果つる底なき (講談社文庫)

  • 3671人登録
  • 3.43評価
    • (135)
    • (571)
    • (703)
    • (127)
    • (19)
  • 471レビュー
著者 : 池井戸潤
  • 講談社 (2001年6月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062731799

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

果つる底なき (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • お仕事小説。

    銀行、金融業界での複雑なやりとりは
    難しい所もあったが、
    それに翻弄されてく人達の
    苦悩や葛藤、心の揺れは痛いほど良く伝わってきた。

    そして読書中、
    ぐるぐる頭を駆け巡っていたのは
    木皿食堂で聞いたあの言葉。

    「お金なんかに苦労させられている、
     と思うとホント腹立たしい!
     時々、思いっきりつまらない使い方をして
     お金に『ざまぁみやがれっ!』
     と、毒づく事もある。」
    って、
    うんうん。
    ホント、そうだよなぁ~
    と、そこに共感しながら本を閉じた。

  • 池井戸潤『果つる底なき』講談社文庫。

    第44回江戸川乱歩賞受賞作品。長らく未読だったが、テンポ良く、読み応えのある作品だった。半沢直樹のような主人公が活躍するミステリー。

    謎の言葉を残し、アナフィラキシー・ショックで亡くなった同僚の坂本。主人公の伊木は坂本の死を巡り、銀行内の腐敗の構図に気付く…

  • 次々にヒット作を連発する池井戸さんのデビュー作。

    銀行の債権回収を担当する坂本が亡くなった。
    同期の不審な死に疑問を抱いた主人公の伊木は、真相を求め動き出す...

    次々に露わになる銀行の闇。
    本当の悪は、誰なのか?
    果たして、伊木は、真実にたどり着けるのか?

    まさしく銀行ミステリーと言うジャンルを立ち上げた氏の真骨頂が、見られます。
    登場人物の性格の書き分けや、テンポの良いストーリー運びはさすがです。

    銀行の上層部(企画部長、副頭取など)を、もう少し書き足してもよかったかなと、思います。





  • 池井戸サンのデビュー作。
    若干テンポも悪く、銀行業務の部分も他作品に比べると解りにくく、ツッコミどころも多々あり、、まぁ、デビュー作という感じです。
    だけどこの作品の後から、どんどんヒット作を生み出し、スカッとさせてくれるんだーって思うと感慨深い。

  • 池井戸潤の中でも、ミステリー要素が強かった作品。
    銀行内での取引の仕組みがわかってないので、犯人が最後までわからなかった、、、。

  • 池井戸さんお得意の銀行物。
    朝、声を掛け合った同期の坂本が外回り中に不審死することから始まる。銀行小説でこんなに人が死ぬことってあるのかしらと思うぐらい人が死ぬ。
    銀行員の主人公が不死身すぎる。

  • 池井戸潤さんの処女作。最近の本と文章表現が少し違うなぁと感じる。なかなか面白い作品でした。。

  • 久々の池井戸さんの本です。
    二戸銀行に勤める伊木は同僚の不自然な死に疑問をいだき、真相にせまる。
    1998年に江戸川乱歩賞を受賞したこの作品、池井戸潤さんのデビュー作です。

  • 2014.9.10読了。
    ドラマの半沢直樹が面白くて、この人の別の小説を読んでみようと買った。でも、金融機関の話だよな、分かるかな、難しいのかな、読めるかなと本棚にしばらく温めてあった。
    私が特別無知なのかもしれないけど、わからない言葉が出てきたら調べながら読んだ。文章でも説明してくれてるし理解できた。

    物語は同僚の死から始まります。その同僚に不正があったことが発覚し、主人公はおかしいと思いながら調べ始めます。そこから明るみになる裏切り、真実。ずっと金融関係の話ではなく、主人公のいままでなども折り込まれているので、読みやすかったし面白かった。これから池井戸作品がたくさん読めると思うと嬉しい!あと、文章がキレイです。

  • 15年前の作品ですが全然古さを感じさせません。
    作者お得意の銀行ミステリーですが、他の作品とはちょっと毛色が異なります。

  • 少し前に人気を博した池井戸潤のデビュー作。なにか時代錯誤めいた違和感を随所に感じるな、と思ったら1998年の本でした。納得。
    果つる底なき暗澹たるものと闘う主人公、わかりやすい図式。細部は銀行の内幕を盗み見る感覚でなかなか興味深かったです。

