ひとたびはポプラに臥す(3) (講談社文庫)

  • 82人登録
  • 3.68評価
    • (6)
    • (16)
    • (19)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 宮本輝
  • 講談社 (2002年3月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062732635

ひとたびはポプラに臥す(3) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 2016.01 1,2巻のみ再読に伴い、全巻一律評価変更☆4→☆3

  • やっぱり上手だなー、と思う。

  • 宮本輝氏の旅行記3作目です。

  • 宮本輝の『ひとたびはポプラに臥す』文庫版全6巻を読み終えました。
    平成7年から4年間にわたって、北日本新聞に連載された紀行文です。
    著者が、鳩摩羅什(くまらじゅう:AD350-409)という訳経僧の足跡を訪ねたいという長年の思いを実現。中国の西安からパキスタンのイスラマバードまでの6700km、40日間の旅(全て車で走破)を綴っています。
    結局、鳩摩羅什については殆ど何も得ることができなかったものの、このシルクロードの旅は、単なるロマンを超えたものになっています。旅人たち、そこに生きる人々が想像を絶する過酷な自然と闘って来た歴史を垣間見ることができます。
    その中に、宮本はじめ、同行者(北日本新聞記者、カメラマン、宮本の秘書、そして二男)たちが繰り広げるドラマを描いた長大な紀行文になっています。
    宮本特有の、読者をグイグイ引きこむ文により、いつも居眠りしている通勤帰りの電車でもどんどん読み進み、寝不足の約10日間でした。

全4件中 1 - 4件を表示

ひとたびはポプラに臥す(3) (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ひとたびはポプラに臥す(3) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ひとたびはポプラに臥す(3) (講談社文庫)はこんな本です

ひとたびはポプラに臥す(3) (講談社文庫)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする