果つる底なき (講談社文庫)

  • 3595人登録
  • 3.43評価
    • (133)
    • (560)
    • (691)
    • (126)
    • (18)
  • 461レビュー
著者 : 池井戸潤
  • 講談社 (2001年6月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062731799

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

果つる底なき (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 銀行内の不正を暴こうとして死んでしまった友人。その死をめぐり、真実を暴き出す主人公。

  • 二都銀行 伊木

    友人の坂本調査役(蜂のアレルギー性ショック)の死後それを暴く
    銀行の暗躍と二都商事を含め最終的にさばく

    第4回江戸川乱歩賞受賞作

  • 池井戸さんお得意の銀行物。
    朝、声を掛け合った同期の坂本が外回り中に不審死することから始まる。銀行小説でこんなに人が死ぬことってあるのかしらと思うぐらい人が死ぬ。
    銀行員の主人公が不死身すぎる。

  • 池井戸潤のデビュー作と言っていい一冊。
    さすがに江戸川乱歩賞を取っただけの作品でした。

    この当時主人公を私と一人称で書いていたのも、最初はこんな書き方をしていたんだと思いました。

    同僚の債権回収担当の友人が亡くなったことから始まるミステリーが、ぐいぐい小説の中に引き込んでいきます。

    掛け値無しでおもしろい一冊でした。

  • 初期の池井戸作品。銀行内部の話は相変わらず面白いが、ミステリーとしては色々と突っ込みどころがある。

  • 文庫の帯に「そうだ、池井戸潤を読もう。」とある。私にとって池井戸潤さんはまさにそういう作家さんだ。


    ドラマになったとネットの情報で知った。キャスティングが気になって調べた。知ってしまうと、その役者のイメージが離れなくなるところだが、今回ドラマになったことを知ったのは、伊木が事件の核心をほぼつかんだあたりからだったので、それまで勝手に作り上げた自分のイメージが勝って読了。

    「組織になじまない、ゆえに組織に必要」という西口の言葉が印象的。

    たまに池井戸潤さんにエネルギーを吸い取られるのもいいかもと思うほど、後半は強烈だった。

  • 普通に面白かった。
    金融系の世界を知っているので、とてもリアルに感じた。出世争い的なテーマは少し飽きたので、もっと違う視点を期待したい。

  • 第44回江戸川乱歩賞受賞作。銀行員の経歴を持つ作者だけあって銀行の内情描写がリアル且つクリアでとても面白いです。
    しかし推理小説としてみるとご都合主義的展開とありがちな真犯人が鼻につき少々物足りなく感じてしまいます。

  • 銀行内部の仕組みや事情が実に詳細に描かれていて、知らないことだらけなのもあり戻りながら読み進めました。
    その代わりに説得力があり、押し付けがましくない説明が入るためストレスはあまりないです。
    主人公 伊木遥のキャラクターがわりと真面目でまっすぐなので、最後までぶれずに読めたと思います。
    たまに想像しにくい場面描写もあり、いまどうなってるの?となったりしますが
    登場人物たちのそれぞれの事情がしっかりと絡まり、難しかったけど読み応えのある一冊でした。
    映像化したらわかりやすいんだろうな。と思ったので、個人的に役をあてはめると
    伊木 長谷川博己
    菜緒 堀北真希 川口春奈
    坂本 新井浩文 大倉孝二
    曜子 白石美帆らへん
    山崎 織田裕二
    仁科 真木よう子
    難波 渡部篤郎 板尾創路
    柳葉 辰巳拓郎とか
    でーす

  • 銀行員である主人公が同僚の死の真相に迫っていくという物語。
    銀行内部の事情や金を原因とした人間関係の醜さなどが興味深く、ミステリーとしても面白かった。

  • 遅ればせながらデビュー作を読了。どうしても最初のアナフィラキシーショックによる殺人がしっくりこないが(失敗の可能性や、蜂の死骸などの痕跡の消し去り方の難しさなどを考えると殺害方法としてその他の事件と整合性がないように感じられる)、ビジネススキームによるトリック、資金の流れによる事件の解明など、よく練られていて、最後までわくわく感が続いた。(ちなみに個人的にはかなり最後の方まで主人公が犯人だと思っていた。)