  • 債権回収担当の銀行員が謎の言葉を残し不可解な死を遂げる。
    死んだ仲間と元恋人のために、1人で銀行の暗闇に挑む物語。

    銀行内部を詳細に描いた作品で、会社員の自分は非常に共感。
    ビジネス要素の強いサスペンス作品で、緊張感を感じます。
    サクサクとストレスなく読み終わりました。

    私が読む池井戸作品は主人公が会社員が多くて結構好きです。
    本作品も面白かったです。

    企業間取引とサスペンスに興味ある方にオススメの作品です。

  • 江戸川乱歩賞受賞作品。銀行内の腐敗を描く読み応えのあるミステリー。さすが池井戸潤さんは無駄な展開がなくテンポが早い。グイグイ引き込まれる。

    朝会話したばかりで謎の言葉を残して突然死した親しい同僚、家族付き合いの融資先の倒産と社長の死、上司の執拗な妨害という点が徐々につながり、大きな事件に結びついて行く。クールで憎めない派閥を持たないアウトローな主人公が辿るその先を早く見たいと、あっと言う間に読了。

  • 面白かったです。
    銀行だけでなく、そこを取り巻く企業で働く人々の思惑や情念を描きつつ、ドキドキもありで。
    (一応)勧善懲悪でラストに救いがあった分、読後感も良かったです。
    読み応えがありました。
    ドラマ化されたら観てみたいです。

  • 銀行にあるもの「カネと謎」ないもの「情と常識」

  • 銀行の話だから私にはちょっと理解困難な部分もあった。融資やら手形...さらに半導体もちんぷんかんぷん。でも全てがすっきりわかった!とはいかなかったけど大枠はわかった。悪い奴もいるんですねー。曜子がもっと絡むかと思ったけど菜緒の方が相棒みたいだった。知識がないため銀行の難しいこと言ってる人が全部怪しく見えてしまった。銀行のこと知らない私には読むのしんどかったけど坂本の死の原因に向き合う伊木さんからは目が離せなかった。

  • 「これは貸しだからな。」謎の言葉を残して、債権回収担当の銀行員・坂本が死んだ。死因はアレルギー性ショック。彼の妻・曜子は、かつて伊木の恋人だった……。坂本のため、曜子のため、そして何かを失いかけている自分のため、伊木はただ1人、銀行の暗闇に立ち向かう!
    第44回江戸川乱歩賞受賞作

  • 人気作家の読んで損なし本。

  • 銀行ミステリーではあるが、今の池井戸作品とちょっと違う。主人公はクール。作中ではやたらと人が死ぬ。バトルもある。あっという仕掛けもあり、苦労のあとがうかがえる。粗いけれど、よく考えこまれている。手形とか経済ネタは、分かりにくいんだけれど。

  • 銀行内の不正を暴こうとして死んでしまった友人。その死をめぐり、真実を暴き出す主人公。

  • 二都銀行 伊木

    友人の坂本調査役(蜂のアレルギー性ショック)の死後それを暴く
    銀行の暗躍と二都商事を含め最終的にさばく

    第4回江戸川乱歩賞受賞作

  • 池井戸潤のデビュー作と言っていい一冊。
    さすがに江戸川乱歩賞を取っただけの作品でした。

    この当時主人公を私と一人称で書いていたのも、最初はこんな書き方をしていたんだと思いました。

    同僚の債権回収担当の友人が亡くなったことから始まるミステリーが、ぐいぐい小説の中に引き込んでいきます。

    掛け値無しでおもしろい一冊でした。

  • 初期の池井戸作品。銀行内部の話は相変わらず面白いが、ミステリーとしては色々と突っ込みどころがある。

  • 文庫の帯に「そうだ、池井戸潤を読もう。」とある。私にとって池井戸潤さんはまさにそういう作家さんだ。


    ドラマになったとネットの情報で知った。キャスティングが気になって調べた。知ってしまうと、その役者のイメージが離れなくなるところだが、今回ドラマになったことを知ったのは、伊木が事件の核心をほぼつかんだあたりからだったので、それまで勝手に作り上げた自分のイメージが勝って読了。

    「組織になじまない、ゆえに組織に必要」という西口の言葉が印象的。

    たまに池井戸潤さんにエネルギーを吸い取られるのもいいかもと思うほど、後半は強烈だった。

  • 普通に面白かった。
    金融系の世界を知っているので、とてもリアルに感じた。出世争い的なテーマは少し飽きたので、もっと違う視点を期待したい。

全471件中 1 - 25件を表示

果つる底なき (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

果つる底なき (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

果つる底なき (講談社文庫)のKindle版

果つる底なき (講談社文庫)の単行本

ツイートする