragon beer, cannot understand anymore what to drink. Because he noticed that the taste of Aoi, Appare, Hinomaru, are all the same as Dragon.

  •  短編小説集。結構身近な話題をもとに話が練られてて妙な現実感があった。ミステリー風のものや、こまかいどうでもいい?こだわりものなど多彩な内容。
     登場人物の名前を実在者ベースで設定したとあるが、さりげなく、というかある意味わかりやすくご本人も出てるところなどが、氏独特の妙味(よくある手なのかもしれないが)。 
     このくらいの分量の一編を、どのくらいの時間で脱稿するのだろうか?非常に興味がある。氏の本はあんまし読んでいないので、今後手を広げていければと思う。

  •  彼の短編というのは、ちょっと微妙なネタを絶妙な文体で無理やり小説にしてしまうところが魅力であった。
     今回のものは、今まで読んだ短編集に比べて、よりネタが微妙になって、中にはどこがおもしろいのかさっぱりわからないようなものもあった。敢えて言うなら、純文学っぽくて、さっと読んでもよくわからず、じっくり読んでいるうちに少しずつ味わいが出てくるもののように感じた。
     しかし、じっくり読んでいてもすぐに行き止まりになってしまうような感じも一方でしていて、だからといって魅力がないわけでは全くないこの作品群は、いったい何なんだろうと、読みながら首をひねってしまった。
     どうやら、これらの作品のおもしろさは、作品の中だけにあるのではなく、作品に描かれたエピソードと、読んでいる自分の中にある何かがシンクロするときに生まれてくるのではないだろうか。おいしいビールを探してるけどみんな同じような味がする、ってほぼそれだけの表題作が、何とも言えぬペーソスを醸し出すのは、僕自身の中に主人公がいるからに違いない。
    2006/5/14

  • 日常系短編11作。ゆるい感じで良かったです。

全6件中 1 - 6件を表示

間違いだらけのビール選び (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

間違いだらけのビール選び (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

間違いだらけのビール選び (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

間違いだらけのビール選び (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする