果つる底なき (講談社文庫)

  • 3715人登録
  • 3.43評価
    • (137)
    • (575)
    • (708)
    • (129)
    • (19)
  • 475レビュー
著者 : 池井戸潤
  • 講談社 (2001年6月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062731799

果つる底なき (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お仕事小説。

    銀行、金融業界での複雑なやりとりは
    難しい所もあったが、
    それに翻弄されてく人達の
    苦悩や葛藤、心の揺れは痛いほど良く伝わってきた。

    そして読書中、
    ぐるぐる頭を駆け巡っていたのは
    木皿食堂で聞いたあの言葉。

    「お金なんかに苦労させられている、
     と思うとホント腹立たしい!
     時々、思いっきりつまらない使い方をして
     お金に『ざまぁみやがれっ!』
     と、毒づく事もある。」
    って、
    うんうん。
    ホント、そうだよなぁ~
    と、そこに共感しながら本を閉じた。

  • 池井戸潤『果つる底なき』講談社文庫。

    第44回江戸川乱歩賞受賞作品。長らく未読だったが、テンポ良く、読み応えのある作品だった。半沢直樹のような主人公が活躍するミステリー。

    謎の言葉を残し、アナフィラキシー・ショックで亡くなった同僚の坂本。主人公の伊木は坂本の死を巡り、銀行内の腐敗の構図に気付く…

  • 池井戸ワールド初期の作品。

    既に、このころから、①主人公が、何らかの形で窮地に陥る、②主人公を陥れようとする敵役が出てくる、③主人公が一層深みにはまる、④ふとしたことから救世主が現れる、⑤敵役が没落し、主人公が脚光を浴びる、と言う池井戸ワールドの基本が見ることが出来ます。

    最近の作品より、この作品の方がストーリーも、ドロドロ感も私には合っています。

  • まあなんというか池井戸作品って感じです、

    ある企業の倒産に銀行員の死亡が重なり、
    そこに違和感を感じた銀行員の話です。

    終わり方は痛快でよかったですが、なんか池井戸作品ならではの王道的な感じでした。

  • 次々にヒット作を連発する池井戸さんのデビュー作。

    銀行の債権回収を担当する坂本が亡くなった。
    同期の不審な死に疑問を抱いた主人公の伊木は、真相を求め動き出す...

    次々に露わになる銀行の闇。
    本当の悪は、誰なのか?
    果たして、伊木は、真実にたどり着けるのか?

    まさしく銀行ミステリーと言うジャンルを立ち上げた氏の真骨頂が、見られます。
    登場人物の性格の書き分けや、テンポの良いストーリー運びはさすがです。

    銀行の上層部(企画部長、副頭取など)を、もう少し書き足してもよかったかなと、思います。





  • 池井戸サンのデビュー作。
    若干テンポも悪く、銀行業務の部分も他作品に比べると解りにくく、ツッコミどころも多々あり、、まぁ、デビュー作という感じです。
    だけどこの作品の後から、どんどんヒット作を生み出し、スカッとさせてくれるんだーって思うと感慨深い。

  • 池井戸潤の中でも、ミステリー要素が強かった作品。
    銀行内での取引の仕組みがわかってないので、犯人が最後までわからなかった、、、。

  • 池井戸さんお得意の銀行物。
    朝、声を掛け合った同期の坂本が外回り中に不審死することから始まる。銀行小説でこんなに人が死ぬことってあるのかしらと思うぐらい人が死ぬ。
    銀行員の主人公が不死身すぎる。

  • 池井戸潤さんの処女作。最近の本と文章表現が少し違うなぁと感じる。なかなか面白い作品でした。。

  • 久々の池井戸さんの本です。
    二戸銀行に勤める伊木は同僚の不自然な死に疑問をいだき、真相にせまる。
    1998年に江戸川乱歩賞を受賞したこの作品、池井戸潤さんのデビュー作です。

全475件中 1 - 10件を表示

果つる底なき (講談社文庫)のその他の作品

果つる底なき 単行本 果つる底なき 池井戸潤

池井戸潤の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

果つる底なき (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

果つる底なき (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

果つる底なき (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする