ザ・対決 (講談社文庫)

  • 92人登録
  • 3.48評価
    • (5)
    • (9)
    • (26)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 清水義範
  • 講談社 (2001年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062732321

ザ・対決 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • さすがは清水義範、面白すぎる。後書きにあるように、色んな物を対決させたらどっちが強いのか?と言う発想は子供っぽいが皆が一度は考えてみる普遍的な問であり、そこを清水流にたっぷりのユーモアで包みながら大真面目に取り上げている。またやって欲しい企画。編集者グツジョブ!

  • 対決の内容はしょーもなくどうでもよいのだが、手を変え品を変えといった書き方で飽きなかった。桃太郎vs金太郎、ラーメンvsカレーライス、楊貴妃vsクレオパトラ辺りが面白かったかな。

  • ロビンソン・クルーソー対ガリヴァーが一番面白かった。

    ロビンソン・クルーソーのことを公園にいるホームレスと呼んだりガリヴァーをサタデーと名付けるなど、小ネタが盛り込まれており、とても楽しい。

    それぞれの章で文体を変えていることも凄いと思う。

  •  日本語の使い手として、一種独特の存在感を持つ作者の作品は、ずっと楽しく読んでいた注目もしていたけど、この一冊もとても楽しく読むことができた。
     ライバルを勝手に想定して、その対決を描くという趣向の短編集だけど、一編一編がすべて違う文体、作戦で書かれていて、「こんな手でくるか!」って思うのもおもしろい。
     文芸雑誌の対談記事風の「シェイクスピア対近松門左衛門」は、最後についてくる近松脚色の「ハムレット」は興味深かった。意外な結末の「ソクラテス対仏陀」はかなり腰が砕けた。ホームドラマの「ラーメン対カレーライス」、夜中にラーメンやカレーを食べに走っていきたくなった。学園ドラマの「楊貴妃対クレオパトラ」では、「あるあるある」とうなずきながら、ちょっとぞっとしてしまった。などなど。
     今回はけたたましく笑い転げるというものではないかもしれないが、おもわずにやりとしてしまう、「技あり!」の本です。

  •  似通った物を対決させる。例えば、お茶vsコーヒーどっちが上か、桃太郎と金太郎どっちがNo.1か、ロビンソンクルーソーvsガリヴァーなどなど。身近にあるもの、似通ったものを独特の視点から清水義範が対決させる!
     清水義範は突拍子もないアイデアで勝負する作品が多いですが、これもその一つ。誰かが考えそうなことなんだけど誰もやらなかったようなアイデア、これは特にそうですね。なかにはソクラテスvs釈迦なんてのもあり、遊びすぎと言えなくもない。またもや清水義範の独特なセンスにうなってしまうのです

  • こういう本を書こうっていう発想力に乾杯。

全7件中 1 - 7件を表示

ザ・対決 (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ザ・対決 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ザ・対決 (講談社文庫)はこんな本です

ザ・対決 (講談社文庫)の単行本

ツイートする