  • ちょっと私には難しかったけど、一気に読みました。語彙も増えた。

  • 二都銀行渋谷支店・融資課課長代理の伊木。同期の坂本が「これは貸しだからな」という謎の言葉を残し、車に仕込まれていた蜂のアレルギーによって殺害される。
    坂本に変わって、かつて伊木の担当だった半導体の会社・東京シリコンが信越マテリアルの和議申請によって連鎖倒産したカラクリを探るうち、何かと伊木の妨害をしていた副支店長・北川も殺害される。
    殺人者の影は次第に伊木の元へも・・・
    銀行上層部の勢力争いが絡み複雑に入り組んだ真実。
    自殺に見せかけ殺害された東京シリコン社長・柳葉の娘で、元恋人の菜緒との再会。
    信越マテリアルの社長・難波の愛人であり、元・秘書の仁科佐和子が鍵を握る。

  • 姉から借りて読んだ本。正義感の強い銀行員が、仲間のために謎を解決していくミステリー。面白いし、社会人あるあるも散りばめられており夢中で読んだ。ドラマもやっていたこと、知らなかった。みたいなぁ。

  • 【作品紹介】※2度目
    「これは貸しだからな。」謎の言葉を残して、債権回収担当の銀行員・坂本が死んだ。死因はアレルギー性ショック。彼の妻・曜子は、かつて伊木の恋人だった……。坂本のため、曜子のため、そして何かを失いかけている自分のため、伊木はただ1人、銀行の暗闇に立ち向かう!

    【感想】
    さすが池井戸作品。ストーリーが気になって作品にどんどん吸い込まれていく。
    ただ、自分の欲望のために人を殺すのはちょっと強引かな。
    というわけで★★★★星4つ。

    数年前に1度読んだが、スズメバチ以外ストーリはほぼ覚えていなかった・・・

  • 2016年9月26日
    銀行マンの同僚が殺され、その真相を探る話。
    内容は面白いが、少しグタグタするところがある。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    「これは貸しだからな。」謎の言葉を残して、債権回収担当の銀行員・坂本が死んだ。死因はアレルギー性ショック。彼の妻・曜子は、かつて伊木の恋人だった……。坂本のため、曜子のため、そして何かを失いかけている自分のため、伊木はただ1人、銀行の暗闇に立ち向かう!
    第44回江戸川乱歩賞受賞作

    【キーワード】
    文庫・ミステリー・銀行・ドラマ化

    【映像化情報】
    2000年2月11日ドラマ化
    出演:渡辺謙・伊集院光 他

  • 空飛ぶタイヤ、鉄の骨、半沢、七つの会議、、などを経て読んだため、殺人ものであることに違和感があった。ストーリーは面白いし、1人1人が繊細に書かれているのも良かった。

  • 銀行を舞台にした推理小説。
    人間模様が面白い。

  • 2016.7.28
    おもしろかった。

  • 読了。池井戸潤の作品は初めて。

    銀行員の主人公の同期の友人の不審な死から話がはじまる。
    調べていくと彼は倒産した会社の回収をしているうちに不審な点に気が付き殺されたのではないかということが分かり、主人公がそれを引き継いで真実を明かしていくという話。

    銀行の内部の話なのでなじみのないようなところもあったが、そこが面白く、登場人物が限られている分早めの段階で犯人はなんとなくわかったのだけれどそれに絡めた人間関係があることで退屈せずに読めた。
    短かいが気になって、わけて少しずつ読むというより一気に読みたいタイプの小説で一晩で読んでしまった。

    話の中に携帯電話が出てこなかったので結構前に書かれたものなのだろうなと思ったら1998年のものだそう。
    巻末の解説によると、ちょうどその頃銀行の倒産やら合併やら不祥事やらのラッシュだった頃らしく、そういえばそうだったようなと思い出す。
    池井戸氏は元銀行員だったとのことで、銀行内部の様子がリアルに描かれているのがなるほどと思ったのだが、この話がデビュー作だということに驚いた。

  • デビュー作を読んでみた。
    一人称とか、当然だけど今の作品よりは青い。
    それなりに楽しめた。

  • 銀行員でなくて良かった。勿論向こうに入行を拒否されたのは言うまでもありませんが。

全461件中 1 - 25件を表示

果つる底なき (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

果つる底なき (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

果つる底なき (講談社文庫)のKindle版

果つる底なき (講談社文庫)の単行本

ツイートする